ヘッドライン

【サッカー】UEFA-CL第6節 インテル×バルセロナ、ドルトムント×プラハ、チェルシー×リール、アヤックス×バレンシア等

1 名前:久太郎 ★:2019/12/11(水) 06:57:50 ID:ekAsYpDw9.net
グループF
ドルトムント 2-1 スラビア・プラハ
[得点者]
ジェイドン・サンチョ(前半10分)ドルトムント
トマシュ・ソウチェク(前半43分)スラビア・プラハ
ユリアン・ブランド (後半16分)ドルトムント
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083152


インテル 1-2 バルセロナ
[得点者]
カルレス・ペレス(前半23分)バルセロナ
ロメル・ルカク (前半44分)インテル
アンス・ファティ (後半41分)バルセロナ
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083153


グループG
ベンフィカ 3-0 ゼニト
[得点者]
フランコ・セルビ   (後半02分)ベンフィカ
ルイス・フェルナンデス(後半13分)ベンフィカ
オウンゴール     (後半35分)ベンフィカ
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083163

リヨン 2-2 ライプツィヒ
[得点者]
エミル・フォルスベルグ(前半09分)ライプツィヒ
ティモ・ヴェルナー  (前半33分)ライプツィヒ
ホッセム・オーアル  (後半05分)リヨン
メンフィス・デパイ  (後半37分)リヨン
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083164


グループH
チェルシー 2-1 リール
[得点者]
タミー・アブラハム  (前半19分)チェルシー
セサル・アスピリクエタ(前半35分)チェルシー
ロイク・レミー    (後半33分)リール
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083080


アヤックス 0-1 バレンシア
[得点者]
ダニエル・パレホ(前半24分)バレンシア
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083081

CL順位表
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/uefa/standings/41

UEFA-CL第6節 結果
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/schedule/41


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1576015070

【サッカー】<E-1サッカー選手権>中国代表DFの殺人キックを自国メディアも非難!「非常に危険」「少林カンフー」

1 名前:Egg ★:2019/12/10(火) 22:38:07.26 ID:Ok4fIVP+9.net
【日本 2-1 中国 EAFF E-1サッカー選手権】

 EAFF E-1サッカー選手権・韓国大会の日本代表対中国代表戦が10日に行われ、日本が2-1で勝利を収めた。この試合で中国代表選手が見せた危険なプレーに対し、中国のメディアも批判を繰り出している。

 前半31分、タッチライン際でのハイボールに対する競り合いの場面で、中国代表DFジャン・ジーポンが高く上げた左足が日本代表MF橋岡大樹の頭部を直撃。橋岡はピッチに倒れ込み、ジャン・ジーポンに対してはイエローカードが提示された。幸い大事には至らず橋岡はプレーを続行したが、大事故にも繋がりかねない危険行為だった。

 中国『新浪体育』ではSNS『微博』の公式アカウントでこの場面の動画を投稿。「審判は慈悲深く、イエローカードだけで済んだ」とコメントを添え、レッドカードが出てもおかしくなかったという見解を示した。

 同メディアのウェブサイト記事でも「ジャン・ジーポンがレッドカードを逃れる」と問題のプレーおよび判定に言及。その場面の動画に対して「ジャン・ジーポン少林カンフー」とキャプションも添えている。

『東方日報』マカオ版でも、「頭への飛び蹴りでイエローカードのみ」とマッチレポートの記事タイトル内で中国のラフプレーについて強調。「非常に危険なプレーだったがイエローカードしか出なかった」と述べている。

12/10(火) 22:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191210-00352335-footballc-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191210-00352335-footballc-000-2-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575985087

【女子サッカー】 下山田選手が訴え 「性の多様性知って。 私には彼女がいます」

1 名前:影のたけし軍団ρ ★:2019/12/10(火) 18:01:27 ID:GC+iiW3J9.net
2020年東京五輪・パラリンピックを前に、性の多様性について理解を深めてほしいと、
性的少数者(LGBT)であることを公表している女子サッカーの下山田志帆選手(24)が10日、
東京・渋谷の小中一貫校「渋谷本町学園」を訪れ、中学生に「人はみんな違いがある。違いを当たり前に受け入れる社会にしてほしい」と訴えた。

