1 名前:Egg ★:2018/12/05(水) 06:02:33.64 ID:CAP_USER9.net
🌑マンC、トロント、そしてフローニンヘンとともに
https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/51109_ext_04_0_1543953619.webp?v=1543954230

名手アリエン・ロッベンは日本へやって来るのか。俄然、注目度が高まっている。

 元オランダ代表のカリスマは先週土曜日、今シーズンいっぱい(2019年6月末)で満了となるバイエルン・ミュンヘンとの現行契約を更新しないと発表。およそ10年間に渡ってともにトップシーンを駆け抜けた超名門に、別れを告げる決断を下した。2018-19シーズンはここまで怪我などで欠場するケースはあるものの、公式戦14試合に出場して5得点・2アシストと相変わらずの貢献ぶりを示している。

 ロッベン自身は現役続行か、あるいは引退するかを明言していない。「現時点ではさまざまなオプションがある、としか言えない。もし現役を続けるならばそれは僕自身が100パーセントやれると確信した時だけだ」とコメントし、「もちろん家族の意見を尊重する。僕だけでなく妻や子どもたちも楽しめるものにならなければならない」と付け加えた。

 はたして34歳となった稀代のドリブラーはどんな決断を下すのか。メディアを中心にさまざまな情報や憶測が錯綜しているが、これまで何度もロッベンを取材している名物記者が踏み込んだコラムを掲載した。オランダ全国紙『Volkskrant』のヴィレム・ヴィセルズ記者だ。

 敏腕はこう綴っている。

「ロッベンにとってフットボールは情熱だ。そして彼は完璧主義者であり、練習の鬼だ。輝かしいキャリアのなかにあっても常にそのスタンスを崩さず、哲学を貫いてきた。だからこそ今回、彼は悩んだ末にバイエルン退団を決めたのである。通常よりうんと早い秋に公表するのだから、実にロッベンらしいと言えるだろう」

 ラジオ局のインタビューで選手本人が明らかにしたように、ヴィセルズ記者も中国や中東のクラブでの現役続行は現実的ではないと断じる。

「中国やカタールのような国でプレーすることを彼は良しとしないだろう。そこには確かなクオリティーがなく、野心もない。ましてや家族の生活を重視するロッベンにしてみれば、大きな魅力とはなり得ないはずだ。もともとカネで動く選手ではない。いつだってフットボールを心底楽しみたいと、そう欲している選手なのだから」

つづく

12/5(水) 5:10 サッカーダイジェスト
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=51109


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543957353
2 名前:名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 06:04:48.83 ID:LVc1J1LA0.net

老人の介護施設



15 名前:名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 06:15:50.37 ID:jxVwsRMmO.net

>>2悔しがるな在日猿



3 名前:Egg ★:2018/12/05(水) 06:04:49.30 ID:CAP_USER9.net

🌑欧州におけるJのブランド価値はさらに高まった

そこでヴィセルズ記者は、「引退に踏み切る可能性も低くないが」と前置きしたうえで、4つの新天地候補を列記した。

 まずはアメリカのMLS(メジャーリーグサッカー)で、具体的にトロントFCというクラブ名を挙げた。「MLS行きは、以前から興味深いオプションだとロッベン自身が明かしていた。カナダのトロントはロサンゼルスに比べれば大人しいが、モダンで美しい街である。チームはジョディ・アルティドールやグレゴリー・ファン・デルヴィールが籍を置いており、一定の競争力を持つ。そしてなによりMLSは実に魅力的で野心的なリーグに成長を遂げている。もはや盛りの過ぎた選手がお休みをする場ではないのだ」と説明し、「スポーツをこよなく愛するアメリカ人はデイビッド・ベッカム、ズラタン・イブラヒモビッチ、アンドレア・ピルロを大歓迎した。ロッベンも彼らに続くかもしれない」と綴った。

