ヘッドライン

スポーツ

<柴崎岳にマラガとセルタ接触!>ほか2クラブも獲得に関心! 複数メディア報道

1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/27(火) 07:21:23.15 ID:CAP_USER9.net

スペイン1部マラガとセルタが同2部テネリフェに所属する元日本代表MF柴崎岳(25)の獲得を検討し、すでに代理人と接触していることが26日、分かった。

 「デスマルケ」など同国の複数のメディアは、6月30日で所属クラブとの契約が満了となる柴崎の去就に触れ、「セルタとマラガがすでに代理人と接触した」と報じた。マラガは2012-13シーズンの欧州チャンピオンズリーグ(CL)で8強入りし、今季11位。セルタも同13位でシーズンを終えており、来季の上位進出に向けた補強として「柴崎に白羽の矢を立てた」と伝えた。

 また、テネリフェの地元紙「ディア」(電子版)は今季のスペイン国王杯で準優勝のアラベス(今季9位)が「獲得に関心を持っている」と伝え、他のメディアはベティス(同15位)が「触手を伸ばしている」と報じている。

 柴崎は1部昇格は逃したがプレーオフ(PO)4試合で1得点2アシストと活躍。本人の「1部でのプレー」という希望もあり進退が注目されている。

サンケイスポーツ 6/27(火) 7:00配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00000009-sanspo-socc


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498515683

<鎌田大地>長谷部誠と同僚に…サガン鳥栖がフランクフルト移籍を発表!

1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/24(土) 16:22:47.83 ID:CAP_USER9.net

サガン鳥栖は24日、MF鎌田大地がフランクフルトへの完全移籍で基本合意に達したことを発表した。

鎌田は海外初挑戦で、日本代表MF長谷部誠と同僚になる。

フランクフルトは今シーズンのブンデスリーガで一時は3位につける躍進を見せた後半戦に調子を落とし11位で終了。
現在の指揮官は元クロアチア代表MFのニコ・コヴァチ監督で、2006年のドイツ・ワールドカップでは主将として日本代表戦に出場していた。

同クラブには、これまで高原直泰(現沖縄SV)、MF稲本潤一(現北海道コンサドーレ札幌)、MF乾貴士(現エイバル)が在籍し、現在は長谷部が2014年から所属している。

現在20歳の鎌田は、東山高校卒業後、2015年に鳥栖へ加入してプロキャリアをスタートさせた。
同年5月10日に開催された明治安田生命J1リーグファーストステージ第11節・松本山雅FC戦でJ1リーグ戦初出場を果たすと、その試合でプロ初ゴールをマーク。
その後も多くの出場機会を得て、1年目のシーズンはリーグ戦21試合出場3得点の成績を残した。

昨季は初めて開幕スタメンに名を連ねるなど、1年間主力として活躍。リーグ戦では28試合に出場して7得点を記録した。
背番号「7」に変更した今季はJ1第15節終了時点で、全15試合に出場し、3ゴールを記録。また、5月には一般女性と入籍している。

なお、25日にベストアメニティスタジアムで開催される明治安田生命J1リーグ第16節浦和レッズ戦にて、セレモニーを実施することも合わせて発表された。

6/24(土) 16:16配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170624-00603266-soccerk-socc

鎌田大地選手 アイントラハト・フランクフルトへ完全移籍のお知らせ
http://www.sagan-tosu.net/news/p/2211/

写真
http://www.sagan-tosu.net/prg_img/img/img2017020215255666529800.jpg


プロフィール
http://www.sagan-tosu.net/team/player/31/


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498288967

<元レアル・マドリードDFダビド・マテオス>日本移籍熱望!今夏J入りも。190cm超えの大型センターバック

1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/26(月) 15:47:27.66 ID:CAP_USER9.net

Jリーグクラブにとって今夏の“掘り出し物”となるかもしれない。

 名門レアル・マドリーの下部組織で10年以上過ごし、現在はフリーとなっているスペイン人DFが日本への移籍を希望しているという。
フリーのためもちろん移籍金(移籍元クラブとの契約解除に必要な違約金)はかからない。ゼロ円で獲得できるのだ。

その選手とはダビド・マテオス。名前に聞き覚えのある人は少ないかもしれない。それもそのはず。

レアル・マドリーではトップチーム昇格こそ果たしたものの、公式戦は国内カップ戦とチャンピオンズリーグの2試合に出場したのみで、
昇格した翌年にギリシャの強豪AEKアテネに期限付き移籍。

