ヘッドライン

【サッカー】<ヴィッセル神戸>三木谷会長の現場介入「ない」…三浦淳寛スポーツディレクターがリージョ前監督退任騒動語る..

1 名前:Egg ★:2019/04/25(木) 05:52:49.34 ID:S45D9wlI9.net
スポーツ報知のインタビューに答える神戸・三浦スポーツダイレクター
 神戸の三浦淳寛スポーツダイレクター(SD、44)が24日、スポーツ報知の取材に応じ、17日に契約解除となったフアンマヌエル・リージョ前監督(53)の退任騒動について語った。

一部で報じられている三木谷浩史会長(54)の現場介入を完全否定。巻き返しへ、クラブ一丸で戦うことの重要性を強調した。(取材・構成=金川 誉、種村 亮)

 ―成績低下の原因は、どう感じているのか。

 「(17日までの3試合で9失点と)失点の多さは気になっていた。監督とは毎試合話をして自分の意見は伝えていたが、リージョにはリージョなりの考えがあった。考え方にギャップ? ないと言ったらうそになる」

 ―リーグ戦2連敗での契約解除。

 「結果が出なかったり監督が代わるとネガティブな捉え方をされる。それは理解できるけど、チーム内の状況とは違う話が出ているのは残念」

 ―会長の熱心な姿勢が歪曲(わいきょく)されて伝わっているのか。

 「クラブのためにたくさん投資をしたことで、リーグ全体が盛り上がっている。オーナークラブの中で、あれだけ自チームを愛している人はいない。一部メディアで報じられているメンバーを決めて、とか。過去のことは話す立場にないけど(18年に)僕が着任してからはそんなことは一切ない。三木谷さんは僕の考えを本当に尊重してくれるので、あくまで自分主導でやっている。常にコミュニケーションは取っている」

 ―リージョ氏について、三木谷会長の反応は。

 「バルサ化を進める中で、いろいろなスパイスを落とし込んでくれた監督。とても感謝している、と」

 ―監督退任発表の同日、元ドイツ代表FWポドルスキが、自身のツイッターで主将退任を明かした。20日の浦和戦では、ボールボーイに暴言を吐いたことも騒ぎを大きくした。

 「(身内に不幸があり現場を離れていて)自分が、まだルーカスと話ができていない。(対応は)まずは彼と話をしてから。多くの実績を残してきた選手なので、彼の言葉はさらに大きくなってしまう」

 ―吉田体制初戦の浦和戦に敗れ、リーグ戦の連敗は3に伸びた。

 「今はネガティブな意見や記事が出ているが、我々がそれに左右されるのではなく、目標を達成するために今こそチームを一つにして勝負する。この非常事態でも吉田はやってくれると思う。方針は全くブレていない」

 ◆神戸の騒動経過

 ▽4月17日 リージョ監督の契約解除と、後任に吉田前監督の就任を発表。クラブは14日の広島戦後、指揮官が辞任の意向を示したと説明した。同日の練習後、ポドルスキが自身のツイッターで主将の座を降りたことを明かした。

 ▽同18日 ポドルスキが連日のツイート。英語で「誠実さを与えられない人々からの忠誠を期待することはやめる」との意味深長なメッセージを残した。

 ▽同20日 吉田体制初戦となる浦和戦で完封負けし3連敗。試合中、ポドルスキがボールボーイに暴言を吐いていたことが後日明らかになり、欧州メディアでも報じられる騒動に発展

4/25(木) 5:03 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00000312-sph-socc

写真
【サッカー】<ヴィッセル神戸“内紛状態”…>原因は三木谷会長か 元スタッフが証言!「現場介入が甚だしい★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1556033029/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556139169

【サッカー】<セルジオ越後>平成の日本サッカーには大きな欠陥があったのではないか?