 次に取り上げたのが、日本である。やはりヴィッセル神戸が注目クラブのようだ。

「日本のJリーグはいまや上質な競争の場となっており、かの国は欧州からやって来る名手たちを強く欲している。典型的な例が、ヴィッセル神戸だ。アンドレス・イニエスタ、ルーカス・ポドルスキ、さらにはダビド・ビジャを保有するクラブで、日本国内で富豪10傑に入るヒロシ・ミキタニ(三木谷浩史)が会長を務める。彼が経営する『楽天』はバルセロナの胸スポンサーに莫大な資金をつぎ込んでいる。フットボール狂となりつつある日本において、ロッベンはメディア受けもきっと良好だろう。来日を待望されているはずだ」

 あとふたつは、マンチェスター・シティとフローニンヘン。前者はロッベンが崇拝してやまないジョゼップ・グアルディオラが率いるチームで、バイエルン監督時代に受けた薫陶を忘れていないという。「もう一度最高峰のレベルで1年だけやるとしたら、シティ以外に考えられない」とヴィセルズ記者は言い切る。一方の後者はロッベンがユース時代を過ごし、プロデビューを飾った心のクラブで、ご存知の通り、日本代表の堂安律がエースとして鳴らすオランダ北部の古豪だ。

🌑早ければ年明けの1~2月にもひとつの結論が


イニエスタとポドルスキの活躍と日本での充実ぶりは、逐一世界に打電されている。当然Jリーグの知名度と価値も上がるというものだ。(C)SOCCER DIGEST
 来季からJリーグは外国籍選手の出場枠が「5」に増加され、各クラブもDAZNマネーを積極活用すべく水面下で大物のスカウティングを続けている。

 イニエスタ、ポドルスキ、フェルナンド・トーレスらが公私ともに充実の日々を過ごし、極めつけが今回のビジャのサプライズ入団発表で、その影響も計り知れなく大きい。供給元である欧州フットボール界において、さらにJリーグのブランドイメージが高まったはずだからだ。

 はたして次なる大物、アリエン・ロッベンは極東の地を新天地に選ぶのか。早ければ年明けの1~2月にもひとつの結論が出されるだろう


5 名前:名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 06:05:52.06 ID:jBIgNrNh0.net

イニエスタ印のJリーグ


6 名前:名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 06:07:19.68 ID:Qsj7hj+j0.net

まじかよ


7 名前:名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 06:07:58.96 ID:ZBjXHqOS0.net

数年前じゃ考えられないくらいのメンツが日本にいるな


8 名前:名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 06:08:05.71 ID:40hupeZc0.net

記者の推測で記事書くな


9 名前:名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 06:08:32.63 ID:jBIgNrNh0.net

あんだけ金を使ってこの扱いの中国よ



18 名前:名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 06:23:05.25 ID:dxL2rCT/0.net

>>9
名古屋のジョーが中国は大気汚染がマジで酷かったって言ってた



10 名前:名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 06:09:09.20 ID:NBUeQdEc0.net

スペイラネ


11 名前:名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 06:10:53.82 ID:k1X7UiVZ0.net

ハゲばっか集まるな


12 名前:名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 06:12:29.86 ID:GG+byETy0.net

リベリも一緒にとっちゃえ


13 名前:名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 06:13:02.94 ID:a45dgkw30.net

イニエスタ嫁のインスタが効いてる


14 名前:名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 06:14:07.04 ID:5jeOdANP0.net

昔もそれなりに名選手は居たぞ


16 名前:名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 06:18:05.45 ID:rfMC6lVF0.net

結局三木谷あらひとがみ様のお力だよね
トーレス取ったCygamesもまぁアレだが
新興勢力の方がサッカーに投資してるよね


17 名前:名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 06:20:05.90 ID:Qsj7hj+j0.net

ロッペンは電車にいたら目立つな。
ビジャやイニエスタはわからん


19 名前:名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 06:23:24.26 ID:4YxJDUgs0.net

スッペンの場所はありません