その後、スペインのレアル・サラゴサ、ハンガリーのフェレンツバロ
アメリカのオーランド・シティとクラブを渡り歩き、今年3月にフリーとなっている。

現在マテオスは新たな所属先を探している最中だが、そこで目を付けたのが日本
実はAEKアテネ時代、現在FC東京に在籍しているオーストラリア人FWネイサン・バーンズと同僚だった。離れ離れになった今も、情報交換をする仲だという。

バーンズからJリーグの環境面の良さや過ごしやすさなど、日本の良い面を聞いたマテオスはJクラブ入りを熱望。
日本以外にも世界中にネットワークを持つマネージメント・エージェント会社である株式会社Naocastle(本社:日本、代表取締役CEO:今矢直城)に直接コンタクトをとり、
日本でプレーしたい意向を伝えたという。現在は獲得に手をあげるJクラブを待っている状態だ。

マテオスは身長191cmの大型センターバック。対人戦を得意とし、空中戦での強さも期待できる。
またアメリカなどでプレーしていた経験があるため、英語でのコミュニケーションも問題ない。年俸も高くなく、フリー選手のためクラブの財政状況によっては条件面で交渉の余地もある。

レアル・マドリーでは満足な活躍を見せられなかったマテオスだが、その他のクラブではまずまずの実績を残している。
J1昇格を目指すJ2クラブ、あるいは現在低迷しているが浮上のきっかけを掴みたいJ1クラブにとっては、貴重な戦力となりうる存在と言えるだろう。

マテオスはすぐにでも新天地に合流できるよう自主トレーニングでコンディションを維持している。果たして、今夏のJリーグ入りはあるだろうか。

6/26(月) 14:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170626-00218992-footballc-socc

写真
http://static.goal.com/122700/122702_news.jpg

https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170626-00218992-footballc-000-view.jpg


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498459647

<甲府>新スタジアム、知事が県議会で「7月中に建設場所決定したい」

1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/24(土) 08:15:49.62 ID:CAP_USER9.net

山梨県議会の6月定例会が22日開会し、後藤斎(ひとし)県知事(59)は、山梨県内に建設を目指している総合球技場について、「来月中に建場所を決定したい」と話した。

 建設候補地としては、甲府市大津町に計画されているリニア中央新幹線の新駅近隣と山梨中銀スタジアム(甲府市小瀬町)近辺が挙がっている。

6/24(土) 8:03配信  スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00000208-sph-socc


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498259749

<FIFAコンフェデ杯>ドイツが10人のカメルーンに快勝で首位通過!豪州は南米王者を追い詰めるもGL敗退

1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/26(月) 02:20:35.31 ID:CAP_USER9.net

◆ドイツ 3-1 カメルーン
http://www.fifa.com/confederationscup/matches/round=274633/match=300334889/index.html#overview#nosticky

[ド]デミルバイ(48分)
[ド]ヴェルナー(66分)
[カ]アブバカル(78分)
[ド]ヴェルナー(81分)

「ドイツ」
テア・シュテーゲン、ギンタープラッテンハルト■、リュディガー、ジューレ、キミヒ、ドラックスラー(80分ユネス)、デミルバイ(77分ブラント)、エムレ・ジャン、ルディ(74分ヘンリヒス)、ヴェルナー

「カメルーン」
オンドア、マブカ■(64分)、テイク、エンガドゥ・エンガジュイ、ファイ、ザンボ、シアニ■、スチューイン(58分ムミ・エンガマル)、ムカンジョ(70分ギオアタ)、アブバカル、バソゴグ(82分エカンビ)


■ビデオ判定でイエローがレッドに…ドイツが10人のカメルーンに3発快勝でGL首位通過

コンフェデレーションズ杯は25日、グループリーグ最終節を行った。B組のドイツ代表(W杯王者)はカメルーン代表(アフリカ王者)と対戦し、3-1で勝利。
チリ代表(南米王者)がオーストラリア代表(アジア王者)と引き分けたため、首位通過が決まった。

首位チリと勝ち点4で並ぶ2位ドイツは、22日のチリ戦からメンバーを4人変更。
DFアントニオ・リュディガーやDFマルビン・プラッテンハルト、FWティモ・ベルナー、MFケレム・デミルバイが先発起用された。
対するカメルーンは開幕から3試合連続で同じスターティングメンバーを送り出している。

