ヘッドライン

【サッカー】ジダン監督、久保建英のレアル残留を希望 「残ることを期待している。彼は大切で、レアル・マドリーの未来なんだ」

1 名前:スタス ★:2019/08/16(金) 22:09:52.51 ID:BsOs0fdF9.net
ジダン、久保建英の残留を希望 「残ることを期待している。大切で、レアル・マドリーの未来なんだ」
レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、日本代表MF久保建英の去就について言及した。

レアル・マドリーは、17日に行われるリーガ・エスパニョーラ開幕節でセルタとのアウェー戦を迎える。この試合に向けた記者会見に出席したジダン監督は、バジャドリーのレンタル移籍の可能性が近日に伝えられていた久保建英について、「残ることを期待している」とコメント。今季はラウール・ゴンサレス監督が率いるレアル・マドリー・カスティージャ(スペイン3部)に在籍することを望んでいる。

「久保はここの、レアル・マドリーの選手で、未来がある。8月31日までは色々なことを話せるし、どんなことでも起こり得る。しかし私は久保がここに残ることを期待している。ここで練習して、成長していくことをね。最初にプレーするのはカスティージャの試合となるが、それも大切だ。彼はマドリーの未来なのだからね」

今夏にFC東京を退団してレアル・マドリー入りした久保は、プレシーズンツアーでトップチームに帯同。ツアー中の5試合のうち4試合でプレーし、要所で技術の高さを発揮しており、レアル・マドリーのファンだけでなくジダン監督の評価も高まっていることが伝えられてきた。一時はバジャドリーへのレンタル移籍が濃厚とも伝えられた中、ジダン監督の希望通り残留することになるのだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190816-00010028-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1565960992

【サッカー】<オランダ1部AZアルクマール公式>U-22日本代表9月の対戦国を“フライング“発表?海外遠征で親善試合を実施か!?

1 名前:Egg ★:2019/08/19(月) 20:07:05.83 ID:12hPl/PP9.net
U-20日本代表DF菅原由勢が所属するオランダ1部AZアルクマールは19日、9月に行われるU-22日本代表が臨む親善試合のメンバーに招集レターが届いたと公式サイトで発表した。同時に対戦相手はメキシコとアメリカということも記述され、メンバー発表は8月29日だとされている。現時点で日本サッカー協会(JFA)からの公式アナウンスはなく、“フライング発表”となってしまったようだ。

 AZは菅原に9月の親善試合に向けてU-22日本代表への招集レターが届いた旨を発表。その親善試合で9月6日にメキシコとメキシコシティで、10日にアメリカとサンディエゴで対戦すること、メンバー発表が8月29日に行われることもあわせて掲載された。ただ、現時点でJFAは9月2日から11日まで海外遠征を実施することしか公式アナウンスしておらず、まさかの“フライング”となっている。

 招集レターが届いたとされる菅原は、U-22日本代表に招集されれば初めて。各世代別代表で活躍してきた19歳は、5月にはU-20ワールドカップ(W杯)ポーランド大会に出場し、6月に名古屋グランパスからAZへの期限付き移籍が決定した。エールディビジ開幕戦となるフォルトゥナ・シッタート戦(4-0)では初先発を飾り、いきなり初ゴール。右サイドバックとして急成長を遂げている。

 今回のU-22日本代表は、A代表がパラグアイとの国際親善試合(9月5日/カシマ)、ミャンマーとのW杯アジア2次予選(9月10日/ミャンマー)に臨むため、森保一監督ではなく横内昭展ヘッドコーチが指揮を執ると見られる。来年に迫った東京五輪。MF久保建英(レアル・マドリード)やMF堂安律(フローニンゲン)ら有望な若手がひしめく世代の選手たちは、貴重な海外遠征で何を得るのだろうか。

8/19(月) 19:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190819-00211587-soccermzw-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20190819-00211587-soccermzw-000-6-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1566212825

【サッカー】<柴崎岳>デビュー戦を地元紙が大絶賛! 採点ではチーム最高の「8点」の評価 「シバサキに恋をした」

1 名前:Egg ★:2019/08/19(月) 20:19:47.47 ID:12hPl/PP9.net
攻守に渡って存在感を示す
 
巧みな動きでチームの勝利に貢献した日本代表MFの柴崎岳に対する評価が、うなぎ上りとなっている。
現地時間8月18日に行なわれた2019-20シーズンのラ・リーガ2部の開幕戦が行なわれ、デポルティボ・ラ・コルーニャは本拠地リアソールでオビエドに3-2と勝利した。