ドイツのチームでプレーしていた下山田選手は2月にカミングアウトし、今夏帰国した。生徒を前に「私には彼女がいます。
公表したおかげで家族やチームメートと、うそ偽りなくコミュニケーションができ、生きやすくなった」と話した。
https://www.daily.co.jp/society/human_interest/2019/12/10/0012948808.shtml


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575968487

【サッカー】<初タイトル目指す森保ジャパン>E-1中国戦のスタメン発表

1 名前:Egg ★:2019/12/10(火) 18:28:52.34 ID:Ok4fIVP+9.net
日本サッカー協会(JFA)は10日、EAFF・E-1サッカー選手権2019の第1節・中国代表戦に臨む日本代表のスターティングメンバーを発表した。

【試合データ】中国 vs 日本/E-1選手権第1節

 10日に開幕したE-1選手権で3大会ぶりの優勝を目指す日本は、中国との初戦を皮切りに14日に香港、18日韓国と対戦する。同大会はIMD(インターナショナルマッチデー)期間ではないため、招集の拘束力がなくメンバーは23人すべてが国内組で構成。A代表組は9人、東京五輪世代からは14人が選出された。

 森保一監督はメンバー発表の会見で「アジアで確実に勝つ力をつける」こと、「選手層を厚くする」ことを強調。そのうえで「勝利にこだわることを実践していきたい」と優勝を見据えていた。

 注目の先発には、今大会で10番を着ける仲川輝人がメンバー入り。今季のJ1で15ゴールを挙げて横浜F・マリノスを15年ぶりのリーグ優勝に導いただけでなく、今季のJリーグMVPと得点王を獲得。“ハマの韋駄天”がついに代表デビューを果たしている。

 また、その他にはコパ・アメリカ以来のA代表選出となった大迫敬介や上田綺世もスタメン入り。戦前の予想通り3バックでスタートするものと見られる。

 中国戦は19時30分にキックオフされる。

【日本代表 先発メンバー】
▽GK
1 中村航輔(柏レイソル)

▽DF
4 畠中槙之輔(横浜F・マリノス)
5 三浦弦太(ガンバ大阪)
19 佐々木翔(サンフレッチェ広島)

▽MF
7 遠藤渓太(横浜F・マリノス)
8 井手口陽介(ガンバ大阪)
9 鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)
14 森島司(サンフレッチェ広島)
18 橋本拳人(FC東京)
22 橋岡大樹(浦和レッズ)

▽FW
13 上田綺世(鹿島アントラーズ)

監督:森保一

【日本代表 控えメンバー】
▽GK
12 小島亨介(大分トリニータ)
23 大迫敬介(サンフレッチェ広島)

▽DF
2 菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)
15 渡辺剛(FC東京)
21 古賀太陽(柏レイソル)

▽MF
3 田中駿汰(大阪体育大)
6 大島僚太(川崎フロンターレ)
10 仲川輝人(横浜F・マリノス)
16 相馬勇紀(鹿島アントラーズ)
17 田中碧(川崎フロンターレ)

▽FW
11 田川亨介(FC東京)
20 小川航基(水戸ホーリーホック)


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575970132

【サッカー】<Jリーグを拮抗させた3つの要因は?>DAZNマネー、外国籍助っ人の存在、明暗分かれた監督人事..

1 名前:Egg ★:2019/12/13(金) 12:45:32.86 ID:HK2SFkdj9.net
横浜F・マリノスの優勝で幕を閉じた2019シーズンの明治安田生命J1リーグ。今季は昨年以上に優勝と残留の争いが激化し、最終節まで手に汗握る攻防が繰り広げられた。かつては勢力図がくっきり分かれていたが、近年では上位と下位の差が縮まる混戦模様となっている。なぜ、Jリーグは拮抗し始めたのか。スポーツライターの藤江直人氏はその理由として3つのポイントを挙げている。