1 名前:Egg ★:2019/04/25(木) 01:39:28.52 ID:S45D9wlI9.net
Jリーグの開幕は華やかだったけど…
 
年号が変わる前に平成の出来事を振り返ると、日本サッカーは良かったと言い切れないね。
歴史を遡る上でまず触れておきたいのは、Jリーグ発足の功労者だ。前身の日本サッカーリーグからプロ化へ尽力した中心人物は、森(健兒)さんと木之本(興三)さん。

すでに韓国が1983年にプロリーグを創設し、1986年に2度目のワールドカップ出場で結果を残していた見本もあって、「このままではワールドカップに出られない」という危機感でJリーグ創設に奔走してくれた。
こうしてJリーグがあるのも、必死になって活動してくれたふたりのおかげだ。心から感謝したい。

採算をとれるか懸念もあったなか、読売クラブや日産自動車などはプロ化に積極的だった。2チームの存在もあって、なんとか1993年にJリーグが開幕。この頃の勢いは凄かったと、素直に認めたい。

Jリーグが始まり、当時はまだバブル景気だった影響もあって、開幕の演出も豪華だったね。選手の年俸も高額で、民放も全試合を中継してチケットもほとんどのゲームで完売。
アントラーズがブラジルのジーコ、ジェフがドイツのリトバルスキーといった世界的なスターを獲得した。おかげで海外からも注目され、スポーツはアマチュアばかりだった日本で、Jリーグが革命を起こしたと言ってもいい。

プロ化で競争力が上がって日本代表の強化につながり、しっかり結果もついてきた。ワールドカップは1994年アメリカ大会の出場を逃したけど、1998年のフランス大会以降は継続して出場権を獲得している。
2002年には韓国との共催でワールドカップの招致に成功し、サッカー人気も加速したね。フランス大会から本大会の出場国数が24から32に増えたおかげもあるけど、Jリーグ発足の目的であるワールドカップ出場は達成された。

サッカー人気が高まった相乗効果で、Jリーグも成長した。初期の10チームから、今ではJ1からJ3までカテゴリーが設けられ、全国各地に55クラブができた。着実に日本サッカーは発展した。でも、本当に評価していいのだろうか。
なぜなら、日本サッカーはいまだに企業に支えられたスポーツだと思うからだ。Jリーグ開幕からほどなくしてバブル景気が崩壊し、経済不況は徐々にサッカー界にも影響が及んだ。

象徴的なクラブがヴェルディだ。1993年にJリーグ初代チャンピオンに輝き、翌年もリーグ連覇。カズやラモスを中心に黄金期を謳歌したチームは、本当に強かった。
ただ、1998年に読売グループが経営から撤退し、経費削減のためにカズなどを放出すると、チームの成績も伸び悩んだ。2008年のJ2降格以降は、J1に戻れていない。

また、フリューゲルスは、出資会社の佐藤工業が本業の経営不振によりチーム運営から退き、横浜マリノスと合併している。事実上、クラブは消滅してしまった。
平成が終わる前には、昔なら鹿島のジーコに匹敵する大物、イニエスタが神戸に加入した。おかげで、観客動員数は増えているようだけど、親会社が楽天だからこそ海外スター獲得が実現できただけだろう。

企業に支えられたおかげであって、日本人選手の活躍でサッカー人気が上がったと思えないんだ。下の世代から継続してスターが生まれてこないし、海外組も所属クラブで出番を得られていない選手が多い。
ここ最近で言えば、ドイツにいる宇佐美や浅野は伸び悩んでいる印象だ。一方で高校サッカーで好パフォーマンスを見せたヒーローも、Jリーグですぐに活躍できる選手は数える程度しか出てこなくなった


写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190424-00057597-sdigestw-000-view.jpg

4/24(水) 17:00配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190424-00057597-sdigestw-socc&p=1


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556123968

【サッカー】<FC東京>ロッベンにオファー!伊メディア報じる

1 名前:Egg ★:2019/04/22(月) 13:04:39.30 ID:Y3cY9n4R9.net
 バイエルンの元オランダ代表MFアリエン・ロッベン(35)に対し、FC東京がオファーを送ったとイタリア『カルチョメルカート』が報じている。

 今年6月に契約満了でバイエルンを退団すると見られるロッベン。同メディアは記事内で「6月に切れるバイエルンとの契約を更新しないアリエン・ロッベンが、現在Jリーグで首位を走る日本のチーム、FC東京からオファーを受けた」と伝えている。

 バイエルンの選手としてブンデスリーガ7度の優勝経験を誇るロッベンだが、加入10年目の今季は負傷により昨年11月から欠場が続いており、リーグ戦の出場はわずか9試合。ドイツ『スカイ・スポーツ』によるとFC東京のほか、インテルやMLSのトロントFC、古巣PSVなどもロッベン獲得に興味を持っているという。

4/22(月) 12:46配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-43466211-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555905879

【サッカー】<小野、稲本、遠藤、小笠原…>世界準優勝から20年...黄金世代とはなんだったのか?

