ヘッドライン

<日本の教育は世界一>…鹿島アントラーズMFレアンドロ、母国メディアに残留希望を明かす

1 名前:Egg ★:2017/11/21(火) 22:57:46.94 ID:CAP_USER9.net

鹿島アントラーズに所属するMFレアンドロが、母国ブラジルメディア『グローボ』の電話インタビューに応じている。

 今季から鹿島でプレーするレアンドロは序盤戦こそ出場機会がなかったものの、大岩剛監督の初陣となった明治安田生命J1リーグ第14節のサンフレッチェ広島戦で初の1試合2得点を記録。第26節のアルビレックス新潟戦では2点ビハインドの状況からハットトリックを達成し、勝利の立役者となった。ここまでJ1リーグ21試合に出場。得点ランキング8位の11得点を挙げている。

 レアンドロは「Jリーグで優勝してもしなくても、鹿島に残りたい。私も家族もここで幸せを感じているし、日本に適応できている。私の希望は鹿島に残ること」と残留を希望していることを明かした。その理由の一つとして、ピッチ外における日本の良さを語っている。

「日本の教育は世界一だ。日本人は素晴らしい教育を受けていて、盗難に会うこともないし、道でゴミを見つけることが難しい」

 最後にレアンドロは日本での生活について、「日本ではたくさんのことを学んでいる。日本人は常に笑顔で明るく、苦労をしながらも夢を追い求めているんだ。ここでの経験は人生の教訓となっている」と語り、充実ぶりをうかがわせた。

11/21(火) 17:05配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00671531-soccerk-socc

写真
20171121-00671531-soccerk-000-1-view


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1511272666

<J1連覇が懸かる大一番…>鹿島アントラーズ、第33節・柏レイソル戦のチケット完売を発表!

1 名前:Egg ★:2017/11/20(月) 23:52:34.10 ID:CAP_USER9.net

鹿島アントラーズは20日、今月26日に行われる明治安田生命J1リーグ第33節・柏レイソル戦のチケットが、全席種完売となったことを発表した。

 鹿島と柏の一戦は、茨城県立カシマサッカースタジアムにて13時キックオフ予定。鹿島は20日、公式HPにて「当日券の販売もございませんので予めご了承ください」と伝えている。なお「『ホームタウンキッズパス』の受付は通常通り行います」とも発表されている。

 今季の明治安田生命J1リーグ第32節を終え、勝ち点「70」で首位を走る鹿島。柏戦で勝利を収めれば、最終節を前にJ1リーグ連覇が決まる。対する柏も勝ち点「58」で4位につけており、3位・セレッソ大阪とは2ポイント差だ。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権獲得圏内に入るべく、是が非でも勝利が欲しい一戦となる。

 鹿島のJ1連覇が懸かる大一番。満員のカシマで、どんな結末を迎えることになるだろうか。

11/20(月) 20:51配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00671263-soccerk-socc


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1511189554

岡崎得意のポジションなくなる…新監督の4-3-3に苦戦 IH起用「なるようになれ」

1 名前:動物園φ ★:2017/11/20(月) 11:54:15.43 ID:CAP_USER9.net

11/20(月) 6:01配信
スポニチアネックス

 ◇プレミアリーグ・第12節 レスター0―2マンチェスターC(2017年11月18日)

 2試合ぶりに先発落ちしたレスターのFW岡崎は後半38分からの出場で、ほとんどボールに触れなかった。10月就任のピュエル監督の下、新布陣4―3―3のインサイドハーフで起用され「なるようになれ、という感じ。使われたら、そこで何とかして結果を出す」と苦笑い。4―4―2で2トップの一角を占めていた岡崎のポジションがなくなり、18日付の地元紙レスターマーキュリーは「驚きの采配で、岡崎が犠牲になった」と報じた。

 10、11月と日本代表で選外。復帰にはクラブでの活躍が不可欠だが、現状は「前の3人(バーディー、マフレズ、グレー)は固定されている」と厳しい。ブラジル、ベルギー戦はテレビで観戦し「その場にいないことが腹立たしい。次に選ばれれば、これぞ日本という部分を自分も出せれば」と巻き返しを誓った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00000025-spnannex-socc


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1511146455

<“タイのメッシ”と岡崎の共演なるか?>北海道コンサドーレ札幌FWチャナティップにレスター電撃移籍急浮上!

