ヘッドライン

<日本代表FW久保裕也>FCポルト移籍浮上!CL優勝2回、リーグ優勝27 回の名門

1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/22(木) 22:24:04.42 ID:CAP_USER9.net

3つのポジションをこなすアタッカーと紹介 移籍への最大の障害は「年俸額」

 ベルギーのヘントでプレーする日本代表FW久保裕也に、ポルトガルの名門から熱視線が注がれている。ポルトガル紙「ア・ボラ」は、今季の同国リーグ2位のFCポルトが久保の獲得に乗り出していると報じている。

 同紙は久保を左右と中央の3つのポジションでプレーできる攻撃的な選手として紹介。昨季はスイスのヤングボーイズと、冬の移籍市場で加入したヘントの2チーム合計で、シーズン23ゴールを挙げた得点力のある選手としている。

 ポルトはACミランに、ポルトガル代表FWアンドレ・シウバを放出した。“クリスティアーノ・ロナウド二世”とも言われる逸材の後釜に、23歳の日本人ストライカーを獲得する考えだという。

 その移籍の障害となるのは、クラブ間交渉よりも久保の給与額だとしている。ヘントでの年俸は100万ユーロ(約1億2400万円)と報じられており、FCポルトはUEFAが定めるファイナンシャル・フェアプレー規定をクリアするために、多少の減額を久保に納得してもらう必要があるとしている。

 そして、久保がその提案にOKを出すならば、セルジオ・コンセイソン監督にとってチームが探している解決策を見つける存在になるとしている。

 ポルトは来季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージから出場する権利を保有している。CL優勝2回、リーグ優勝27 回の名門は4シーズンにわたってポルトガル王者の座を逃しているが、来季久保が名門の一員に名を連ねることになるのか、動向が注目されるところだ。

写真
http://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2017/06/GettyImages-642887324-crop-1498135578-920x611.jpg


フットボールZONE 6/22(木) 21:50配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170622-00010023-soccermzw-socc


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498137844

<サガン鳥栖>鎌田大地、ドイツ・フランクフルトの移籍決定 3年契約か 社長「近く正式発表」

1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/22(木) 06:59:27.66 ID:CAP_USER9.net

J1サガン鳥栖の鎌田大地(20)が、獲得オファーを受けていたドイツ1部リーグのアイントラハト・フランクフルトに移籍することが決定的になった。
21日の天皇杯2回戦、松江シティ戦前に鳥栖の竹原稔社長が「近く正式に発表し、会見します」と認めた。3年契約とみられる。

プロ3年目の鎌田は、かねて「早く行けたら行きたい」と海外挑戦への意欲を口にし、昨オフはドイツのドルトムントなど欧州各国のリーグ戦を視察した。
オファーを勝ち取るためにも今季は年間2桁得点を目標に掲げ、これまでJ1リーグで15試合に出場して3得点。

持ち味のキラーパスや威力のあるシュートに加え、守備面での成長も見せていた。5月下旬には同い年の一般女性と結婚した。

この日はフル出場し、無得点。去就について問われたが「鳥栖の選手なので、目の前のリーグで勝ち点を1でも多く取るためにやるだ
あまり気にせず、しっかり試合をしたい」と明言を避けた。「(25日のJ1)浦和戦にいい状態で臨めるようにトレーニングしたい」とも話しており、当面は鳥栖の一員としてプレーを続けるもようだ。

西日本スポーツ 6/22(木) 6:53配信
https://news.yahoo.co.jp/hl?c=socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170622-00010000-nishispo-000-view.jpg


鳥栖MF鎌田大地フランクフルト移籍へ 本人明言避けるも社長認める
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-00000009-dal-socc

J1鳥栖、リオ五輪韓国代表DFを獲得へ。移籍金1億円か…「積極的に検討中」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170621-00218195-footballc-socc


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498082367

<サンフレッチェ広島>ガンバ大阪FWパトリック獲得!降格圏17位低迷でJ1残留切り札に

1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/22(木) 06:03:23.62 ID:CAP_USER9.net

現在J1で17位とJ2降格圏に沈む広島が、6月末でG大阪との契約が切れるブラジル人FWパトリック(29)を獲得することが21日、分かった。

広島は現在12得点と得点力不足に泣かされており、J1残留の救世主として期待。近日中にも獲得が正式に発表され、広島でのデビューは夏の登録期間となる7月下旬になりそうだ。