1 名前:Egg ★:2019/04/22(月) 09:17:49.47 ID:1Vxq/zCG9.net
 小野伸二をはじめ、稲本潤一、遠藤保仁、小笠原満男、中田浩二、高原直泰、本山雅志らきわめて個性的で質の高い選手がこの世代に集まった。奇跡としか言いようがない。

 彼らが中学生だった時代にJリーグが開幕し、プロという目標はできたが、サッカーの素地はそれ以前に形成されている。みな、育った地域も環境もチームもバラバラだ。指導者レベルもいまほど高くはなく、指導方針もそれぞれのチームの監督次第だった。彼らはそれぞれの場所で純粋培養されて育ってきたのだ。

 それが個性となり、お互いの違いが武器になった。現在のように指導が画一的で、個性がスポイルされる時代には、彼らのような強烈な個性と高い能力の持ち主が一堂に会するという奇跡は起こりにくくなっている。彼らは日本中に放牧されたなかから集められた「天然の一級素材」だったのだ。

 黄金世代が、その名を日本サッカー界やファンに轟かせたのは、1999年のナイジェリア・ワールドユースである。FIFA主催の世界大会で日本は史上初となる準優勝に輝いた。

 この「準優勝」という結果が黄金世代のスタートになった。

 もし、彼らがベスト8くらいで終わっていれば、「優秀な選手が揃った世代だった」というレベルの評価に終わり、それほど注目もされていなかっただろう。だが、決勝に進出し、世界と互角に戦ったことで彼らは高く評価され、世間の注目を浴び、多くのひとに見られることでさらに成長していった。下の世代の選手には、「あの舞台に立ちたい」と思わせるモチベーションを生んだ。そして、ファンには「日本サッカーは捨てたもんじゃない」と今後への期待を膨らませてくれた。

 これが非常に大きかった。


 この前年、フランス・ワールドカップに初出場した日本代表はグループリーグで3連敗を喫し、世界がとんでもなく遠いことを選手もファンもメディアも思い知らされた。その結果、ワールドカップ前に大きく膨らんだ期待はあっという間に萎み、世界との差に日本サッカー界は打ちひしがれていた。そんななか、世代別カテゴリーとはいえ、若き精鋭たちが世界の強豪を打ち負かし、決勝にまで進出したのだ。その偉業は98年の悪夢から日本を目覚めさせ、選手たちは「俺たちでもやれるんだ」と自信を取り戻し、2002年日韓ワールドカップに向けて大きな希望の灯をともした。

 黄金世代が日本サッカー界のV字回復、その着火剤となったのだ。
 現在に至る日本人選手の海外移籍の流れを作ったのも、彼らだった。

 最近では前回のU-20ワールドカップで堂安律が活躍し、オランダへの移籍が決まったが、99年のワールドユース後は大会のベスト11に小野と本山が入ったのにもかかわらず、誰ひとりとして海外移籍が実現しなかった。当時は、中田英寿がセリエAでプレーしていたが、日本代表のトップの選手しか海を渡れなかったのだ。それほど海外移籍は狭き門だったのである。

 小野たちが海外に行くまでナイジェリアから2年間の時間を要している。

 彼らはスポンサー枠や客寄せパンダではなく、個々の力を評価され、しかも有名クラブへの移籍を実現させた。小野はオランダの強豪フェイエノールト、稲本はプレミアリーグのビッククラブであるアーセナル、高原はアルゼンチンの強豪ボカ・ジュニオルスである。その後、中田浩二、小笠原満男らも欧州に渡った。

 小野は、その技術の高さと独特のセンスで入団1年目から活躍し、UEFAカップで優勝、その後もオランダやドイツで活躍した。アーセナルでの稲本は1試合も出場できずに苦しんだが、02年日韓ワールドカップで活躍してフルアムへの移籍を勝ち取り、約9年間、海外でプレーした。

そうした彼らの活躍と努力の跡に海外への道が開かれ、その後、長谷部誠、本田圭佑、香川真司、長友佑都、岡崎慎司らが海外移籍へのチャンスを掴んだ。いま、若い選手たちが比較的容易に海外へ飛び出していけるのは、自らの実力もあるが、小野たちが作った道でもあるといっても過言ではない。

2019年4月20日 18時9分サッカーダイジェスト
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16346760/

写真
http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/8/b/8b6d6_1429_436f1e28_6d12c2e0.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555892269

