ヘッドライン

【サッカー】<Jリーグ>DAZNマネーをどう使うべきか? 今こそ考えるべき2100億円の10年運用。

1 名前:Egg ★:2018/12/18(火) 12:41:22.28 ID:CAP_USER9.net
DAZNとの放映権契約により、Jリーグは莫大な金額を手にすることになった。しかし、これで「10年安泰」と胡坐をかいている場合ではない。今こそ、そのカネの使い道を考えるべきである。

放映権料は「10年間」という期間限定

 10年間で約2100億円である。Jリーグが2017年から手にする放映権料のことだ。イギリスの動画配信大手『パフォーム・グループ』の擁するストリーミングサービス『DAZN(ダ・ゾーン)』と大型契約を締結。減収の危機に直面し、資金調達の必要に迫られた数年前の苦境がウソのようだ。

 これによって、Jクラブへの「均等配分金」が増額された。J1が1億8000万円から3億5000万円、J2が1億円から1億5000万円、J3が1500万円から3000万円となる。J2以外は倍増だ。

 J1の賞金総額も3億5000万円から4億8000万円へ。1位が3億円、2位が1億2000万円、3位が6000万円に増額される。また、成績に応じて支給される「強化配分金」(注・ACLの出場に絡む1位から4位までが対象)や「降格救済金」(注・降格した場合、翌1年間は前カテゴリーの配分金の80%が保証される)が創設されている。

 村井満チェアマンによれば「クラブの財政基盤をある程度、安定させる」狙いだ。それ自体は、大変喜ばしいことだが、増額の元手となる放映権料は「10年間」という期間限定である。果たして、10年後、それが増えるのか、それとも減るのか。額が大きい分、リスクもまた大きい。どちらへ転ぶか、まさに天国と地獄である。

 仮にDAZNが手を引いた場合、これだけの金額を払える企業が現れるのかどうか。そもそも、10年後のJリーグにそれだけの価値があればDAZNが契約の更新を考えるだろう。複数の媒体へほぼ均等に放映権料を売るリスク分散型ではないから、契約が打ち切られた場合のダメージが大きい。ともかく「次」があるかどうかは、これからの10年で決まるわけだ。
明るい未来のためにすべきこと

 かつて日本代表を率いたイビチャ・オシムは、しばしば「今の(人材)育成が、10年後の未来を決める」と話していた。種を蒔いてから収穫期を迎えるまで、ざっと10年というわけだ。10年後に明るい未来を望むならば「今」から手を打つ必要がある。

 主に財政基盤の安定を目的とした各種の「増額分」をわずか2、3年という短期的な成功のために浪費されては困る。舵取り役(社長やオーナー)が数年単位で入れ代わるケースの多いJクラブには、中・長期的なプランの立案、実行が不得手という印象が強い。すぐに結果が出ないことは「やりたくない」ということか。

 補強に大金を投じれば、短期的な成功につながりやすいが、それが長続きするかどうかはまた別の話だ。勝ち続けるチームをつくるのに、優秀な人材の「安定供給」を促す育成システムの強化、確立に大金を投じる方が、長い目で見たときのコストは安いかもしれない。

 ハード面の充実にも同じことが言える。例えば、スタジアムだ。G大阪の吹田スタジアムは計画の検討から、完成まで、およそ8年の歳月を要した。だが従来よりもキャパが増え、観客動員数も増加。それによる収益増を補強費に回して常勝軍の足場を固めれば、さらに集客が増える好循環を期待できる。さすがに新スタジアム建設はハードルが高いが、観客への「おもてなし」を充実させるアイディアは、いくらでもあるだろう。

 何より、ハード面への投資には「当たり・はずれ」が少ない。いずれ劣化するにしても、基本的には「丈夫で長持ち」だ。こうした持続可能性の高いモノ(分野)への投資こそ「10年後のJリーグ」を明るく照らす布石となるのではないか。

 増額された資金を、いかに有効活用するか。その運用の仕方、使い道が「いま」問われている。2100億円という大きな数字にとらわれて「当面は安泰」などと、呑気にあぐらをかいている余裕はない。

12/18(火) 11:51 victory
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181218-00010002-victory-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1545104482

【サッカー】<世界最大の人権団体>本田圭佑に“懸念”声明!

