ヘッドライン

【サッカー】MF久保建英がA代表初先発!! コパ・アメリカ初戦チリ戦で0キャップ6人が先発デビューへ

1 名前:豆次郎 ★:2019/06/18(火) 07:09:49.66 ID:nWqJUndl9.net
6/18(火) 7:08配信
MF久保建英がA代表初先発!! コパ・アメリカ初戦チリ戦で0キャップ6人が先発デビューへ

 コパ・アメリカに出場している日本代表は17日、グループリーグ第1節でチリ代表と対戦する。現地時間20時のキックオフに先立ってスターティングメンバーが発表され、A代表初先発となるMF久保建英(FC東京→レアル・マドリー)らが名を連ねた。

 東京五輪世代が中心となった日本代表はGK大迫敬介(広島)、DF杉岡大暉(湘南)、DF原輝綺(鳥栖)、MF中山雄太(ズウォレ)、FW前田大然(松本)、FW上田綺世(法政大)の6選手が先発でA代表デビューへ。“オーバーエイジ”となるDF植田直通(セルクル・ブルージュ)、MF柴崎岳(ヘタフェ)、MF中島翔哉(アルドゥハイル)の3選手が先発起用されることになった。

 FIFAランキング28位の日本に対し、チリは16位。FWアレクシス・サンチェス(マンチェスター・U)、MFアルトゥーロ・ビダル(バルセロナ)らを擁し、コパ・アメリカ3連覇を狙うチリに対して東京五輪世代が中心となる若き日本代表が挑む形となる。


[日本代表]
先発
GK 23 大迫敬介
DF 2 杉岡大暉
DF 5 植田直通
DF 14 原輝綺
DF 16 冨安健洋
MF 3 中山雄太
MF 7 柴崎岳
MF 10 中島翔哉
MF 21 久保建英
FW 9 前田大然
FW 13 上田綺世
控え
GK 1 川島永嗣
GK 12 小島亨介
DF 4 板倉滉
DF 15 菅大輝
DF 19 岩田智輝
DF 22 立田悠悟
MF 6 渡辺皓太
MF 8 伊藤達哉
MF 11 三好康児
MF 17 松本泰志
MF 20 安部裕葵
FW 18 岡崎慎司
監督
森保一

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-43468332-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1560809389

【サッカー】30年の在籍を経て…トッティ氏、ローマ退団へ「死んだ方が良い」

1 名前:幻の右 ★:2019/06/18(火) 01:38:46.53 ID:ba/RyhsL9.net
ローマのスポーティング・ディレクター(SD)を務めている元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ氏が、同クラブを離れるようだ。17日にイギリスメディア『BBC』が報じた。

 トッティ氏は1989年にローマのアカデミーに入団。1993年に16歳の若さでプロデビューを果たすと、2017年に引退するまで785試合に出場し307ゴールをマークした。全盛期はレアル・マドリードをはじめとする欧州の強豪クラブらが獲得に動いたが、ローマへの忠誠心を示し、移籍を拒否していたクラブの伝説的な選手である。

 同氏は現役引退後もローマに残留し、SDに就任。しかし、クラブの会長を務めるジェームズ・パロッタ氏と意見が衝突してしまったため、退団を決意したようだ。

 トッティ氏は次のように語っている。

「私はローマを退団することを決めた。こんな日は一生来るまいと願っていたが、クラブの技術的発展に携わることができなかったため、SDを辞任することも決意した」

「現役を引退するよりも悲しい現実だ。ローマを離れることは私にとって死を迎えるような感覚だ。死んだ方がマシと言っても過言ではない」

「このクラブは愛されて、応援されるべきだ。私を支持する者や、パロッタ氏を支持する者で対立するのではなく、ローマサポーターとして団結して欲しい。選手や会長、監督は離れていく日が来るが、クラブのバッジが消えることはない」

「クラブ側は私の意思や望みを知っていた。チームをどのように調整したいかなど全てを伝えていたが、彼ら側は私にそのような権利を与えてくれなかった。全決断に置いて私の意見を排除したんだ」

 トッティの退団は18年間クラブに在籍していた、元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシに続くものである。