グループリーグ突破には勝利が絶対条件のカメルーンが積極的な入りをみせたが、先制点を挙げられずにいると流れはドイツに傾いた。

前半21分、MFユリアン・ドラクスラーのパスをPA手前で受けたMFエムレ・カンが右足を振り抜くが、わずかに枠を外れる。
24分には、左サイドからプラッテンハルトが上げたクロスにDFジョシュア・キミッヒが飛び込んだがヘディングシュートはゴール右に逸れた。

押し込まれる時間が続いたカメルーンは前半終了間際の45分、右サイドからDFエルネスト・マブカが上げたクロスがファーサイドまで流れ、
MFアンドレ・ザンボ・アンギッサが右足ボレーで合わせる。両チーム合わせて前半唯一の枠内シュートとなったが、GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンに弾き出された。

スコアレスで迎えた後半はドイツが早々にデミルバイがシュートを放つなど果敢にゴールに迫ると、
後半3分に先制点を挙げる。ドラクスラーの股抜きパスを受けたデミルバイがPA手前から右足一閃。利き足とは逆だったが、強烈なシュートをゴール右隅に突き刺し、ドイツが1-0とした。

後半18分、カメルーンのDFエルネスト・マブカがボールを奪いに行った際に、カンへの足裏をみせた危険なプレーでイエローカードが提示された。
しかしドイツ側の抗議でビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によりレッドカードに変更され、マブカが退場。ドイツが数的優位に立った。

試合巧者のドイツは直後に追加点を挙げる。後半21分、右サイドからキミッヒが上げたクロスをベルナーが頭で押し込み、2-0。
33分には、右クロスからニアに飛び込んだFWバンサン・アブバカルに1点を返されたが、その3分後にヘンリクスがPA右からマイナスに折り返したボールをベルナーが右足で流し込み、突き放した。

その後も攻撃の手を緩めなかったドイツが、そのまま3-1で勝利。勝ち点を『7』に伸ばし、首位通過を決めた。
なお、ドイツは29日の準決勝でA組2位のメキシコ代表(北中米カリブ海王者)と対戦する。

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170626-01641238-gekisaka-000-view.jpg


6/26(月) 1:55配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170626-01641238-gekisaka-socc

2 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/26(月) 02:21:20.87 ID:CAP_USER9.net

◆オーストラリア 1-1 チリ
http://www.fifa.com/confederationscup/matches/round=274633/match=300334879/index.html#nosticky

[オ]トロイージ(42分)
[チ]M・ロドリゲス(68分)

「チリ」
ブラボ、メナ、イスラ、P・ディアス、ハラ、F・シルバ、フエンサリダ(46分P・エルナンデス■)、ビダル■、アランギス(46分M・ロドリゲス)、A・サンチェス、E・バルガス(82分M・ディアス)

「オーストラリア」
ライアン、ミリガン、ベヒッチ■、R・マッゴーワン、セインズベリー(72分ライト)、ケイヒル■(57分レッキー)、クルーズ、トロイージ■、ルオンゴ■、アーヴァイン、ユリッチ(62分マクラーレン)


■豪州は南米王者追い詰めるもGL敗退…チリが2位で準決勝進出

コンフェデレーションズ杯は25日、グループリーグ第3節2日目を行い、B組のオーストラリア代表(アジア代表)はチリ代表(南米代表)と対戦し、1-1で引き分けた。
オーストラリアは2分1敗の勝ち点2でグループリーグ敗退が決定。チリは1勝2分の勝ち点5で2位通過を果たし、28日の準決勝ではポルトガルと対戦することが決まった。

8月31日のW杯アジア最終予選で日本代表と対戦するオーストラリアは22日のカメルーン戦(1-1)から先発6人を変更。
この日が国際Aマッチ100試合目の出場となったFWティム・ケーヒルのほか、FWジェームス・トロイージ、MFジャクソン・アーバイン、
DFライアン・マッゴーワンが今大会初先発となり、MFマッシモ・ルオンゴとDFアジズ・ベヒッチは2試合ぶりの先発となった。

