1 名前:Egg ★:2021/10/25(月) 23:00:06.19 ID:CAP_USER9.net
2022年カタールW杯アジア最終予選。オーストラリア相手に劇的勝利を収めて息を吹き返した日本代表は、11月にベトナム戦(11日)、オマーン戦(16日)のアウェー2連戦に向かう。

求められるのは「2連勝」。そこで重要なポイントになるのが、森保一監督がどのシステムを採用し、誰をスタメンとしてピッチに送り出すかである。

 2対1で勝利したオーストラリア戦では、システムを「4-2-3-1」から「4-3-3」に変更。田中碧、守田英正、遠藤航の中盤が機能し、両サイドが高い位置を保つことでピッチ上の“窮屈さ”が解消された。そして何より“勝利”したことは大きな自信になる。この流れを維持し、自信を確信に変えるためにも、引き続き「4-3-3」を採用すべきだろう。1トップを務めた大迫勇也が負傷離脱し、10月の2試合で不在だった久保建英、堂安律の2人も復帰の見通しは立っていないという状況下において、4つのポジション、「1トップ」、「左ウイング」、「左サイドバック」、「インサイドハーフ」に新たな選手を抜擢し、さらなる進化を追い求めてもいいはずだ。

まず「1トップ」。大迫が負傷から復帰できる可能性も残されてはいるが、本大会を見据えた場合にも世代交代は必要不可欠なポジションだ。候補としては、古橋亨梧、オナイウ阿道のほか、上田綺世、前田大然、さらに鈴木優磨、江坂任らの名前が挙がり、南野拓実を起用することも可能だ。だが、「ゴールの実績」を重視するならば、やはりセルティックで出場&得点を続ける古橋に任せたい。これまでは左MFや途中出場で1トップに入ることはあったが、最も能力を生かせるのは中央であり、最初からピッチに立てばパフォーマンスも変わってくる。

 能力的には鈴木も試す価値があるが、これまで森保監督が頑なに招集せず、東京五輪組はまだ経験不足(これまでに積ませておくべきだったが……)。オナイウは有効な一手になり得るだろうが、数少ないパワー型FWは切り札としてベンチに置いておきたい。南野は所属先のリバプールでの出場機会の少なさがマイナス。ストライカーならば、古橋のように常時出場の中でゴールへの嗅覚と感覚を研ぎ澄ませておかなくてはならない。
 
アエラ 2021/10/25 18:00
https://dot.asahi.com/dot/2021102500012.html?page=1

写真

?update=20211025151259&width=850&fit=bounds


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1635170406
7 名前:名無しさん@恐縮です:2021/10/25(月) 23:02:59.76 ID:4GB0Gp6C0.net

今回、予選落ちした方が良い薬になるかもって思うようになってきた。


12 名前:名無しさん@恐縮です:2021/10/25(月) 23:05:34.59 ID:YgMpvgCr0.net

ムトゥとイニエスタと家長代表に呼べ


15 名前:名無しさん@恐縮です:2021/10/25(月) 23:07:53.26 ID:Wg4tT/+Q0.net

鎌田復活してるから呼んで欲しい


30 名前:名無しさん@恐縮です:2021/10/25(月) 23:19:31.44 ID:uItbBIvx0.net

長友は先日のJリーグでスプリントと走行距離1位でゴールの起点にもなってた
普通にJ1でも良いサイドバックだから代表でもレギュラーでもいいと思う


32 名前:名無しさん@恐縮です:2021/10/25(月) 23:22:22.94 ID:wYJyq5Y50.net

武藤
中島翔哉
安西
鈴木優磨


46 名前:名無しさん@恐縮です:2021/10/25(月) 23:49:45.24 ID:j+AmUV6p0.net

オナイウと古橋の2トップにしとけ
オナイウは頭でも点取れる


47 名前:名無しさん@恐縮です:2021/10/25(月) 23:51:31.09 ID:nnZ0nA8B0.net

ここで柴崎使っちゃうのがモリヤスクオリティ


50 名前:名無しさん@恐縮です:2021/10/25(月) 23:54:42.47 ID:bKhF7EKr0.net

ベトナム戦がワンチャン引き分けありそうで怖いんだよなぁ


59 名前:名無しさん@恐縮です:2021/10/26(火) 00:01:52.23 ID:JSMBnH9i0.net

三笘中心でチーム作れ