【サッカー】ACL第4節 浦和、ACLで韓国王者に連敗 興梠アウェーで意地のゴールも

1 名前:久太郎 ★:2019/04/24(水) 20:55:57.59 ID:EkEwtCkQ9.net
◇ACL1次リーグG組 浦和1―2全北(2019年4月24日 全州)

 サッカーのアジア・チャンピオンズ・リーグ(ACL)は24日、1次リーグ第4戦が行われ、2大会ぶりVを狙う浦和が敵地で全北(韓国)と対決。1―2で敗れ、今月9日の試合に続き韓国王者に連敗を喫した。

 試合は序盤に動いた。前半12分、DF森脇が右サイドでMFリカルド・ロペスにボールを奪われると、そのままロペスに攻め込まれ先制点を許した。浦和は効果的なプレスがかけられず、相手攻撃陣に手を焼く展開に。

 0―1で迎えた後半3分にはロペスの鋭いピンポイントクロスに反応したFWキム・シヌクに頭で決められ追加点を許す。2点ビハインドとなったが、13分に森脇が右サイドのハーフウェーライン付近からアーリークロス。相手DFがクリアミスしたところを逃さず、FW興梠が右足でゴールを決めた。

 何とか追いつきたい浦和は終盤に猛攻を仕掛けるが追加点を決めることはできなかった。

 各組4チームで争う1次リーグは2位までが決勝トーナメントに進む。第5戦は5月7、8日に行われる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00000191-spnannex-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556106957

【サッカー】ルヴァン杯第4節 長崎×札幌、仙台×鳥栖、FC東京×柏、大分×名古、清水×松本、G大×磐田、横M×湘南、C大×神戸

1 名前:久太郎 ★:2019/04/24(水) 21:30:32.84 ID:EkEwtCkQ9.net
長崎 3-6 札幌
[得点者]
05'鈴木 武蔵 (札幌)PK
39'オウンゴール(札幌)
43'イ ジョンホ(長崎)PK
44'福森 晃斗 (札幌)
48'鈴木 武蔵 (札幌)
49'早坂 良太 (札幌)
62'畑 潤基  (長崎)
74'キム ミンテ(札幌)
79'吉岡 雅和 (長崎)

スタジアム:トランスコスモススタジアム長崎
入場者数:3,552人
https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2019/042405/live/#live


仙台 1-1 鳥栖
[得点者]
43'趙 東建(鳥栖)
58'長沢 駿(仙台)

スタジアム:ユアテックスタジアム仙台
入場者数:6,630人
https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2019/042407/live/#live


FC東京 2-0 柏
[得点者]
50'ナ サンホ      (FC東京)
89'ディエゴ オリヴェイラ(FC東京)

スタジアム:NACK5スタジアム大宮
入場者数:3,524人
https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2019/042408/live/#live


大分 2-2 名古屋
[得点者]
24'金井 貢史(名古屋)
45'三平 和司(大分)
48'後藤 優介(大分)
83'赤﨑 秀平(名古屋)
スタジアム:昭和電工ドーム大分
入場者数:4,322人
https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2019/042409/live/#live

清水 2-2 松本
[得点者]
21'溝渕 雄志 (松本)
23'エドゥアルド(松本)
43'滝 裕太  (清水)
45+3'楠神 順平(清水)

スタジアム:IAIスタジアム日本平
入場者数:4,523人
https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2019/042411/live/#live

G大阪 4-1 磐田
[得点者]
10'ファン ウィジョ(G大阪)
12'田中 達也   (G大阪)
61'上原 力也   (磐田)
79'食野 亮太郎  (G大阪)
90+2'中村 敬斗  (G大阪)

スタジアム:パナソニック スタジアム 吹田
入場者数:7,006人
https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2019/042412/live/#live


横浜FM 1-0 湘南
[得点者]
41'大津 祐樹(横浜)PK

スタジアム:ニッパツ三ツ沢球技場
入場者数:5,099人
https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2019/042406/live/#live


C大阪 1-0 神戸
[得点者]
22'田中 亜土夢(C大阪)

スタジアム:ヤンマースタジアム長居
入場者数:9,422人
https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2019/042410/live/#live

ルヴァン杯
https://www.jleague.jp/standings/leaguecup/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556109032

