1 名前:砂漠のマスカレード ★:2019/12/04(水) 08:12:30.63 ID:4wQ1aVE/9.net
「僕のせいで負けたと思っています」

気丈に振る舞っていたが、溢れる涙をこらえきれなかった。

18歳の背中を見て、どれだけのプレッシャーがのしかかっていたのか、どれだけこの高校サッカーに懸けてきていたのかが手に取るようにわかった。

第98回全国高校サッカー選手権大会神奈川県予選決勝。

今年U-17W杯とU-20W杯の2つのW杯を経験した桐光学園高校FW西川潤(セレッソ大阪内定)は、1年生から背負い続けるエースナンバー10のユニホームを纏って、ニッパツ三ツ沢球技場のピッチに立った。

相手は県内のライバル・日大藤沢高校。今年のインターハイ予選準決勝でも激突し、延長戦の末に振り切った難敵だった。

ミックスゾーンで溢れ出てきた涙。

前半は決定機を多く作った。しかし、西川の放つシュートはことごとく相手GKの手の中に収まっていく。この日の2年生GK濱中英太郎(日大藤沢)はまさに当たっていた。

チャンスを決めきれない桐光学園に対し、日大藤沢が先手を取る。後半立ち上がりの9分、鋭いサイド突破からMF浅野葵が均衡を破るシュートを突き刺した。

1点のビハインドに浮き足立つ桐光学園。西川も前線に残って、仲間がボールを運んできてくれるのを待った。しかし、日大藤沢の集中力を保った守備をこじ開けることができず、0-1のままタイムアップを迎えた。

敗戦を告げるホイッスルが鳴り響いた瞬間、西川はその場に立ち尽くし、大きく息を吐いた。試合後の挨拶、そして表彰式と彼の目には涙はなかった。むしろ涙を見せないように必死で堪えていた。
試合後のミックスゾーンでも、複数のメディアに取り囲まれる中、言葉少なではあったが、両手を後ろで組みながら気丈に答えていた。

1つの質問が終わり、少しの沈黙。また1つの質問が終わり、少しの沈黙。この繰り返しを横で見守ったあと、こう質問をぶつけてみた。

「タイムアップの瞬間、いろんな感情が渦巻く中で、真っ先に頭に浮かんだこと、思ったことは何ですか。西川選手の中で背負うものは大きかったという思いはありますか」

しばらくの沈黙のあと、少しうつむいた。すると、噛み締めていた唇が震え出し、ずっと我慢していた涙が溢れてきた。片手で何度も涙を覆い、1分間近くの沈黙を破ってこう声を絞り出した。

「自分が決めなきゃいけないシーンで、決めきれずに……。いろんな思いがあった中で……今日チームを勝たせられなかった。自分の責務を果たせなかったことが悔しいです」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191204-00841682-number-socc
12/4(水) 8:01配信

https://www.youtube.com/watch?v=_5rXldb97UE
2019年度第98回高校サッカー選手権 神奈川 決勝 桐光学園×日大藤沢 ハイライト(2019 tokogakuen × nichidaifujisawa)

https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/topics/67175_ext_01_13.jpg

https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/topics/67175_ext_01_7.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575414750
2 名前:砂漠のマスカレード ★:2019/12/04(水) 08:14:20.62 ID:4wQ1aVE/9.net

桐光学園の10番を背負って。

もちろん敗戦は彼だけの責任ではない。だが、西川は高校入学前の練習試合から10番を託され、その背番号と共に高校3年間を歩んできた。

それに彼が背負っていたのは、ただの10番ではない。選手権準優勝など輝かしい成績を残した中村俊輔という日本を代表するレフティーから引き継がれる番号である。
中村のその後の偉大なキャリアによって「桐光学園の10番」は全国的に見ても特別なものとなった。

「偉大な方がつけてきた番号でしたし、入学前からつけさせていただいて、気にしないと思っていても、周りにはそう(桐光の10番と)見られることが多い。
見られている中でどういうプレーをするかを心がけていました。
自分なりの10番の役目というか、どういうプレーをすべきなのか、どういう振る舞いをすべきなのかをずっと考えながら、時には周りから言われながら過ごしてきました」

周囲の期待と、自分の中で感じる責任と自覚。理想と現実の違いからくる葛藤。このジレンマに彼は3年間戦い続けた。

鈴木監督との信頼関係。

だが、苦しみながらも着実に成長してこれたのは、チームを率いる鈴木勝大監督との信頼関係があったからこそであった。

「勝たせられなかったのは僕の実力不足。西川潤という才能に巡り合えて、指導者としていろんなことを学ばせてもらった」

試合後、鈴木監督は真摯にサッカーに向き合い続けた西川に感謝の意を述べた。入学当初には「潤は凄い才能の持ち主。
責任を持って3年間を見ないといけない」と、大きなポテンシャルを持つ原石を預かることに強い責任を感じていた。
だからこそ、プレー面だけでなく、精神的にも、人間的にも成長するためにさまざまなアプローチを施した。昨年のインターハイの大会中に言っていた言葉に感じ取ることができた。