1 名前:Egg ★:2017/11/20(月) 20:26:20.49 ID:CAP_USER9.net

レスターの会長を務めるタイ人実業家がチャナティップ獲得の意思を表明と報道
 
J1北海道コンサドーレ札幌のタイ代表FWチャナティップ・ソングラシンがFW岡崎慎司の所属するレスター・シティに電撃移籍する可能性が急浮上している。タイメディア「SMM」など複数のメディアが一斉に報じた。

「タイのメッシ」の愛称を持つ24歳のチャナティップは、7月にタイ強豪ムアントンから札幌にレンタル移籍を果たし、ここまで17試合2得点という結果を残している。

Jリーグでも通用するパフォーマンスを見せているチャナティップに対して、タイ人実業家のヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ氏が会長を務めるレスターが獲得の意思を表明していると報じられている。

タイサッカー界の象徴になっているチャナティップだが、プレミアリーグ移籍の場合、英国内務省の厳しい労働ビザ取得というハードルが待ち受けている。

2015-16シーズンにプレミア制覇を果たした“奇跡の軍団”レスターで、タイのメッシと岡崎の共演は実現するのだろうか。

11/20(月) 19:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171120-00010015-soccermzw-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171120-00010015-soccermzw-000-view.jpg


【サッカー】<北海道コンサドーレ札幌>16年ぶり残留!“エレベータークラブ”とやゆ J1定着へ来季総予算30億円に
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1511171942/


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1511177180

<北海道コンサドーレ札幌>16年ぶり残留!“エレベータークラブ”とやゆ J1定着へ来季総予算30億円に

1 名前:Egg ★:2017/11/20(月) 18:59:02.98 ID:CAP_USER9.net

◆明治安田生命J1リーグ 第32節 清水0―2札幌(18日・IAIスタジアム日本平)

北海道コンサドーレ札幌が2001年以来、16年ぶり2度目のJ1残留を決めた。敵地での清水戦はFWジェイ(35)が2得点を挙げ、2―0で勝利。
2試合を残し、残留圏の14位以上が確定した。

J史上最速で4度目の降格を喫した12年のオフにOBの野々村芳和社長(45)が就任して以降、J1で戦えるクラブに変わるべく、改革を重ねてきた。
来季は、過去最高の予算30億円規模で戦う。かねてから目指してきた「J1定着」へ、札幌が次なる一歩を踏み出す。

長かった負の歴史に終止符が打たれた。札幌は清水に2―0で快勝し、2試合を残して16年ぶりにJ1残留を決めた。
選手たちは抱き合い、敵地に駆けつけた約2000人のサポーターは絶叫し、喜びを爆発させた。
四方田修平監督(44)は「選手はもちろん、サポーター、チームを支えてくれた全ての人の力でつかんだ結果」とあふれる思いを言葉にした。

5年間かけて階段を上ってきた。J最多タイの4度目のJ2降格を喫した12年、チームはどん底にいた。
翌13年の強化費の予算は今季の1/4にも満たない2億円強にとどまり、主力選手を相次いで手放した。

苦境を脱するべく13年春に、2001年のJ1時代に主将を務めたOBの野々村社長が就任し、スポンサー集めに尽力。
強化費を約3億円まで増額できたことで、今季主将の宮沢らを何とか引き留めることが出来た。

「J1定着のためには経営の安定が必要」(野々村社長)。資金力を上げるため、様々な取り組みを行った。
13年には東南アジアから初のJリーガーとなるベトナム代表FWレ・コン・ビンが加入。アジアでの認知度を高め、スポンサーの出資を募った。
14年には元日本代表MF小野の獲得に成功。サッカーへの興味が薄い人々の関心を集め、観客動員の増加につなげた。

