ヘッドライン

サッカー

【サッカー】「全盛期のエジルを彷彿」地元紙が“チャンスメイカー”大迫を称賛

1 名前:久太郎 ★:2019/08/21(水) 12:02:13.15 ID:HmbDQmUM9.net
日本代表FW大迫勇也の所属するブレーメンは17日、ブンデスリーガ開幕戦で昇格組のデュッセルドルフとホームで対戦し、1-3で敗れた。地元紙『ベーザー・クーリエ』が大迫のプレーをレポートしている。

 大迫は3トップの中央で先発出場。的確なポストプレーを見せ、攻撃の起点として機能した。しかし、チームは前半36分に先制点を献上。後半2分にFWヨハネス・エッゲシュタインのヘディング弾で一時追いついたが、その後に2失点を喫し、1-3で敗れた。

 昨季まで主将を務めていたFWマックス・クルーゼがフェネルバフチェに移籍したことで、その穴埋めにも注目が集まっていたブレーメン。大迫は後半途中からポジションを下げてチャンスメイクをこなしたほか、惜しいミドルシュートを放つなど攻撃をけん引し続けたが、チームを勝利に導くことはできなかった。

 同紙はこの試合の大迫のプレーに対し、「彼らしいものだった」と言及している。前半にMFミロト・ラシカへ送った巧みなパスについては「ピッチに向かって抱きしめたくなる」と称賛。さらに中盤でチャンスを作り出す姿を「(元ブレーメンの)メスト・エジルの全盛期を彷彿とさせた」と表現した。

 また、フロリアン・コーフェルト監督は「彼はたくさんボールに触り、多く展開していた」と振り返りつつ、「彼は低い位置でプレーしたが、それは大丈夫だ。なぜなら、かなり攻撃の枚数があったからね。しかしもちろん、1点は少なくとも決める必要があった。彼のヘディング、そして1-1の後のチャンスでね」と期待を込めて語っている。

 開幕黒星スタートのブレーメンは24日の第2節でホッフェンハイムのホームに乗り込む。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190821-43470741-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1566356533

【サッカー】<宮市亮>人生初の右SBを務め上げ賞賛の声!「リョウは柔軟」「どのポジションでも輝ける」

1 名前:Egg ★:2019/08/21(水) 09:07:22.76 ID:7KSHJlBI9.net
今季3試合目、フル出場を果たす

https://amd.c.yimg.jp/amd/20190821-00010002-sdigestw-000-2-view.jpg

今シーズンのブンデスリーガ2部は、現時点で3人の日本人選手がプレーしている。ハノーファーの原口元気、ベルギーのシント=トロイデンからレンタルで加入したシュツットガルトの遠藤航、そしてザンクト・パウリの宮市亮だ。

 1部昇格を目指す戦いはすでに開幕しており、現地時間8月16日に行なわれた第3節では、ザンクト・パウリがシュツットガルトと対戦し、1-2で敗れた。ベンチスタートの遠藤に出番はなく、日本人対決は“ニアミス”に終わったこの試合で、大きな注目を集めたのが先発フル出場を果たした宮市だった。

 というのも、「人生で初めてプレーした」(ドイツ紙『BILD』)という右SBで起用されたのだ。しかも、プレシーズンに試していたわけではなく、監督にその旨を通告されたのは、試合の数日前だったという。

「監督から右サイドバックのトレーニングをするように言われました。少し驚いたし、最初の2日間は戸惑うことが多かったので、きちんとできるか心配でした。今までこのポジションでプレーしたことがなかったからです。でも、今日の試合である程度は、うまくできたのではないかと思います」

 その言葉通り、慣れないポジションで攻守に奮戦した急造右SBを、『BILD』は「コンバートしたばかりだとシュツットガルトに気づかせることはなかった」と高く評価。ザンクト・パウリのジョス・ルフカイ監督は試合後の会見で、「リョウには柔軟性がある。スピードを武器に、正面を向いてボールを受けることができれば、どこをやっても輝くことできる」と称賛している。