土壇場の88分に勝ち越しゴールを挙げ、スペイン屈指の古豪が快哉を叫んだこの一戦において出色のパフォーマンスを披露したのが、4-2-3-1のボランチで90分フル出場を果たした柴崎だ。
立ち上がりから両軍が激しい肉弾戦を繰り広げるなか、柴崎もフィジカルコンタクトに応戦。さらに18分には自陣でのパスカットから敵陣へ運んで左サイドへ素早くボールを展開し、最終的にママドゥ・コネが決めた先制ゴールの起点となった。

攻守のバランスを取りながら局面で積極的に顔を出すなど、チームの舵取り役として奔走した日本代表MFに対して、地元メディアも手放しで賛辞を贈っている。
地元紙『La Voz de Galicia』は、寸評・採点では柴崎にチーム最高点の「8」をつけ、「ボランチとしてプレーし、輝かしいデビューを飾った。
そのパスとドリブルで相手のラインを破り、守備のために身を粉にして働き、著しい活躍を見せた」と絶賛。さらに同紙は別の記事でこうも綴っている。

「リアソールに詰めかけたサポーターは1部昇格を夢見られることをシバサキに確信させられ、彼に恋に落ちた。この日本人はデビュー戦で輝き、デポルティボの彼への投資が間違っていなかったことを明確にした」
また、スペイン・メディア『El Desmarque』のラ・コルーニャ版も、柴崎のパフォーマンスを次のように褒めちぎった。

「ピッチ中央で自由自在にプレーした。ドリブルを仕掛け、リスクを伴うパスを幾度も通し、守備面での仕事も張り切ってこなした。日本人による見事なステージングだったと言えるだろう」
デポルティボでの公式戦デビューを華々しく飾った柴崎は、ますます注目度や期待感が高まるなかで、より決定的な仕事ができるのか。スペイン挑戦4年目のサムライのパフォーマンスから目が離せない。

8/19(月) 18:44配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190819-00063037-sdigestw-socc

写真
"https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190819-00063037-sdigestw-000-view.jpg

【サッカー】<柴崎岳(デポルティボ・ラ・コルーニャ)>開幕戦で先制点演出!地元紙絶賛「昇格の夢を見せてくれると確信」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1566187356/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1566213587

【サッカー】<冨安健洋>イタリア紙が評価!及第点を上回る6.5「攻めると賢明なカミカゼだった」

1 名前:Egg ★:2019/08/19(月) 20:29:04.15 ID:12hPl/PP9.net
「もっとうまくコミュニケーションを」
 
ボローニャの冨安健洋が8月18日、敵地で行なわれたコッパ・イタリア3回戦のピサ戦に先発出場し、イタリアでの公式戦デビューを飾った。
ボローニャは21分にアンドレア・ポーリが先制点を奪取。後半にリッカルド・オルソリーニとロドリゴ・パラシオが加点し、3-0と快勝した。4回戦ではウディネーゼと対戦する。

クラブ公式サイトによると、右サイドバックとしてフル出場した冨安は、「満足している。先発出場で勝つことができた。ただ、もっとうまくやれるはず。
言葉を学び、チームメートたちともっとうまくコミュニケーションが取れるようにならなければいけない」と、試合後にコメントした。

「試合の序盤は良い感じだった。僕たちはハイプレスをかけていて、自分には攻めるためのスペースがあった。オルソリーニや(ニコラ)サンソーネとは素晴らしいコンビネーションができた。
いずれにしても、チームを助けるためにもっと向上しなければいけない」
 
なお、19日付の『Gazzetta dello Sport』紙や『Corriere dello Sport』紙の採点は、及第点を上回る6.5。『Gazzetta dello Sport』紙は「ダブルフェイス」と、攻守での違いに触れている。
「守備ではミスへの恐れから不安があるが、攻めると賢明なカミカゼだった」

ボローニャは25日、開幕戦でヴェローナと敵地で戦う。11人目の日本人選手となる冨安は、いよいよ始まるセリエAの舞台でどのようなパフォーマンスを見せてくれるだろうか。

8/19(月) 16:29配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190819-00063028-sdigestw-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190819-00063028-sdigestw-000-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1566214144