強化費は年々上がり、今季は約11億円に達し、過去何度も味わってきた主力の流出を阻止。
昨季のJ2優勝を飾ったメンバーを軸に、夏にはFWジェイ、MFチャナティップ、石川と課題のポジションにピンポイントで補強した。
四方田監督が「新たに来た選手を中心に一回りサッカーのレベルを上げる事が出来た」と、シーズン中でも進化を遂げられるクラブになれたことで結果につながった。

来季はクラブ史上初めて、総予算30億円の規模を見込んでいる。強化費は3億円以上上積む14億円超の見通しで、クラブの最大目標「J1定着」を実現できるだけの態勢は整う。
J1に上がってはJ2落ちを繰り返し“エレベータークラブ”とやゆもされてきた札幌。その汚名をぬぐい去る一歩が、2017年11月18日、踏み出された。(砂田 秀人)

2017年11月19日6時0分 スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20171118-OHT1T50186.html

写真
http://www.hochi.co.jp/photo/20171118/20171118-OHT1I50134-N.jpg


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1511171942

第96回全国高校サッカー選手権大会 組み合わせ決定! 連覇狙う青森山田は草津東と激突、開幕戦は関東第一vs佐賀

1 名前:れいおφ ★:2017/11/20(月) 16:57:47.25 ID:CAP_USER9.net

20日、平成29年度第96回全国高等学校サッカー選手権大会の組み合わせ抽選会が行われた。

開会式と開幕戦は12月30日(土)に駒澤陸上競技場で開催予定。関東第一と佐賀東の対戦で、大会がスタートする。
前回大会を制した青森山田(青森)は、草津東と初戦で激突。大会連覇へ向けた大事な1試合目に、注目が集まる。
なお、開会式での選手宣誓は青森山田・小山内慎一郎主将に決定。2年連続での選手宣誓は史上初となった。

決勝戦は2018年1月8日(月・祝)に埼玉スタジアム2002で行われる。

組み合わせは以下の通り。

■1回戦(12月30日、31日)
【愛知】中京大中京 vs 【長崎】長崎総科大附
【静岡】清水桜が丘 vs 【山口】高川学園
【福井】北陸 vs【宮崎】日章学園
【東京B】関東第一 vs 【佐賀】佐賀東
【新潟】日本文理 vs 【島根】立正大淞南
【北海道】旭川実 vs 【沖縄】宜野湾
【秋田】秋田商 vs 【鹿児島】神村学園
【埼玉】昌平 vs 【広島】広島皆実
【茨城】明秀日立 vs 【高知】高知西
【石川】星稜 vs 【愛媛】松山工
【東京A】実践学園 vs 【兵庫】滝川第二
【岐阜】帝京大可児 vs 【徳島】徳島北
【山梨】山梨学院 vs 【鳥取】米子北
【宮城】仙台育英 vs 【香川】高松商
【富山】富山第一 vs 【熊本】東海大星翔
【福島】尚志 vs 【福岡】※東福岡 vs 筑陽の勝者(23日開催)

■2回戦(2017年1月2日)
【青森】青森山田 vs 【滋賀】草津東
【千葉】※流通経済大柏 vs 市立船橋の勝者(23日開催) vs【大分】大分西
【岩手】遠野 vs 【岡山】作陽
【三重】三重 vs 【栃木】矢板中央
【大阪】大阪桐蔭 vs 【山形】羽黒
【長野】上田西 vs 【京都】京都橘
【神奈川】※三浦学苑・桐光学園・桐蔭学園・湘南学院のいずれか(12月3日決定) vs 【奈良】一条
【和歌山】初芝橋本 vs【群馬】※前橋育英 vs 桐生第一の勝者(23日開催)


