1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/02/02(火) 20:44:42.83 ID:CAP_USER*.net

関根貴大(浦和レッズ)
[ポジション]
MF
[生年月日]
1995年4月19日生まれ
[所属]
浦和レッズ

浦和の“赤き翼”は、埼玉スタジアムの熱狂的なサポーターが今最も期待を寄せる逸材だ。
物怖じしない性格で勇猛果敢に右サイドをドリブルで駆け抜け、相手DFに困難をもたらす。
昨年は6得点8アシストと、若くして浦和の攻撃の中核を担っている。不安を抱えていたスタミナや
守備も改善の兆しを見せ、ここ数年で大きな成長を遂げている。

ファン・ウェルメスケルケン・際(ドルトレヒト)
[ポジション]
DF
[生年月日]
1994年6月28日生まれ
[所属]
FCドルトレヒト(オランダ)

 ヴァンフォーレ甲府ユースから3年前に海を渡り、昨季終盤にエールディビジ(オランダ1部)デビューを果たすと、
今季晴れてドルトレヒトとプロ契約を締結。チームは2部降格となったが際はレギュラーとして経験を積み重ねている。

石毛秀樹(清水エスパルス)
[ポジション]
MF
[生年月日]
1994年9月21日生まれ
[所属]
清水エスパルス

 2012年に清水のトップチームに昇格。ナビスコカップ第2節のアルビレックス新潟戦で公式戦デビューを果たし、
元清水の市川大祐が持つ17歳7か月のクラブ公式戦最年少出場記録を塗り替えた。
 昨季はJ1リーグで7試合に出場し3得点を記録。J3リーグのJリーグ・アンダー22選抜にも招集され6試合戦った。
U-15の時から日本代表に選出され、各世代別代表として経験を積んできた石毛。
 しかし、リオデジャネイロ五輪出場権をかけたAFC U-23選手権のメンバーには選ばれなかった。
だが、まだチャンスは残されている。今季J2リーグで戦う清水で結果を残し、夏に行われるオリンピックの出場を目指したいところだ。

中村航輔(柏レイソル)
[ポジション]
GK
[生年月日]
1995年2月27日生まれ
[所属]
柏レイソル

 昨季期限付き移籍していたアビスパ福岡で輝きを放った。J2開幕当初は出番がなかったが、
第10節のジュビロ磐田戦で移籍後初出場を果たすと、第24節の大宮アルディージャ戦から正守護神に定着。
最終節のFC岐阜戦までフル出場を続け、福岡の躍進に貢献した。
 最後まで磐田との2位争いが続いたが、最終節が終了した時点で惜しくも3位となり、J1昇格プレーオフにまわることに。
準決勝でV・ファーレン長崎を0-1で下すと、決勝戦のセレッソ大阪戦では後半終盤に追いつき劇的な優勝を決めている。
いずれも中村はフル出場を果たし、福岡のJ1昇格に貢献していた。
 今季は柏に復帰し、J1リーグで戦う。リオデジャネイロ五輪出場権をかけたAFC U-23選手権の最終メンバーにも
選ばれていた中村だが、直前になって負傷離脱。本大会では出場を目指したいところだ。

3 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/02/02(火) 20:46:42.51 ID:CAP_USER*.net

サイ・ゴダード
[ポジション]
MF
[生年月日]
1997年4月2日生まれ
[所属]
トッテナム・ホットスパーU-21(イングランド)

 イングランドでプレーする日本人選手は岡崎慎司や吉田麻也だけではない。今年4月に18歳になるトッテナムの
サイ・ゴダードは、イングランド人の父と日本人の母親を持つ“サムライ”だ。
 今季からトッテナムのU-18からU-21に昇格するなど、現地でも高く評価されている。生まれも育ちもロンドンであり
イングランド代表を選択することもできるが、本人は日本代表入りを希望することを表明している。

野津田岳人(サンフレッチェ広島)
[ポジション]
MF
[生年月日]
1994年6月6日生まれ
[所属]
サンフレッチェ広島

 左足から繰り出される強烈なシュートが武器のアタッカーで、手倉森ジャパン発足時からの常連。
クラブW杯のオークランド・シティ戦で右膝内側側副靭帯損傷の大怪我を負ったが、このアクシデントがなければ、
アジア最終予選のメンバーに入っていた可能性は高い。
 U-23日本代表は今予選で試合を重ねるごとに逞しさを増していき、その中に身を置けなかったことは
野津田にとって悔しさを増幅させることになっただろう。それでも、ゴールをこじ開けられる一発を持つ
このレフティは今も貴重な存在だ。
 まずは怪我を早く治したい。そして広島で活躍し、本大会のメンバー入りを目指す。