 また、ドイツ・メディア『WELT』は、「ザンクト・パウリは故障者続出のため、数人が不慣れなポジションを務めなければならなかった。なかでも、宮市は全く未知のポジションでのプレーを強いられた」とその背景を説明しつつ、「試合には敗れ、チームとしての課題は残った。だが、宮市はその責務を十分に果たしたと言えるだろう」と称えている。

 これまでのキャリアで度重なる怪我に苦しんだ宮市だが、今シーズンは開幕から3試合連続でフル出場を果たしている。いつまで右SBを務めるのかは定かではないが、本人は「プレーの幅が広がる」と前向きに捉えているようだ。

 ここまで1勝2敗と負け越しているザンクト・パウリは、8月26日にホルシュタイン・キールと対戦する。現地紙によれば、宮市は引き続き右SBとしての起用が濃厚なようだ。攻守にわたる活躍で、チームを勝利に導くことができるか。

8/21(水) 6:12 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190821-00010002-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1566346042

【サッカー】<カズ主催「日本一のBBQ」>中村俊輔、天心も…豪華メンバー集結!夫婦2ショットも大反響「面子が豪華すぎる」

1 名前:Egg ★:2019/08/21(水) 08:39:03.42 ID:7KSHJlBI9.net
松井大輔がカズ主催のBBQの模様を公開 豪華メンバーに元日本代表戦士も反応
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190821-00211831-soccermzw-000-1-view.jpg

J2横浜FCの元日本代表MF松井大輔が、自身の公式インスタグラムを公開。毎年夏の恒例行事となっている“キング・カズ”こと元日本代表FW三浦知良主催のバーベキュー(BBQ)が盛況に終わったことを報告し、今夏に加入した元日本代表MF中村俊輔ら豪華メンバーが集結した様子や、三浦夫婦の2ショットなどを公開している。

【写真】「どんだけ豪華なんだ」と反響! “キング・カズ”こと三浦知良主催の毎年恒例「日本一のBBQ」
https://www.instagram.com/p/B1XHvKeJD_3/?utm_source=ig_embed&ig_mid=XVyDTAABAAHDSkgfXriar9pxA_k_ ' target='_blank'>https://www.instagram.com/p/B1XHvKeJD_3/?utm_source=ig_embed&ig_mid=XVyDTAABAAHDSkgfXriar9pxA_k_

 2018年1月にポーランド2部のオードラ・オポーレから加入した松井は、今季が横浜FCで過ごす2シーズン目。シーズン序盤こそ出番は限られたが、第2節モンテディオ山形戦(0-2)は小学生以来となるリベロとして出場し、第24節ジェフユナイテッド千葉戦(3-1)では7月の月間ベストゴールに輝く鮮やかなバイシクルシュートを決めるなど、随所に存在感を発揮している。

 リーグ戦10試合無敗で4位と好位置をキープするなか、恒例の大イベントで英気を養ったようだ。

 松井は20日、自身のインスタグラムに「日本一のBBQ 毎年恒例今年も盛大に行われました」と綴り、計8枚の写真をアップ。黒サングラスをかけたカズとりさ子夫人を中心に、中村俊輔、松井、元日本代表MF齋藤学(川崎フロンターレ)らが集結した集合ショットに始まり、三浦夫妻の2ショット、海中でのバレーで松井がレシーブする様子などが収められている。

 カズ主催のBBQは毎年恒例で、昨年はカズとりさ子夫人の結婚25周年が祝われた。「#三浦知良さん #三浦りさ子さん #ありがとうございました」とハッシュタグで感謝の言葉も綴った松井の投稿には、DF太田宏介(名古屋グランパス)やFW玉田圭司(V・ファーレン長崎)の元日本代表戦士らも「いいね!」で反応を見せている。

 大盛況のBBQは、J1昇格に向けてギアを上げていくうえで、良いリフレッシュになったようだ。

8/21(水) 6:20配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190821-00211831-soccermzw-socc

・カズ夫妻&天心も…中村俊輔も笑顔で 「日本一のBBQ」が大反響「面子が豪華すぎる」

超豪華なタレントが一堂に会し、料理に舌鼓を打つ。松井が公開したのは恒例の超豪華BBQ中の写真だが、錚々たるメンバーが参加していた様子だ。

 まずはTシャツにキャップ、サングラスというラフな姿でもオーラたっぷりのカズ。隣には花柄のノースリーブのドレスを着て、サムアップするりさ子夫人の姿があった。そして後列では中村、斎藤学(川崎)らも笑顔を浮かべている。