【サッカー】鹿島、慶南に敗れ今大会初黒星 元福岡・邦本に決勝ゴール許す

1 名前:久太郎 ★:2019/04/24(水) 20:53:57.03 ID:EkEwtCkQ9.net
◇ACL1次リーグ第4節 鹿島0―1慶南(2019年4月24日 カシマ)

 サッカーのアジア・チャンピオンズ・リーグ(ACL)は24日、1次リーグ第4節が行われ、E組の鹿島はホームで慶南(韓国)と対戦。慶南に所属する浦和ユース出身で元福岡のMF邦本宜裕(21)に決勝ゴールを決められ、0―1で敗れた。

 前節はアウェーで慶南に劇的な逆転勝利を収めた鹿島。この日は最終ラインの一角に高卒ルーキーのDF関川を起用。18歳の関川はこれがプロデビュー戦となった。

 前半立ち上がりこそ慶南のロングボールに手を焼いたが、次第に鹿島のペースに。しかし、ラストパスの精度を欠いて決定機はつくれず、0―0で前半を折り返した。

 後半も鹿島優勢で試合は進んだが、18分にまさかの失点。右サイドからのクロスに飛び出したGKクォン・スンテがボールに触れず、ファーサイドの邦本にダイレクトで合わせられた。

 MF安部、FW伊藤らを投入して逆転を狙うが、最後まで得点は奪えず0―1のまま試合終了。勝てば1次リーグ突破王手となる一戦だったが、初出場の慶南に大会初白星を献上した。

 次節は5月8日、アウェーでジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)と対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00000190-spnannex-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556106837

【サッカー】J1第8節夕 清水×C大阪、鹿島×仙台 結果

1 名前:久太郎 ★:2019/04/20(土) 16:58:56.00 ID:EOX+EgIH9.net
清水 1-0 C大阪
[得点者]
82'北川 航也(清水)

スタジアム:IAIスタジアム日本平
入場者数:11,028人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/042004/live/#live


鹿島 1-0 仙台
[得点者]
66'犬飼 智也(鹿島)

スタジアム:県立カシマサッカースタジアム
入場者数:16,844人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/042006/live/#live

J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555747136

【サッカー】ユーヴェ、セリエA記録更新の史上初8連覇! 5試合残して最速タイで優勝

1 名前:豆次郎 ★:2019/04/21(日) 03:00:16.75 ID:v6HtUs049.net
4/21(日) 2:51配信
ユーヴェ、セリエA記録更新の史上初8連覇! 5試合残して最速タイで優勝

 セリエA第33節が21日に行われ、ユヴェントスとフィオレンティーナが対戦。2-1でユヴェントスはホームで勝利を収めて、セリエA記録更新となる8連覇を達成した。

 ユヴェントスは勝ち点「84」で首位に位置し、この試合で引き分け以上を果たせば優勝が決まる。しかし、チャンピオンズリーグのアヤックス戦2試合とセリエA第32節のSPAL戦の直近3試合で勝利を挙げることができていない。一方のフィオレンティーナは前節、ボローニャ戦でスコアレスドロー。勝ち点「40」で10位につけている。

 試合は6分にフィオレンティーナが先制する。ニコラ・ミレンコヴィッチがペナルティエリア右でフリーになっていたフェデリコ・キエーザにスルーパスを送ると、キエーザはワンタッチでゴール前に折り返す。GKヴォイチェフ・シュチェスニーがボールを弾くが、こぼれ球をミレンコヴィッチが押し込み、フィオレンティーナが先制に成功した。

 果敢に攻めるフィオレンティーナは11分にはカウンターを起点にキエーザが縦にドリブルで持ち上がると右サイドのケヴィン・ミララスにパス。ミララスはミドルシュートを放つが枠をとらえられない。

 20分、再びカウンターからジョバンニ・シメオネとキエーザが前線に走ると、シメオネがゴール前のキエーザにクロス。しかし、レオナルド・ボヌッチが止める。

 追いつきたいユヴェントスは21分、カンセロからベルナルデスキに渡り、ベルナルデスキが仕掛けてシュートを放つと相手選手に当たりわずかに枠の右に逸れる。

 25分、ミララスのグラウンダー性のクロスにシメオネが左足で押し込む。2点目かと思われたが、オフサイド判定となり追加点とはならない。

 ユヴェントスは37分に右CKを獲得。キッカーのミラレム・ピアニッチがクロスを供給するとアレックス・サンドロが飛び込んでヘディングで合わせる。このシュートはゴール右に流れ込み、ユヴェントスは同点に追いついた。