 複数の関係者の話を総合すると、14年から今季までG大阪でプレーするパトリックの広島加入が決定的となった。6月末にG大阪との契約が満了するため、J2も含めて複数のチームが獲得に動いていた。

 広島の今季の助っ人外国人はMFミキッチ、フェリペ・シウバ、FWアンデルソン・ロペスの3人でスタート。リーグでは14位タイの12得点と攻撃陣が不振。当初は韓国人を中心としたアジア枠の選手獲得を目指していた。だが、諸条件などで折り合わず、方針を転換。

J1で96試合30得点と抜群の実績を誇るブラジル人FWの獲得に急きょ乗り出し、4人目の外国籍選手(今季からJリーグは5人まで外国籍選手の保有が可。ベンチ入りと出場は外国籍3人、アジア枠またはJ提携国1人の4人まで)を獲得した。デビューは7月下旬予定だ。

 昨年10月に右前十字靱帯(じんたい)損傷、右外側半月板損傷で全治8か月の重傷を負ったFWは、今季はG大阪と半年契約を締結。今月1日には6月いっぱいでの契約満了が発表され、「チームを去ることはさみしいですが、サッカー人生では起こりえること」とコメント。

家族も含め、親日家のブラジル人は引き続きJリーグでのプレーを希望し、オファーを待っていた。13年にもシーズン途中で甲府に加入し、5得点でJ1残留に貢献した残留請負人に期待がかかる。

 広島は元日本代表DF塩谷司のUAE1部アルアイン移籍が決定。守備面ではDF丹羽(G大阪)獲得にも動いている。Jで実績のあるパトリックが17位と不振にあえぐチームを救う。

 ◆パトリック(アンデルソン・パトリック・アギアル・オリベイラ) 1987年10月26日、ブラジル・マカパ生まれ。29歳。バスコ・ダ・ガマ、アトレチコ・ゴイアニエンセなどを経て2013年に川崎に加入。その後、甲府、フォルタレザでプレーし、14年にG大阪に加入した。J1通算96試合30得点。J3通算3試合1得点。今季はJ1、J3ともに1試合出場無得点。14年Jリーグベストイレブン。189センチ、82キロ。

写真
http://www.hochi.co.jp/photo/20170622/20170622-OHT1I50013-T.jpg


スポーツ報知 6/22(木) 5:01配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-00000023-sph-socc


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498079003

<三浦知良>「13年別居」を直撃した記者を圧倒! “キング”対応がカッコよすぎる

1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/22(木) 13:39:10.65 ID:CAP_USER9.net

「今年の4月に、三浦りさ子さんが13年間住んでいたところから引っ越ししたそうです。
カズさんとは子どもの通学を理由に長らく別居していたので、これを機に同居するかと思いきや、カズさんの住むところから2キロほどの場所に移ったみたいですよ」(芸能プロ関係者)

走り出すりさ子

“キングカズ”ことサッカー選手の三浦知良と、ファッション雑誌のモデルとしても活躍するりさ子夫妻をめぐる、気になる話が飛び込んできた。

 '93年に結婚したふたりは、'97年に長男、その4年後に次男と子宝にも恵まれたが、そのころから夫婦の関係に変化が。

「国内外のさまざまなチームに移籍したカズさんは、どうしても家族と離れがちでした。'05年7月に横浜FCへ移籍したのですが、家族はすでに子どもが入学した小学校の近くに引っ越していました。
カズさんがそこからでは横浜に通いにくいので、別々に住むことに決めたそうです」(スポーツ紙記者)

以来、10年以上続いてきた別居状態。そのためか、カズの浮気が噂されたり離婚説もたびたび流れたりしたが、

「長男は大学生に、次男は中学生になりました。子育ても落ち着いてきたため、りさ子さんは引っ越すことにしたみたいですね。でも、いまだに別居は続けているみたいですよ」(前出・芸能プロ関係者)

いわば“仮面別居”生活。それを続ける理由は何なのか。
りさ子を直撃した。6月中旬の午後、車で帰ってきたところに声をかけたが、無言で足早にマンションの中に。翌日、改めて車で帰ってきたところを再直撃した。
赤いブラウスにジーンズという服装で、手にはトートバッグ。さすがは現役モデルとあって、そのスタイルは年齢を感じさせない。

─最近、お引っ越しされたことに関してお話をお聞きしたいのですが。

「なんなんですか。やめてください」

ようやく口を開いてくれたものの、取材拒否。ものすごいスピードでマンションの中へ走っていってしまった。
そこでその翌日、今度はカズに話を聞くことに。午後1時過ぎ、都内のマンションから専属トレーナーと一緒に出てきたカズは、赤いTシャツに黒色の短パン姿で、サングラスをかけていた。

─りさ子さんと同居されることは考えていらっしゃらないのでしょうか? 