1 名前:Egg ★:2018/12/18(火) 12:44:23.57 ID:CAP_USER9.net
サッカー元日本代表の本田圭佑(32=メルボルン・ビクトリー)に世界最大級の国際人権NGO「ヒューマン・ライツ・ウォッチ(以下、HRW)」(本部・米ニューヨーク)が“重大懸念”を突きつけた! 同団体は17日、全世界に向けて書簡を発表。その中で、本田がカンボジアサッカー協会と手を結び、GM兼実質的な代表監督を務めている状況に重大な懸念を表明した。実は、カンボジアサッカー協会の会長は独裁が続くフン・セン政権の中核をなす人物。すでにHRWは米政府に同会長を含む政権中枢への経済制裁を働きかけており、本田の今後のビジネス活動に影響を及ぼす可能性が出てきた。

 HRWは1978年に設立され、全世界90か国以上で、その国の人権状況を調査・モニター、政策提言する世界最大級の人権団体だ。97年には運動に関わった「地雷禁止国際キャンペーン」でノーベル平和賞を共同受賞している。

 17日に発表された書簡では、本田について「戦争と貧困に苦しむ発展途上国カンボジアに対し、貴重な時間を割いて支援の手を差し伸べられていることに敬意を表します」と、まずは評価。その上で、カンボジアサッカー協会会長のサオ・ソカ氏が、かつてカンボジア王国警察隊総司令官兼同国軍総司令官代理だったこと、これまで処刑や拷問、違法逮捕など人権弾圧に携わってきたことを指摘し「世界的に悪名高い人権侵害者のサオ・ソカ氏と緊密な関係を築いていることを弊団体は憂慮しております」としている。

 カンボジアといえば、第2次世界大戦後、ポル・ポト率いる共産主義武装勢力「クメール・ルージュ」が伸長。同国を牛耳った70~80年代に深刻な大量虐殺(ジェノサイド)を行ったことで有名だ。91年に内戦は終了し、93年に現在のカンボジア王国が誕生したが、フン・セン首相は、そのころから現在に至るまで政府首脳として絶大な権力を振るってきた。民主国家を名乗ってはいるものの、実際は独裁国家だ。

 15年間、カンボジアで取材を続けるフォトジャーナリストの高橋智史氏(37)が解説する。

「現在のカンボジアは、フン・セン政権と与党人民党が立法、行政、司法を完全に支配しています。デモは自由に行うことができず、常に当局の徹底した監視がつき、今までに多くの活動家が投獄されてきました。昨年には野党救国党の党首が国家反逆罪で逮捕されましたし、政権に批判的な『カンボジア・デーリー』は廃刊。報道の自由なんてありません。今年7月の総選挙では全議席を人民党が占めましたが、上院も独占しているので完全に一党独裁になりました」

 そのような劣悪な状況をHRWは把握。今年6月には「カンボジアのダーティーな12人:フン・セン政権下の将官たちによる長い人権侵害の歴史」と題した報告書を発表した。政権の中核をなす12人の治安担当高官を名指し。その中にはカンボジアサッカー協会のサオ・ソカ会長も含まれ、かつて処刑、拷問、違法逮捕などに携わってきたことを明らかにしている。本田が、そんな人権じゅうりんの責任者と並んで会見し、GMに就任した意味は重大と言えるだろう。

ある関係者は「本田選手はミッションを2つ掲げています。一つはカンボジアサッカー界の発展で、もう一つがカンボジアの素晴らしいところを世界に伝えること。問題は後者で、政権側が国際的な批判をかわすため、本田選手をいわば広告塔として利用する可能性があります」と指摘する。

