ヘッドライン

戦力アップかダウンか…J1ストーブリーグ通信簿 札幌、仙台、鹿島、浦和、柏、FC東京編

1 名前:3倍理論 ★:2018/02/16(金) 16:38:31.63 ID:CAP_USER9.net

いよいよ今年もJリーグのシーズンが到来。J1は2月23日からスタートし、各々の目標に向かってひた走る長丁場の戦いが続く。昨シーズンは川崎が最終節で逆転優勝し、クラブ創設21年目にして悲願の初タイトルを獲得する劇的な幕切れとなったが、それももう終わった話だ。連覇を狙う川崎を始め、各クラブとも希望に満ちた1年にするため、新シーズンに向けて着々と準備を進めてきた。そこで今回はJ1全クラブのオフシーズンの選手補強を査定(良い方からA・B・C・Dの四段階)し、3日間にわけて紹介する。

■北海道コンサドーレ札幌 C

 移籍の人数は多くないものの、レンタルの三好康児(←川崎)を含め、適材適所の補強を成功させており、ミハイロ・ペトロビッチ新監督が3-4-2-1を押し進めるパーツはまずまず揃っている。ただ、流れるようなパスサッカーのオートマティズムを植え付けるのは簡単ではない。ミシャ(ペトロビッチ監督の愛称)の薫陶を受けた駒井善成(←浦和)も全体をオーガナイズするほど戦術を消化しているわけではなく、シャドー候補の宮吉拓実(←広島)、右サイドハーフの白井康介(←愛媛)といった期待の新戦力はもちろん、既存戦力も試行錯誤の中で徐々に戦い方を学んでいくはず。種まきのシーズンと考えれば残留が目標ラインになるが、ただの残留ではなく来季への手応えある残留を果たしたい。ベテランGK菅野孝憲(←京都)はク・ソンユンの控えと見込まれるが、高い競争で刺激を与えながら、有事の不安も取り去る的確な補強だ。

■ベガルタ仙台 B

 派手さはないが、かゆい所に手が届くような要所の補強に成功し、渡邉晋監督の掲げる3-4-2-1の完成度をさらに高めるメンバー構成となった。シャドーに運動量と突進力のある阿部拓馬(←蔚山現代/韓国)、ボランチにバランス感覚の高い庄司悦大(←岐阜)、3バックのストッパーに対人能力の高い金正也(←G大阪)と3人のレギュラー候補を迎え入れ、さらに中盤にはDF出身で高さのある21歳の板倉滉(←川崎)をJ1王者からのレンタルで加えた。大卒ルーキーながらプレシーズンで猛アピール中のFWジャーメイン良(←流通経済大)は1トップとシャドーの両方で起用できるため、マルチなジョーカーとして開幕時から出場チャンスがありそうだ。

■鹿島アンドラーズ C

 攻撃力を大きく変えるような放出・補強はないものの、もともと各セクションに他クラブなら不動のスタメンでもおかしくないメンバーがしのぎを削る構図だ。そうした競争の結果として高いパフォーマンスが出せれば”継続路線”は吉と出る。その中で内田篤人(←ウニオン・ベルリン/ドイツ)の復帰は心身両面で頼もしい。コンディションを心配する声も大きかったが、ACLの初戦からフル出場している。さらに左右のサイドバックをこなす安西幸輝(←東京V)も過密日程の中で出場機会は増えそう。代表候補の昌子源と植田直通が揃うセンターバックは新戦力の犬飼智也(←清水)が良い刺激を与えられるかどうか。

