ヘッドライン

【サッカー】『なでしこジャパン』優勝を決めた中国戦の観客わずか901人… かつては2万人超も、ブームが去り集客の課題山積

1 名前:jinjin ★:2022/08/01(月) 22:45:32 ID:CAP_USER9.net
なでしこの観客わずか901人 かつては2万人超も 集客の課題山積


日本が男女そろって優勝した7月のサッカー東アジアE―1選手権は、スタジアムに空席が目立った。

昨年10月の池田太監督の就任後、国内でのお披露目となった女子のが優勝を決めた26日の中国戦の観客は、わずか901人だった。


なでしこのFW植木理子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)は試合後、「代表戦をいろんな人の目や耳に届くスポーツにしないといけない。もっとたくさんの人に見てほしかった」と危機感を募らせた。
女子のプロリーグ、WEリーグの岡島喜久子チェアも27日、「他国の試合も観客数が少なく、女子サッカー全体に興味を持ってもらえなかった」と語った。


男女それぞれ4カ国・地域が参加した今大会は、中国が新型コロナウイルス対策を理由に開催を断念し、4月に急きょ、日本開催が決まった。
会場が約4万人収容のカシマスタジアム(茨城県鹿嶋市)と約4万4000人の豊田スタジアム(愛知県豊田市)に決まったのは5月。
日本サッカー協会によると、1日2試合ができ、男女8チーム分の練習場とホテルが確保できるなどの条件から選んだ。新型コロナ対策で、スタジアムの収容率の上限は50%に設定した。


19日夜の男子の日本戦と同じカシマで夕方に開いたなでしこの初戦は2221人、男子も4980人にとどまった。

男女とも「国内組」が中心で、都心部から遠い会場、平日開催など複数の要素が重なったが、平日の20日にあったパリ・サンジェルマン―J1川崎戦が東京・国立競技場で改築後最多の6万4922人を集めたのとは対照的だった。

その後、豊田に移った男子の日本戦は1万526人、1万4117人と増えたが、3試合ともカシマ開催だった女子は1051人、901人と減っていった。


E―1選手権が日本で開催された2010年は「なでしこブーム」前だったが、男子と別の日に東京・味の素スタジアムで開かれたなでしこ戦は3000人以上が集まった。
11年ワールドカップ(W杯)で初優勝し、12年ロンドン・オリンピック前に男子と同じ東京・国立で同じ日に実施した壮行試合は2万人を超えた。

12年はなでしこ単独で仙台や神戸で開いた試合でも1万人以上を集めた。
その後は下降線をたどったものの、E―1選手権が再び日本で開かれた17年は男子とは別会場ながら、千葉・フクダ電子アリーナで3試合とも3000人以上を集めた。


一時期のなでしこブームが去り、昨年は4月のパラグアイ戦が818人、6月のウクライナ戦は796人と苦境が続く。
代表の「強さ」だけでなく、開催方法を含めて集客面の課題は山積している。


https://news.yahoo.co.jp/articles/1cfd0132f02569b6081b39734eef33c86cafeb4e


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1659361532

【サッカー】バルサFWオーバメヤン、ドラゴンボール仕様の特製スパイクに海外メディア注目 「スーパーサイヤ人ゴッドになりたいようだ」

1 名前:伝説の田中c ★:2022/08/01(月) 20:00:28.54 ID:CAP_USER9.net
 スペイン1部FCバルセロナは現地時間7月26日、アメリカでのフレンドリーマッチでイタリア1部ユベントスと対戦。ガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンは前半45分間プレーしたなかで、その“足元”に注目が集まっている。

 試合はバルセロナがフランス代表FWウスマン・デンベレの2ゴール、ユベントスがイタリア代表FWモイーズ・キーンの2ゴールで、2-2のドローに終わった。

 新加入のポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ、デンベレとともに3トップを組んだオーバメンは、左ウイングで前半45分間プレー。得点、アシストこそなかったが、“特製スパイク”が話題を呼んでいる。