 別カットでは花束を持った夫人とカズとの“絵になる2ショット”や、18日に21歳の誕生日を迎えた那須川が特大のオリジナルケーキを手に、カズと肩を並べ豪華メンバーに囲まれるという異業種交流の1枚もあり、ファンにはたまらない写真ばかりだ。

 松井は「日本一のBBQ。毎年恒例今年も盛大に行われました」と題して8枚の写真を公開するとファンにも反響を呼び、コメント欄には「間違いなく日本一です!!」「またまた豪華な写真」「面子が豪華すぎる」「なんてステキなメンバーのBBQ」などと驚きが広がっていた。

 写真を見ると100人以上参加していた様子。恒例となった超豪華なBBQは今年も大盛況だったようだ。

8/21(水) 7:13配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190821-00079332-theanswer-socc

写真
https://www.instagram.com/p/B1XHvKeJD_3/?utm_source=ig_embed&ig_mid=XVyDTAABAAHDSkgfXriar9pxA_k_


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1566344343

【サッカー】<FWトーレス(サガン鳥栖>秘めた“日本愛”を吐露!「日本といえば、まさにこの風景を想像していた。けど…」

1 名前:Egg ★:2019/08/21(水) 08:51:40.18 ID:7KSHJlBI9.net
 サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは、23日のJ1リーグ第24節ヴィッセル神戸戦を最後に現役生活に別れを告げる。引退の瞬間が刻々と近づくなか、「DAZN」公式YouTubeチャンネルでは引退発表会見の裏側に密着した映像を公開。そのなかでスペイン人ストライカーは「好きになった日本は……」と“日本愛”を口にしている。

【動画】「まず決断を伝えたのは…」「幸せでもある」と激白! 鳥栖の元スペイン代表FWトーレスの“引退会見舞台裏”


 母国アトレチコ・マドリードでトップデビューを飾ったトーレスは「エル・ニーニョ」(神の子)の愛称で高い人気を誇り、リバプール、チェルシー、ACミランと数々のビッグクラブを渡り歩いた。昨夏に鳥栖へ加入したが熾烈な残留争いに巻き込まれて苦戦。シビアな戦いが続くなか、フォア・ザ・チームのプレーに徹してJ1残留に貢献した。

 しかし、今季は度重なる負傷離脱なども重なり現役引退を決断。6月21日の自身のSNSを通じて引退を発表すると、23日には東京都内で引退会見を開き、「古くからの友人である(アンドレス・)イニエスタ選手との直接対決。そこでサッカー人生を終えることができるということでその日に決めました。神戸にはダビド・ビジャ選手もいます。そのなかで自分ができることを全て尽くしてやっていきたい」と語っている。

「DAZN」公式YouTubeチャンネルでは、引退発表会見の裏側を撮影した映像を公開。そのなかでトーレスは「良いことには必ず始まりと終わりがあって、これは素晴らしい18年間のフィナーレ」と語った一方、「一番苦しかったのは、引退という選択肢が頭に浮かんだ瞬間」と明かしている。

街並みを見ながら告白 「日本といえば、まさにこの風景を想像していた。けど…」

 多くの人に愛された“神の子”は日本で18年のキャリアにピリオドを打つ。トーレス本人にとっても日本での現役引退は予想外だったという。「移籍する度に『このクラブでキャリアを終える』と思ってやってきたけど、まさか日本に来るとは想像もしていなかった」と率直な思いを口にしている。

 そんなトーレスは引退会見で移動している際、東京の街並みを見ながら「来日前は東京の印象が強くて……」と切り出し、「日本といえば、まさにこの風景を想像していた。高層ビルが並んでいて、テクノロジーやイルミネーション、人通りの多い道路がたくさん」と語る。 ところが「でも……」と続ける。

「私が好きになった日本は、郊外や神社や日本家屋といった伝統的な日本だと気づいた。日本には期待以上のものがたくさんある」

 日本愛を口にするトーレスは「初日から温かく応援してくれた鳥栖のサポーターに感謝している。残留に貢献したF・マリノス戦のゴール、みんなで泣いたことは忘れられない。最後まで彼らと一緒に楽しみたいね」と鳥栖愛も強調した。

