モンテネグロ戦に家長・阿部ら招集も

 日本サッカー協会は10日、キリンチャレンジカップのモンテネグロ戦
(3月25日・エコパ)、ニュージーランド戦(同29日・国立)の日本代表に
選出する可能性のある12選手について、所属する欧州のクラブに文書を
送付した。

 12選手は、今年1月のアジア杯には招集されなかった家長(マジョルカ)、
阿部(レスター)のほか、長谷部(ウォルフスブルク)、本田圭(CSKAモスクワ)、
長友(インテル・ミラノ)、松井(グルノーブル)、川島(リールス)、内田(シャルケ)、
岡崎(シュツットガルト)、槙野(ケルン)、吉田(VVVフェンロ)、細貝(アウクスブルク)。

ソース:読売新聞(2011年3月10日21時15分)
http://www.yomiuri.co.jp/sports/soccer/representative/news/20110310-OYT1T00964.htm