システムは3試合連続で3-4-2-1を採用。GKはマット・ライアンで、3バックは右からMFマーク・ミリガン、DFトレント・セインズバリー、マッゴーワンと並び、
ここ2試合はボランチだったミリガンがセンターバックにポジションを下げた。中盤はルオンゴとアーバインのダブルボランチで、右にFWロビー・クルーズ、左にベヒッチ。
前線はFWトミ・ユーリッチを最前線に置き、ケーヒルとトロイージがシャドーの位置に入った。

引き分け以上で準決勝進出が決まるチリが序盤から試合の主導権を握るが、前半8分、MFホセ・ペドロ・フエンサリダの右クロスに合わせたMFアルトゥーロ・ビダルの右足ボレーはGKライアンがビッグセーブ。
ロングフィードに反応したFWアレクシス・サンチェスがPA内でミリガンと交錯し、倒れ込んだ場面ではビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の判断が入ったが、PKは認められず、スコアレスのまま試合は進んだ。

 徐々にカウンターからチャンスをつくるオーストラリアは前半36分、トロイージの浮き球のパスに走り込んだルオンゴが左足でシュート。これは至近距離でGKクラウディオ・ブラーボに阻まれたが、
前半終了間際の42分に先制に成功した。チリGKブラーボの縦パスが弱くなったところにセインズバリーがハイプレスをかけ、ボールを奪取。

そのまま相手PA内へ切れ込んだセインズバリーがクルーズに落とすと、クルーズのシュートミスがPA内左でフリーのトロイージにつながり、トロイージが技ありのチップキックでゴールネットを揺らした。

 1点差勝利では得失点差でチリに及ばないオーストラリアだが、2点差勝利なら逆転で準決勝進出が決まる。試合は一気に緊張感を増したが、
後半は1点を追うチリが攻勢を強めた。後半6分、浮き球のパスに抜け出したFWエドゥアルド・バルガスのシュートはGKの好セーブに阻まれたが、
同22分、DFエウゲニオ・メナの左クロスのこぼれ球をバルガスが頭でつなぎ、最後は途中出場のFWマルティン・ロドリゲスが右足ボレーで押し込んだ。

 1-1の同点に追いつかれ、あと2点が必要になったオーストラリアも最後まであきらめない。後半27分、相手のミスからトロイージがラストパス。
途中出場のFWジェイミー・マクラーレンがゴール前に飛び込んだが、右足のスライディングシュートはゴール左に外れ、勝ち越すことはできなかった。
試合はそのまま1-1でタイムアップ。チリがB組2位で準決勝進出を決めた。

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170626-01641239-gekisaka-000-view.jpg


6/26(月) 1:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170626-01641239-gekisaka-socc

3 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/26(月) 02:21:34.44 ID:CAP_USER9.net

コンフェデレーションズ杯は25日にグループリーグが終了し、準決勝に進出する4か国が決定した。
準決勝は28日と29日に開催され、A組首位のポルトガル代表(欧州代表)はB組2位のチリ代表(南米王者)と対戦。

また、B組首位のドイツ代表(W杯王者)はA組2位のメキシコ代表(北中米カリブ海王者)と対戦する。

以下、準決勝以降の日程

【準決勝】
(6月28日)
ポルトガル 27:00 チリ [カザン]

(6月29日)
ドイツ 27:00 メキシコ [ソチ]

【3位決定戦】
(7月2日)
未定 21:00 未定 [モスクワ]

【決勝】
(7月2日)
未定 27:00 未定 [サンクトペテルブルク]

ゲキサカ
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?219738-219738-fl


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498411235

<柴崎岳>争奪戦スタート!?昇格失敗で急きょフリーに。ベティスに続いてアラベスも興味

1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/26(月) 19:29:55.63 ID:CAP_USER9.net

スペイン2部テネリフェのMF柴崎岳の争奪戦が幕を開けたようだ。ベティスに続いてアラベスも興味を示していると、スペイン紙『エル・ディア』が伝えた。

テネリフェは現地時間24日に行われた昇格プレーオフ決勝でヘタフェに敗れたため、1部昇格には届かなかった。
そのため、今月末に契約満了となる柴崎はフリートランスファーでテネリフェを去る見通しだ。

テネリフェで高い技術を示した柴崎は、1部のクラブからも関心を集めており、ベティスはフリーで獲得できる同選手に注目しているようだ。

さらに、アラベスも柴崎をリストアップしているクラブとのこと。
新シーズンからチームを指揮するルイス・スベルディア監督がゴーサインを出せば、柴崎獲得に動き出す準備があるという。