トーナメント表
http://pbs.twimg.com/media/DPD1Jn2VoAAN1kS.jpg


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00671060-soccerk-socc

選手権公式サイト
http://www.ntv.co.jp/soc/


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1511164667

アル・ヒラル戦でゴールを決めた浦和FWシルバのSNSにサウジアラビアから人種差別コメント相次ぐ

1 名前:れいおφ ★:2017/11/20(月) 16:50:52.41 ID:CAP_USER9.net

浦和レッズに所属するブラジル人FWラファエル・シルバのインスタグラムに、
人種差別的な意味を持つコメントが相次いで投稿されている。

現在は新たなコメントを書き込めなくなっているが、R・シルバが日本時間20日12時頃投稿した写真をはじめ、
最近の投稿に多くの「サルの絵文字」や「中指を立てる絵文字」「バナナ」「黒い足跡」など、
差別的と受け取れるコメントがついた。

それらを書き込んだアカウントを確認すると、プロフィール欄にサウジアラビア国旗が記載されていたり、
アイコン画像にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝の対戦相手アル・ヒラルのエンブレムを使用しているものが多数見られた。

これらの無数のコメントにR・シルバは、公開後24時間で消滅するインスタグラムの「ストーリー機能」を用いて自ら反論した。

「君たちは僕のことを呼びたいように呼ぶことができる。僕は黒人という尊厳があり、自分の肌の色に完全なる誇りを持っている。
僕を傷つけることはできないだろうし、このような低レベルな内容で僕を止めることはできない」

R・シルバの投稿には「低レベルな内容で…」との文章の下に、「サル」や「バナナ」などの絵文字が添えられていた。

サウジアラビアの地でアル・ヒラルに挑んだ浦和レッズは、ACL決勝の第1戦を1-1で終え、
アウェイゴールをホームに持ち帰って有利な状況で25日に第2戦を迎える。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171120-00242079-footballc-socc

関連スレ
【サッカー】西川耐えた! 執拗なレーザー妨害も1失点 浦和王者へ価値あるドロー
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1511151125/
【サッカー】<ACL決勝>0-8恥辱を忘れぬアル・ヒラル。打倒浦和レッズへ徹底したロビー活動...AFC会長への圧力...
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1510992665/
【サッカー】<ACL決勝>浦和レッズの対戦相手のアル・ヒラルが強気発言!「現在は西アジアの方がより強い」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1511003681/
【サッカー/ACL】浦和レッズ、貴重なアウェイゴール奪いドロー!10年ぶりアジア制覇へ一歩近づく★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1511065303/


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1511164252

<Jリーグ>「“秋春制”」への移行案を田嶋会長が報道陣に説明!多くのクラブが移行案に反対し受け入れない方針

1 名前:Egg ★:2017/11/21(火) 05:35:02.36 ID:CAP_USER9.net

<Jリーグ>開催時期の移行案 田嶋会長が報道陣に説明

 Jリーグの開催時期移行を提案している日本サッカー協会の田嶋幸三会長が20日、内容を報道陣に説明した。

 提案は、ワールドカップ(W杯)カタール大会が11~12月に実施される2022年度から8月開幕、翌年5月終了(1月は中断)にするもの。

利点に、▽暑い時期の連戦が避けられ試合の質が向上▽リーグ最終盤に他大会と重なる過密日程が緩和▽欧州などと同時期になり移籍の円滑化や代表強化につながる--などを挙げた。

冬場も12月が2試合、2月が1試合増えるが、降雪地域には「ホームとアウェーの組み合わせで対応できれば」と説明した。Jリーグは多くのクラブが移行案に反対し、受け入れない方針。年内に理事会で結論を出す見込み。【大島祥平】

11/21(火) 0:21配信 毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000005-mai-socc

2 名前:Egg ★:2017/11/21(火) 05:35:15.29 ID:CAP_USER9.net

移行の理想的なタイミングとしては、2022年を提案。

11月20日、日本サッカー協会の田嶋幸三会長がメディア向けにシーズン移行に関するブリーフィングを行なった。
 
 改めて、田嶋会長はシーズン移行の目的を「日本サッカーの発展」のためと語り、現行のスケジュール(2~12月)を見直し、欧州のカレンダー(7または8~翌年5月)と揃える重要性を訴えた。