【サッカー】<背番号10はロッベンからコウチーニョへ…>バイエルンが期限付き移籍加入を正式発表

1 名前:Egg ★:2019/08/19(月) 19:15:57.64 ID:12hPl/PP9.net
バイエルンは19日、バルセロナのブラジル代表MFコウチーニョの期限付き移籍加入を正式発表した。契約期間は20年6月30日までとなっている。

 昨季限りで退団したFWアリエン・ロッベンが背負っていた背番号10を着けるコウチーニョは、「僕にとって、この移籍は新しい国での新たな挑戦となる。本当に楽しみにしているよ。僕にもバイエルンにも大きな目標があり、新しいチームメイトとそれができると確信しているよ」と語っている。

 なお、スペイン『アス』によると、レンタル料は850万ユーロ(約10億円)で、1億2000万ユーロ(約142億円)での買い取りオプション付きとなるようだ。

8/19(月) 18:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190819-43470702-gekisaka-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190819-43470702-gekisaka-000-3-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1566209757

【サッカー】<ジュビロ磐田>新監督にスペイン人のフベロ氏が就任…最下位脱出へ外国籍監督招へい

1 名前:Egg ★:2019/08/19(月) 19:12:41.99 ID:12hPl/PP9.net
ジュビロ磐田は19日、トップチームの新指揮官にフェルナンド・フベロ氏が就任することを発表した。同氏が指揮を執るのは20日のトレーニングからとなる。

 磐田は今季の明治安田生命J1リーグで、開幕から低迷。6月25日に名波浩前監督が退任となると、ヘッドコーチを務めていた鈴木秀人が後を継いだが、その後も5試合で1勝4敗と浮上のキッカケをつかめず。すると、今度は15日鈴木監督の退任を発表。18日に行われた第23節・ガンバ大阪戦は小林稔ヘッドコーチが暫定的に指揮していた。

 新監督に就任するフベロ氏はスペイン国籍の45歳。パラグアイのグアラニで指導者としてのキャリアをスタートすると、その後はパラグアイのクラブを渡り歩き、5月にセロ・ポルテーニョの指揮官を退任していた。

 また、クラブはフベロ氏の監督就任に加えて、同じくスペイン国籍を持つダニエル・ルビオルのコーチ就任を発表。ルビオル氏はこれまでコーチ兼分析としてフベロ氏監督に従事してきた。

8/19(月) 18:14配信 goal
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190819-00010028-goal-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190819-00010028-goal-000-5-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1566209561

【サッカー】<香川真司(レアル・サラゴサ>日本代表での完全復活はもちろん、東京五輪でOA枠の有力候補に浮上

1 名前:Egg ★:2019/08/19(月) 17:26:52.03 ID:zI2xzzfL9.net
スペイン2部サラゴサに加入した日本代表MF香川真司(30)が鮮烈デビューを果たした。ホームで2―0と勝利したテネリフェとの開幕戦(17日=日本時間18日)に先発すると、後半35分に交代するまで攻守にわたり好パフォーマンスを披露。評価も急上昇しており、2022年カタールW杯予選に臨む日本代表での完全復活はもちろん、20年東京五輪でオーバーエージ(OA)枠の有力候補に浮上しそうだ。

 9日に加入したばかりで、ぶっつけ本番となったが、キレのある動きでチームをけん引。ドイツ1部ドルトムント、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドと世界トップリーグの強豪クラブに所属していた“格”の違いを存分に見せつけた。

 香川は久しぶりの公式戦に「きつかったが、何より勝つことを意識した。最低限のことはできたかな」と納得の様子。今後について「常に僕を経由してすべてが始まるくらいになれば、確実に自分のチームになる」と話すように、サラゴサの“王様”になることで完全復活を果たす構えだ。

 香川が2部に移籍した理由の一つはプレー機会を重視したため。ロシアW杯後は負傷などもあってドルトムントで構想外となり、レンタル移籍したトルコ1部ベシクタシュでもチーム事情などで先発はわずか4試合。それだけに多くの試合に出てパフォーマンスを上げることが必要だったが、この日のプレーで復活ののろしを上げたと言えそうだ。

 その先に見据えるのは、日本代表での復権。さらに出場を熱望している東京五輪で、24歳以上の選手3人まで登録できるOA枠の候補にも浮上する。

 元日本代表MF前園真聖氏(45)はかねて「ロシアW杯でハイパフォーマンスを見せた選手ですし、1年で急激に衰えることはありません。欧州トップレベルでも十分な実績もありますから、試合勘さえ戻れば、まだまだ働けます」と話しており、コンディションが整えば有力候補になるのは間違いない。