 オーバメヤンのスパイクのアッパーには、世界的人気を誇る漫画「ドラゴンボール」の主人公である孫悟空の姿がペイントされ、ド派手な仕上がりとなっている。

 スペインメディア「FayerWayer」は「ドラゴンボールZのスパイクを履くクラッキ」と見出しを打ち、「オーバメヤンはドラゴンボールZの大ファンで、足に孫悟空のタトゥーを入れている。スーパーサイヤ人ゴッドになりたいようだ」とレポート。米スポーツ専門局「ESPN」のサッカー専門番組「ESPN FC」の公式インスタグラムも「ピエール=エメリク・オーバメヤンがカスタムした“トラゴンボールZスパイク”でプレシーズンをプレー」と伝え、海外ファンからは「いくらで買える?」「欲しい」といった声が上がっていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a562dd8f518d9a715388c25a7f0f538f9e985ef2


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1659351628

【サッカー】鹿島がナイジェリア出身の190cm長身FWブレッシング・エレケ獲得でクラブ間合意と発表

1 名前:ゴアマガラ ★:2022/08/01(月) 18:34:15.09 ID:CAP_USER9.net
昨季はトルコ1部ゲンチレルビルリイSKでプレー

J1鹿島アントラーズは8月1日、ベルギー2部ベールスホットからナイジェリア人FWブレッシング・エレケを完全移籍で獲得することで、
クラブ間の基本合意に至ったことを発表。今後は日本でのメディカルチェックなどを経て、正式契約が結ばれる予定だという。

1996年3月5日生まれのエレケは、身長190センチを誇る大型FW。これまでスロベニア、イスラエル、スイス、ベルギー、トルコと各国を渡り歩いてきた。

 昨季は期限付き移籍先のトルコ1部ゲンチレルビルリイSKでプレー。今回、保有元のベルギー2部ベールスホットから鹿島へ加入する形となる。

 鹿島での背番号は「19」。チーム合流日などは、決まり次第発表する予定だという。

https://www.football-zone.net/archives/396236
https://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2024/08/01150541/20220801_Blessing-Eleke_GettyImages.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1659346455

【サッカー】AFCが2023-24シーズンからACL秋春制の完全移行を発表 アウェーゴール撤廃、延長戦&PK方式へ

1 名前:ゴアマガラ ★:2022/08/01(月) 18:14:16.29 ID:CAP_USER9.net
2023-24シーズンは23年8月、決勝トーナメントは翌24年2月にスタート

Jリーグ勢がクラブチームとしてのアジア王者を目指すAFCチャンピオンズリーグ(ACL)が、2023年から完全な秋春制へ移行することがアジアサッカー連盟(AFC)から発表された。

ACLは2002年に現行の大会フォーマットになって以来、これまで日本勢では浦和レッズが2回、ガンバ大阪と鹿島アントラーズが1回ずつ優勝している。
今季は8月18日から東地区の決勝トーナメントが行われるが、決勝戦だけ来年2月の開催となり、秋春制へ移行する準備期間とされていた。

そして、AFCからの発表では2023-24シーズンのACLは予選ラウンドが2023年8月にスタートし、グループステージは9月から12月の開催。決勝トーナメントは2024年2月に始まり、ホーム&アウェー形式の決勝が5月に行われて優勝クラブが決まるという。

 また2戦合計方式の試合などでのアウェーゴール数により優劣を決めるルールが撤廃されることも決まり、必要に応じて延長戦とPK方式により勝者を決定するとされている。

今季のACLには浦和、横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸が勝ち上がっているが、決勝に進出した場合に来季の開幕前にアジア王者を決めるタイトルマッチを戦うことになっている。
来季以降は、グループステージと決勝トーナメントの間にJリーグのシーズンの切れ目が挟まることになる。

これまで秋春制が多い西地区と春秋制が多い東地区でカレンダーは噛み合っていないなか、スケジュールは日本など東地区のシーズンに合っていた。
しかし、来季以降は欧州などと同じ西地区と同じ秋春制になることで、出場クラブの戦略にも大きな影響を与えることになりそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/32d25cc8aa32d421a0930efe755952e16bda8449


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1659345256

【サッカー】古橋の今季初ゴールなどでセルティックが連勝スタート!前田は前半のみで交代、負傷が報じられた旗手と井手口はベンチ外

1 名前:ゴアマガラ ★:2022/08/07(日) 01:06:14 ID:CAP_USER9.net
8月6日にスコットランド・リーグの第2節が行なわれ、日本人4選手が所属するロス・カウンティと敵地で対戦。古橋亨梧はCF、前田大然は左ウイングで先発した一方、負傷が報じられた旗手怜央と井手口陽介はベンチ外となった。