 移行の理想的なタイミングとしては、2022年を提案。21年までは現状通りのスケジュールを継続し、22年は7月に開幕、翌23年の5月に閉幕するという日程だ。
 
 この時期に設定した理由のひとつに、22年の11~12月に開催予定のカタール・ワールドカップがある。22年のJリーグを現状通りに行なえば、「10月の第1週ぐらいで(リーグを)終えなければならない。そうなると、非常に苦しいスケジュールになってしまうのではないか」との懸念があるためだ。
 
 実際に移行するとなれば、22年の最初の半年間は“空白の時期”になるが、「そこは特別大会を開くなり、(前シーズンの開催期間を)1年半にするなど、JクラブやJリーグのほうが様々なアイデアをお持ちだと思うし、お任せしたい部分ではある」との考えだ。
 
 シーズン移行の是非で議論される重要なテーマが、降雪の多い地域での試合開催の難しさだ。この問題に関しては、雪国のクラブは12月や2月はアウェーゲームを増やし(1月は開催なし)、その分、8月のホームゲームを増やす案を提示する。この時期は札幌や仙台など夕方はだいぶ涼しくなるとの見解で、夏の暑さに苦しむ関東のチームにとっても、より快適な環境のなかで試合ができるはずとの予測を立てる。
 
 現行のカレンダーと比較すれば、冬場のゲームが増えるのは間違いない。ただ、田嶋会長には「降雪地帯の観戦文化も変えたい」との想いがあり、この時期でのリーグ戦がスタンダードになれば、新スタジアム建設などハード面の充実が加速化されるとの見方もある。
 
 冬場での試合開催と同じく、問題視しているのが試合数の多い夏場のゲームだ。夏休みにあたるこの時期は、各クラブにとって書き入れ時だが、暑さの厳しいこの時期の連戦で、はたして質の高いゲームや個々のパフォーマンスを見せられるのか、という疑問もあるという。
 
 8月の試合数を少なくして、比較的、涼しい地方で開催する。そうすることで、試合のクオリティを高めようという狙いだ。
 
 その他にも、シーズン移行の利点として、田嶋会長は「欧州移籍がしやすくなる」「リーグ終盤を迎える4・5月は代表活動がなく、クラブに専念できる」「夏場に海外のビッグクラブとプレシーズンマッチが組める」などを挙げた。
 
「サッカー協会という立場で、代表をどう強化していくか、そしてサッカーのクオリティをどう高めていくかを考えて、提案させてもらっている」
 
 そう熱っぽく語る田嶋会長だが、シーズン移行の実現については「Jリーグの決定を尊重する」というスタンスに変わりはない。
 
 Jリーグ実行委員会にも出席し、積極的にプレゼンしているようだが、俗に言う“秋春制”は日本でも現実化するのか。今年12月までに最終的な結論が出る予定で、Jリーグや村井満チェアマンの決断に注目が集まる。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

11/20(月) 21:30配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171120-00032835-sdigestw-socc

⬛田嶋会長、シーズン移行の必要性訴え サッカー

 日本サッカー協会の田嶋会長は20日、自身が訴えるJリーグのシーズン移行案について、東京都内で報道陣向けの説明会を開いた。2022年に現行の2~12月のシーズン実施から欧州主要リーグと同じ8月~翌年5月に変えることを目指し、「日本サッカーが発展するには世界基準でなければだめだ」と強調した。

 夏の試合を減らすことでプレーの質が保てることなどを利点に挙げた。Jリーグ側は降雪地の試合開催が困難などとして反対意見が大勢で、最終判断は「Jリーグの決定を尊重する」とした。

11/20(月) 22:44配信 産経新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00000562-san-socc


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1511210102

<アビスパ福岡>普段は九州の他チームを応援しているサポーターに向け異例の声明!応援してほしい

1 名前:Egg ★:2017/11/20(月) 21:03:56.49 ID:CAP_USER9.net

降格から1年でのJ1復帰を目指すJ2福岡が20日、クラブの公式サイトを通じて異例の「お願い」を発信。
普段は九州の他チームを応援しているサポーターに向け、た。

福岡は4位で今季を終え、26日にはJ1昇格プレーオフ(PO)準決勝で5位の東京Vと対戦する。
引き分けでも決勝進出が決まる優位な状況だが、これまでのPOとは少し勝手が違う。