■浦和レッズ B

 昨シーズンの途中から引き継いだ堀孝史体制で開幕からスタートする今季は課題の最終ラインに期待の若手DF岩波拓也(←神戸)を迎え、新たなサイドアタッカーとしてマルティノス(←横浜FM)が、攻撃的MFには昨季リーグ戦9得点の武富孝介(←柏)、湘南のJ2優勝立役者の1人である山田直輝がレンタルバックで加入。これにより中盤からのフィニッシュは迫力を増しそうだ。昨年優勝したACLの負担がない分、リーグ制覇に向けて全力を注げるのは好材料。攻守のバランスを取りながらサイドアタックを活性化させる4-1-2-3の要は念願のアンカー起用に燃える遠藤航。青木拓矢とのポジション争いも予想されるが、ロシアW杯出場のためには開幕戦からのフィットが不可欠だ。

2 名前:3倍理論 ★:2018/02/16(金) 16:38:45.63 ID:CAP_USER9.net

■柏レイソル B

「柏から世界へ」を伝統的に掲げるクラブらしく、ACLとの”二足の草鞋”を履ける充実の戦力となった。左サイドバックの主力だった輪湖直樹がJ2福岡に移籍、MF小林祐介も湘南に期限付きで出されたことで”下部組織率”は下がったが、機動力の高いMF小泉慶(←新潟)や快足ドリブラーの山崎亮平(←新潟)、シュートセンスに優れる江坂任(←大宮)など、外から刺激的な血が注入されている。その中でも江坂は勝敗に直結するチャンスメークとフィニッシュを期待できる。戦術的な適応力は開幕前から評価が高い様子だ。守護神の中村航輔とセンターバック中山雄太、中谷進之介の若きトリオは引き続き守備の要だが、188cmのパク・ジョンス(←横浜FM)はACL仕様で”パワープレー対策”など大きな力になりうる。また、タイトなマークと推進力が強みの亀川諒史(←福岡)は左右サイドバックで主力を狙える。

■FC東京 D

 前線の大型補強が話題になった昨季ほどのインパクトはないが、ガンバ大阪時代から長谷川健太新監督のサッカーを知る大森晃太郎(←神戸)の加入は効果的で、組織的な守備から入って効率良く鋭いフィニッシュにつなげるサッカーを引っ張る存在になりそう。前線の新戦力であるディエゴ・オリベイラ(←柏)と富樫敬真(←横浜FM)はともに好調時のゴールのインパクトは大きいものの、確実に二桁得点を期待できる戦力ではなく、ベテランの前田遼一、16歳の久保建英も含めたポジション争いの中で主力を見極めていく前半戦になるだろう。トップ昇格の長身FW原大智はスケール感があり、当面はU-23が主戦場になると予想されるが、長谷川監督の評価を得れば一気のブレイクも。(文・河治良幸)

※(←クラブ名)は前所属を示す

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180216-00000028-sasahi-socc&p=2


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518766711

ザルツブルクFW南野拓実、後半ATに劇的同点弾!! 今季EL初得点が貴重なアウェーゴールに

1 名前:豆次郎 ★:2018/02/16(金) 06:48:52.23 ID:CAP_USER9.net

2/16(金) 4:59配信
ザルツブルクFW南野拓実、後半ATに劇的同点弾!! 今季EL初得点が貴重なアウェーゴールに

[2.15 EL決勝T1回戦第1戦 レアル・ソシエダ2-2ザルツブルク]

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)は15日、決勝トーナメント1回戦第1戦を各地で行い、FW南野拓実所属のザルツブルク(オーストリア)は敵地でレアル・ソシエダ(スペイン)と対戦し、2-2で引き分けた。ベンチスタートとなった南野は後半31分から出場し、後半アディショナルタイムに起死回生の同点弾を決めた。

 序盤から良い攻撃の形をつくれないザルツブルクだったが、前半16分、ようやく強みである鋭い攻守の切り替えを見せる。右サイドを突破したFWファン・ヒチャンのクロスは相手DFにクリアされたが、再び高い位置でボールを奪取。ファンとFWモアネス・ダブールがつなぎ、センターバックのDFアンドレ・ラマーリョがゴールを狙った。