「ローマの幹部の中には、このクラブから生え抜きの選手らを排除しようとする者がいた。最終的には彼らの望み通りになった」

「もし私がローマの会長を務めていたら、クラブ一筋で戦ってきた私やデ・ロッシのような選手に全てを任せる。パロッタ氏は誤った考えを持つ者ばかりで周囲を囲って、彼らの意見にしか耳を傾けなかった。もちろん誰もが過ちを犯すが、8年間継続して同じ間違いを繰り返すことは何か問題があるだ」

 トッティ氏は来シーズンもデ・ロッシとともにローマの試合を観戦したいと述べていた。しかし「変装しないと90分間はスタジアムに止まれないかもしれない」とコメントを残していた。

 同氏はクラブに復帰する日は、新たな会長が就任する日だと述べ、パロッタ氏に対する不満を公言した。果たして今後、ローマはどのように変化していくのであろうか。

SOCCER KING 6/18(火) 1:12
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-00949105-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1560789526

【サッカー】<なでしこ快勝の裏で脚光>サポーターのゴミ拾いに海外絶賛!「この写真すべてが大好き」

1 名前:Egg ★:2019/06/15(土) 15:00:18.68 ID:9YphATLc9.net
写真
https://pbs.twimg.com/media/D9CIfttWwAco8hj?format=jpg&name=small

 サッカーの女子ワールドカップ(W杯)1次リーグD組は14日、日本がスコットランドを2-1で下し、勝ち点4として決勝トーナメント進出に一歩前進した。なでしこジャパンの今大会初勝利の裏で脚光を浴びているのが、日本サポーターのゴミ拾いだ。大会公式ツイッターが実際のシーンを画像付きで公開。「いつも通り、素晴らしい」「この写真のすべてが大好き」と喝采を呼んでいる。

【画像】「この写真のすべてが大好き」と海外絶賛! なでしこ快勝の裏でドラマが…大会が公開した日本人サポーターのゴミ拾いの実際の写真

 W杯と日本サポーター。両者の関係において、美しい文化となりつつある。なでしこジャパンが今大会初勝利を飾った裏で、なんとも印象的なシーンを大会公式ツイッターが公開した。

 赤い座席が並んだスタンド。その一角で青いユニホームをまとい、白の被り物に黄色いマントを着けた日本サポーターがいる。腰をやや屈めながら手にしているのは、青いゴミ袋。その中には多くゴミが詰められ、試合後の客席で自分たちが声援を送った場所で、清掃活動をしているようだ。日本サポーターらしい一幕だ。

 投稿では「いつものように、現地に駆け付けた日本のサポーターたちにリスペクト」と紹介。男子W杯、アジア大会など、国際舞台ではお馴染みとなった振る舞いを画像付きで公開すると、海外ファンも感銘を受けた様子でコメントを寄せている。

海外ファン「私たちは彼らから学ぶことがたくさんある」

「いつも通り、素晴らしい」
「私たちは彼らから学ぶことがたくさんある」
「アジアカップでも彼らは同じことをやっていたよね。彼らは友好的で、いつも日本からお土産を持ってきてくれるんだ」
「彼らは最高」
「この写真のすべてが大好き」
「リスペクト」
「彼らは謙虚でマナーがいい。特別な敬意を示します」
「小さくとも大きなこと」
「アリガト!」

 このように拍手が沸き起こっていた。試合はスコットランドを2-1で振り切り、今大会初勝利を手にしたなでしこジャパン。日本を支えるサポーターとともに、まずは決勝トーナメントを狙う。

6/15(土) 9:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190615-00063712-theanswer-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1560578418

【サッカー】1億円超えは6人、チーム内格差も鮮明! 日本代表「最新推定市場価格ランキング」 中島翔哉だけは別次元の数字

1 名前:豆次郎 ★:2019/06/17(月) 21:48:08.67 ID:2nlUQ2w59.net
6/17(月) 21:18配信
Football ZONE web
断トツの数字を誇るのが10番を背負うMF中島、その数字は1人だけ別次元

