ヘッドライン

香川、自身の攻撃面の課題語る「シュートやアシストをもっと出せるように」

1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/03/24(金) 14:09:51.01 ID:CAP_USER9.net

日本代表は現地時間23日、ロシアW杯アジア最終予選でUAEと対戦し、2-0で勝利した。

インサイドハーフで出場した香川真司。
同じポジションの今野泰幸がインパクトを残したとはいえ、背番号10もハードワークを続け、バイタルエリアでキレを見せる場面もあった。

「大事な試合で、本当に勝利以外考えられなかった。守備に関しては規律通りに潰せていた。そこまでビッグチャンスを与えずに戦えた中で先制点が生まれて、効率よく戦えたと思う」

UAEのオマルを警戒しつつ、攻撃に移った時には「カウンター、あるいはポゼッションでどこまで崩せるかというのがあった」という。
そして、「ポゼッションがなかなかできない中で取れた2点は狙い通りだった」と一定の手応えを掴んだ様子だった。

鋭いカウンターはこの日も何度か見られ、「前の3人で速い攻撃が求められると思う。そこがこのチームの1番の強みになりつつある」と香川は話す。
それでも「そういう(ポゼッションで崩す)時間帯も必要なのかなと思う」と続けた。

自身が相手ゴール前に顔を出す回数は「足りない。シュートであったりアシスト、 シュートに繋がるパスをもっともっと出せる様にしないと」と課題を口にする。
ハリルジャパンのスタイルがポゼッションに重きを置いていない中、速攻は大きな武器だ。
そこに遅攻を肉付けできれば攻撃の幅も広がる。
「攻撃意識をもっと練習や普段から会話していければ1つまた違うものが生まれてくると思う 」と、香川は周囲と意思の疎通を図っていくつもりだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170324-00010016-footballc-socc
フットボールチャンネル 3/24(金) 8:00配信


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490332191

日本代表の未来は明るい? 「ベテラン回帰」よりも重要な23歳・久保裕也の台頭

1 名前:大翔 ★@\(^o^)/:2017/03/25(土) 06:16:32.64 ID:CAP_USER9.net

週プレNEWS 3/25(土) 6:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170325-00082215-playboyz-socc

「美しい勝利だった。しっかりゲームをコントロールし、戦術のアドバイスをしっかりとリスペクトしてくれた。2、3回、危険な場面もあったが、日本のほうが高いレベルを見せることができた」

2018年ワールドカップ・アジア最終予選。後半戦のスタートとなったアウェーでのUAE戦を0-2のスコアで勝利を収めた日本代表のハリルホジッチ監督は、試合後の記者会見で開口一番、満足げにそう語った。

まさしく、指揮官が思い描いていた通りの会心の勝利。ハリルホジッチ監督がご機嫌なのもうなずける。しかも、「経験のある選手を信頼したゲームだった」と監督が語ったように、この試合ではゴールキーパーに川島永嗣、左サイドバックに長友佑都、ボランチには負傷離脱の長谷部誠に代わって、ハリルホジッチ体制初招集の今野泰幸をスタメンに抜てきした。

すると、川島が前半にビッグセーブで失点を防ぎ、今野は2点目をマーク。スタメンの選考もバッチリはまった格好だ。

今回のメンバー招集にあたっては、所属クラブで出場機会が少ないベテラン勢を敢えて選び、メディアからは「日頃のコメントと矛盾している」との指摘もあったが、蓋を開けてみれば、そのベテランたちが予想以上の活躍を見せてくれた。監督にとって、これほど嬉しいことはないだろう。

その一方で、この試合でベテラン以上に目を引いたのが、この試合のスタメンの中で最年少、23歳の久保裕也だった。4-3-3の右ウイングでプレーした久保は躍動感に満ちあふれ、キックオフ直後から前線でボールを追いかける姿を見ただけでも調子の良さがうかがえた。それは、若い選手が飛躍的な成長を遂げている時期に見られる“キレ”そのものだった。