 すると前半27分、スコアが動く。ダブールの抜け出しで獲得した右CKをDFアレクサンドル・ウルマーが蹴り込むと、ゴール前でGKヘロニモ・ルジがパンチングをミス。ファーサイドでクリアを試みたMFミヤル・オヤルサバルが頭に当てたが、ボールはゴール方向に飛んでいき、オウンゴールとなった。

 10本のシュートを放ちながら前半を1点ビハインドで終えたソシエダはハーフタイム明け、FWファンミに代えてMFアドナン・ヤヌザイを投入。すると後半12分、ショートカウンターからMFイゴール・スベルディアが持ち上がり、右サイドのDFアルバロ・オドリオソラにパス。2人を抜いてPA内に侵入すると、強烈なシュートを叩き込み、同点に追いついた。

 その後もソシエダペースが続く。しかし、MFシャビ・プリエトの高速クロスにヤヌザイが頭で合わせたシュートはクロスバー。一方、ザルツブルクはPA内を単独突破したMFラインホルト・ヤボが倒されるシーンもあったが、シミュレーションの判定でイエローカードが提示された。

 すると直後の後半31分、ヤボに代わって南野がピッチに立つ。中盤を菱形にする4-4-2のトップ下に入り、攻撃の中核を任された。ところが同35分、ソシエダが逆転に成功する。ゴール前20m強からのFKをヤヌザイが低い左足キックで狙うと、割れた壁の間を通ったボールがそのままネットを揺らした。

 1点を追うザルツブルクだが、ボールを保持するソシエダゴールに近づけない。ところが後半アディショナルタイム、チームを救ったのは南野だった。右サイドを突破したDFステファン・ライナーの折り返しに飛び込むと、ワンタッチで右足シュート。見事なコントロールでネットを揺らし、起死回生の同点弾となった。

 南野にとってはこれが今季ELの初ゴール。そのままタイムアップの笛が吹かれ、試合は2-2のドローで終わった。第2戦は22日、ホームで行われ、2点のアウェーゴールを携えて臨む形となる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-01650579-gekisaka-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180216-01650579-gekisaka-000-7-view.jpg


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518731332

いわきFCと連携、サッカースタジアム整備構想 いわき市が新年度可能性調査

1 名前:3倍理論 ★:2018/02/16(金) 22:42:36.28 ID:CAP_USER9.net

福島県いわき市は2018年度、サッカースタジアム整備の事業可能性調査に乗り出す。同市を拠点に将来のJリーグ入りを目指す社会人チームのいわきFCと連携し、整備の在り方などを検討する。15日発表した18年度一般会計当初予算案に事業費2229万円を計上した。
 市によると、専門機関に委託し、設置主体といった事業の枠組みや収支の試算、必要な機能や規模、立地場所などを調べることを想定する。
 市は、スポーツを基軸に人材育成や交流人口の拡大、市民の健康増進を図ろうと、地域特性を生かした事業を支援する地域未来投資促進法に基づく基本計画を策定。昨年12月に国の同意を得た。調査は計画の第1弾で、一部財源に関連の交付金を活用する予定。
 市は「スタジアムがまちづくりに対し、どんな効果を及ぼすか、幅広く検討したい」と説明する。
 いわきFCは15年12月、米ブランド「アンダーアーマー」を展開するドーム(東京)を親会社として始動。昨年の天皇杯全日本選手権でJ1のチームを破るなど快進撃を続け、新シーズンはこれまでの福島県リーグ1部から東北社会人リーグ2部に昇格する。
 J2昇格に必要なライセンスを得るには収容1万人以上、J1昇格では1万5000人以上のスタジアムを本拠地とすることが条件の一つになっている。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201802/20180216_61054.html


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518788556

「次世代のナカタだ」16歳久保建英を伊サイトが特集…“日本のスター”と熱視線

1 名前:3倍理論 ★:2018/02/17(土) 00:37:40.01 ID:CAP_USER9.net

FC東京に所属するFW久保建英について、イタリアのサッカー情報サイト『トゥット・メルカート・ウェブ』が15日、特集を組んだ。

バルセロナの下部組織出身で、現在はJリーグで活躍する16歳の久保に、イタリアから熱視線が注がれている。毎日、1人ずつ才能ある選手を紹介するコーナーにおいて、15日は久保が選出された。