1億円超えは6人、チーム内格差も鮮明! 日本代表「最新推定市場価格ランキング」

 森保一監督率いる日本代表はコパ・アメリカ(南米選手権)に参戦し、グループリーグでチリ(17日)、ウルグアイ(20日)、エクアドル(24日)と対戦する。今回の日本代表は東京五輪世代の若手を中心にメンバーが組まれており、必然的に経験の浅い選手が多くなった。


 そのなかでドイツ移籍情報サイト「transfermarkt.com」が移籍金や活躍度、年齢などを踏まえて総合的に算出している選手の推定市場価格を見ると、“チーム内格差”がくっきりと浮かび上がる。

 招集23人に中で断トツの数字を誇るのは、「10番」を背負うMF中島翔哉(アル・ドゥハイル)の30億6200万円だ。ポルトガル1部ポルティモネンセで圧巻のパフォーマンスを披露して一気に自身の価値を高め、今年2月にカタール1部アル・ドゥハイルへ完全移籍。森保ジャパンの中核を成すメンバーの1人だが、今回の代表ではその数字も1人だけ別次元となった。

 大きな差が開いたなかで2位につけたのは、4億9000万円のFW岡崎慎司(レスター・シティ)だ。シュツットガルト、マインツで実績を積み重ね、2015-16シーズンには移籍1年目のレスターで“奇跡のリーグ優勝”を成し遂げた。現在33歳という年齢もあり、市場での価格は下がり始めているのが現状だが、新天地で結果を残せばまた盛り返すはずだ。

レアル移籍が決まった18歳MF久保は16位、4人が最下位タイ

 3位は2億4500万円のMF柴崎岳(ヘタフェ)、4位は1億2200万円のMF伊藤達哉(ハンブルガーSV)とDF植田直通(セルクル・ブルージュ)、5位は1億1000万円のDF冨安健洋(シント=トロイデン)と続き、“1億円オーバー”は23人中6人のみ。残る17人は全員が1億円を下回っており、全員あわせても中島1人に及ばない計算だ。

 FC東京からレアル・マドリード移籍が決まった18歳MF久保建英だが、まだ実績に乏しく、現時点では16位の6000万円となっている。またチーム内で最下位にあたる600万円ではGK小島亨介(大分トリニータ)、GK大迫敬介(サンフレッチェ広島)、MF松本泰志(広島)、FW上田綺世(法政大)が並んだ。

 今回のコパ・アメリカで日本が勝ち上がれば必然的にチームと選手への注目度は高まるなか、どの選手が自らの価値を高めるのだろうか。

Football ZONE web編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190617-00197045-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1560775688

【サッカー】<チリ代表のルエダ監督>日本戦のスタメンを再度明言…「間違いなくこのチームになる」

1 名前:Egg ★:2019/06/17(月) 22:25:52.38 ID:WwsSZCQ19.net
チリ代表の指揮官、レイナルド監督が16日、日本時間18日朝に行われるコパ・アメリカ グループステージ初戦(日本戦)の先発11人を改めて明言した。
同日のチリメディア『EN CANCHA』『Radio ADN』などが報じている。

日本戦へ向けて前日会見に出席したルエダ監督は「間違いなくこのチームになる。緊急事態が発生しないことを願っている」とコメント。
同監督は6月12日の段階で日本戦の先発メンバー11人を発表していた。布陣は4-3-3でアレクシス・サンチェスやアルトゥーロ・ビダルらが先発出場する予定だ。

 チリ代表の日本戦スターティングメンバーは以下の通り。

GK:ガブリエル・アリアス
DF:マウリシオ・イスラ、ガリー・メデル、ギジェルモ・マリパン、ジャン・ボセジュール
MF:チャルレス・アランギス、エリック・プルガル、アルトゥーロ・ビダル
FW:ホセ・ペドロ・フエンサリダ、エドゥアルド・バルガス、アレクシス・サンチェス

※並びは右から
※中盤は逆三角形

サッカーキング / 2019年6月17日 15時31分
https://news.infoseek.co.jp/article/soccerking_948998/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1560777952