テネリフェが1部に昇格した場合、柴崎は自動的に契約延長となるオプションが付いていたが、昇格に失敗したことで契約は満了する。
代理人が数日中にテネリフェと会談する予定だが、柴崎の契約延長は「ほぼ不可能なミッション」と『デポルプレス』は位置づけた。

柴崎は来シーズン、1部でプレーすることになるのだろうか。

フットボールチャンネル 6/26(月) 18:42配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170626-00219066-footballc-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170626-00219066-footballc-000-view.jpg


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498472995

<東京ヴェルディ社長>トッティ獲りへの動きを明言!「本人が興味を持っているみたい」キャプテン翼好きにも期待

1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/25(日) 22:02:11.22 ID:CAP_USER9.net

「スポーツ紙に出ている金額は全然違う。あれで獲れるならすぐに獲る」
 
6月25日、東京ヴェルディの羽生英之社長は町田市立陸上競技場内でメディアの取材に応じ、
一部スポーツ紙で報道されたフランチェスコ・トッティ獲得に向けたクラブの動きを認めた。

トッティは現在40歳で、16-17シーズンまで連続25季に渡ってASローマでプレーしていた“ローマの王子”として知られる存在だ。
セリエAでは通算619試合に出場して通算250得点を挙げ、イタリア代表でも通算58キャップを数え2006年のドイツ・ワールドカップでは世界制覇に貢献した。

すでに16-17シーズン限りのローマ退団が発表され、5月28日のジェノア戦でサポーターとの“お別れ”も済ませている。
ローマは幹部就任をオファーしているが、本人は現役を続行する意向だ。
 
羽生社長は「本人がヴェルディに興味を持っているみたいで、たまたま私たちが懇意にしている人からそういう話があった。
『それは興味深いですね』という話から始まった。私たちを支えてくれている人に話をしたところ、『それは考えてみてもいいんじゃないか』ということだった」と交渉開始の経緯を説明。
 
先方の希望する金額とは大きな差があるとのことだが、トッティの肖像権など権利の取り扱い次第で、折り合う可能性があるという。
 
スポーツ紙上で報道された年俸額(100万ユーロ/1億2400万円以上)については「全然違います。紙面に書いてあったくらいの金額なら、
誰の力を借りなくても、入場料収入の増加などで持てるリスクの範囲内。ウチの役員会だけで決めればいい話」と述べ、“それ以上”のオファーを示唆した。
 
また東京Vは22日にスペイン人FWカルロス・マルティネスの獲得を発表。すでに外国籍のアタッカーを3人保有している。
しかし同時起用は3名までだが、登録は5名まで可能ということもあり、そこは獲得の支障にならない。

羽生社長もすでにロティーナ監督へ相談済みで「『もし話があればどうする?』と聞いたら
『使いたい』と。そこはちょっと安心して、交渉しようと思っている」と明かしている。
 
もしトッティの東京V入りが実現すればJリーグ、日本サッカー界全体にとって素晴らしいニュースになるが、
契約までの道のりは決して平坦ではない。

トッティにはアメリカのクラブなどからもオファーが来ており、「アメリカのチームは我々の倍以上を提示している」とのこと。
一方でトッティ自身に「幼少期にキャプテン翼がすごい好きだったとか、そういうことも絡んでいる」という東京へのシンパシーがあり、そこはトッティの“気持ち”に期待する部分になる。
 
トッティ本人は現在バカンス中。帰国後に複数のオファーを比較し、最終的には彼が決断することになる。
羽生社長は交渉の見通しについて「まだまだ何も決まっていないし、自信があるともいえない」と述べ、明言を避けた。
 
取材・文:大島和人(球技ライター)

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170625-00027165-sdigestw-000-view.jpg


6/25(日) 19:20配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170625-00027165-sdigestw-socc

3 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/25(日) 22:03:15.70 ID:CAP_USER9.net

関連スレッド

【サッカー】<東京ヴェルディ>トッティ獲り!年棒1億2400万円を超える条件提示!
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1498348255/

【サッカー】<J2第20節>首位・福岡、終了間際に勝利もぎ取る!湘南2位死守!徳島が山形に圧巻6発!闘莉王いないと勝てない!千葉6-4
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1498393644/