「桐光学園に行けば自分に足りないものを補える。ユースに上がる選択肢もありましたが、現状に甘えてしまっているような気がした。
サッカーをする環境、自分に染み付いた雰囲気を変えたかった。うまく表現ができないのですが、このままだと自分が甘えてしまうように感じてしまったんです。
僕の成長に必要なのは、厳しい環境でイチから取り組むことだったんです」


3 名前:砂漠のマスカレード ★:2019/12/04(水) 08:14:57.70 ID:4wQ1aVE/9.net

覚悟を決めて選んだ進学。

横浜F・マリノスジュニアユースでも10番を背負っていた西川がユース昇格を断って3つ上の兄がいた桐光学園に進学したのは、もはや多くのところで語られている。

「『なぜユースに上がらないんだ』という厳しい声もありました。でも、これは自分の人生なんで、周りに何と言われようが、批判やいろんな意見はあると思いますが、自分のための決断をしました。
失敗したら『それ見たことか』と言われると思うので、それが逆にバイタリティーになっているというか、『なにくそ』と思えてやれている。そこはモチベーションになっています」

覚悟はできていた。自分の背中にのし掛かるプレッシャーは望んでいたものでもあった。だからこそ、鈴木監督が自分に10番を与えてくれたことに喜びと責任を感じることができた。

「ここに来るまで、メンタル面において自分は相当、甘かった。技術云々よりも、その技術を発揮するためには、どんなときも自分を表現できる、さらけ出せる力が必要だった。
なりふり構わずゴールを目指す、苦しいときにこそ力を発揮する。恥や外聞は関係なく、かっこ悪くても良いから泥臭くやって結果を出す。これが大事だと思えるようになったことが、桐光学園にきて、1番の成長だと思います」

だが、高校最後の大舞台に、チームを連れて行くことができなかった。悔しくて、情けなかった。

アジアMVPも、選手権では初戦敗退。

話は試合後のミックスゾーンに戻る。

「試合の中で正直、焦りはありました。0-1にされて、刻々と時間が過ぎていった。『このまま終わってしまうのか』と自分の中で焦りもありましたし、チームのみんなも焦っていたと思う。
それをいかに冷静に保たせることができるかというのもキャプテンの仕事だったのですが、そういう力だったり、自分の想いが全然足りなかったと思います。自分も焦ってしまった」

どの質問に対しても、自分の不甲斐なさを口にしていた。だが、高校3年間を振り返ると、常にこの思いを噛み締め、その度に成長して結果を出していく彼の姿を見てきた。

1年のときは全国大会と縁がなかったが、2年生ではインターハイと選手権に出場。AFC U-16選手権でも日本代表の10番を背負い、優勝に導く決勝ゴールを決め、アジアMVPにも輝いた。

だが、インターハイでは決勝戦で山梨学院高校に敗れ、「こういう試合で勝ちに持っていくことが10番の仕事。
それができないのは自分がまだまだ足りないことが多すぎるということ」と涙を流すと、アジアMVPという大きな看板を背負って出場した選手権では、初戦で大津高校に0-5の大敗を喫した。


4 名前:砂漠のマスカレード ★:2019/12/04(水) 08:15:32.25 ID:4wQ1aVE/9.net

10番・主将として制した夏。

最高学年を迎えた今季。飛び級で出場したU-20W杯では、本調子とは程遠い出来でチームに貢献できなかった。
「もっと成長しないといけない」と悔しさを力に変えようとベクトルを自分に向け続けた。それが、同校初の全国制覇となったインターハイ優勝につながった。

先日のU-17W杯では2ゴールをマークするも、ラウンド16のメキシコ戦に惜敗した。だからこそ、帰国後に臨んだ選手権予選には相当の思いがあった。
しかし、有終の美を飾ることができなかった。

ただ、これもまた彼にとって、より高く飛ぶための原動力となるだろう。毎回味わう悔しさこそが「足りないものを補い続ける」という、彼が追い求める成長の源であった。

「高校3年間、桐光(学園)だけではなく、年代別日本代表の活動や、(内定している)セレッソ大阪の活動にも行かせてもらって、自信になった部分もあるし、成長できた部分があった。
それも桐光に来て、鈴木監督を始め、周りのチームメイトが、自分が何回も不在となる中でいろんなサポートをしてくださったからこそ。本当に感謝しかありません」

最後にこう口にする彼を見て、素直に思ったことがある。西川は新たな「桐光学園の10番」を示したのではないだろうか。
同時に中村俊輔のようにこれからのキャリアで、より大きくして成長していかなくてはいけない宿命も担っている。

中村俊輔を超える存在として。

彼の10番はこれで終わったわけではない。将来的にはクラブ、そして日本代表で10番を背負うべき存在の1人だろう。
来年からはプロとして新たなスタートを切るが、彼の背中に深く刻まれた10番は、輝きが増せば増すほど、背中から浮き上がってくるものだと思っている。