「基本的に俺は、サッカー以外の質問には答えないし、言わないよ」と、冷静に宣言。しかし、こちらの質問が根本的に間違っていると指摘してきた。

>>2以降につづく

週刊女性PRIME 6/21(水) 4:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170621-00009930-jprime-ent

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170621-00009930-jprime-000-view.jpg

2 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/22(木) 13:39:27.20 ID:CAP_USER9.net

─間違っているとは? 

「こっちに引っ越したとかじゃなくて、俺はそこ(りさ子が住んでいるところ)に住んでいるからね。前住んでいたところも俺の家だよ。

 ここは、25年前に俺がまだ独身のときに買ったマンションで、カミさんとかも一緒に住んでいた。俺がいろいろなところに移籍したり、子どもがまだ小さいから別のところに借りたりしたんだよ」

─つまり、別居しているわけではないと? 

「俺、今日の朝もそこ(りさ子が住んでいるところ)から来たよ。サッカーのスケジュール上、家にいるのは1週間に3日かもしれないし、4日かもしれないけど、それはコンディションとかもあるからね」

─コンディションですか。

「俺にはもう10年以上、調理師がついていて、試合が近くなったり、試合中にコンディションを整えるために、その食事を食べたいときは、こっちに泊まって食べることもあるよ」

 また、家族が住む家と練習場が近くなったことで、

「前よりも家族と一緒にいられるようにはなったかな」

 と笑顔を見せた。

─ご家族でご飯に行ったりすることも増えましたか? 

「昔から食事とかは、子どもが休みのときによく行っていましたよ。前は家族にあんまり会えなかったけどね。今は、俺が帰れるから、外食よりも家で食べることが増えたと思うよ」

─引っ越し先は、景観もよさそうですね。

「家族は気に入ってくれてるみたいだから環境はいいんじゃないの。景観もそうだけど俺が近くにいるってことで、みんな喜んでくれるしね」

 今でも、カズは試合が近づくと、これまでひとりで住んでいたマンションに行くこともあるようだ。しかし、家族が暮らす家に帰る頻度は、以前よりも確実に増えている。長年続いた“仮面別居”生活が解消に向かっているのは明らかだ。

 このあと、身体のケアをしにいくというカズ。

 取材のお礼を言うと、右手を差し出してきた。握手かと思い、記者も右手を差し出すとピースサインを作って、

「じゃんけんだよ(笑)」

 さらに、別れ際にも右手を差し出してきたので、こちらがチョキを出すと、

「負けた(笑)」

 今度は握手をしてくれた。鮮やかなフェイントからの神対応、いや“キング”対応。家庭という、もうひとつのグラウンドも安泰のようだ。


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498106350

本田が小学生にゲーム禁止令

1 名前:ranran roo ★@\(^o^)/(★ 99eb-U1Pw):2017/06/22(木) 15:37:25.58 ID:CAP_USER9.net


 トークショーに参加し、ミズノ社の新サッカーシューズを手にする(左から)阿部、吉田、本田、岡崎、武藤、金崎

 サッカー日本代表MF本田圭佑(31)=ACミラン=が小学生にゲーム禁止令を発布した。

 19日、千葉市内でトークショーに出席。観覧した120人の小学生に「日本代表になりたい人」と問いかけ、「ハイ」という元気な声に対して「今、手を挙げた人、帰ってゲームしたらアカンよ。練習しなきゃ」とガチ目線で訴えた。

 「僕も小学生の時にW杯に出たいと決めました。サッカーは下手な部類でしたが、うまくなって1人ずつ抜いていきました。365日夢を諦めなれば変われる」と経験談を元に、エールを送っていた。

https://www.daily.co.jp/soccer/2017/06/20/0010298020.shtml
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498113445

リーガ公式も“王様ガク”と名付け! 現地メディア「あのゴールは柴崎がキッカーだから誕生した」

1 名前:ranran roo ★@\(^o^)/(★ 99eb-U1Pw):2017/06/22(木) 11:27:52.40 ID:CAP_USER9.net


6/22(木) 9:50配信
theWORLD(ザ・ワールド)