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498395731

<本田圭佑>無所属なら8・31W杯アジア最終予選の豪州戦落選!?ホルンに“練習生”として加入するプランも浮上

1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/26(月) 17:30:26.35 ID:CAP_USER9.net

イタリア1部ACミランからの退団を表明した日本代表FW本田圭佑(31)に新たな難題が浮上した。

現在は欧州クラブを中心に移籍先を選定しており、長期戦も覚悟している。そんななか、ロシアW杯アジア最終予選オーストラリア戦(8月31日、埼玉)に臨む日本代表のメンバー発表までに所属先クラブが決まらなければ、ハリルジャパンから落選する可能性が出てきた。 

 本田は1日に千葉県内で取材に応じた際、去就について「まずはビッグネームが動く。僕(にオファーが来るの)はビッグネームの次くらい。(そのときの)移籍先を全てテーブルに載せて選べれば」と話し「慌てず最後まで粘ってみようと考えています。後悔しないようにしたい」と、慎重な姿勢だった。 

 現在までに欧州やJ1クラブからいくつか“オファー”は届いているものの、本田が納得するような条件を提示したチームはないという。昨季はイタリアでほぼ出場機会がなく、日本代表でもスタメン落ち。選手としての評価は急落しており、再就職でも苦戦が続いている。 

 本田も長期戦を覚悟しているが、所属先がなければゲーム形式の練習ができない。大一番のオーストラリア戦に向けて試合勘に不安が生じかねず、これを解消するため、本田が実質的なオーナーを務めるオーストリア2部(来季3部)ホルンに“練習生”として加入するプランも浮上した。 

 だが、本田の試練はまだまだ続く。無所属のままならば、日本代表に選出されない可能性があるのだ。実際にバヒド・ハリルホジッチ監督(65)は2015年8月に、当時浪人中だった守護神のGK川島永嗣を日本代表に選出しなかった。その理由について指揮官は「残念ながら(所属)クラブを見つけられていない」と説明している。 

 オーストラリア戦に臨む代表メンバーは8月下旬に発表の予定だが、1997年にはMF前園真聖が、V川崎(現J2東京V)移籍に向けたクラブ間交渉が難航。契約満了で無所属になる日が迫っていた。すると、日本サッカー協会は「所属のない選手は代表に選ばない」と通告。幸いにも交渉は合意に達し代表チームに合流できたが、あわやの状態だった。 

 本田の場合はどうか。協会関係者は「例えば日本サッカー協会所属などという形で代表に選ぶことはルール上、可能だと思う。他国の代表でもそういう選手は結構いるから」と話したうえで「あくまで(選手を選考するハリルホジッチ)監督次第だけど」と話した。 

 欧州の移籍期限は原則8月31日。オファーをくれたクラブに対し、本田が結論を先延ばしにすれば、他の選手がその穴を埋めることになり、移籍先の選択肢は狭まりかねない。代表落ち回避のためにも、浪人は避けたいところだが、果たして妥協できるか。

写真

東京スポーツ 2017年06月26日 16時30分
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/701739/


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498465826

鎌田大地(20)、退団セレモニーで美人妻から花束 フランクフルトへ移籍(画像あり)

1 名前:カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★@\(^o^)/:2017/06/26(月) 03:44:03.15 ID:CAP_USER9.net

フランクフルト移籍の鳥栖鎌田「嫁と2人で頑張る」
[2017年6月25日22時47分]

<明治安田生命J1:鳥栖2-1浦和>◇第16節◇25日◇ベアスタ

ドイツ1部フランクフルトへ完全移籍するサガン鳥栖MF鎌田大地(20)が、移籍後最後となる試合で先制点をアシストし勝利に貢献した。

後半20分、右CKでFW小野裕二(24)の先制となるヘディング弾を演出。退団セレモニーで胴上げされ3度宙に舞った鎌田は
「まだスタート地点に立っただけ。上を目指し嫁(安莉紗さん)と2人で頑張ります」と声を弾ませた。
https://www.nikkansports.com/soccer/news/1845897.html

セレモニーで安莉紗夫人から花束を受け取った鳥栖MF鎌田
https://www.nikkansports.com/soccer/news/img/j-kamaa2-wa223620170625-w500_0.jpg