 HRWは、ただ勧告しているわけではない。すでに先の12人に対し、マグニツキー法(※注)を適用するよう米政府に働きかけている。12人には含まれていないものの、実際にフン・セン首相のボディーガードの指揮官に対して適用させることに成功。もしサオ・ソカ氏にも適用されれば、本田への影響は必至だ。

つづきはこちら
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181218-00000013-tospoweb-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1545104663

【サッカー】<クラブW杯>後半一挙3発!鹿島アントラーズが鮮やかな逆転勝ちでレアル・マドリーが待つ準決勝へ

1 名前:Egg ★:2018/12/15(土) 23:55:42.01 ID:CAP_USER9.net
FIFAクラブワールドカップは15日に準々決勝が開催。アジア王者の鹿島アントラーズが北中米カリブ王者のグアダラハラと対戦し、3-1の逆転勝利を収めた。準決勝進出を果たした鹿島は19日にヨーロッパ王者のレアル・マドリーと対戦する。

史上最高に“ダサい”のは?歴代最悪のユニフォームトップ21

2大会ぶりの出場となる鹿島は、スタメンに2016年大会を経験した昌子源、遠藤康、土居聖真らが先発。内田篤人やセルジーニョといった面々もスタメン入りを果たした。

立ち上がりからボールが収まらない鹿島は3分、右サイドからドリブルで突破され、クロスを許すと、中央で待っていたサルディバルにヘッドで叩き込まれ、開始直後に失点した。

その後もグアダラハラに前から激しいプレスを受け、中盤でボールを保持できない鹿島は、高い位置でボールを奪われピンチを招いてしまう。16分に永木亮太、18分に遠藤がミドルを放ったがいずれも枠には飛ばなかった。32分には土居のミドルシュートのこぼれ球を奪ったグアダラハラがカウンターを発動。最後はブリスエラがシュートを放ったが、チョン・スンヒョンが足を伸ばして間一髪でブロックした。

さらに鹿島はピンチを迎える。40分、左からのロングスローをPA内でロペスが落とすと、サルディバルが左足で強烈なシュートを放つ。しかし、これをクォン・スンテがスーパーセーブで阻止。グアダラハラに追加点を許さなかった。

すると鹿島は49分、セルジーニョのスルーパスに抜け出した土居聖真がPAに進入して折り返すと、待っていたのは永木亮太。右足で押し込んで同点に追いついた。

さらに鹿島は69分、PA内で受けた土居聖真が内田篤人に一旦預けると、遠藤康とのワンツーを経て再び土居へリターン。土居は深い切り返しから相手DFを抜き去ろうとした際に足がかかり、倒されてしまう。主審はすぐさま笛を吹き、ペナルティスポットを指さした。このPKをセルジーニョが落ち着いて左隅に沈めて鹿島が逆転に成功した。

そして84分、鹿島は安部が左サイドでボールを受けると、オーバラップしてきた安西幸輝にパスを送る。受けた安西は再び安部に戻すと、19歳アタッカーは中へカットインして強烈なミドルシュートを突き刺して勝負あり。

後半に一挙3ゴールを奪った鹿島がグアダラハラを3-1で下し、準決勝進出を決めた。鹿島は準決勝でヨーロッパ王者のレアル・マドリーと2年ぶりに再戦する。

12/15(土) 23:53配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181215-00010014-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1544885742

【サッカー】レアルは「負傷パニック」…ベンゼマもベイルも万全遠く

1 名前:砂漠のマスカレード ★:2018/12/18(火) 06:09:04.87 ID:CAP_USER9.net
3連覇を狙うRマドリードのソラリ監督はクラブ公式サイトで「今年もタイトルを勝ち獲りたい。鹿島戦に向けて集中する」と語った。

16日にUAE入りしたが、問題は負傷者と得点力不足。15日に1―0と辛勝したリーグ19位のRバリェカノ戦で、FWベンゼマとFWアセンシオが負傷交代。
FWベール、MFカゼミロもケガで欠場しており、スペイン紙アスは「負傷パニック」と伝えた。