【サッカー】<日本の「フェアプレー賞」はおかしい?>韓国メディアが指摘=ネットも賛同「韓国の方が荒いイメージだが実際は逆」

1 名前:Egg ★:2019/06/17(月) 22:04:25.49 ID:WwsSZCQ19.net
2019年6月17日、韓国・国民日報は、ポーランドで開催されていたU-20ワールドカップで日本代表が「フェアプレー賞」を受賞したことに疑問を呈する記事を掲載した。

日本代表は決勝トーナメント1回戦で韓国に0‐1で敗れたが、フェアプレー賞に輝いた。日本を選定した理由について、国際サッカー連盟(FIFA)は「4試合でもらったイエローカードは7枚だけで、ファウルも平均16回だった」と説明した。

しかし記事は「この説明は統計上間違っている」とし、「実際は4試合で70回のファウルをし、1試合当たりの平均は17.5回。平均16回は3試合を集計した数だ」と指摘。さらに「日本は4試合すべてで相手チームよりファウルが多かった。

韓国戦ではファウル数が急激に増え、韓国(11回)の2倍の22回だった。試合前は韓国選手によるファウルが懸念されていたが、実際は手を使ったり、足を高く上げてタックルしたりしたのは日本の選手だった」などとしている。

一方、韓国代表については「決勝戦までの7試合全てで相手チームより少ない、もしくは同じ数のファウル数だった上、レッドカードもなく、警告累積で出場できない選手もいなかった」と評価している。

これを受け、韓国のネットユーザーからも「韓国戦でもプレーが荒かった。それに16強で脱落した日本がなぜフェアプレー賞をもらえる?」「日本の金の力だろう」「FIFAがスポーツマンシップに基づく純粋な団体でないことが分かった。

フェアプレーもして勝利もした韓国代表が誇らしい」「韓国の方が荒いプレーをしそうなイメージだけど、実際は逆だ」「掃除のうまさが評価されたのでは?」「フェアプレー賞も本当は韓国のものだった」

など日本のフェアプレー賞に不満げな声が数多く上がっている。(翻訳・編集/堂本)

配信日時:2019年6月17日(月) 16時40分
https://www.recordchina.co.jp/b721582-s0-c50-d0058.html


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1560776665

【サッカー】<久保建英(18>名門レアル・マドリードと契約も...Bチームでプレーする選択は正しかったのか?

1 名前:Egg ★:2019/06/15(土) 07:05:35.63 ID:aSQub3cA9.net
森保ジャパンの一員として、南米ブラジルを舞台にしたコパ・アメリカ2019に挑んでいる18歳の久保建英が、スペイン1部リーグの名門レアル・マドリードへ完全移籍することが電撃的に決まった。

 日本時間14日夜にレアル・マドリード、所属するFC東京からそれぞれ公式発表された。レアル・マドリードは久保に関して、来たる2019-20シーズンはスペイン3部相当のリーグに所属するBチーム、レアル・マドリード・カスティージャでプレーすることも伝えている。

 FC東京で今シーズンから右サイドハーフのレギュラーを獲得。13試合で4ゴールをあげて、首位独走の原動力になってきた久保に対しては、2011年夏から約3年8か月にわたって下部組織に所属した古巣、FCバルセロナへの復帰が幾度となくスペイン紙上で報じられてきた。

 しかし、国際移籍が可能になる18歳の誕生日、6月4日が近づくにつれてバルセロナだけでなく、宿命のライバルであるレアル・マドリードやフランスの名門パリ・サンジェルマンなども参戦。ヨーロッパを代表するビッグクラブによる争奪戦が、日本のメディアも加わる形で伝えられていた。

 マドリードを拠点とする日刊スポーツ紙『マルカ』は5年契約で、年俸は手取りで120万ユーロ(約1億4600万円)と報じている。バルセロナが提示した25万ユーロ(約3000万円)を大幅に上回った点が久保に対する評価となり、新天地を決めるうえでの最大の判断材料となったようだ。

 昨シーズンのレアル・マドリードは、2度も監督を解任する苦しい戦いを強いられた。最終的には9シーズンぶりの無冠に終わったことを受けて、シーズン終盤に再登板したジネディーヌ・ジダン監督のもとで捲土重来を期すべく、クラブ史上にない規模での大補強を進めている。