本来であれば4位のチームはホームスタジアムで準決勝を戦うことになっているが、
福岡のホーム「レベルファイブスタジアム」は2019年のラグビーワールドカップ(W杯)などに向けた大規模改修工事のため使用不可。

やむを得ず、福岡―東京V戦はJ2熊本のホームスタジアムである「えがお健康スタジアム」で開催することになった。

福岡市と熊本市の距離はおよそ100キロほど。試合を観戦する福岡サポーターにとっては移動に時間とお金がかかることになるが、
J1昇格へ向けより多くの観客から後押しが欲しいのはいうまでもないところ。

「九州のサッカーファミリーの皆様へ」とする声明をサイトに掲載したクラブは「身勝手なお願いと思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、
プレーオフに挑むアビスパ福岡を九州のクラブのひとつとして、応援して頂けませんでしょうか。
ご厚意でスタジアムを提供して頂いた熊本さんのホームスタジアム、『えがお健康スタジアム』に足を運んで頂きますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます」と懇願した。

九州には、J1の鳥栖や来季のJ1初昇格を決めたばかりの長崎など、福岡以外に6つのJクラブが存在する。
「今年悲願のJ1昇格を果たしたV・ファーレン長崎の皆様、おめでとうございます。J1のサガン鳥栖の皆様、隣県として毎試合力強く戦う姿に敬意を表します。

J2の大分トリニータの皆様、ロアッソ熊本の皆様、今シーズンも熱い九州ダービーが戦えたことを嬉しく思います。
そしてシーズン終盤を迎えているJ3ギラヴァンツ北九州の皆様、鹿児島ユナイテッドFCの皆様、それぞれのカテゴリーの昇格に向けて共に最善を尽くして頑張りましょう」

と各クラブとそのサポーターへ丁寧にメッセージを送ると、「我々アビスパ福岡も九州のサッカー熱をさらに熱くできるよう、九州がより活気のあるエリアになるために、
そして史上初のJ1リーグに九州地区3チームが参戦できるよう、今回のプレーオフは九州代表として戦う覚悟です」と決意を表明している。

11/20(月) 20:55配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00000158-spnannex-socc


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1511179436

<アンケート結果>サッカーファンが選ぶ!E-1サッカー選手権で見たい新戦力は?■フォワード1位は伊東純也(柏レイソル)

1 名前:Egg ★:2017/11/20(月) 19:43:23.09 ID:CAP_USER9.net

12月8日に開幕するEAFF E-1サッカー選手権(旧・東アジアカップ)。日本代表は国内組が中心で構成されることが濃厚で、誰が招集されるのか、どんな新戦力が加わるのか注目が集まっている。
そこで今回、サッカーキングでは読者を対象に「日本開催のEAFF E-1サッカー選手権2017で、日本代表に呼んでほしい新戦力は?」というテーマで、一人につき最大3選手を選んでもらった。
アンケートは約650人が回答。ファンの熱いメッセージとともに、注目の選手をポジションごとに発表する。

■ゴールキーパー
1位 中村航輔(柏/22票)
2位 飯倉大樹(横浜FM/7票)
3位 権田修一(鳥栖/3票)
その他

GKでは柏レイソルの中村航輔が22票を集めて1位に輝いた。「今季はシーズンを通して力を見せている。日本代表での活躍も期待できそう」、「スーパーセーブを連発してほしい」、
「まだまだ成長の兆しが見えるから」、「日本代表に招集されているが、試合に出場していないのでE-1サッカー選手権で見たい」といった声が上がった。

■ディフェンダー
1位 福森晃斗(札幌/28票)
2位 松原后(清水/26票)
3位 山中亮輔(横浜FM/24票)
4位 西大伍(鹿島/20票)
5位 中山雄太(柏/19票)
その他