17日付の同紙マルカはベンゼマとベールは鹿島戦に出場できる見通しとしたが「状態が100%かは疑問」と報道した。
FW陣はケガの不安も抱えて鹿島戦に臨むことになりそうだ。

https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/12/18/kiji/20181217s00002000318000c.html
2018年12月18日 05:30


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1545080944

【サッカー】ヘタフェ、冬の市場で柴崎岳を売却か…移籍先はドイツのクラブ?3試合0得点

1 名前:砂漠のマスカレード ★:2018/12/18(火) 08:20:25.53 ID:CAP_USER9.net
スペインのラジオ局『ラディオ・マルカ』はヘタフェが日本代表MF柴崎岳の売却を目指すことを報じた。

『ラディオ・マルカ』編集長のラファ・サンウキージョ氏は、同局の番組でヘタフェがこの冬に柴崎、MFロベルト・イバニェスの売却を目指すことを伝えた。
また、その番組に出演したスポーツ紙『マルカ』のヘタフェ番フアンカル・ナバセラーダ記者は、柴崎の去就に関して、ドイツのクラブに移籍する可能性が高いとの見解を示している。

柴崎は2017年夏にテネリフェからヘタフェに加入。
2017-18シーズン序盤にはバルセロナ戦で鮮烈なボレーシュートを決めるなど活躍を披露したが、同試合で中足骨を骨折して、それを機にベンチ要員となることが常となっていた。

ホセ・ボルダラス監督率いるヘタフェは典型的な堅守速攻のチームで、柴崎のプレースタイルには適応しないことも指摘され続けてきた。
日本が誇るプレーメーカーは果たして、この冬に新天地へ向かうことになるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181218-00000030-goal-socc
12/18(火) 6:39配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/920087
成績


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1545088825

【サッカー】<前園真聖>マイアミの奇跡に隠されたエースの苦悩!「内容的には(ブラジルの)10-0。でも、勝っちゃったんだよね」

1 名前:Egg ★:2018/12/18(火) 08:42:30.63 ID:CAP_USER9.net
私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第8回
マイアミの奇跡に隠されたエースの苦悩~前園真聖(1)

「内容的には(ブラジルの)10-0。でも、勝っちゃったんだよね」

 前園真聖は、アトランタ五輪のブラジル戦での勝利(1-0)を振り返って、そう言った。

 1996年7月21日、1968年メキシコ五輪以来、28年ぶりに五輪出場を果たしたサッカー日本代表の初戦は、”サッカー王国”ブラジルが相手だった。DFロベルト・カルロス、MFジュニーニョ、FWサヴィオ、FWロナウドら、すでにA代表にも名を連ねる面々に、1994年アメリカW杯の優勝メンバーであるFWベベットとDFアウダイール、さらにMFリバウドがオーバーエイジ枠として加わったチームは、まさに”最強軍団”。大会直前の世界選抜とのチャリティーマッチにも勝利し、優勝候補筆頭と言える存在だった。

 日本は、その断トツの優勝候補に1-0で勝った。それは「マイアミの奇跡」と称され、今なお語り継がれる”世紀のアップセット”となった。

 その日本代表チームのキャプテンであり、”エース”だったのが、前園だ。

 アトランタ五輪のアジア最終予選では、出場権がかかったサウジアラビア戦で2得点を挙げ、五輪出場に大きく貢献した。無論、アトランタ五輪でも躍動し、「世界をあっと言わせてくれるだろう」と多くのファンが期待していた。