所属のヘント(ベルギー)でも、招集前のリーグ戦(対メヘレン)で4人抜きドリブルシュートを決めるなど、目下絶好調。すでに今季5ゴールを記録しており、その勢いはとどまるところを知らない。そのいい流れを持続したまま、自身3キャップ目となったこの試合では前半13分に勝利への突破口となった先制ゴールをゲット。記念すべき代表初ゴールとなった。

もちろん、このゴールのアシストとなった右サイドバックの酒井宏樹のパスもよかったが、相手DFの裏をとり、角度のないところから一瞬の迷いもなくニアサイドを射抜いたシュートは、実力プラス調子の良さがなければ決まらないゴールといえた。

「(ゴールシーンは)意外とフリーだったので、冷静に打てました。僕はこの中ではだいぶ若手なので、アグレッシブな部分を見せていきたいと思っていましたし、攻撃的な選手なのでそういう部分を見せられれば試合にも出られると思います」

試合後にそう語った久保は、後半には今野のゴールをアシストしている。「今野さんが見えたので、感覚で出せた」とは、その場面を振り返った本人のコメントだが、その感覚もまた、好調の証といえる。

2 名前:大翔 ★@\(^o^)/:2017/03/25(土) 06:16:42.43 ID:CAP_USER9.net

「ベテラン回帰」の流れにある今回の日本代表の中にあって、未来へつながる伸び盛りの新戦力。久保の台頭はベテランの活躍以上に日本代表にとって明るい材料となったことは間違いない。

こうして、ベテランの活躍あり、若手の台頭ありと、申し分のない結果を手にした日本代表は、これで勝ち点を13ポイントに伸ばしてグループ2位をキープした。同じ日に行なわれた試合でライバルの3位オーストラリアがイラクに引き分けたため、その差が3ポイントに広がるというオマケもついてきた。

ただし、この勝利でワールドカップ出場に大きく前進したかといえば、そうとも言えない。UAEに勝ったことで、W杯出場権争いのグループからUAEを脱落させるきっかけを作ることができた。しかし最高の結果を手にした一方で、試合内容を冷静に振り返ると、勝敗が紙一重だったのも事実。実力的には五分五分だったと見るのが妥当だろう。

実際、前半の日本は久保の先制ゴール以外に目立ったチャンスを作れていなかったし、仮にUAEが後半立ち上がり早々に得た2度の決定機のどちらかを決めていたら、ゲームの行方は全く違ったものになっていた。UAE側から見れば、その2度の決定機を立て続けに逃した代償が、その直後に生まれた日本の2点目となったのだ。

それを考えると、今後、日本が相手を圧倒して勝利を収めるイメージを描くことは難しい。さすがに3月28日に予定されているホームでの最下位タイ戦を落とすことはないだろうが、6月13日のイラク戦、8月31日のオーストラリア戦、そして9月5日の最終節サウジアラビア戦と、最後まで気の抜けない試合が続くことに変わりはない。

とりわけライバルと目される3位オーストラリア、首位サウジアラビアとの直接対決が山場となるはずだ。

あらためておさらいしておくと、予選突破の条件はグループ2位以上。もし3位になった場合は、グループAの3位チームとのアジア予選プレーオフに勝ち、その上で北中米カリブ地区予選4位チームと戦う大陸間プレーオフに勝利する必要がある。

ハリルホジッチ監督が「毎回勝つための準備をしている。これを続けていけば、ワールドカップの門が開かれるだろうが、今はまだ(勝ち点の)計算はしていない」と話すように、現段階で予選突破濃厚と見るのは早計だ。


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490390192

日本代表スタメン発表 GKは川島

1 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/03/23(木) 23:33:23.86 ID:CAP_USER9.net

フットボールチャンネル?3/23(木) 23:27配信

 日本代表は、ロシアワールドカップ・アジア最終予選のUAE戦に向けたスターティングメンバーを発表した。

 ミランでの出場機会が減っている本田圭佑はベンチスタートとなり、右サイドには久保裕也が入ることになりそうだ。久保は1月にベルギー1部のヘントに移籍して以降7試合5得点を記録しており、その好調を代表でも発揮することが期待される。