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498416243

<日本代表>結局のところ、長谷部の不在の影響が顕著に出ている…「長谷部の代わりを見つけ出せ!」

1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/25(日) 17:49:17.75 ID:CAP_USER9.net

■結局のところ、長谷部の不在の影響が顕著に出ている…

ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選のイラク戦。「ハリルJAPAN」は、戦術メカニズムが明らかなノッキングを起こしていた。
プレーが機能していたのは序盤のみ。それ以後、プレッシングは全くはまらず、最終ラインは相手の攻撃に対してずるずると下がり過ぎ、自ら失点を招いた。そして後半は、完全にシステムの不具合に飲み込まれることになった。

サッカーにおける戦術は、精密機械のような一面がある。どこかの回路に不具合が生じることで、全体に決定的な影響を及ぼす。
イラク戦の欠陥は、主に中盤にあったと言えるだろう。中盤が、前線と後衛を繋ぐことができなかった。これによって、チームが機能不全に陥ったのである。

イラク戦での日本代表は、昨年3月のUAE戦や前哨戦のシリア戦で用いた4-3-3ではなく、基本としてきた4-2-1-3(もしくは4-2-3-1)のシステムで挑んでいる。
着目すべきは、中盤の構成にあるだろう。アンカー+2人のインサイドハーフというセットではなく、ダブルボランチを選択。遠藤航、井手口陽介のふたりを先発させている。山口蛍、今野泰幸は故障で、万全ではなかったからだ。

おそらく、ダブルボランチという選択は間違っていなかっただろう。
4-3-3は、戦術システムとしてうまく作動していない。UAE戦は勝利したものの、中盤のバランスは極端に悪かった。UAEがもうひとつ上のクラスの相手だったら、バックラインの前のスペースを利用され、日本の守備はズタズタに切り裂かれていただろう。

相手アタッカーに食いつき過ぎ、裏の空間を明け渡し、下がり過ぎてしまい、前のスペースで自由にさせてしまった。直前のシリア戦も同様と言える。
結局のところ、長谷部誠の不在の影響が顕著に出ている。

長谷部は、前線と最終ラインを繋げる仕事を遂行できる。例えば、CBの前のスペースを埋めるタイミングを捉えるセンスに長ける。判断の質が傑出して高いのは、ドイツ国内リーグや数々の国際大会を勝ち抜いてきた経験にもよるものだろう。
また、立ち位置の違いや予備動作、もしくはボールの置き方というディテールで、味方にプレーアドバンテージを与えられる。

■長谷部が戻ってきて、それで十分と言えるかどうか…
 
現在の日本代表には、そんな長谷部の代役は見当たらない。
そこで、ハリルホジッチ監督は4-3-3という苦肉の策を絞り出した。しかし、4-3-3は中盤で相手のプレッシャーを受けやすく、相当に練度を高めないと、ラインのコンパクトさを保てない。難易度の高いシステムと言える。

その点、ハリルホジッチがイラク戦で遠藤、井手口のダブルボランチにしたことは次善策だった。もしアンカー+2人のインサイドハーフというセットだったら、もっと酷い破綻が起きていた可能性がある。
凡庸なプレーに終始したが、勝点1は積み重ねた。それは「最悪の事態を回避した」と捉えるべきかも知れない。

ただしこのままでは、日本代表は苦しい戦いを余儀なくされることになる。長谷部がいない状況で、どうやって戦うべきか。その方策を見つけ出さなければならない。
たとえ長谷部が戦列に復帰したとしても、代役が1人も見当たらない状況は、速やかに改善する必要があるだろう。

それに、世界の強豪と戦う上で、長谷部が戻ってきて、それで十分と言えるかどうか……。
禍転じて福となせるか――。現在の長谷部不在は、もうひとつの有効な戦術システムを見つける、絶好の機会とも言える。

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170625-00010000-sdigestw-000-view.jpg


サッカーダイジェスト6/25(日) 14:02配信 文:小宮 良之
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170625-00010000-sdigestw-socc


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498380557
スポンサーリンク
インフォメーション

はてブ数: はてなブックマーク数

このブログについて

相互リンク・RSS募集中です(^ω^)
詳しくは、上記の「このブログについて」を参照してください。


ご要望も随時対応致します。
気軽にお願いします(`・ω・´)
(削除依頼・デザイン・まとめ方 etc..)
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
  • ライブドアブログ