 もちろん、前園本人も自らに期待していた。そして、見事にブラジルを下したのだ。

 しかしその翌日、前園の表情は冴えなかった。しかも、歴史的な勝利を挙げて以降、前園から発せられる言葉が失われていったのである――。

「監督、今までどおり、攻撃的なサッカーをやりましょうよ。どこまでやれるか、やってみましょうよ」

 ブラジル戦前、前園はチームを率いる西野朗監督にそう訴えた。

 というのも、西野監督は試合の数日前からブラジル戦は「守備的に戦う」と選手たちに告げていたからだ。

 西野監督は、ブラジルに対して事前に偵察隊を送って、チームのシステムや選手個々の細かい情報を収集し、ウィークポイントを探していた。だが、試合の映像を見る限り、ブラジルの強さばかりが目立ち、付け入る隙はほとんどなかった。そんなチームを相手に、最終予選と同じように攻撃的な戦い方をしたら、痛い目をみるのは明らかだった。

 前園は、その方針に異を唱えたのである。アジアを突破してきた力を「世界でも試してみたい」と思っていた。チームは結成以来、攻撃的に戦ってきた。最終予選のサウジアラビア戦も押し込まれて劣勢になったが、そのときも決して守備的に戦うことはなかったからだ。

 しかし、前園の「攻撃的に」という直訴に対して、西野監督の答えは「ノー」だった。

「試合直前まで、西野さんに言い続けた。『自分たちの戦いをやろうよ』って。

 でも、西野さんは当時41歳で、今の俺の年齢(45歳)よりも若いなか、初めて世界大会で指揮することになった。若い俺らがいろいろと勝手なことを言っていたけど、西野さんはチームのことを考えて、勝つためにどうしたらいいかを考えなければいけなかった。

 今では西野さんの言うこともよくわかるけど、当時は(自分も)若かったからね。ただいつもどおり、攻撃的なサッカーをやって、ガチンコ勝負をして、自分たちの力を試したい――それしか考えていなかった」

 一方で守備陣の選手たちは、前園をはじめ、城彰二、中田英寿ら前線の熱い思いを理解しながらも、務めて冷静で、西野監督の考えも素直に受け入れていた。

「ハット(服部年宏)とか(川口)能活とかは(自分の訴えに)反対していたね。俺らの思いはわかるけど、『相手はブラジルだぞ』って。

 たしかに(自分も)スカウティングのビデオを見て、(ブラジルは)『強すぎる』と思った。普通に戦っても、押し込まれる時間が長くなるだろうな、と。それは、自分も納得していた。

 だからといって、最初から守備的にするのはどうかなって、思っていた。だから、攻撃に入ったときは『みんなで攻めようよ』っていう話をしたんだけど……。(みんなの)同意を得るのは難しかった」

つづきはこちら

2018年12月17日 7時15分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15750219/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1545090150

【サッカー】J33節の清水VS神戸 AT(アディショナルタイム)18分超えで主審厳重注意

1 名前:砂漠のマスカレード ★:2018/12/18(火) 06:40:02.26 ID:CAP_USER9.net
日本協会の審判委員会は都内でレフェリーブリーフィングを行い、11月24日のJリーグ33節の清水―神戸戦で当初4分の表示だったアディショナルタイム(AT)が18分を超えた件について
「元のアディショナルタイム、負傷の対応、対立などの時間を追加しても18分とる必要はない」との見解を示した。

また、同委員会は担当主審に厳重注意したと明かした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181218-00000049-spnannex-socc
12/18(火) 6:00配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1545082802

【サッカー】<浦和レッズ>柏レイソルのロンドン五輪代表DF鈴木大輔を獲得へ

1 名前:Egg ★:2018/12/18(火) 06:33:48.88 ID:CAP_USER9.net
浦和が柏の12年ロンドン五輪代表DF鈴木大輔(28)を獲得することが濃厚になったことが17日、分かった。
複数の関係者によると、柏を含めたJの5クラブによる争奪戦になっており、浦和以外のクラブに断りを入れたという。

鈴木は1対1に強く、状況判断の良さから最適なポジションを取ることができるストッパー。声でチームを引っ張ることもできる。
ロンドン五輪では全6試合にフル出場し、44年ぶりの4強入りに貢献した。日本代表でも2試合に出場している。
16年、柏からスペイン2部のタラゴナに移籍し、主力として活躍。今年9月に柏に復帰し、J1リーグ9試合1得点を記録した。