開幕戦ではアバディーンを2ー0で下したセルティックは11分、ペナルティエリア手前でボールを持った古橋が思い切りよく左足を振り抜くも、
大きくクロスバーの上を越える。さらに26分には、ジョッタのクロスから前田がヘディングシュート。しかし、枠を捉えきれない。

古橋と前田はそれぞれ37分と前半アディショナルタイムにも、エリア左からシュートを放つが、いずれもGKレイドローに阻まれる。

スコアレスで折り返したアウェーチームは、後半の頭から前田に代えてアバダを投入。すると、直後の48分だった。ジョッタの折り返しから古橋が押し込み、
ついに先制に成功する。昨シーズンは怪我もありながら、公式戦20ゴールを挙げた27歳の日本代表FWは、待望の今シーズン初ゴールとなった。

ただ、リードも束の間、58分にイアコビッティにゴールを許し、同点に追いつかれる。

 セルティックはその後、昨シーズンのリーグ得点王ギアクマキスも送り込み、攻勢をかけるなか、迎えた84分にイェンツが値千金の勝ち越し点を奪取。
勢いに乗ると、90+1分にはアバダのダメ押し点が生まれ、終わってみれば3―1で快勝。

リーグ連覇に向けて、幸先よく連勝スタートを切った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=114593


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1659801974

【サッカー】堂安律もゴールのフライブルクが快勝発進。板倉アシストのボルシアMGは逆転勝利

1 名前:ゴアマガラ ★:2022/08/07(日) 01:00:08 ID:CAP_USER9.net
ブンデスリーガ第1節が6日に行われ、堂安律や板倉滉といった日本人選手たちが各地で先発のチャンスを得た。

プレシーズンからゴールを挙げるなど好調を維持するフライブルクの新戦力・堂安律。アウクスブルクとの第1節では右サイドハーフで先発した。前半をスコアレスで折り返すと、後半開始直後にフライブルクが攻勢に出る。
46分、ミヒャエル・グレゴリチュがヘディングシュートを決めて先制。さらにその1分後、グリフォがゴール右からのやや距離があるFKをファーサイドに決めてみせ、
あっという間にリードを2点に広げる。61分にはセットプレーからマティアス・ギンターにもゴールが生まれて0-3に。

すると、堂安にもついにゴールが生まれる。78分、ゴール前の混戦で受けた堂安が得意の左足でゴール右に決め、4点目を奪った。
堂安はDFBポカール1回戦から公式戦2試合連続得点となっている。堂安はこのゴール直後に交代となったが、フライブルクは4-0と快勝を収めた。

板倉滉がCBで先発したボルシアMGはホッフェンハイムと対戦。前半19分にホッフェンハイムDFが退場処分を受けて数的優位となったボルシアMGだが、25分に失点。
右サイドからクロスを受けたアンドレイ・クラマリッチが横に流すと、ロベルト・スコフが左足で叩き込んだ。

しかし、42分にボルシアMGが反撃。ヨナス・ホフマンのコーナーキックをファーサイドで板倉が折り返す。これをラミー・ベンセバイニがバイシクルシュートでゴール右隅に決め、ボルシアMGが同点に追いついた。

後半はアルザーヌ・プレアがゴールを脅かすなど攻勢に出るボルシアMG。板倉も高いポジションを取って攻撃に加わっていく。すると71分、プレアのスルーパスにマルキュス・テュラムが抜け出して左足でフィニッシュ。
逆転弾を挙げ、一歩前へ出る。78分にはショートコーナーから最後はニコ・エルベディが決めてダメ押し。ボルシアMGが開幕戦を3-1と勝利で飾った。
https://news.yahoo.co.jp/articles/640edc320a0c207030a5201094850ad301d2e2e1


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1659801608

【サッカー】衝撃的惨敗のフランクフルト、4日前に2ゴールの鎌田大地はなぜ起用されなかったのか。「トップフォームだったが…」

1 名前:ゴアマガラ ★:2022/08/06(土) 20:03:36.71 ID:CAP_USER9.net
「どの選手がバイエルンに対峙しようが関係ない」

現地時間8月5日に行なわれたブンデスリーガの開幕戦で、鎌田大地と長谷部誠が所属するフランクフルトが、絶対王者バイエルンと対戦。ホームで1-6の衝撃的な惨敗を喫した。