 原則23歳以下で臨む五輪では海外クラブ所属選手の拘束力がなく、MF久保建英(18=レアル・マドリード)やMF堂安律(21=フローニンゲン)ら欧州に進出した五輪世代を本大会に招集できるかは不透明。特にRマドリードのようなビッグクラブほど、選手の負担が増える五輪に難色を示す傾向がある。

 実際、香川自身もマンチェスターU時代に2012年ロンドン五輪に出場できなかったが、香川に近い関係者によると、今夏の新クラブ探しの中では「五輪出場の容認」の条件もあったという。サラゴサとの契約に組み込まれたかは不明ながら、2部クラブであれば五輪参戦を認める可能性は高いとみられる。

 五輪代表を指揮する森保一監督(50)は「メダルを狙う」と、日本サッカー協会にベストメンバー招集を要請。FW大迫勇也(29=ブレーメン)、MF柴崎岳(27=デポルティボ)が候補に挙がる中、香川もOA争いに加わるはずだ。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1566203212

【サッカー】日本代表の(元10番、香川真司に東京オリンピック「OA枠」浮上!!

1 名前:豆次郎 ★:2019/08/19(月) 17:21:36.78 ID:g10V7zXD9.net
8/19(月) 16:37配信
 スペイン2部サラゴサに加入した日本代表MF香川真司(30)が鮮烈デビューを果たした。ホームで2―0と勝利したテネリフェとの開幕戦(17日=日本時間18日)に先発すると、後半35分に交代するまで攻守にわたり好パフォーマンスを披露。評価も急上昇しており、2022年カタールW杯予選に臨む日本代表での完全復活はもちろん、20年東京五輪でオーバーエージ(OA)枠の有力候補に浮上しそうだ。

 9日に加入したばかりで、ぶっつけ本番となったが、キレのある動きでチームをけん引。ドイツ1部ドルトムント、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドと世界トップリーグの強豪クラブに所属していた“格”の違いを存分に見せつけた。

 香川は久しぶりの公式戦に「きつかったが、何より勝つことを意識した。最低限のことはできたかな」と納得の様子。今後について「常に僕を経由してすべてが始まるくらいになれば、確実に自分のチームになる」と話すように、サラゴサの“王様”になることで完全復活を果たす構えだ。

 香川が2部に移籍した理由の一つはプレー機会を重視したため。ロシアW杯後は負傷などもあってドルトムントで構想外となり、レンタル移籍したトルコ1部ベシクタシュでもチーム事情などで先発はわずか4試合。それだけに多くの試合に出てパフォーマンスを上げることが必要だったが、この日のプレーで復活ののろしを上げたと言えそうだ。

 その先に見据えるのは、日本代表での復権。さらに出場を熱望している東京五輪で、24歳以上の選手3人まで登録できるOA枠の候補にも浮上する。

 元日本代表MF前園真聖氏(45)はかねて「ロシアW杯でハイパフォーマンスを見せた選手ですし、1年で急激に衰えることはありません。欧州トップレベルでも十分な実績もありますから、試合勘さえ戻れば、まだまだ働けます」と話しており、コンディションが整えば有力候補になるのは間違いない。

 原則23歳以下で臨む五輪では海外クラブ所属選手の拘束力がなく、MF久保建英(18=レアル・マドリード)やMF堂安律(21=フローニンゲン)ら欧州に進出した五輪世代を本大会に招集できるかは不透明。特にRマドリードのようなビッグクラブほど、選手の負担が増える五輪に難色を示す傾向がある。

 実際、香川自身もマンチェスターU時代に2012年ロンドン五輪に出場できなかったが、香川に近い関係者によると、今夏の新クラブ探しの中では「五輪出場の容認」の条件もあったという。サラゴサとの契約に組み込まれたかは不明ながら、2部クラブであれば五輪参戦を認める可能性は高いとみられる。

 五輪代表を指揮する森保一監督(50)は「メダルを狙う」と、日本サッカー協会にベストメンバー招集を要請。FW大迫勇也(29=ブレーメン)、MF柴崎岳(27=デポルティボ)が候補に挙がる中、香川もOA争いに加わるはずだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190819-00000022-tospoweb-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1566202896

【サッカー】<柴崎岳(デポルティボ・ラ・コルーニャ>開幕戦で先制点演出!地元紙絶賛「昇格の夢を見せてくれると確信」

1 名前:Egg ★:2019/08/19(月) 13:02:36.03 ID:KEMeRpe09.net
オビエド戦でフル出場し、3-2の勝利に貢献 「絶え間ない献身性」にも賛辞