特集では、「タケフサ・クボ…次世代のナカタ」と題し、かつてイタリアのローマやペルージャ、パルマなどで活躍した元日本代表の中田英寿氏に準え、久保が紹介されている。

「わずか15歳5カ月でデビューし、日本サッカー史上最年少プレーヤーになった。タケフサ・クボは、バルセロナ下部組織出身のだが、現在はFC東京でプレーする若手だ」と、バルセロナで育成された若き久保が日本で躍動していることを伝えた。

続いて、「日本サッカー界の新顔であり、待望のスターである」と紹介し、選手の特徴を分析している。

「小柄なファンタジスタで、狭いスペースで素早いスピードを持つ。また広いスペースにおいても脅威となれる能力がある。移籍の規制により、バルセロナが犠牲を払った数多くの選手の1人だ」

最後に、久保に類似する選手として「ヒデトシ・ナカタ」と結んでいる。久保の成長には、日本から遠く離れたイタリアからも視線が注がれているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00000021-goal-socc


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518795460

中島翔哉、見事なスルーパスで決勝アシスト&ダメ押しゴールの大活躍! 今季通算9点目!!

1 名前:豆次郎 ★:2018/02/17(土) 07:53:11.10 ID:CAP_USER9.net

2/17(土) 7:44配信
前回対戦では初ゴールを挙げた相手から再び!

 2月16日(現地時間)、リーガNOS(ポルトガル1部リーグ)第23節が行なわれ、ポルティモネンセは敵地でフェイレンセに3-1の勝利を飾った。


 この試合の69分、ポルティモネンセはウェリントンが決勝点となるチームの2点目を挙げたが、彼にスルーパスを通したのが中島翔哉。ハーフウェーライン付近でボールを受けると、右サイドから前線に駆け上がったウェンリントンに、正確なキラーパスを送った。
 
 さらに中島は88分、右サイドからのクロスをファーサイドで受けると、浮き球でGKの頭上を越す頭脳的なシュートでダメ押し。3試合ぶりのゴールで、リーグでの通算得点を9に伸ばした。
 
 この試合でも定位置である前線左サイドで先発出場を果たした中島は、ポルトガルでの初ゴールを決めた思い出深い相手であるフェイレンセ(6節での対戦で2ゴールを挙げて2-1で勝利)に対し、得意の突破力で再三勝負を仕掛けていく。
 
 自らドリブルからシュートを狙う他、急所を突くパスでもフェイレンセに脅威を与え、またセットプレーのキッカーとしても、味方の惜しいフィニッシュを引き出した。
 
 試合は26分にウェリントンの右からのクロスをファブリシオが合わせて、今シーズン自身通算12点目となるゴールでアウェーチームが先制したが、フェイレンセはその6分後、FKからL・ローシャがヘディングでゴールに押し込んで試合を振り出しに戻した。
 
 しかし、攻勢を続けたポルティモネンセは後半、冒頭に記した通り、中島の鮮やかなスルーパスと冷静かつ頭脳的なループシュートにより、敵地で勝利を飾った。
 
 次節(25日)の相手は、首位のポルト。今冬に中島の移籍先候補として名前が挙がったチームだ。前回の対戦では見事なアウトサイドでのシュートで名手イケル・カシージャスの牙城を崩した中島は、再び同様の活躍を見せ、その価値を高められるか。要注目だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180217-00035780-sdigestw-socc