 キャリア最後の試合となる神戸戦で“神の子”はどのようなプレーを見せてくれるのだろうか。

2019.08.20 フットボールゾーン
https://www.football-zone.net/archives/211675

写真https://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2019/08/20190820_FernadoTorres_Getty.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1566345100

【サッカー/ゲーム】「FIFA」と「ウイニングイレブン」2大サッカーゲーム最新作を発売前情報で比較!リアルもゲームも新シーズン開幕へ

1 名前:豆次郎 ★:2019/08/18(日) 12:08:29.23 ID:DnywiAbM9.net
8/18(日) 12:08配信
「FIFA」と「ウイニングイレブン」2大サッカーゲーム最新作を発売前情報で比較!リアルサッカーもサッカーゲームも新シーズン開幕へ

「FIFA」と「ウイニングイレブン」2大サッカーゲーム最新作を発売前情報で比較!リアルサッカーもサッカーゲームも新シーズン開幕へ - Part 1

イングランドのプレミアリーグ、スペインのリーガ・エスパニョーラなど続々と新シーズンが開幕するヨーロッパのサッカーシーン。それはサッカーゲームの新シーズン到来でもある。この記事では、2大サッカーゲームと言っても過言ではない「FIFA」、「ウイニングイレブン」シリーズ最新作の事前情報をまとめる。なお、私は毎年どちらのシリーズもプレイしているが、プレイ時間は「FIFA」の方が長い。

新モード「VOLTA」が目玉の『FIFA 20』はリアルサッカーもストリートサッカーも楽しめる
『FIFA 20』は、国際サッカー連盟であるFIFA(Fédération Internationale de Football Association)公式ライセンスサッカーゲームシリーズ最新作。PS4/Xbox One/PC向けに2019年9月27日発売予定で、それぞれのダウンロード通常版の価格は次の通り。

PS4版 8345円(税込)
Xbox One版 8424円(税込)
PC版 8500円(税込)


限定版は3日間の早期アクセス権などが付き、2019年9月24日からプレイ可能だ。詳しいセット内容や価格は公式サイトを参照してほしい。


なお、Nintendo Switchでも『FIFA 20 Legacy Edition』が2019年9月27日に発売予定だが、Switch版は他機種版と比べて一部モードが搭載されていない。Switch版公式サイトに詳細があるのでそちらをチェックしてほしい。
期待点:EAの2つのサッカーゲームが1本になったような豪華さ

『FIFA 20』の目玉は、なんといってもストリートサッカーが楽しめる新モードの「VOLTA」だ。通常の11人制サッカーとは異なり、3対3や5対5などでフットサルライクなフットボールがプレイできる。前作『FIFA 19』の「The Journey」モードのイベントでキャラクターたちが似たようなストリートサッカーに興じる場面があった。それを1つの独立したモードにしたものと考えてよさそうだ。もう少し踏み込めば、数年前まで別タイトルとしてリリースされていた「FIFAストリート」が「FIFA」とセットになったとも言え、お得感がある。
ストリートサッカーでは求められるテクニックも異なる。「VOLTA」では壁にボールを当ててパスできたり、ゴールを狙ったりできる。この感覚はかつての名作『Jリーグ エキサイトステージ'94』を私に思い出させた。戦いの舞台となるコートに東京ステージがあるのも日本人にとってうれしい。


「VOLTA」にはキャラクターのカスタマイズ要素、オンラインマッチ、専用のストーリーモードがある。とくにストリートサッカーで世界一を目指すストーリーモードには注目したい。前作で完結したプロサッカー選手のストーリーモード「The Journey」の代替的なものとなりそうだ。11人制のプロサッカー選手ライフを楽しんだあとにストリートサッカー生活を体験できるのは楽しみだ。ストリートサッカーに馴染みがなくとも、ストリートサッカー界でのし上がっていく話には興味を惹かれる。
通常のサッカー、11人制の方のゲームプレイは前作をベースにしている。前作から導入されたタイミングフィニッシュがどこまで必要となるかに注目したい。前作では強すぎたため、ボレーシュートやミドルシュートが入りやすかった。最新作では失敗時のリスクが増すように調整されたようだ。また、トレーラーを見るとセットプレイやディフェンスシステムは結構変わっているように思える。