リーガ公式も“王様ガク”と名付け! 現地メディア「あのゴールは柴崎がキッカーだから誕生した」

その本領がいよいよ発揮された photo/Getty Images
いざ、1部へ

1部昇格に向けて、彼のエンジンはフルスロットルだ。21日、昇格プレイオフ決勝のヘタフェ戦で見事なアシストをマークした日本代表MF柴崎岳に対し、地元メディアも賛辞の言葉を並べている。

本拠地に難敵ヘタフェを迎えて行われた1stレグ。柴崎は左サイドで順当に先発出場を果たすと、アグレッシブなボールへの関与を見せ、22分にはコーナーキックからさっそくゴールを演出する。クールな日本人MFが蹴ったボールはペナルティーエリア内で待ち構えるホルヘ・サエンスの元へ吸い込まれ、この日の決勝ヘディング弾をお膳立て。18日の準決勝でもゴールを決めていた柴崎がまたしてもチームに大きな貢献をもたらした。

試合後、スペイン『eldorsal』は決勝ゴールを挙げたサエンスや柴崎を含む4人に最高評価となる9点を付け、今冬よりチームに合流したばかりの元鹿島アントラーズMFへ次のような称賛の言葉を綴った。

「最高に素晴らしいプレイだ。コンディションもキープできていたし、ボールに触れるたびに高品質な技術力を見せつけた。ホルヘ・サエンスのゴールシーンはキッカーが柴崎岳で無ければそもそも誕生していなかっただろう。ガクがこのチームの中心人物であることはもはや明らかだ」

昨年末のクラブW杯ではレアル・マドリードを相手に2ゴールを決め、スペインメディアから「日本のイニエスタ」と謳われていた柴崎。いよいよその異名も大袈裟なものではなくなるかもしれない。なお、リーガエスパニョーラ公式は昇格プレイオフで躍動する同選手を“王様ガク”と称するなど、現地でも彼への期待が高まっているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-00010005-theworld-socc
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498098472

<レヴァンドフスキ>バイエルン退団も…クラブに不満!マンチェスター・Uとレアル・マドリードを移籍先候補

1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/21(水) 00:47:11.28 ID:CAP_USER9.net

バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、同クラブに不満を抱いているようだ。
母国紙『Super Express』でのコメントを引用し、イギリス紙『デイリーメール』が20日に報じている。

レヴァンドフスキは今シーズン、公式戦で43ゴールを記録。チームが5連覇を果たしたブンデスリーガでは30ゴールを挙げたが
得点王のタイトルは逃した。残り1試合時点では得点ランキング首位に立っていたが、最終節は無得点。
同節で2ゴールを挙げたドルトムントのガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンに逆転を許す結末だった。

報道によると、レヴァンドフスキは今月上旬、『Super Express』に対して「苛立っていたよ。チームメイトの姿勢に失望したんだ」とコメント。

得点王を逃したこともあってか、批判的な言葉を同僚たちに向けた。そして今週、同選手の代理人を務めるマイク・バルテル氏がドイツ誌『キッカー』に対し、
「ロベルトは私に(チーム内で)サポートを得られていないと言ったんだ。彼があんなにも落ち込んでいる様子は見たことがなかったよ。
彼は本当に、得点王になるためにサポートしてもらうことを望んでいたんだ」と、コメントしたという。

クラブとチームメイトへの不満を抱いていることが判明したレヴァンドフスキ。今後は移籍の可能性を報じるメディアが増えそうだ。
『デイリーメール』はマンチェスター・Uとレアル・マドリードを移籍先候補に挙げ、バイエルン退団の可能性を伝えている。

6/20(火) 22:32配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00602878-soccerk-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170620-00602878-soccerk-000-view.jpg


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1497973631

<天皇杯>7部相当いわきFCの快進撃はまだまだ続く!J1札幌相手に驚異の5発で延長死闘に決着

1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/22(木) 00:59:03.44 ID:CAP_USER9.net

[6.21 天皇杯2回戦 札幌2-5いわきFC 札幌厚別]

 天皇杯の2回戦が21日に行われた。札幌厚別公園競技場ではいわきFC(福島県1部)がJ1の北海道コンサドーレ札幌を延長戦の末に5-2で勝利した。7月12日に行う3回戦は清水エスパルスとの対戦になる。

 今季は5年ぶりにJ1を戦う札幌だが、リーグ戦は苦戦。現在5連敗中で降格圏手前の15位と厳しい戦いが続いている。リーグ戦の合間の天皇杯はメンバーを大幅に変更。17日の鹿島戦からDF福森晃斗以外の10人を変更。MF小野伸二や若手選手がスタメンに並んだ。