 ボランチでは、山口蛍と今野泰幸がコンビを組むことが予想される。今野はヴァイッド・ハリルホジッチ監督体制2試合目となる2015年3月のウズベキスタン戦以来、2年ぶりの出場となる。

 その他、大迫勇也、香川真司、原口元気、川島永嗣らが先発に名を連ねた。なお、この試合のキャプテンは負傷離脱している長谷部誠に代わって吉田麻也が務める。

 UAE戦のスターティングメンバーは以下の通り。試合は日本時間0:30キックオフ予定。

▼GK
1.川島永嗣(FCメス/フランス)

▼DF
5.長友佑都(インテル/イタリア)
6.森重真人(FC東京)
19.酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
22.吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)

▼MF
10.香川真司(ドルトムント/ドイツ)
16.山口蛍(セレッソ大阪)
17.今野泰幸(ガンバ大阪)

▼FW
8.原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
14.久保裕也(ヘント/ベルギー)
15.大迫勇也(ケルン/ドイツ)

 UAEには最終予選初戦にホームで逆転負けを喫しているだけに、6大会連続のワールドカップ出場に向けて勝利が求められる。

 ハリルホジッチ監督も前日会見で「4チームに突破の可能性がある。(予選の)最後まで戦うことになるだろう」と語った通り、グループBは勝ち点1差の中にグループ首位のサウジアラビア、日本、オーストラリア、UAEの4チームがひしめき合う混戦状態となっている。

 再びUAEに敗れればその他の試合結果次第でワールドカップ出場圏外に転落する可能性があるだけに、指揮官は「日本にとってもUAEにとっても難しい試合になるが、勝つためにここに来た」と強い気持ちを見せている。

フットボールチャンネル

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170323-00010027-footballc-socc


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490279603

坂上忍、本田圭佑の起用に疑問「右に入ったのに、すぐ真ん中の方に走って行くじゃない」

1 名前:シャチ ★@\(^o^)/:2017/03/24(金) 14:18:57.26 ID:CAP_USER9.net

サンケイスポーツ 3/24(金) 14:08配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00000538-sanspo-ent
タレント、坂上忍(49)が23日、自身がMCを務めるフジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)に出演。
同日未明に行われたサッカー・ロシアW杯アジア最終予選B組、日本-UAE戦で途中出場したMF本田圭佑(30)の起用に対し疑問を呈した。

 番組では日本が2-0で快勝したUAE戦を振り返ると、坂上は「本田が途中出場したけど、動きとかはどうだったんですか?」と質問。
これに雨上がり決死隊の宮迫博之(46)が、「ACミランの方で試合に出てないので、試合勘ってのがないので先発で使いにくい」と説明した。

 坂上は「かみ合っていなかったような気がしたんだよね」と感想をもらすと、土田晃之(44)は
「だからって出さないってわけにはいかない選手だと思うんですよね。これからの予選でいざ困った時に必要になる選手」と力説。
坂上が「(本田は試合に)出さないと文句言っちゃうの?」と突っ込むと、土屋は「なんでそういう変な目で見るの」と反論した。

 すると坂上は「だって右にいてさ、本田さ、すぐ真ん中の方ダーッと走って行くじゃない。だって久保の代わりに入ったんでしょ? 
本田が真ん中に行っちゃうからさ、本田がいなくなったその隙間のところを違う人が埋めてあげてさ、周りの人達は大変だろうな」と持論を展開した。

 これにイギリス人とのハーフタレント、ハリー杉山(32)が「坂上さん、いいじゃないですか。
本田選手は久しぶりのガチの試合なんで結果を残したいから」と擁護したものの、
坂上は「お前はイギリスを応援してりゃいいんだよ」と反論し、笑いを誘った。