継続路線を貫くクラブの躍進

最終節の全9会場に詰めかけた観客数は、27年目を迎えたJリーグの歴史上で2番目に多い25万8915人に達した。横浜F・マリノスの15年ぶりとなる優勝で幕を閉じた2019シーズンの明治安田生命J1リーグは、覇権および残留を争う戦いがさらに拮抗し、多くのファン・サポーターの関心を引き寄せた。

 首位のマリノスを勝ち点3差で追う、2位・FC東京との直接対決となった日産スタジアムには6万3854人が集結。Jリーグの主催試合では歴代最多となるファン・サポーターが、2006シーズンの浦和レッズvsガンバ大阪以来となる、最終節での頂上決戦に熱い視線を送った。

 今シーズンは序盤戦からFC東京が首位を快走するも、中盤戦から鹿島アントラーズとマリノスが猛追を開始。一時はアントラーズが奪首するスリリングな展開から、2節を残した土壇場で初めて首位に浮上したマリノスが、怒涛の7連勝と勢いをさらに加速させてフィニッシュした。

 一方で残留争いに目を向ければ、最終節を迎えた段階で清水エスパルス、名古屋グランパス、浦和レッズ、サガン鳥栖、湘南ベルマーレの5チームが、J1参入プレーオフに回る16位になる可能性を残していた。最終的には試合終了間際に痛恨の失点を喫したベルマーレが、16位になっている。

 優勝争いと残留争いで二極化した大混戦を注視すると、ある共通点を見出すことができる。前者ではマリノスのアンジェ・ポステコグルー監督が、FC東京は長谷川健太監督がともに昨シーズンから指揮を執り、ブレないスタイルのもとで戦ってきた。アントラーズは黎明期から“ジーコ・スピリット”という普遍的な土台の上に、時々の監督が彩りを加える戦い方を一貫して変えていない。

 ひるがえって後者を強いられた5チームは、いずれもシーズン途中で監督が交代している。最終節を残してJ2への自動降格が決まり、クラブ史上初の最下位でシーズンを終えたジュビロ磐田に至っては、監督代行を含めて実に4人の指揮官が采配を振るっている。

 シーズンは9カ月あまりにおよぶ長丁場だが、試合数そのものは34試合。一度リズムを崩せば建て直す作業が容易ではない現実が残留争いには反映され、逆に考えればフロントやファン・サポーターを含めた、クラブに関わる全員が共有できる哲学やイズムの有無が順位を左右することがわかる。

 昇格したシーズンで大分トリニータを9位に躍進させ、8日のJリーグアウォーズでJ1優秀監督賞を受賞した片野坂知宏監督は2016シーズンから指揮を執っている。JリーグYBCルヴァンカップ決勝で惜しくもクラブ史上における初タイトルを逃した北海道コンサドーレ札幌も、ミシャの愛称で知られるミハイロ・ペトロヴィッチ監督のもとで、新たな道を踏み出してから2年目になる。

12/13(金) 12:34配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191213-00010018-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1576208732

【サッカー】<南野拓実獲得を進言したのは選手たち!>リヴァプール、セレッソ大阪時代から注目していた日本代表FWを1月獲得へ

1 名前:Egg ★:2019/12/13(金) 12:30:14.06 ID:HK2SFkdj9.net
複数ビッグクラブ注目も、リヴァプールは確信
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191213-00010007-goal-000-2-view.jpg

リヴァプールからの関心が明らかとなった日本代表FW南野拓実だが、ユルゲン・クロップ監督に獲得を進言したのは選手たちだったようだ。『Goal』の取材で明らかとなった。

【動画】南野拓実がリヴァプール戦で見せた華麗なヒールパス!

10月2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節のリヴァプール戦で豪快なボレーシュートを叩き込んだだけでなく、今月10日の最終節でも好パフォーマンスを披露した南野。今シーズンはここまで公式戦22試合9ゴール11アシストと、好調を継続している。

そんな南野に対し、この度リヴァプールが関心を持っていることが『Goal』の取材で明らかになったが、クロップ監督やクラブ上層部へ獲得を進言したのは選手たちだったようだ。そして、スポーツ・ディレクターを務めるマイケル・エドワーズ氏や指揮官自身も南野のエネルギーや動き、スキル、多彩さに惹かれており、契約解除金725万ポンド(約10億4000万円)を支払っての来年1月の獲得を確信しているとのことだ。