開始5分にヨシュア・キミッヒにFKを叩き込まれると、その後も次々にゴールを奪われ、前半だけで5失点。64分に1点を返したものの、もはや焼け石に水で、83分に6点目を奪われている。

 この試合で、長谷部が81分から途中出場を果たした一方、1日に行なわれたDFBポカール1回戦のマクデブルク戦で本職の2列目ではなくボランチで出場し、2ゴールを叩き込んだ鎌田は出番すら訪れず。ボランチの一角には、セバスティアン・ローデが起用された。

ドイツ・メディア『SPORTBUZZER』は「オリバー・グラスナー監督は、DFB ポカールで4-0の勝利を収めた後、より守備的な方向性を選択した。キャプテンのローデがカマダのいた中盤の位置に入った」と報道。
「だが、前半はどの選手がバイエルンに対峙しようが、ほとんど関係ないように見えた」とこき下ろし、効果をもたらさなかったと指摘している。

また、地元紙『Frankfurter Rundschau』 も「カマダはトップフォームだったが、攻撃的MFで(ボランチでは)大胆すぎて、
国内最高のチームと対戦することはできなかった」との見解。こちらも「(鎌田とローデの入れ替えは)関係なかった」と綴っている。

 スタメンはともかく、途中投入はできたはずだが、前半で5失点ではもはや打つ手がなかったか。

ヨーロッパリーグ王者のフランクフルトは、10日にチャンピオンズ・リーグを制したレアル・マドリーとの欧州スーパーカップが控えている。バイエルン戦で出番がなかった鎌田に、この大一番でチャンスが回ってくるはずだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/871d7bb2c33635f1606092a49e83aeccce6f4f0d


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1659783816

【サッカー】日本サッカーは「1対1のディフェンスに積極性がない」 元Jリーグ外国人監督、守備面に辛口評価「競争力のなさが反映」

1 名前:ゴアマガラ ★:2022/08/06(土) 19:49:39.21 ID:CAP_USER9.net
前神戸監督ロティーナ氏が、スペイン紙上で日本サッカーに言及

前ヴィッセル神戸監督でスペイン人のミゲル・アンヘル・ロティーナ氏が、スペインメディアのインタビューに登場。日本サッカーの長所に触れた一方、
2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)で、ベルギーに逆転負けを喫した決勝トーナメント1回戦の戦いぶりを踏まえながら、課題も指摘している。

ロティーナ氏は、エスパニョール、レアル・ソシエダ、デポルティボなど母国クラブの指揮官を歴任。日本では2017年以降、東京ヴェルディ、セレッソ大阪、清水エスパルスを指揮し、
今年4月には神戸の監督も務めた。しかし、低迷していたチームの再建に失敗。J1リーグでは2勝1分6敗の成績にとどまり、今年6月28日付で契約解除となった。

そんなロティーナ氏が、スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」のインタビューに登場。日本人のサッカーにおける美徳と欠点について問われると、「向上心があり、疲れを知らないこと、
1日4時間トレーニングしても翌日には4時間また練習する、嫌な顔ひとつしない。犠牲の上に成り立っているので、技術や戦術の向上能力は高い」と、まずは長所に言及。一方で、「その反面、競争力や遊び心に欠けるところがある」と、ウィークポイントに触れた。

日本の欠点を巡っては、インタビュワーからはロシアW杯での戦いぶりへ話が向けられた。決勝トーナメント1回戦で、日本はベルギー相手にMF原口元気、MF乾貴士のゴールでリードを2点に広げながらも、その後、
相手の反撃に遭い立て続けの失点で追いつかれると、後半アディショナルタイムにはカウンターから逆転弾を喰らい、2-3で敗れた。この試合の日本について、ロティーナ氏なりの見解を示している。

全文はソースで
https://www.football-zone.net/archives/396902
https://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2022/06/29130456/20220629_Lotina_GettyImages.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1659782979