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490332737

ハビエル・アギーレが見たUAE戦「試合の流れを決定付けた一番のポイントは、あの川島のセーブ」

1 名前:大翔 ★@\(^o^)/:2017/03/24(金) 22:30:57.03 ID:CAP_USER9.net

豊福晋  | ライター 3/24(金) 6:05
https://news.yahoo.co.jp/byline/toyofukushin/20170324-00069058/

前日本代表監督のハビエル・アギーレは現在、UAEのクラブ、アルワダの監督を務めている。日本、UAEの双方を知る彼にとって、この試合は特別な試合だった。

かつての指揮官の眼に、2年後の日本代表はどう映ったのかー。

「日本の快勝だった、そう言っていいだろう。日本にとっては、最終予選突破に向けた大きな一歩だ。個人的には、ピッチに2年前の代表選手たちがたくさんいたし、この地で再び彼らの姿を見るのは感慨深いものがあった」とアギーレ。

真っ先に挙がった名前は、先発に復帰しゴールマウスを守った川島だ。

「試合の流れを決定付けた一番のポイントは、あの川島のセーブにあった。エリア内で1対1の状況で打たれたシュートを、彼は見事にセーブした。決まっていてもおかしくないシーンだ。あれで1-1にならなかったことは日本にとって非常に大きかった。

あそこで追いついていればUAEはさらに勢いに乗って攻めてきただろうし、スタジアムの雰囲気も変わっていたはず。久しぶりの代表戦だったが、決定的な場面でしっかりと仕事をした川島は讃えられるべきだ」

試合前、アギーレはキャプテンを務めた吉田麻也と連絡をとっている。ピッチに立つ主将の姿は、その目に頼もしく映った。

「オマルのように、UAEは個人技のある選手も多い。しかし日本にはマヤがいた。プレミアで経験を積み、年々成長している。1対1の局面を冷静に止めていたし、素晴らしいパフォーマンスだった。

現代表の守備組織を、日本人は誇っていい。よくオーガナイズされているし、CBの前の今野と山口も安定感を与え、両サイドの原口と久保も献身的にサイドの守備に参加する。1点勝負になる予選の試合において、この組織力は日本のストロングポイントだと思う」

アギーレが試合前に繰り返していたのが、“先制点を取った方が勝利を手にするだろう”ということだ。当然ながら、貴重な先制点を奪った久保への評価も高い。

「久保はこのチームの中でいいアクセントになっている。1点目はDFの裏へ完璧なタイミングで抜け出し、一瞬でUAEの守備陣を崩した。

シュートは冷静だったし、ベルギーでの好調を代表でも活かすことができた。アシストの場面も足元でなく、今野が走ってくる逆サイドをしっかりと見ていた。日本の右サイドはうまく機能している」

その一方で、アギーレ時代に攻撃の中枢にいた本田や岡崎は、今ではベンチに座っている。世代交代ー。そう囁かれる現状に、彼は首を振る。

「まあ見ていてくれ。本田も岡崎も、これから日本が重要な試合を迎える時、その価値が明らかになるだろう。最終予選の最後の決戦、あるいはワールドカップでのブラジル、スペイン、ドイツら強豪との対戦ー。

そういった試合では、彼らの能力、積み重ねた経験、大舞台での強さが、間違いなく活きてくる。彼らは終わったわけじゃないんだ。むしろ、これからその重要性が示されるはずだ」

決定機をしっかりとものにし、守備でも危なげなかった日本。アギーレが感じたのは、日本が成長しているという確信だった。

「日本をロシアに連れていくこと。それが就任時の夢だった。挑戦は志半ばで終わったが、それも人生。いいこともあれば、理解できない不運が降りかかることだってある。

重要なのは、その後も日本が順調に成長を続けていること。2年後の日本代表はたくましかった。予選突破の可能性は高いし、これからもさらに進化していくだろう。ロシアで戦う彼らの姿を、ぜひこの目で見たいと思っている」