選んだチームを強化していくオフライン専用の「キャリアモード」にも新要素が投入された 。 メディアや選手と対話する機会が設けられ、監督であるプレイヤーの存在感が増すかもしれない 。 最も興味深いのは選手の成長限界がランダムになることだ 。 お気に入りの若手を育てるのがこのモードの醍醐味の1つなので、気になるサッカーファンも多いだろう 。 試合の活躍度によって、成長度合いが異なるらしい 。 成長度合いにどこまで幅が出るかはわからないが、うまく作用すればこのキャリアモードのリプレイ性を高めるはずだ 。

続きはこちらで↓
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190818-00000001-ignjapan-game
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190818-00000001-ignjapan-000-1-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1566097709

【サッカー】<森保監督>W杯予選で東京五輪を見据え若手強化プラン!久保建英(Rマドリード)ら若手中心の編成

1 名前:Egg ★:2019/08/21(水) 06:15:27.33 ID:3zFjQZme9.net
日本代表の森保一監督(50)が20日、W杯アジア2次予選ミャンマー戦(9月10日・ヤンゴン)のメンバー選考で、
MF久保建英(18)=Rマドリード=ら若手中心の編成を選択肢に入れていることを明かした。

国際親善試合のパラグアイ戦(同5日・カシマ)が行われる茨城県の県庁(水戸市)を訪問後に取材に応じた。
東京五輪を見据えた(A)若手強化型のほか、(B)慣例踏襲、(C)移籍組配慮と3つのプランがあり、30日に予定されるメンバー発表までに決断する。

森保監督は初めて挑むW杯予選を前に、3つの方向から選考に迫っていく。アジア2次予選開幕戦となるミャンマー戦へ向け、
「基本は現状のベストなチーム」と方針を示しながら「ひょっとしたら若手選手の方が多くなるかもしれない。柔軟に考えたい」と明かした。
1年後の東京五輪を見据えたもので、まずはこれがプラン(A)「若手強化型」になる。

ミャンマーはFIFAランク135位。アウェーでの対戦とはいえ、同33位の日本から見れば実力差は歴然としている。
A代表が参加した6月の南米選手権で世界と戦えることを示した18歳MF久保、2得点と結果を残したMF三好康児(22)=アントワープ=ら、
東京五輪世代を選んだとしても結果が望める。そして、メダル獲得を目指す五輪世代の強化にもつながる。

ただ、指揮官の頭の中には4年前の苦い記憶も残る。ハリル・ジャパンが挑んだ2次予選の初戦・シンガポール戦は、ホームで0―0のドローに終わっている。
ミャンマーが守備重視の戦術を取る可能性は高い。切り崩すには時には経験と連係面の成熟が必要になる。初戦の難しさに重点を置いた場合は、実績のあるメンバーで構成したプラン(B)「慣例踏襲」となる。

プラン(C)は「移籍組配慮」の構成。今夏、多くの代表候補が欧州に渡り、欧州内でも多くの移籍があった。シーズン序盤はクラブ内で地位を確立する大事な時期。
残留した選手、または移籍してもポジションを確保した選手に絞って招集する考えもある。今回は、慣例よりも多くの選手に招集の可能性がある文書を送付している。

森保監督は「状況を見極めて選びたい」と話した。メンバー発表の30日まで、あと10日。欧州で視察にあたっている5人のスタッフから送られてくる情報を精査し、
東京五輪、そして22年カタールW杯で結果を残すことを念頭に選考の軸を決めていく。(内田 知宏)

8/21(水) 6:10配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-00000289-sph-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190820-00000289-sph-000-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1566335727

【サッカー】香川真司、堂々のスペイン・デビュー!サラゴサの開幕戦勝利に貢献してサポーターから万雷の拍手を受ける

1 名前:幻の右 ★:2019/08/18(日) 06:04:37.71 ID:yDfU4ffa9.net
現地時間8月17日、2019-20シーズンのラ・リーガスマートバンク(スペイン2部)の開幕戦が行なわれ、レアル・サラゴサが本拠地でテネリフェを迎え撃った。