 一方の福島県社会人リーグ1部(7部相当)のいわきFCは、県予選決勝でJ3の福島ユナイテッドFCを撃破。株式会社ドーム(アンダーアーマー、DNS)の全面サポートを受けて成長を続ける強化2年目の新興クラブが、J1に挑戦した。怪我から復帰したDF山崎海秀が先発するなど、現状のベストメンバーが組まれた。

 試合開始直前に降り出した雨も徐々に強さを増して行き、選手たちの戦いを難しくさせた。ただやはりと言うべきか、ボールを保持して試合を進めたのは札幌だった。しかし前半8分の小野のFKからMF菅大輝が狙ったミドルシュートはGK坂田大樹の好セーブに阻まれる。同33分には小野のCKを上原がヘディングで合わせたが、MF植田裕史にライン上でかき出された。

 いわきFC側から見れば、我慢の展開になった。時折カウンターからチャンスを作るものの、前半11分のFW平岡将豪のシュートが大きく枠外に外れるなど、精度を欠いてしまう。終了間際のアディショナルタイム2分にはCKから平岡がヘッド、そして跳ね返りを山崎が強烈シュートで押し込むが、ゴールネットを揺らすことは出来なかった。

 後半開始から両チームが動きを見せる。札幌は小野に代えてFW金園英学、いわきは前半動きの悪かったFW吉田知樹を下げてFW小野瀬恵亮を投入。さらにいわきは同10分にFW高柳昂平を下げてFW菊池将太をピッチに送り込む。両チームが前線の構成を変えて、勝負の後半に臨んだ。

 しかしスコアはなかなか動かない。札幌は後半25分、浮き球パスでDFの裏に抜けた金園がゴールネットを揺らしたが、わずかにオフサイド。札幌が押し込みながらも、いわきのゴールを割れない展開で試合は進む。すると同31分、左サイドからボールを持ち込んだいわきFCは、MF金大生のシュートがオウンゴールを誘発。ついに均衡を破った。

 ただ一度動きを見せた試合はここからすごい展開になる。意地を見せたい札幌は後半38分の内村のヘッドはGKの好セーブに阻まれたが、同45分、ゴール前の混戦をヘイスが押し込み同点に追いつく。しかし同アディショナルタイム4分、今度はいわきがFKから金が押し込んで勝ち越しに成功。勝負は決したかと思われたが、札幌が直後のプレー、ラストプレーでヘイスがこの日2点目を決めて追いつき、延長戦にもつれ込ませた。

 体力勝負となった死闘。しかしこの展開は、日本のフィジカルスタンダードを変えることをチームコンセプトに掲げるいわきFCにとってはお手の物だった。延長前半8分、クロスボールからエリア内で札幌の選手のハンドを誘発。これで獲得したPKを平岡が豪快に蹴り込み、3度目のリードを奪う。直後の菊池のシュートはわずかに左に外れたが、J1の札幌を押し込み続けた。

 さらに延長後半9分、いわきFCはカウンターからボールを持ち込むと、菊池が左足でループシュートを決めて勝利を決定づける。同15分には小野瀬がダメのダメを押す得点を記録。世界的に見ても例を見ない独創的な強化を進める強化2年目のいわきFCが、J1相手に驚異の5得点を記録して、3回戦進出を決めた。3回戦の相手な清水エスパルスとなる。

ゲキサカ
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?219381-219381-fl

JFA公式
http://www.jfa.jp/match/emperorscup_2017/match_page/m27.html

トーナメント表
http://www.jfa.jp/match/emperorscup_2017/images/img_tournament.gif


公式記録
http://www.jfa.jp/match/emperorscup_2017/schedule_result/pdf/m27.pdf
http://i.imgur.com/ZWTTM7r.jpg


大会公式ポスター
http://www.jfa.jp/match/emperorscup_2017/img/wp_1024.jpg


<いわきFC>食事しながら練習見学できます
http://sp.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170611_64032.html

【サッカー】<天皇杯>FC東京、仙台、甲府、札幌…J1の4チームが2回戦で敗れる波乱!各地でジャイキリ©2ch.net
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1498050078/