奥川雅也(FCリーフェリング)
[ポジション]
FW
[生年月日]
1996年4月14日生まれ
[所属]
FCリーフェリング(オーストリア)

 京都サンガF.C.ユース時代から将来を嘱望されてきた選手。切れ味鋭いドリブル突破が魅力で“古都のネイマール”という異名をとった。
 2015年にトップチームに昇格すると、その年の6月にオーストリアのザルツブルクに渡り、現在は同2部の
FCリーフェリングに期限付き移籍中。さらなる飛躍のため研鑽を積んでいる。
 繊細なタッチから繰り出されるトリッキーなドリブルが観衆の目を引くが、奥川はそれに酔うことなくゴールを
目指すことのできる選手だ。所属クラブで結果を残し続ければ、自ずと手倉森監督の目にもとまるはずだ。

木下康介(フライブルクU-23)
[ポジション]
FW
[生年月日]
1994年10月3日生まれ
[所属]
フライブルクU-23

 横浜FCユース時代にマンチェスター・シティの入団テストを受け、高く評価されるなど早くからその能力が注目されたFW。
高校卒業後に海外挑戦を決意。ドイツのフライブルクに渡っている。
 188cm、82kgという恵まれた体格を持ちながらスピードも備える大器。現在はフライブルクU-23でプレーしており、
トップチームでの活躍を目指して奮闘中。
 この大型ストライカーを手倉森ジャパンに組み込めれば大きな戦力となる可能性はある。だが鈴木武蔵や
オナイウ阿道といったターゲット型の選手はすでにチームにいるため、彼らとの争いに勝たなければならない。

7 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/02/02(火) 20:48:13.09 ID:CAP_USER*.net

遠藤翼(FCトロント)
[ポジション]
MF
[生年月日]
1994年1月5日生まれ
[所属]
トロントFC(アメリカ)※トロントはカナダの都市だがMLSに参加している

 これまでほとんど知られていなかった存在だが、今年1月にMLSのトロントFCから日本人初のドラフト1位指名を
受けたことで一躍注目を浴びた。JFAアカデミー福島の1期生として中高時代を過ごし、卒業と共にアメリカ留学を
決断したサムライは飛躍的な成長を遂げている。
 トロントFCのプレシーズンでは練習試合でいきなりゴールを挙げるなど好スタートを切ったが、アメリカでの挑戦が
順風満帆というわけではなかった。1年次からレギュラーとしてプレーしたものの、大学入学時は英語を話すことができず
自らの実力のみで周囲を納得させた。3年次には学業とスポーツ面がともに優秀な10人のみに贈られる
「All Big 10 Academic List」を受賞し、MLSでのプレーを目指してきた。
 JFAアカデミー時代からポジションを一列上げたうえでアメリカのスタイルに順応し、メンタルコントロールや
コミュニケーション能力も駆使しながら必死で努力を積み重ねた才能が開花のときを迎えようとしている。
当然U-23日本代表への思いも強く、リオデジャネイロ五輪で自分が何かをもたらせると信じて新たな挑戦を始める。

丸岡満
[ポジション]
MF
[生年月日]
1996年1月6日生まれ
[所属]
セレッソ大阪

 2014年に日本代表MF香川真司が所属するドルトムントに期限付き移籍し、同年9月に行われたマインツ戦で
公式戦デビューを果たしていた。
 今季開幕前に行われたフレンドリーマッチの川崎フロンターレ戦では、先発出場を果たしゴールを決める
活躍を見せたが、その後のリーグ戦出場は叶わないまま、昨年12月にC大阪復帰が発表されている。
 日本代表としてはU-18などの各世代別で選出された経験を持ち、早くから才能を見出されていた。
本大会でメンバー入りするためにもC大阪で大きな活躍を見せたいところだ。

その他の海外組
■加藤カレッティ丈
[ポジション]
MF
[生年月日]
1998年9月14日
[所属]
ブリスベン・ロア(オーストラリア)