 すでにベルギー代表FWエデン・アザールを、1億ユーロ(約122億円)の移籍金でチェルシーから獲得。セルビア代表FWルカ・ヨビッチ(アイントラハト・フランクフルト)、ブラジル代表DFエデル・ミリトン(FCポルト)、フランス代表DFフェラン・メンディ(リヨン)らの加入も続々と決まっている。

6/15(土) 4:59配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190615-00010000-wordleafs-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20190615-00010000-wordleafs-000-2-view.jpg

【サッカー】<久保建英>レアル・マドリード行きが正式発表!来季はレアルBチームのカスティージャでプレー ★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1560513990/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1560549935

【サッカー】やる気ないなら出ていけ―PSG会長、ネイマールら「セレブ気取り」に警告

1 名前:久太郎 ★:2019/06/17(月) 19:24:23.20 ID:TlGpTOUs9.net
【AFP=時事】フランス・リーグ1、パリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain、PSG)のナセル・アル・ケライフィ(Nasser Al-Khelaifi)会長が、「セレブ気取りの振る舞い」は許さないと、ネイマール(Neymar da Silva Santos Junior)ら高給取りのスター選手をいさめる発言を行った。

アル・ケライフィ会長は、18日発行の「フランス・フットボール(France Football)」誌のインタビューで「選手には、今まで以上に自らの責任を果たしてもらう」と話し、以下のように続けた。

「気持ちを入れ替えなくてはならないし、もっともっと働く必要がある。彼らがここにいるのは自分を楽しませるためではないし、それに納得できないなら、ドアは開かれている。セレブ気取りの振る舞いはもうたくさんだ」「変化が欠かせないと認識している。それができなければ、われわれは上へ行けない」

 会長は具体的な選手名を挙げていないものの、怒りの一番の対象がブラジルのスター、ネイマールであるのはほぼ間違いない。SNSで知り合った女性にパリのホテルで暴行を加えた疑いがかかっているネイマールは、5時間にわたる警察の聴取を先日受けたところで、本人は暴行を否定している。

 数日前、アンテーロ・エンリケ(Antero Henrique)氏に代わって再登板したレオナルド(Leonardo Nascimento de Araujo)スポーティング・ディレクター(SD)も以前、クラブを上回る選手などいないと話していた。

 2017年夏にネイマール加入が決まった数週間後、レオナルド氏は仏テレビ局カナル・プリュス(Canal+)のインタビューで「ネイマールがネイマールだろうと、クリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)がクリスティアーノ・ロナウドだろうと関係ない。クラブこそが尊重されるべき組織だ」と話していた。【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190617-00000024-jij_afp-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1560767063

【サッカー】<エムバペ>人生初の野球観戦をしただけでなく、始球式も行ないMLBファンも熱狂!「ベーブルースみたいだ!」

1 名前:Egg ★:2019/06/17(月) 18:51:27.09 ID:WwsSZCQ19.net
フランスの“怪物”は、束の間のオフを満喫しているようだ。

 現地時間6月15日に行なわれたMLBのロサンゼルス・ドジャースとシカゴ・カブスの一戦にドジャーブルーのユニホームに身を包んだパリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・エムバペが登場した。

【動画】エムバペのバッティングシーンはこちらでチェック!https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=60199


 開幕前にロシアW杯で世界王者となり、さらにキャリア初のリーグ・アン得点王にも輝いた2018-19シーズンを終えたエムバペは、現在、ロサンゼルスでオフを満喫中だ。

 そんなサッカー界の怪物FWは、ロサンゼルスを代表するスポーツチーム、ドジャースを訪問。人生初の野球観戦をしただけでなく、始球式も行ない、さらにデーブ・ロバーツ監督や主砲コディ・ベリンジャー、守護神のケンリー・ジャンセンとユニホームを交換し合うなど、“異文化”交流を楽しんだ。
 

 この様子を伝えたドジャースの公式ツイッターは、エムバペがバットを手にし、ぎこちなくバッティング練習に興じる動画を公開。これにアメリカのファンたちが反応し、次のようなコメントが相次いだ。