最終ラインで最も表を集めたのは、コンサドーレ札幌の福森晃斗。「J屈指の左足。FK、CKからの決定機を演出できる」、
「左サイドからのアーリークロスは日本代表でも大きな武器になり得る」など、高精度の左足から放たれるキックに期待するコメントが多く寄せられた。

次点は清水エスパルスの松原后。「積極的にドリブルを仕掛ける姿勢が好印象。21歳と若く将来性も抜群」、「左利きの大型サイドバックでドリブルが持ち味。
ハリルホジッチ監督のスタイルにあっていると思う」など、その攻撃的なスタイルがどう生きるか楽しみにファンも多いようだ。

サイドバックの名前が上位陣を占める中で、柏レイソルの若手センターバック、中山雄太も票を集める結果となった。

>>2以降につづく

2017年11月20日 18時0分 SOCCER KING
http://news.livedoor.com/article/detail/13917567/

2 名前:Egg ★:2017/11/20(月) 19:43:34.80 ID:CAP_USER9.net

■ミッドフィールダー
1位 清武弘嗣(C大阪/57票)
2位 川辺駿(磐田/46票)
3位 中村憲剛(川崎/34票)
4位 大島僚太(川崎/28票)
5位 三竿健人(鹿島/23票)

その他

中盤ではセレッソ大阪の清武弘嗣を推す声が多かった。「攻撃のアイデアが増える」、「魅力は縦パス、長短のパスが使い分けられること。乾貴士、山口蛍との関係性を踏まえるとぜひ見たい」、
「違いを生み出せるテクニシャン。キック精度は世界トップクラス」。3月の招集を最後に日本代表から遠ざかっているものの、負傷から復帰してクラブに初タイトルをもたらすなど、完全復活をアピールしている。

2位にはジュビロ磐田の川辺駿が選ばれた。「攻守両面でハードワークできるプレースタイルは、ハリルの戦術にマッチしているはず」、「推進力、運動量がある」、「粗さもあるが一気に化ける可能性も。
縦に早いサッカーは向いている」、「デュエルができる若手ボランチ」など、今季の躍進を象徴する推薦コメントが並んだ。

■フォワード
1位 伊東純也(柏/108票)
2位 柿谷曜一朗(C大阪/53票)
3位 小林悠(川崎/41票)
4位 金崎選手(鹿島/38票)
5位 土居聖真(鹿島/24票)

今回のアンケートで唯一、100票超えを達成したのは柏の伊東純也だけだった。快速を生かして今季多くの決定機を創出しているアタッカーには「スピードと技術を兼ね備えた選手。
絶対的スタメンがいない右サイドの即戦力に」、「スピードがありクロスの精度も高い。ジョーカーとしても使える」、「ここ数シーズンを通して結果を残してる」と、一度は日本代表で試してほしいとの意見が多く集まった。

上位にはセレッソ大阪の柿谷曜一朗、川崎フロンターレの小林悠、鹿島アントラーズの金崎夢生、土居聖真といったリーグ戦で好調を持続している選手が名を連ねた。
柿谷は2013年で得点王に輝いた相性が良い大会だけに、今大会でのアピールに期待がかかる。

2005年大会に出場した巻誠一郎、2013年大会で優勝に貢献した柿谷、大迫勇也、青山敏弘、森重真人らは、大会をステップにその後の代表チームにコンスタントに招集されるようになった。
今大会でも代表のポジション争いを活性化させる選手が現れることだろう。

写真
http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/2/8/28d65_854_e443d422_78e8229d.jpg


EAFF E-1サッカー選手権 チケット購入ページ
http://www.jfa.jp/match/EAFF_E1_Football_Championship_2017/ticket_m.html#page-title


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1511174603
スポンサーリンク
インフォメーション

はてブ数: はてなブックマーク数

このブログについて

相互リンク・RSS募集中です(^ω^)
詳しくは、上記の「このブログについて」を参照してください。


ご要望も随時対応致します。
気軽にお願いします(`・ω・´)
(削除依頼・デザイン・まとめ方 etc..)
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
  • ライブドアブログ