 今月9日にサラゴサへ電撃入団を果たし、起用法が注目された日本代表MF香川真司は先発出場。4-2-3-1のトップ下でスペイン・デビューを飾った。

 本拠地ラ・ロマレーダでの開幕戦とあって、ホームサポーターたちの熱気に溢れた大声援を受けたサラゴサは、キックオフ直後からアグレッシブなサッカーを見せる。そのなかで本職のトップ下で起用された香川は、開始早々2分に鋭いスルーパスでドゥワメナの決定機をいきなり引き出した。

 しかし、試合は、次第に果敢なフォアチェックからの素早いショートカウンターを繰り出したテネリフェが主導権を握る。サラゴサは、香川にボールを集めようと奔走するも相手のプレスに苦戦を強いられ、思うように敵陣へ仕掛けられない時間が続いた。

 それでも辛抱強く戦ったサラゴサは41分に均衡を破る。GKアルバレスから敵陣左サイドへ一気にボールを展開。これを受けたソロが中央へと折り返し、最後はスアレスがゴール前へと侵入して相手GKとの1対1を難なく決めた。

 鮮やかなカウンターからホームチームが先手を取った前半は1-0で終了した。
 迎えた後半も、序盤は、攻勢に出たテネリフェが主導権を握る。かたやサラゴサは、したたかにカウンターを狙い続けた。チームが守勢に回ったなかで、香川は周囲とのバランスを見ながら、きっちりとプレスバックして守備に奔走。献身的な一面を披露した。

 その後、膠着状態が続いたなかで、サラゴサにビッグチャンスが舞い込む。63分、カウンターからソロのシュートを相手DFがブロックし、ルーズとなったボールをエリア内で拾ったのは香川だったが、トラップが伸びて、相手GKオルトラに弾き出されてしまった。

 惜しくもチャンスを決めきれなかった香川だったが、71分には軽やかなドリブルから相手ゴールを脅かすループシュートを放つなど、創造的なプレーも随所で見せた。

 プレシーズンでの出場もなく、まさにぶっつけ本番で挑んだ開幕戦で、堂々たるプレーを披露した香川は、80分にブランコと交代。ベンチに下がる際には、スタンドのサポーターたちからから万雷の拍手が降り注いだ。

 1点のリードを保つサラゴサは、83分にC・ルイスが退場となって数的不利となったテネリフェの攻撃を危なげなくかわすと、88分にVARの末に得たPKをハビ・ロスが決めて趨勢を定めた。

 終始、攻撃のタクトを振るって、サラゴサの2-0での開幕戦勝利に貢献し、存在感を誇示した香川。果たして、そのパフォーマンスは次節以降、さらにギアが上がっていくのかに注目だ。

 なお、サラゴサは、現地時間8月25日に行なわれる第2節で、敵地に乗り込んでポンフェラディーナと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
8/18(日) 5:55
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190818-00062969-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1566075877

【サッカー】バルサ、ネイマール獲得へ期限付きでオファー決断

1 名前:スズムシのなく頃に ★:2019/08/20(火) 18:26:43.63 ID:LAQYRYQN9.net
8/20(火) 18:22 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-08200571-nksports-socc

9月2日の移籍市場閉鎖まで2週間に迫り、バルセロナはパリサンジェルマン所属のブラジル代表FWネイマール(27)を獲得するため、最後となる正式なオファーを出すことを決定したと、20日付のスペイン紙マルカが報じている。

バルセロナは19日、バルトメウ会長を筆頭としたクラブ上層部の会談を開き、ネイマールを獲得するために買い取りオプション付きの期限付き移籍という形でオファーを正式にパリサンジェルマンに出すことを決断したという。

期限付き移籍の理由は、今夏にグリーズマン、デヨング、ネト、フィルポの4人に総額約2億5000万ユーロ(約300億円)を費やしたことで、ネイマール獲得に必要な現金がないためだと報じた。