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518821591

イニエスタ来夏に中国の天津権健に移籍か 年俸3500万ユーロ

1 名前:豆次郎 ★:2018/02/16(金) 19:40:51.64 ID:CAP_USER9.net

2/16(金) 19:23配信
イニエスタ来夏に中国移籍か 年俸3500万ユーロ
アンドレス・イニエスタ

 バルセロナのスペイン代表MFイニエスタが来夏に中国の天津権健へ移籍する可能性が出てきたと、16日にスペイン紙スポルトが伝えている。既にオファーは届いており、年俸3500万ユーロを提示されているという。

 天津権健の代理人は2度スペインを訪れているが、イニエスタは現時点で決断をしておらず、3月末に返答があるとのこと。バルセロナは選手の意思を尊重することを決めている。米MLSや中東からのオファーもあるが、バルサ残留か中国への移籍の二者択一といわれている。スペイン代表に集中するため、少なくともW杯前までには決断をすると伝えている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00127623-nksports-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180216-00127623-nksports-000-3-view.jpg


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518777651

Jリーグ、今季から金曜開催を新設。村井チェアマン「ファンと深い絆を作る第一歩」

1 名前:サイカイへのショートカット ★:2018/02/15(木) 19:53:58.74 ID:CAP_USER9.net

Jリーグ、今季から金曜開催を新設。村井チェアマン「ファンと深い絆を作る第一歩」
2018年02月15日(Thu)16時29分配信 フットボールチャンネル
https://www.footballchannel.jp/2018/02/15/post256322/
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180215-00256322-footballc-socc

Jリーグの村井満チェアマン【写真:Getty Images】
https://img.footballchannel.jp/wordpress/assets/2018/02/20180215_mitsuru_getty-560x373.jpg


Jリーグの新シーズン開幕を前にした15日、都内で2018Jリーグキックオフカンファレンスが行われた。

今年から新たな取り組みとして「FRIDAY NIGHT J.LEAGUE」と題し、金曜日夜にJ1の公式戦が開催する。今季の開幕戦は2月23日、金曜日夜に行われるサガン鳥栖対ヴィッセル神戸に決まった。

この新しいチャレンジは「お客様との関係を深くする第一歩の手段」と、Jリーグの村井満チェアマンは語る。Jリーグは開幕から25周年を迎え、「広げた根を深く張っていく」うえで設けた重要なものだ。

村井チェアマンは「1週間のうち2日間しか接点がないのではなくて、金曜日からお客様と接点ができるような、深い絆を作っていく第一歩だと思っています」と語る。土曜日や日曜日だけでなく、金曜日の仕事終わりにスタジアムへ足を運ぶ。日本に新たなサッカー文化が根づくきっかけになるかもしれない。


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518692038

「○○が多すぎる件」元なでしこFW永里、羽生結弦の演技後にさりげないツッコミ

1 名前:3倍理論 ★:2018/02/16(金) 15:05:05.96 ID:CAP_USER9.net

元日本女子代表(なでしこジャパン)のFW永里優季が、66年ぶりの五輪連覇を目指す羽生結弦の演技を観戦し、自身のツイッター(@Yuki_Ogimi)で感想を語っている。

 平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子ショートプログラムが16日に行われ、2014年ソチ五輪の金メダリストである羽生は最終第5グループの1番目に登場。ほぼ完璧な演技で自身の持つ世界最高記録(112.72点)に迫る111.68点を叩き出し、首位に立った。

 永里は演技終了直後、観客が羽生を称えて彼の好きなプーさんのぬいぐるみを次々と氷上へ投げ込んだことを受け、「プーさんが多すぎる件」と一言。

 しかし、その10分後に「プーさんに気を取られてしまったので仕切り直して」と再びツイートし、「羽生選手の演技、心揺さぶられました。一つ一つの演技がElegantで、着地が決まるたびに心踊らされて、フィギュアスケートを通して自分を表現することが大好きなんだなと感じました」と、同じアスリートとして刺激を受けた様子だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-01650591-gekisaka-socc