「サッカー場では怪物なのになぁ…」
「よし。すぐさまトレードで補強しよう!」
「手を入れ替えてバットを持てば打てるはず」
「よく当たってるじゃん」
「ベーブルースみたいな打ち方だ」
「鍛えがいがありそうだ」

 ちなみにこの試合ではカブスのダルビッシュ有が登板。勝敗こそつかなかったものの、7回を投げて1本塁打を含む2安打1失点、10奪三振の好投を見せ、チームを逆転勝利に導いていた。

 なお、エムバペはメンズスキンケア「BULK HOMME」グローバルアンバサダー就任に伴い、18日に緊急来日することが決定している。

2019年06月17日 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190617-00060199-sdigestw-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20190617-00060199-sdigestw-000-5-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1560765087

【サッカー】<18歳久保建英(レアル・マドリードの“凄さ”とは?>「小野伸二の再来」と絶賛!「超えている」点も…

1 名前:Egg ★:2019/06/17(月) 17:41:32.90 ID:WwsSZCQ19.net
日本代表史上2番目の若さでデビュー 出場直後から輝き放つ「“頭の中のミス”がない」

https://amd.c.yimg.jp/amd/20190617-00196964-soccermzw-000-1-view.jpg

 日本代表MF久保建英は、14日にスペインの名門レアル・マドリードへの移籍が発表されたことで、海外メディアからも将来性豊かな18歳のアタッカーとして、一躍注目を浴びる存在となっている。今季開幕からFC東京でJ1リーグ首位を走るチームの原動力となり、今月9日の国際親善試合エルサルバドル戦(2-0)では史上2番目の若さとなる18歳5日でA代表デビュー。そしてコパ・アメリカ(南米選手権)参戦とレアル移籍により、さらなる成長曲線を描こうとしているなか、日本の至宝が持つ凄さとはどこにあるのだろうか。現役時代に“名ドリブラー”として知られ、日産自動車(現・横浜F・マリノス)の黄金期や日本代表としても活躍した解説者の金田喜稔氏に話を訊いた。

【動画】「小野伸二の再来」と金田氏絶賛! 18歳MF久保建英、移籍決定でレアル公式が公開した「超絶スキル集」 華麗な股抜きや衝撃ボレーも…

 エルサルバドル戦の後半22分から、久保はMF南野拓実(ザルツブルク)に代わってトップ下に投入された。そしてスタジアムの大歓声を浴びてピッチに登場した6分後に、いきなり魅せる。FW大迫勇也(ブレーメン)のパスを受けて相手2人を翻弄する鋭いドリブルを仕掛けると、そのまま利き足の左足を振り抜く。シュートは惜しくも相手GKに防がれたが、ポテンシャルの高さを感じさせるワンシーンとなった。

 金田氏も出場直後から輝きを放った久保のプレーを、次のように絶賛する。

「どのプレーを見ても、凄さを感じさせた。技術的なミスはもちろんあったが、彼には“頭の中のミス”がない。本当に周りが見えているし、久保にボールが渡ったら次にどんなパスを出してくれるのか、どんなフォームで対峙する相手を騙しながら次のプレーを選択するのかなど、観る者に期待感を抱かせる存在感が凄い」

 昨季はシーズン途中に横浜FMに期限付き移籍するなど、久保はFC東京で確固たる地位を築いていたわけではない。だが今季は長谷川健太監督の信頼をつかむと、リーグ戦13試合に出場し4得点。J1の舞台でも別格のプレーを見せるようになった点について、金田氏は「体が成長したことで、元々持っていた技術を速く、正確に、強くできるようになっただけ」と見解を述べ、19歳から日本代表で活躍した自身の体験談を交えながら今後への期待を語る。

6/17(月) 17:30 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190617-00196964-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1560760892
スポンサーリンク
インフォメーション

はてブ数: はてなブックマーク数

このブログについて

相互リンク・RSS募集中です(^ω^)
詳しくは、上記の「このブログについて」を参照してください。


ご要望も随時対応致します。
気軽にお願いします(`・ω・´)
(削除依頼・デザイン・まとめ方 etc..)
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
  • ライブドアブログ