なおクラブ間交渉は先月から加速しており、個人条件面やメディカルチェックは問題ない模様。1月1日の移籍市場開幕に合わせて、リヴァプールは取引が完了すると信じているという。今夏の移籍市場では最小限の補強に留まっていたものの“適切な時期に、適切な価格で、適切なプレイヤー”を虎視眈々と選定したが、それが日本代表アタッカーとなった。

その一方で、南野へは数多くのビッグクラブも関心を示していることがわかっている。

マンチェスター・ユナイテッドは、トップターゲットであるレスターMFジェイムズ・マディソンの獲得に失敗した場合、セカンドオプションとして南野の動向を追っている模様。またミランは、視察のために10日のザルツブルクvsリヴァプールにスカウトを派遣している。その他、ブンデスリーガ首位を走るボルシアMG、ドルトムントも興味を抱いていることが確認された。

それでも、リヴァプール側は争奪戦の勝利を確信している。まだ南野がセレッソ大阪でプレーしていた2013年から注目しており、1月の獲得は“完璧な取引”になると見込んでいるようだ。

オーストリアで着実に実力をつけ、日本代表でも欠かせぬ存在となった南野。そして、現欧州王者にしてプレミアリーグ首位を独走するメガクラブへのステップアップが近づいている。

12/13(金) 7:08配信GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191213-00010007-goal-socc

【サッカー】<複数の英メディア>リバプール、南野拓実を来年1月獲得合意と報道!移籍金10.4億円。ザルツブルクSDクラブ間交渉認める★5
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1576183700/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1576207814

【サッカー】<ズバッと言わせてもらう!>「急造の森保J 代表初ゴールの鈴木武蔵に大迫勇也の代役は務まらない」

1 名前:Egg ★:2019/12/13(金) 06:11:03.85 ID:78qnRKp/9.net
東アジアE―1選手権が、韓国・釜山で開幕したね。森保ジャパンは初戦、中国と対戦して2―1で勝利した。今季のJリーグが閉幕したばかりだし、22歳以下の東京五輪世代も多く、初招集選手も少なくない。守備陣は不慣れな3DFで戦った……など総合的に考えると<逃げ切った>ことを褒めてあげたい。

 急造チームなので連係面をとやかく言っても始まらない。だからといって個々の選手が、自分のやりたいようにプレーしていては、勝てる試合も勝てなくなってしまう。

 試合を通して感じたのは、井手口と橋本のボランチが、攻守にハードワークしてくれたこと。なかなか上手にゲームをコントロールしていた。あとDFラインの中心を担った三浦。彼もきちんと評価しないといけない。

 他守備陣を統率しながら前に、前に、という意識が伝わってきた。受け身ではなく、積極的な守備が1失点に封じ込んだと言っていいんじゃないかな。三浦はCKからのボールをヘディングでゴールしているし、攻守に大きくアピールした。

日刊ゲンダイ 19/12/13 06:00
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/266120


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1576185063

【サッカー】日本が中国に2-1で勝利!鈴木武蔵と三浦弦太が揃って代表初ゴール E-1サッカー選手権

1 名前:豆次郎 ★:2019/12/10(火) 21:21:54 ID:rHcpwbnz9.net
東アジア最強決定戦
EAFF E-1サッカー選手権

2019/12/10(火)19:30
釜山九徳スタジアム



日本 vs 中国

https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/score/2019121001


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575980514

【サッカー】コンサドーレ札幌 全選手に契約延長提示…クラブ史上初、幹部「チームが着実に成長」

1 名前:砂漠のマスカレード ★:2019/12/13(金) 07:17:06.77 ID:2diI0UmA9.net
J1北海道コンサドーレ札幌が、1996年の設立以来24年目で初めて全選手に来季契約を提示することが12日、確定した。
13日で今季所属する24人との契約更改交渉が終了し、全員に契約延長を申し入れる。

契約満了者なしという初の状況にクラブ幹部は「鹿島や川崎などにはまだ達していないかもしれないが、それだけ全体のレベル差が縮まってきた証し。
チームとしてうれしい事」と喜んだ。