【サッカー】南野拓実、クラブが「開幕戦欠場」と「欠場理由」を発表! 招集外で川島永嗣との日本人対決実現せず…「南野がいない」の声

1 名前:ギズモ ★:2022/08/06(土) 13:40:00 ID:CAP_USER9.net
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220806-00094091-soccerh-000-1-view.jpg
欠場が決まったサッカー日本代表・南野拓実 写真:Panoramic/アフロ

南野拓実、クラブが「開幕戦欠場」と「欠場理由」を発表! 招集外で川島永嗣との日本人対決実現せず…「南野がいない」の声
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20220806-00094091-soccerh-socc

 リーグアンのASモナコが8月5日、開幕戦ストラスブール戦の遠征メンバーを発表。川島永嗣が所属するストラスブール戦の帯同メンバーに日本代表MF南野拓実の名前はなかった。

■南野がいない!?

 モナコが発表したメンバーには、エースのフランス代表FWウィサム・ベン・イェデルやポルトガル代表MFジェルソン・マルティンスなどが順当に選出されている。しかし、そこに日本代表MF南野の名前はなかった。

 モナコの公式サイトによると、南野は筋肉系の違和感で招集外となったという。8月3日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦のPSV戦で公式戦スタメンデビューを果たしていた南野だったが、リーグアンデビューはお預け。リーグデビューは、ホームで行われる8月13日のレンヌ戦以降に持ち越しとなった。

 モナコの公式ツイッターが招集メンバーを発表すると、「南野がいない」や「大きな怪我とかじゃなくて良かったけど、今はゆっくり回復のために休んでね」、「前線2人が欠場のチャンスだっただけに残念」などの声があがった。

■次節以降の出場に期待

 川島との日本人対決は開幕戦では実現しなかった。モナコのストラスブール戦の次の試合は、8月9日に行われるCL予選3回戦2ndレグのPSV戦。そして同月14日にはレンヌとの試合でホーム開幕戦を迎える。

 さらに、8月20日に行われるランスとのホーム戦を終えると、同月28日に昨季リーグ王者のパリ・サンジェルマン(PSG)とのアウェイ戦を迎える。南野の早期回復を願い、世界最高峰のクラブであるPSGとの試合で出場に期待したい日本人ファンは多いはずだ。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1659760800

【サッカー】甲府、ブラジル人FWイゴールを完全移籍で獲得…実父は90年代にJで活躍のアルシンド氏

1 名前:久太郎 ★:2022/08/06(土) 11:57:28 ID:CAP_USER9.net
 ヴァンフォーレ甲府は6日、中国サッカー・甲級リーグ(中国2部)の梅州客家足球倶楽部からブラジル人FWイゴールを完全移籍で獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。

 甲府のクラブ公式サイトには、以下のようにイゴールのコメントが掲載されている。

「ヴァンフォーレ甲府ファン及びサポーターの皆様、初めまして、イゴールです」

「日本のクラブへ10年ぶりに行きます。このチャンスを頂き、とても幸せです」

「自分が持ってる全ての力でチームに貢献したいです」

「早く合流し、皆様と一緒に目標達成に向かい頑張ります」

 現在29歳のイゴールは、ブラジル・リオデジャネイロ出身。2011年、トライアルを経て鹿島アントラーズとプロC契約を締結した。実父は、1990年代にJリーグでプレーしたアルシンド・サルトーリ氏。アルシンド氏も鹿島に所属していたため、クラブ史上初めて親子2代での所属となった。2012年に契約満了で鹿島を退団すると、以降は母国ブラジルのフラメンゴ、ブラガンチーノ(期限付き移籍)、レッドブル・ブラジル(期限付き移籍)、ヴォルタ・レドンダに所属。2017年には香港に渡り、大埔、R&F富力でプレーした。大埔在籍時には、香港プレミアリーグ年間最優秀選手に選出されている(2018-19シーズン)。2021年には、梅州客家足球倶楽部に加入した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6c023c8076e9b3f612381b7aa00fbb38f18dbf54


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1659754648
スポンサーリンク
インフォメーション

はてブ数: はてなブックマーク数

このブログについて

相互リンク・RSS募集中です(^ω^)
詳しくは、上記の「このブログについて」を参照してください。


ご要望も随時対応致します。
気軽にお願いします(`・ω・´)
(削除依頼・デザイン・まとめ方 etc..)
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
  • ライブドアブログ
スポンサーリンク