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518761105

DAZN、プレミアリーグとラ・リーガ全試合中継を発表!サッカー中継は「一強時代」に

1 名前:3倍理論 ★:2018/02/16(金) 14:04:10.82 ID:CAP_USER9.net

スポーツのライブストリーミングサービス『DAZN(ダゾーン)』を提供するPerform Group(パフォーム・グループ)は16日、2018年放送予定のスポーツコンテンツを発表した。サッカーコンテンツでは、今まで毎節最大5試合となっていたプレミアリーグとラ・リーガのライブ中継が全試合に拡大する。

先日、ソフトバンク株式会社と『スポナビライブ』で提供するコンテンツを2018年2月9日からDAZNで提供することについて合意していたパフォーム・グループ。具体的なコンテンツは明らかにされていなかったため、発表が注目されていた。

これまで両リーグを毎節最大5試合ライブ中継していたDAZNだが、今回の提携によって配信試合数が大幅に増加。世界で最も視聴者数の多いリーグであるプレミアリーグのビッグマッチや、バルセロナやレアル・マドリーの試合を欠かさず視聴することが可能となった。

DAZNはこの2リーグ以外にも、イタリアのセリエAやドイツのブンデスリーガ、フランスのリーグ・アンを配信中。さらに、来シーズンからはUEFAチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグの中継もすでに決まっている。

2017シーズンよりJリーグの放映権を取得したことで“黒船”として注目を集めるDAZN。日本におけるサッカーの視聴サービスという点においては、「一強状態」を築きつつあると言えそうだ。

なお、DAZNはプロ野球の広島東洋カープ、東京ヤクルトスワローズ、阪神タイガース、横浜DeNAベイスターズ、中日ドラゴンズ、北海道日本ハムファイターズ、東北楽天ゴールデンイーグルス、埼玉西武ライオンズ、千葉ロッテマリーンズ、オリックス・バファローズ、福岡ソフトバンクホークスの計11球団の中継やプロバスケットボールのB.LEAGUE(Bリーグ)など、国内外130 以上のコンテンツ、年間 7,500 試合以上のスポーツを配信することも同時に発表している。

https://news.goo.ne.jp/article/goal/sports/goal-18kiuak6k5t9e1gxpckmioehzn.html


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518757450

上海サポーター、鹿島選手に水かける 規定違反の場所に横断幕も…ACL1次リーグでトラブル

1 名前:ひろし ★:2018/02/14(水) 23:13:21.83 ID:CAP_USER9.net

アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグ開幕の鹿島―上海申花(中国)が行われたカシマスタジアムで、上海サポーターが鹿島の選手に対し、水をかける騒動があった。マッチコミッショナーを務めるアブデル・ハミード氏が関係者から聞き取り調査を行った上で、主催のアジアサッカー連盟(AFC)に報告することになった。

 鹿島関係者によると、試合の前半、上海サポーター席の前でウォーミングアップをしていたFW金崎、DF山本、犬飼にスタンドから水を浴びせられたという。その後、試合中に警備員らと言い合いを繰り返すなどしていた。また、試合前には上海サポーターが事前提出していない横断幕をスタンド掲出しようとして、警備員約10人に抵抗する騒動も起こしていた。

 カシマスタジアムでは構造的な理由などから、メーンスタンドを背にして、右側に鹿島サポーター席が設けられている。これに合わせて国内公式戦では、鹿島は右のベンチに座る。だが、ACLの大会規定で、ホームチームは左側ベンチの使用を定められているため、この日は左側のベンチを使用。ウォーミングアップゾーンも規定で左側、上海サポーター席の前に設けられていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00000306-sph-socc


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518617601
スポンサーリンク
インフォメーション

はてブ数: はてなブックマーク数

このブログについて

相互リンク・RSS募集中です(^ω^)
詳しくは、上記の「このブログについて」を参照してください。


ご要望も随時対応致します。
気軽にお願いします(`・ω・´)
(削除依頼・デザイン・まとめ方 etc..)
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
  • ライブドアブログ