 43分、キエーザがペナルティエリア外からミドルシュートを放つとクロスバーに直撃。跳ね返ったボールは枠内にわずかに入らず追加点とはならない。

 後半に入り、53分に試合が動く。クリスティアーノ・ロナウドが右サイドを突破すると、ベルナルデスキを狙ってゴール前に折り返す。ボールはフィオレンティーナDFヘルマン・ペッセージャに当たってゴールに吸い込まれ、ユヴェントスは逆転に成功した。

 64分、エムレ・ジャンが高い位置でボールを奪取するとゴール前にクロスを入れ、ボヌッチからC・ロナウドに渡ると、C・ロナウドがそのままシュート。相手DFに当たり、こぼれ球をピアニッチがミドルシュートで狙うがGKに弾かれる。

 65分にユヴェントスはピアニッチに代えてロドリゴ・ベンタンクールを投入。フィオレンティーナはこの日1ゴールを挙げているキエーザを下げた。

 追いつきたいユヴェントスは89分、ブライアン・ダボが右サイドからシュートを放つがシュチェスニーがキャッチ。ユヴェントスは試合終了間際の猛攻を守り切る。

 このまま試合は終了してユヴェントスは2-1でフィオレンティーナに逆転勝利を果たした。

 この結果、ユヴェントスのセリエA優勝が決定して、前人未到の8連覇を達成。5試合を残して最速タイでの優勝となった。

【スコア】
ユヴェントス 2-1 フィオレンティーナ

【得点者】
6分 0-1 ニコラ・ミレンコヴィッチ(フィオレンティーナ)
37分 1-1 アレックス・サンドロ(ユヴェントス)
53分 2-1 オウンゴール(ユヴェントス)

【スターティングメンバー】
ユヴェントス(4-3-3)
シュチェスニー;A・サンドロ、ボヌッチ、ルガーニ、カンセロ;マテュイディ、ピアニッチ(65分 ベンタンクール)、ジャン;ベルナルデスキ(74分 キーン)、C・ロナウド、クアドラード

フィオレンティーナ(4-3-3)
ラフォン;ハンツコ、チェッケリーニ、ペッセージェ、ミレンコヴィッチ;B・ダボ、ヴェルトゥ、ベナッシ(73分 ジェルソン);キエーザ(65分 ムリエル)、シメオネ、ミララス

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-00930087-soccerk-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190421-00930087-soccerk-000-2-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555783216

【サッカー】C・ロナウド、クラブに6選手の獲得を進言!?イスコや”ネクストロナウド”の名前も…

1 名前:久太郎 ★:2019/04/24(水) 18:14:52.91 ID:EkEwtCkQ9.net
イタリア・セリエAのユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが同クラブに、獲得してほしい選手の候補6名をリストアップして提出したようだ。スペイン『アス』などが現地時間の23日に報じた。

現地時間の20日にセリエA第33節の試合が行われ、ユベントスはフィオレンティーナと対戦し2-1の勝利をおさめた。これにより、ユベントスはセリエAで8連覇を達成。そして、ロナウドはイングランドとスペイン、イタリアの異なる三ヶ国のリーグで優勝を果たした史上初の選手となった。

 同メディアによると、ロナウドは契約満了となる2022年までユベントスに残留することを示唆し、さらに同選手がユベントスに対して、6選手の獲得を進言していると報じられている。

 古巣レアル・マドリーからはフランス代表DFラファエル・ヴァランとスペイン代表MFイスコの二人。その他にはローマDFコスタス・マノラス、リヨンMFタンギ・エンドンベレ、フィオレンティーナFWフェデリコ・キエーザである。そして、ベンフィカに所属する18歳のU-21ポルトガル代表FWジョアン・フェリックスの名前も挙げたようだ。フェリックスは”ネクストロナウド”呼ばれる逸材である。

 果たして、ユベントスはこの6選手の中から選手を獲得することになるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190424-00318903-footballc-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556097292
スポンサーリンク
インフォメーション

はてブ数: はてなブックマーク数

このブログについて

相互リンク・RSS募集中です(^ω^)
詳しくは、上記の「このブログについて」を参照してください。


ご要望も随時対応致します。
気軽にお願いします(`・ω・´)
(削除依頼・デザイン・まとめ方 etc..)
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
  • ライブドアブログ