 日本が出場権を逃したU-17ワールドカップには、ひとりの日本人が参加している。マレーシアで生まれ、
オーストラリア人の父親と日本人の母親を持つ加藤カレッティ丈は、オーストラリア代表の主将として
U-17ワールドカップを戦った。今後は日本とオーストラリア、どちらの代表でプレーするかが明らかになっていないだけに、
その選択に注目が集まる。

9 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/02/02(火) 20:48:48.70 ID:CAP_USER*.net

■金城ジャスティン俊樹
[ポジション]
MF
[生年月日]
1997年2月22日生まれ
[所属]
デュッセルドルフ(ドイツ)

 ファン・ウェルメスケルケン・際、篠塚一平、サイ・ゴダード…。この世代には多くの“ハーフ選手”が存在しているが、
金城ジャスティン俊樹にもアメリカ人の血が流れている。昨年1月にJFAアカデミーからドイツ・ブンデスリーガ2部
1860ミュンヘンのU-19に加入すると、今年1月には同2部のデュッセルドルフが獲得している。東京五輪世代でもあるが、
ドイツでの経験は手倉森ジャパンに新たな風を吹かせるかもしれない。

■篠塚一平
[ポジション]
MF
[生年月日]
1995年3月20日生まれ
[所属]
スパルタク・モスクワ(ロシア)

 ロシアでも、一人の日本人選手が冒険を続けている。強豪スパルタク・モスクワのセカンドチームに所属する
20歳の篠塚一平は、ロシア人の父親と日本人の母親を持つ。
 日本の中央学院高校でプレーをしていたが、2年生からロシアへと渡ると、年代別のロシア代表にも選出されるなど
高い評価を得ている。しかし、将来的には日本代表でのプレーを希望しており、リオ五輪はその夢の第一歩となるかもしれない。

http://www.footballchannel.jp/2016/02/02/post135399/11/


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454413482
10 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/02/02(火) 20:49:04.97 ID:lHBWnWUF0.net

結構海外移籍してる奴いるんだな


23 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/02/02(火) 20:55:01.55 ID:wNevyCHx0.net

サイ・ゴダードは東京五輪に出たいとか言ってたが可能なのかな
97年の4月生まれだと・・・


28 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/02/02(火) 20:57:28.07 ID:AqcVA+cw0.net

>>23
1997年1月1日以降の生まれだから可能



53 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/02/02(火) 21:12:09.88 ID:RKF4Zcvk0.net

喜田とか橋本の方がテグ好みなのでワンチャンありそう
23→18の時点でめちゃくちゃ狭き門ではあるけど


61 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/02/02(火) 21:20:50.11 ID:OvLxB4yK0.net

他のCB候補は西野で埋まるからなぁ


62 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/02/02(火) 21:21:26.76 ID:IF6CVHBN0.net

奥川って外国にいるのか、あいつは化けるぞ


83 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/02/02(火) 21:49:03.51 ID:v3E87TgA0.net

関根と野津田は普通に入ってくるだろ


89 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/02/02(火) 21:56:20.15 ID:vPVqqv9I0.net

関根と共にわざわざ外された理由を手倉森が答えた鎌田も入れてやれよ


93 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/02/02(火) 21:58:26.79 ID:ZDJeL0Uj0.net

関根を外す理由が解らん


94 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/02/02(火) 22:01:25.26 ID:xjuTEAE50.net

野津田は入るやろうな


95 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/02/02(火) 22:02:51.55 ID:QiXhETtx0.net

川辺も期待してるんだがなぁ


97 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/02/02(火) 22:03:52.29 ID:/8X1NLck0.net

鹿島のFWの鈴木はワンチャンあると思う
今年覚醒しそうな予感する


112 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/02/02(火) 22:15:45.08 ID:MqUNzj770.net

野津田のCKは意外と武器になる


120 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/02/02(火) 22:30:26.88 ID:ZDJeL0Uj0.net

中島は左だろ
関根は右だ
どこでもやれるけど


132 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/02/03(水) 00:06:39.82 ID:e4BBS5X00.net

Jにももっといい選手おるやん
鈴木とか鈴木とか


135 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/02/03(水) 04:52:46.53 ID:TJi4dtv10.net

ハーフだったら誰でもいいんかい