バルセロナの当初の考えは自分たちの選手をトレード要員として“ネイマール・オペレーション”に含めることだった。しかし、どの選手たちもパリ行きを希望せずに実現しなかった。中でもパリサンジェルマンが気に入っていたコウチーニョはトレードで移籍することを拒み、最終的に買い取りオプション付きの期限付き移籍でBミュンヘン行きを選んでいる。クラブにとって1億ユーロ(約120億円)以上の価値があるコウチーニョの売却は重要なものだったが、交渉に含むことができなくなった。

また、パリ行きを拒否したのはコウチーニョだけではない。ラキティッチも信頼を置かれているバルベルデ監督の下でプレーを継続することを希望しており、ウムティティやセメドにも退団話も出ていたが、ラキティッチ同様にクラブを離れることを望まなかった。そのため、ネイマールと同じポジションでプレーできるデンベレが唯一、交渉に含まれる可能性があったが、1億5000万ユーロ(約180億円)を下回ることがないネイマールの移籍金をカバーするのには物足りず、パリサンジェルマンも現金での放出を希望していた。

クラブはこれら全てのネガティブな要素を考慮し、来年の夏に強制的に獲得できるネイマールの期限付き移籍のオファーを決定した。今後、このオファーを受けたパリサンジェルマンがどのような答えを出すかに注目が集まるだろう。(高橋智行通信員)


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1566293203

【サッカー】<堂安獲得狙うPSV>15億円超移籍金に難色!地元紙

1 名前:Egg ★:2019/08/20(火) 22:33:22.99 ID:TQs/HXrC9.net
オランダ1部PSVは、同フローニンゲンに所属するMF堂安律(21)の獲得には移籍金が高すぎるとして難色を示している。地元紙アインホーフェンス・ダフブラットが報じた

フローニンゲンは堂安の移籍金をクラブ最高額となる1300万ユーロ(約15億6000万円)以上を要求している。堂安の獲得を狙っているPSVは、フローニンゲンが要求する移籍金は高いと考えており、移籍金を下げない限り獲得を見送る可能性もあるという。

PSVはナポリへの移籍が秒読みとなっているメキシコ代表FWロサノの後釜として獲得を目指している堂安の移籍金は800万ユーロ(約9億6000万円)が妥当だと考えているという。もし、フローニンゲンが移籍金で譲歩しなかった場合は、シュツットガルトに所属するアルゼンチン人FWニコラスの獲得にシフトチェンジするだろうと伝えた。

(エリーヌ・スウェーブルス通信員)

8/20(火) 20:00配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-08200788-nksports-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20190820-08200788-nksports-000-4-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1566308002

【サッカー】長友佑都、イタリア電撃復帰も!? フィオレンティーナが獲得に動くと伊報道

1 名前:ゴアマガラ ★:2019/08/20(火) 23:26:43.82 ID:0qFn1ikM9.net
トルコ1部のガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都に対し、イタリアのフィオレンティーナが獲得への動きを見せているという。イタリアメディア『トゥットメルカートウェブ』が20日に伝えた。

 フィオレンティーナのイタリア代表左SBクリスティアーノ・ビラーギは、長友の古巣でもあるインテルへの移籍の可能性が高まっているとみられる。フィオレンティーナはその代役として、長友の獲得を検討しているとのことだ。

 フィオレンティーナは今月11日にホームにガラタサライを迎えてプレシーズンの親善試合を行い、長友も出場していた。その機会に、フィオレンティーナは長友の獲得に向けてガラタサライとの接触を行ったとみられている。

 フィオレンティーナは他の新戦力候補にも目を向けつつ、長友獲得の可能性も考慮しているという。計8シーズンを過ごしたセリエAを熟知するベテランサイドバックが、再びイタリアの地に降り立つ可能性もあるのだろうか。

https://www.footballchannel.jp/2019/08/20/post335117/
https://img.footballchannel.jp/wordpress/assets/2019/06/20190606_nagatomo_getty.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1566311203
スポンサーリンク
インフォメーション

はてブ数: はてなブックマーク数

このブログについて

相互リンク・RSS募集中です(^ω^)
詳しくは、上記の「このブログについて」を参照してください。


ご要望も随時対応致します。
気軽にお願いします(`・ω・´)
(削除依頼・デザイン・まとめ方 etc..)
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
  • ライブドアブログ