昨季から指揮を執るミハイロ・ペトロヴィッチ監督(62)が「最高のメンバー」と称した今季。
3年目の飛躍には全員の力が必要と判断し、契約継続を決めた。
同幹部は「これまではここが足りないと何人かを変える必要があったが、それがなくなったのはチームが着実に成長して来ているという事」と話した。

来季は日本代表に選出された大体大DF田中駿汰(22)ら3人の大卒選手が加入することもあり、クラブは12日時点で補強を考えていない。
まずは現有戦力の確保に力を注ぎ、動きが生じた場合のみ、新戦力獲得の検討に入る。
ACL出場を目指す来季は、1年間同じ方向を向いて戦ってきたメンバーの結束力を更に固め、躍進につなげる年とする。(砂田 秀人)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191213-12120214-sph-socc
12/13(金) 7:00配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1576189026

【サッカー】「恐怖の少林サッカー」「中国はいつも暴力的だ!」韓国メディアが“韓中戦”を前に敵チームを辛辣批評!

1 名前:ぜかきゆ ★:2019/12/13(金) 05:16:15 ID:IAnq/xIF9.net
日本戦を前に負けられない。それでも勝利より大事なのは──

 誰もが驚いたショッキングなラフプレーが、いまだ波紋を広げている。

 現地火曜日に韓国・釜山で行なわれたE-1東アジア選手権、日本対中国の一戦。試合は2-0で森保ジャパンが勝利したが、31分に起こったアクシデントに非難が集中している。ロングボールに対して空中で競り合ったのは、橋岡大樹とジャン・ジーポン。ヘディングで試みた前者に対して、後者は高く飛び上がって足を振り上げ、なんとそれが橋岡の後頭部を激しく蹴り込んでしまう。

 一発レッドが必至の危険なファウルだったが、主審はイエローカードを提示したのみ。幸いにも橋岡がその後プレーを続行して大事には至らなかったものの、日本のみならず中国国内のメディアやファンからも痛烈なバッシングを食らう結果となった。

 そんななか、中国の次の対戦相手である韓国からは、代表選手たちの安全を危惧する声が上がった。スポーツメディア『Sportal Korea』は「恐怖の少林サッカーがパウロ・ベントの戦士たちに襲い掛かる」と題し、次のように論じている。

「大会3連覇を狙う韓国にとって、最終戦(12月18日)の日本戦を前に黒星は許されない。だが、勝利よりも優先されるべきは、選手たちの身の安全だ。中国代表が日本戦で見せたラフプレーには恐怖さえ感じた。タックルはボールではなく相手の足首をターゲットにし、ジャン・ジーポンは橋岡の後頭部に殺人キックをお見舞いしたのである。思い返せば、彼ら中国代表はいつも暴力的だった。1998年のフランス・ワールドカップ前の韓中戦でファン・ソンホンが彼らに潰され、本大会でプレーできなかった一件など、枚挙に暇がない。韓国の選手たちの怪我が、本当に心配だ」

 さらに、当事者のジャン・ジーポンとリ・ティエ監督が口を揃えて「故意ではなかった」「先にこちらがボールに触った」「橋岡の頭がこちらに当たってきた」などと発言した点を糾弾。「みずからの過失を認めない。だから彼らはいつも同じことを繰り返すのだ」と叩いた。

 それでも同メディアは「ベント監督のスカウティングは一流。なにかしらの対策を講じるだろう」と期待を寄せ、「(中国は)闇雲なロングボールを放り込んでくるだろうが、韓国は屈しない。軽くひとひねりしてくれるはずだ」と予測した。

 E-1東アジア選手権の第2戦は、土曜日に日本vs香港戦が、日曜日に韓国vs中国戦が開催される予定だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部 12/13(金) 5:08配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191213-00010001-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1576181775
スポンサーリンク
インフォメーション

はてブ数: はてなブックマーク数

このブログについて

相互リンク・RSS募集中です(^ω^)
詳しくは、上記の「このブログについて」を参照してください。


ご要望も随時対応致します。
気軽にお願いします(`・ω・´)
(削除依頼・デザイン・まとめ方 etc..)
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
  • ライブドアブログ