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490362257

ハリルジャパン帰国 負傷の大迫、今野が病院直行 24日夜の練習中止

1 名前:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/24(金) 19:55:41.51 ID:CAP_USER9.net

W杯アジア最終予選UAE戦に2―0で勝利した日本代表が24日、成田空港着の航空機で帰国した。

 到着後、UAE戦で左足の膝から下部分に打撲を負ったFW大迫、
左足の小指付近に打撲を負ったMF今野の2人がチームと離れ、
千葉県内の病院へ直行。精密検査を受け、25日にも28日の同タイ戦(埼スタ)の出場の可否が判明することになった。

 チームはこの日の夜にさいたま市内での練習を予定していたが、急きょ中止に。
宿舎内でストレッチなどの軽いトレーニングをするにとどめた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00000119-spnannex-socc


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490352941

キレッキレの久保、角度のない所から超ゴール ベルギー紙も“スシボンバー”の活躍を報道

1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/03/24(金) 18:27:25.40 ID:CAP_USER9.net

代表3試合目で初ゴール

日本代表は現地時間23日、ロシアワールドカップに向けたアジア最終予選第6節でUAE(アラブ首長国連邦)と対戦し、2-0で勝利した。
その結果、グループBで2位をキープし本大会出場に近づいた。
この試合で先取点を挙げたヘントFW久保裕也は、ベルギーメディアでも話題となっている。

久保裕也のゴールが生まれのは14分。右サイドのDF酒井宏樹から繰り出されたスルーパスにFW久保裕也が抜け出すと、
ゴールエリア脇の角度の少ない位置からGKのニアサイドを打ち抜くシュートを放ち、先制に成功。
ベルギー1部リーグ第30節メヘレンで“4人抜き”のスーパーゴールを決め、絶好調のゴールハンターが代表で初ゴールを記録した。

ベルギー『De Morgen』は、「『スシボンバー』が日本代表でもゴール」と見出しをつけ報道。
さらに久保の活躍ぶりについて「久保裕也はヘントで好調を維持しているが、彼は裏への抜け出しから日本代表でもゴールを決めている。
ストライカーはワールドカップ予選のUAE戦で先制弾を決めた」と伝えた。
かつてドイツで活躍した高原直泰から“スシボンバー”の異名を受け継いだ久保裕也は、
この試合で今野泰幸の追加点までもアシストし、代表でも素晴らしい結果を残している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00010022-theworld-socc
theWORLD(ザ・ワールド) 3/24(金) 17:10配信

http://cache8.nipc.jp/soccer/japan/news/img/kuboP2017032305798-w300_0.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/myamo99/imgs/c/1/c1e7aa17.jpg


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490347645

UAE戦 どこよりも早い採点

1 名前:サインコサイン ★@\(^o^)/:2017/03/24(金) 02:35:14.86 ID:CAP_USER9.net

川島永嗣 6.5 前半20分のピンチで見せたビッグセーブはチームを救った

長友佑都 5.5 攻撃面のサポートは乏しいが、対人の強さはさすがだった

森重真人 6 相手がスピードアップする前に潰し、ピンチの芽を摘んだ

吉田麻也 7 キャプテンマークを巻き、チームを束ねる。UAEの前に立ちはだかった

酒井宏樹 6.5 斜めのパスはコースもスピードも申し分ない。完璧なアシスト

今野泰幸 8 久々の日の丸でゴール。攻守に大活躍で、まるでピッチに2人いるかのよう

山口蛍 5.5 アンカー的にプレー。後半は彼のところでいいカットがいくつかあった

香川真司 6 パスの精度は高くなかったが、バイタルエリアでのキレはあった

原口元気 6.5 カウンターで威力を発揮する場面はなかっなが、守備に戻って長友をフォロー

久保裕也 8 貴重な先制ゴール。相手の死角から抜け出し、ニアサイドを射抜いた

大迫勇也 7 自身は無得点だったが、この日も最前線で体を張り、確実に味方にボールを繋げた

倉田秋 6 タイミングのいいスルーパスで存在感を示した
本田圭佑 5.5 爪痕を残そうという気概は見られた
岡崎慎司 - 出場時間短く採点不可

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督 7.5 大きな勝ち点3。今野の招集、先発起用で勝利手繰り寄せる