「これからしっかりと自分に向き合って、新たな答えを出していきたい。

整理して、この思いを次につなげていきたいと思います」

悔しさは将来、輝きを浮かび上がらせるための大きなエネルギーとなる。
重圧と責任、葛藤が大きければ大きいほど、乗り越えることができる人間とできない人間の差がはっきりと出る。
西川にはこれから先、もっともっと悔しい経験を積んでほしい。
中村俊輔を超える存在として――。


5 名前:名無しさん@恐縮です:2019/12/04(水) 08:18:20.34 ID:coTS0E6XO.net

ユース進めたのに高校サッカー行く奴たまにいるよな


6 名前:名無しさん@恐縮です:2019/12/04(水) 08:19:09.26 ID:YqnSA5mF0.net

上手い選手だけどメンタル面が淡白な感じ


7 名前:名無しさん@恐縮です:2019/12/04(水) 08:20:49 ID:oDTu7XUp0.net

マリノスユースの10番だった子か
当時話題になったけど、ちゃんと3年間成長したのか


8 名前:名無しさん@恐縮です:2019/12/04(水) 08:46:42.22 ID:7vbaQ/Rb0.net

桐光の10番てなんだよ
へみたいなもんだろ
誰もそんなの有難がってないから
代表の10番ですら、薄っぺらいのに


9 名前:名無しさん@恐縮です:2019/12/04(水) 08:47:55 ID:LidcS7zv0.net

女子校セレッソw


10 名前:名無しさん@恐縮です:2019/12/04(水) 08:48:05 ID:E17AazFZ0.net

西川と上田は本当にうまく育てて欲しい
大迫怪我したら終わりの状態なんで


11 名前:名無しさん@恐縮です:2019/12/04(水) 08:51:44.94 ID:M3Ib+N2H0.net

あら、県予選で負けたんだ


12 名前:名無しさん@恐縮です:2019/12/04(水) 08:54:01 ID:lktFhyFo0.net

持ってないな


13 名前:名無しさん@恐縮です:2019/12/04(水) 08:59:02.01 ID:rFI4iSVr0.net

入学前から10番?
こんな特別扱いされるために高校選んだのかよ
1から鍛えられるためにいけよ


14 名前:名無しさん@恐縮です:2019/12/04(水) 09:08:27.81 ID:6Qq2+Xb30.net

1年の時から10番与えられる環境はあまりよろしくないだろ


15 名前:名無しさん@恐縮です:2019/12/04(水) 09:08:56.78 ID:s0Kl4DK20.net

正解じゃない


16 名前:名無しさん@恐縮です:2019/12/04(水) 09:11:49 ID:mOkrVUfY0.net

決勝は酷かった
あんな良い子ちゃんプレイしてたら
平凡な選手に成っちゃうよ
自分で何とかしようという気概が無い


17 名前:名無しさん@恐縮です:2019/12/04(水) 09:12:13 ID:ERf9dd+d0.net

>>14
実力が3年生より上だったなら実力主義なんだからいいんじゃないの


18 名前:名無しさん@恐縮です:2019/12/04(水) 09:16:49.75 ID:dWmZwp9n0.net

キックがあんま上手くないんだよなあ


19 名前:名無しさん@恐縮です:2019/12/04(水) 09:27:03.14 ID:hPs5h2WY0.net

久保はスペインだぞ
県予選で泣いてどうする


20 名前::2019/12/04(水) 09:38:36 ID:5EobHbbm0.net

まだまだどうなるか分からんからな。このまま終わるか大成するかどうなるかな。


21 名前:名無しさん@恐縮です:2019/12/04(水) 10:00:24 ID:DszN7WYm0.net

こいつは大成しない
カッコつけてるやつは駄目なんだよ


22 名前:名無しさん@恐縮です:2019/12/04(水) 10:06:01 ID:ptes1tYF0.net

西川がマリノスユースに行かなかったから今年のユース3年生は3人もトップに昇格したぞ


23 名前:名無しさん@恐縮です:2019/12/04(水) 10:11:27.27 ID:UI9lbt7p0.net

2年の時の夏の甲子園で1点リードの後半ロスタイムに、
キープできる余裕あったのにシュートしてGKに余裕で弾かれて
そっからカウンター食らって同点にされて結局負けた事のが許せんわ


24 名前:名無しさん@恐縮です:2019/12/04(水) 10:13:39.12 ID:FmCBhMo/0.net

西川潤(セレッソ大阪内定)

内定ってもう試合も出てるがな


25 名前:名無しさん@恐縮です:2019/12/04(水) 10:14:46.12 ID:7r+lKHwK0.net

完全に道を間違えたな


26 名前:名無しさん@恐縮です:2019/12/04(水) 10:15:03.57 ID:qJ/KFmkf0.net

和製阿部祐太郎


27 名前:名無しさん@恐縮です:2019/12/04(水) 10:16:24.21 ID:3Mju3j3k0.net

3年間勿体ないな
海外はこの3年で変わるのに