浦和は来季、2大会ぶりにアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に参戦する。J1優勝だけでなく、3度目のアジア制覇も視野に入れており、2チーム分作れる戦力補強に動いている。
オズワルド・オリヴェイラ監督(68)は18年シーズンを3バック布陣で戦い、天皇杯を制した。

来季は4バック布陣への変更や併用の可能性もある。どちらのシステムにも高いレベルで対応できる鈴木の獲得が決まれば、加入が決定的なC大阪FW杉本健勇(26)に続く日本代表クラスの補強になる。

◆鈴木 大輔(すずき・だいすけ)1990年1月29日、東京都生まれ。28歳。2008年1月、星稜高(石川)から新潟に入団。13年に柏に移籍した。
16年、スペイン2部のタラゴナに移籍し、海外初挑戦。今年9月、柏に復帰した。12年のロンドン五輪では、関塚隆監督(現日本サッカー協会技術委員長)に全6試合に起用され、
オーバーエージ(OB)枠の吉田麻也とセンターバックを組み、44年ぶりの4強入りに貢献。13年7月25日の東アジア杯オーストラリア戦で国際Aマッチ初出場した。J1通算155試合9得点。182センチ、74キロ。血液型O。

12/18(火) 6:07配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181218-00000000-sph-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181218-00000000-sph-000-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1545082428

【サッカー】J2降格の長崎 FW玉田獲り、手倉森新監督が熱望、正式オファー 清水DF角田も

1 名前:砂漠のマスカレード ★:2018/12/18(火) 06:06:11.84 ID:CAP_USER9.net
来季J2降格の長崎が名古屋の元日本代表FW玉田圭司(38)獲得に乗り出していることが17日、分かった。
多くのクラブが興味を示す中、手倉森誠新監督(51)が熱望。他クラブに先んじて正式オファーを出した。

玉田はシーズン終了後に契約満了通告。
自身のブログでは「労いの言葉は一つもなかった」と明かしていた。
だが今季J1リーグ24試合3得点。シーズン終盤はレギュラーとして残留に貢献した。
手倉森新監督は攻撃だけでなく、守備でもハードワークができるベテランを高く評価。ピッチ外でも人望が厚く、若手選手への良い影響にも期待が掛かる。

さらに今季限りで清水を退団したDF角田誠(35)の獲得が濃厚であることも判明。
名古屋の元日本代表GK楢崎にも熱視線を送っている。

https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/12/18/kiji/20181217s00002180378000c.html
2018年12月18日 05:00


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1545080771

【サッカー】<Jリーグ>J1やJ2のクラブライセンス取得に必要なスタジアム基準を緩和!昇格機会が奪われるケース回避

1 名前:Egg ★:2018/12/12(水) 19:42:06.17 ID:CAP_USER9.net
Jリーグは12日、東京都内で理事会を開き、J1やJ2のクラブライセンス取得に必要なスタジアム基準の緩和を決めた。J1の1万5千人とJ2の1万人の入場数の要件は変えないが、整備計画があれば例外的に3年から5年の猶予期間を設けて、上位リーグの資格を得られる。

 今季のJ2町田のように順位要件を満たしてもスタジアム基準のために昇格機会が奪われるケースの回避などが目的。通常のスタジアムであれば3年以内の改修、完成を求め、Jリーグが理想とするアクセスや屋根、専用スタジアムなどの条件を満たせば5年を猶予し、1クラブ最大で1千万円の補助金を出す。

12/12(水) 19:23配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00000172-kyodonews-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1544611326
スポンサーリンク
インフォメーション

はてブ数: はてなブックマーク数

このブログについて

相互リンク・RSS募集中です(^ω^)
詳しくは、上記の「このブログについて」を参照してください。


ご要望も随時対応致します。
気軽にお願いします(`・ω・´)
(削除依頼・デザイン・まとめ方 etc..)
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
  • ライブドアブログ