1 名前:名無しのサッカーファンさん:2014/04/18 06:30:15

マンチェスターC(イングランド)のマヌエル・ペリェグリーニ監督は現地時間15日(以下現地時間)、13日の試合で負傷したコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレの状態について言及。
同選手は軽傷で、最長でも2週間の離脱で済む見込みだと明かした。ロイター通信が報じている。

 Y・トゥーレは13日に行なわれたプレミアリーグのリヴァプール戦で、シュートを放った際に脚の付け根を負傷し、前半のうちに途中交代。チームも敗れていた。
今季は長らくリーグ優勝の最有力候補と目されていたマンCだが、この日の敗戦で首位リヴァプールとの勝ち点差は7に開き、自力優勝の可能性が消滅。
さらに、チームの中盤の要として活躍してきたY・トゥーレが離脱とあって、逆転優勝に向け厳しい状況に立たされた。

 それでも、ペリェグリーニ監督は15日の記者会見で「ヤヤは筋肉系の負傷を抱えている。正確に何日掛かるかは、これから医師の診断を受けて判明するはずだ。
ただ、それほど悪い状態ではない。とはいえ、復帰には少なくとも10日間から2週間は掛かるだろう」と、軽傷の見込みだとコメント。今季残り絶望との報道も流れていただけに、
逆転優勝を狙うマンC、さらに6月から2014年W杯を戦うコートジボワール代表にとってはひとまず安堵するニュースとなった。

記事全文
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140416-00000012-ism-socc