日本代表MF柴崎岳が所属するデポルティボ・ラ・コルーニャは現地時間18日にリーガ・エスパニョーラ2部第1節オビエド戦に臨み、3-2と白星スタートを切った。柴崎は先発フル出場を果たして先制ゴールの起点になるなど活躍したなかで、地元紙から「日本人のファンタジスタ」と賛辞を送られている。

 この日、柴崎は4-2-3-1の左ボランチとしてキックオフの笛を聞いた。すると前半20分、ボールを奪い取った柴崎が攻撃の起点となって攻撃を展開し、コートジボワール人FWママドゥ・コネの先制ゴールを導き出した。後半はお互いが2点ずつを挙げる打ち合いとなり、柴崎は中盤を落ち着かせる役割を90分間にわたって任された。

 1部復帰を目指すデポルティボにとって、幸先の良い勝ち点3。そのなかで柴崎の働きを高く評価しているのは地元メディアの「ラボス・デ・ガリシア」だ。「日本のファンタジスタとエレファンツ(コートジボワール代表の愛称)の積み重ね」とのタイトルで、柴崎とコネの働きを評価。特に柴崎についてはこのように記されている。

「ガクはガス(体力)が続くことを、祈り続けなければならなかった。攻撃面でも守備面でもだ。彼の絶え間ない献身性、そして驚くべきキックから危険なパスを送り込んだ。何よりも後方からパスを入れつつ(守備での危険な場面を)カバーすることで、相手のラインを打ち破るのを楽にした」

 このように攻守両面での気の利いたプレーぶりが評価されている。そしてこの90分間で得たメディアからの信頼はかなり大きいようだ。

「(デポルティボの本拠地の)リアソールは、昇格の夢を見せてくれる選手だと確信し、恋に落ちていた。日本人はデビュー戦で輝き、デポルでの融合が上手くいっていることが明らかになった」

 1990年代後半から2000年代前半にかけて「スーペル・デポル」と呼ばれる黄金期を築いたデポルティボも、近年は1部と2部を行き来する低迷期にある。その状況を打開する役割を期待されている柴崎だが、初の公式戦でのプレーはクラブ内外に実力を示したと言えるだろう

8/19(月) 10:20 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190819-00211444-soccermzw-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20190819-00211444-soccermzw-000-1-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1566187356

【サッカー】ボローニャ冨安健洋が公式戦デビュー! コッパ・イタリア3回戦でフル出場、勝利に貢献

1 名前:久太郎 ★:2019/08/19(月) 12:02:15.15 ID:poR2k8LB9.net
[8.18 コッパ・イタリア3回戦 ピサ0-3ボローニャ]

 コッパ・イタリアの3回戦が18日に行われ、日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャはピサ(2部)に3ー0で勝利した。今夏加入した冨安は公式戦で初出場。右サイドバックとしてフル出場を果たした。

 昨年1月にアビスパ福岡からシントトロイデンに移籍した冨安は、今夏にイタリアを新天地として選択。3日の親善試合・アウクスブルク戦で先発メンバーに名を連ねると、10日のビジャレアルとの親善試合では移籍後初ゴールも記録していた。

 ボローニャは18日のコッパ・イタリア3回戦で今シーズンがスタート。2部のピサと対戦すると、公式戦デビューの冨安はボローニャでの定位置となりつつある右サイドバックで先発する。前半21分にMFアンドレア・ポーリが先制点を挙げると、冨安も果敢に攻め立て決定機を創出した。

 ボローニャは前半を1-0で折り返すと、後半17分にはFWリッカルド・オルソリーニが追加点を挙げ、さらにその2分後にはFWロドリゴ・パラシオがダメ押しの3点目。格下相手に盤石の試合運びをみせ、そのまま3-0で勝利を収めた。

 冨安はフル出場で4回戦進出に貢献。来週のセリエA開幕に向けて着実に存在感を見せつけている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190819-43470676-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1566183735
スポンサーリンク
インフォメーション

はてブ数: はてなブックマーク数

このブログについて

相互リンク・RSS募集中です(^ω^)
詳しくは、上記の「このブログについて」を参照してください。


ご要望も随時対応致します。
気軽にお願いします(`・ω・´)
(削除依頼・デザイン・まとめ方 etc..)
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
  • ライブドアブログ