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498060743

英紙が選ぶ「プレミアに戻ってくるべきスター10人」に香川の名があり誇らしい

1 名前:pathos ★@\(^o^)/:2017/06/21(水) 20:16:20.93 ID:CAP_USER9.net

日本の10番に高評価

今夏の移籍市場ではレアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドが古巣マンチェスター・ユナイテッドに戻ってくる可能性が噂されたり、今季苦しい時間を過ごしたFWガレス・ベイルを同じくマンチェスター・ユナイテッドが狙っているなど、プレミアリーグへのカムバックを期待させる話題が多い。

英メディア選出の「欧州で大活躍したアジア人選手7名」に日本人が4名

そこで英『Express』は、「プレミアリーグに戻ってくるべきスター選手10人」と題し、もう一度プレミアリーグでプレイして欲しい選手をリストアップしている。

そのうちの2人はもちろんロナウドとベイルだが、何とこの10人にはドルトムント所属の日本代表MF香川真司も選ばれているのだ。香川は2012年にマンUに加入したが、指揮官デイビッド・モイーズの戦術に合わなかったこともあって思うような活躍ができなかった。結局ドルトムントに戻る決断を下したが、同メディアは香川のことを「テクニックのある魔術師」と紹介しており、そのクオリティを認めている。

その他に選ばれたのも豪華な選手ばかりで、香川と同じくマンUで満足なキャリアを築けなかったアンヘル・ディ・マリア、チチャリートことハビエル・エルナンデス、マンチェスター・シティでゴールを量産したエディン・ジェコ、マンCで才能を活かしきれなかったDFジェローム・ボアテング、今夏リヴァプール移籍が確実視される元チェルシーのモハメド・サラー、チェルシーでは出番の限られていたファン・クアドラード、最後の1人はトッテナムで異彩を放っていたルカ・モドリッチだ。

いずれも世界を代表するスターばかりで、そこに香川が入っているのは何とも誇らしい。今季はベンチで時間を過ごすこともあったが、ドルトムントで輝きを放っていた。プレミアリーグでもチームスタイルさえ合えば十分に活躍できるはずだ。
http://www.theworldmagazine.jp/20170621/01world/germany/137521


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498043780

<柴崎岳>決勝点アシストで2戦連続の勝利演出!テネリフェ、先勝で1部昇格に王手

1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/22(木) 05:54:00.58 ID:CAP_USER9.net

【スコア】
テネリフェ 1-0 ヘタフェ
 
【得点者】
1-0 22分 ホルヘ・サエンス(テネリフェ)

http://www.marca.com/eventos/marcador/futbol/2016_17/promocion_ascenso/final/ida/ten_get/

リーガ・エスパニョーラ2部の昇格プレーオフ決勝ファーストレグが21日に行われ、MF柴崎岳が所属するテネリフェとヘタフェが対戦した。柴崎は10試合連続の先発出場となった。

 リーグ戦4位のテネリフェは準決勝で同5位のカディスと2戦合計1-1の引き分けに終わったものの、リーグ戦上位のため決勝進出を果たした。決勝は、同6位ウエスカを2戦合計5-2で破った同3位ヘタフェとの対決。悲願の1部昇格に向けて、まずはホームで先勝を狙う。

 試合は21分、テネリフェの先制で動く。右CKでキッカーの柴崎がボールを送ると、中央のホルヘ・サエンスがヘディングシュートをゴール右隅に叩き込み、先制に成功した。なお、柴崎はリーグ戦3アシスト目となった。

 1点リードで折り返したテネリフェは61分、アントニー・ロサノが敵陣中央からそのままドリブルで持ち上がり、エリア内に進入して右足シュートを放つが、相手GKにセーブされる。83分、柴崎を下げて、アーロン・ニゲスを投入。この2試合で1ゴール1アシストの柴崎は、観客のスタンディングオベーションで送り出された。

 試合はこのまま1-0で終了し、テネリフェがホームで先勝。8年ぶりの1部昇格に王手をかけた。

 セカンドレグは24日にヘタフェのホームで行われる。

サッカーキング 6/22(木) 5:50配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-00603265-soccerk-socc

写真
https://www.soccer-king.jp/wp-content/uploads/2017/06/GettyImages-699414082.jpg


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498078440
スポンサーリンク
インフォメーション

はてブ数: はてなブックマーク数

このブログについて

相互リンク・RSS募集中です(^ω^)
詳しくは、上記の「このブログについて」を参照してください。


ご要望も随時対応致します。
気軽にお願いします(`・ω・´)
(削除依頼・デザイン・まとめ方 etc..)
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
  • ライブドアブログ