【了】
https://www.footballchannel.jp/2017/03/24/post203412/


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490290514

「日本は強すぎた」。敗戦を認めるUAEメディア

1 名前:プーアル ★@\(^o^)/:2017/03/24(金) 15:17:09.66 ID:CAP_USER9.net

現地時間23日にロシアW杯アジア最終予選が行われ、UAE代表は日本代表に0-2で敗れた。現地メディア『ザ・ナショナル』は、日本が上だったことを認めている。

 同メディアのツイッターには「日本は強すぎた」と記されており、マッチレポートでは先制ゴールを決めたFW久保裕也をマン・オブ・ザ・マッチに選出した。

 記事の中では「日本は強すぎた。あまりに頑丈で、経験があった」と記し、確かな力の差がみられたと指摘。

 前後半の日本のゴールでホームのサポーターが静まりかえったのに対し、日本のサポーターは試合を通して応援を続けていたことが対照的だったとも記事は伝えている。

https://img.footballchannel.jp/wordpress/assets/2017/03/20170324_kubo_getty-1.jpg

https://www.footballchannel.jp/2017/03/24/post203565/


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490336229

英国人が見たUAE戦「MVPは今ちゃん」「香川は何と言えばいいのか…」

1 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/03/24(金) 10:49:59.98 ID:CAP_USER9.net

日本代表は現地時間23日、ロシアワールドカップアジア最終予選でUAE代表と対戦してアウェイで2-0の勝利を収めた。この試合中、イングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。

2017年03月24日(Fri)10時00分配信

text by 編集部 photo Shinya Tanaka

「川島の先発はハリルの大きな判断」「注目は原口」

今野泰幸
キャプテンの長谷部誠に代わって先発出場した今野泰幸【写真:田中伸弥】

――日本にとってこの試合はワールドカップ出場を左右する一戦です。今日の試合の注目ポイントはどこでしょうか?
「キーパーでしょう! 今季の川島はメスで1試合しか出ていない。もちろん経験はあるけど、これはハリルの大きな判断だと思う。でも、最近の西川はいつもより不安定だね。林はJリーグで良いスタートをしたけど、この試合で代表デビューは難しいと思う」

――試合で使用されるスタジアムは規定よりも狭いという噂もあります。普段使用しているラインを消した跡も見られました…。
「(横幅が)4メートルも狭いみたい。日本の選手は全然気にしないと思うけど、UAEは戦術的に使うかもね。日本は攻撃の特に長友と宏樹をよく使うけど、ボールをあまり広げないようにプレーすることになるかもしれない」

――ショーンさんは以前、「長谷部がどれだけ大事な選手かは彼がいなくなった時にしかわからない」と言っていましたが、今日はまさにそうなりますね。
「以前はそうだったけど、今ちゃん(=今野)は信頼できるね。将来的にレギュラーになれるかわからないけど、この1~2試合で期待出来ると思う」

――ショーンさんがこの試合で注目する選手は?
「原口だね。去年の終盤は非常に調子が良かった。今日はその時だけじゃないということを証明しなければならない」

――今日のDFラインのうち3人が累積警告でリーチですね
「今日イエローカードをもらえば次の試合で出場停止になる。次のタイ戦で出場停止になる方が、その次のオーストラリア戦を逃すよりも問題ないかな…」

以下ソース
https://www.footballchannel.jp/2017/03/24/post203378/


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490320199
スポンサーリンク
インフォメーション

はてブ数: はてなブックマーク数

このブログについて

相互リンク・RSS募集中です(^ω^)
詳しくは、上記の「このブログについて」を参照してください。


ご要望も随時対応致します。
気軽にお願いします(`・ω・´)
(削除依頼・デザイン・まとめ方 etc..)
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
  • ライブドアブログ