ヘッドライン

【サッカー】香川真司の去就もついに決定?ドルトムントSD、戦力整理について「話を進めているところ」

1 名前:砂漠のマスカレード ★:2019/01/19(土) 06:24:09.59 ID:ul7cBk5w9.net
日本代表MF香川真司は、冬のマーケットでのボルシア・ドルトムントからの移籍は実現するのだろうか。
クラブのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)は放出候補とされる選手たちの状況について示唆した。

出場機会を求め、スペイン行き志願を明かしている香川のほかDFジェレミー・トルヤンやMFジェニス・ブルニッチ、
FWアレクサンダー・イサクらの今冬の移籍を容認すると見られるドルトムント。
香川に関しては、最近ではレンタルでフランスのボルドーに向かう可能性が伝えられていたが、
ツォルクSDは地元メディア『ルールナハリヒテン』で「それについては何も知らない」と同クラブとの接触を否定していた。

17日にルシアン・ファーヴル監督とともに記者会見に臨んだ同SDは戦力整理の状況について問われると、
「何人かに関しては話を進めているところだが、まだこの場で報告するほど具体化していないのでね」と返答。
続けて「ただ、基本的な考えとしてはそれら(話)を進めていくつもりだ」とも語り、改めてそれら選手たちの移籍を容認する構えを示している。

移籍市場が閉幕するまで残すところ12日間。先日、スペイン市場を専門とする代理人を雇ったとも伝えられた香川だが、リーガでプレーする願望は叶うのか、注目されるところだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190119-00000035-goal-socc
1/19(土) 6:15配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1547846649

【サッカー】<広島・サッカースタジアム>建設候補地、中央公園広場が最終候補地になる方向!市長は早ければ来月にも決めたい...

1 名前:Egg ★:2019/01/15(火) 22:14:45.44 ID:oSinm6IT9.net
広島市などが絞り込みの協議を行っているサッカースタジアムの最終候補地について広島県の湯崎知事は決定時期などは決まっていないと述べました。

建設候補地をめぐっては、広島市、県、商工会議所とサンフレッチェ広島が旧市民球場跡地、広島みなと公園中央公園広場の3カ所を検討してきました。

関係者によりますと広島市などが絞込みの協議に入っていて中央公園広場が最終候補地になる方向です。広島市の松井市長は早ければ来月にも決めたいとしています。一方、湯崎知事は3者で候補地の比較検討中で現段階で決定時期などは決まっていないと話しました。

1/15(火) 20:22配信 広島ホームテレビ

動画ニュースあり
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00010001-hometvv-l34


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1547558085

【サッカー】<サガン鳥栖>元バルセロナFWクエンカの獲得を発表!「全力を尽くして闘う」

1 名前:Egg ★:2019/01/19(土) 10:26:32.03 ID:p1IPy3W79.net
 サガン鳥栖が19日、CFレウス(スペイン2部)からスペイン人FWフアン・イサック・クエンカ・ロペスを獲得したことを発表した。

 バルセロナの下部組織出身で、2011年にはトップチームデビューした27歳のクエンカ。アヤックスやデポルティーボでも経験を重ね、2017年はグラナダでもプレーしていた。

 クエンカは鳥栖公式サイトを通じて意気込みを次のように語っている。

「サガン鳥栖ファミリーの皆さん、こんにちは!まず、私に大きなチャンスを与えてくれたクラブの社長及び関わる全ての方に感謝します。サガン鳥栖ファミリーの一員になれてとても幸せであり、これは私にとって大きなチャレンジになると思います。全ての練習と試合において、サガンティーノとクラブのために全力を尽くして闘う事を約束します。応援よろしくお願いします!」

1/19(土) 10:19配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190119-00894675-soccerk-socc

写真
https://www.soccer-king.jp/wp-content/uploads/2019/01/GettyImages-142658801.jpg


フアン・イサック・クエンカ・ロペス選手 完全移籍加入のお知らせ
https://www.sagan-tosu.net/news/p/3648/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1547861192

【サッカー】南野の覚醒待てるか セットプレー得点ゼロも気がかり…決勝トーナメントの課題

1 名前:砂漠のマスカレード ★:2019/01/19(土) 10:22:49.07 ID:ul7cBk5w9.net
1次リーグで3連勝し、堂々と決勝トーナメント(T)進出を決めた日本代表。チーム状態は良好にみえる。
だが、決勝Tは、負ければ敗退し、アジア制覇への道は断たれる。好調の陰に隠れたチームの課題をスポーツ報知サッカー担当記者が、あえて“見た”。

攻撃陣の不安点を挙げるならば、トップ下のMF南野に“当たり”が出なかったことだ。
初戦は存在感を出せず、2戦目はポジショニングを修正してシュート4本を放ったが無得点。
「(シュートを)浮かせる、GKをギリギリまで見る、股を抜く、そういう余裕が少しなかった。
いいときは何も考えずに入っていく」と語っていたが、体のキレは感じさせ、決して状態は悪くない。
ただ前線の選手にとって、調子が悪くないのにシュートが入らない状態は、不安だという話を取材経験でもよく聞いた。

「入るまで打ってやろうと思っただけ」と強気に話している南野を、ここで先発から外す手はないだろう。しかし次の一手も考えておく必要はある。
幸い、ウズベキスタン戦ではFW武藤が代表で約3年3か月ぶりにゴール。右でん部痛で2試合欠場中の大迫は、決勝Tに照準を合わせている。
大迫が間に合えば武藤の2トップなど、前線のバリエーションは考えられる。南野の当たりを待つか、それとも他の選択肢か…。
森保監督には迅速でシビアな判断が求められる。

ここまでセットプレーからの得点がないのも、気がかりの一つ。
右のMF柴崎、左のMF堂安という2人のキッカーには、決勝Tでより重圧がかかる中で精度の高いボールが望まれるところだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000320-sph-socc
1/19(土) 7:03配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1547860969

【サッカー】<高校サッカー選手権>青森山田や尚志が躍進した東北勢が断トツの1位!2位はどの地方?「地方別の勝率ランキング」

1 名前:Egg ★:2019/01/19(土) 10:12:34.69 ID:p1IPy3W79.net
3つの地方が1勝も挙げられず…。

 第97回全国高校サッカー選手権は、決勝で流経大柏(千葉)を3-1で下した青森山田が2年ぶり二度目の栄冠に輝き、幕を閉じた。
 
 その青森山田を筆頭に、7年ぶりにベスト4入りを果たした尚志(福島)、32大会ぶりに8強に進んだ秋田商など、際立ったのは東北勢の躍進だ。仙台育英(宮城)も初戦を突破し、東北6県代表の今大会の通算成績は13勝5敗。勝率は70パーセントを超えている。
 
 では、東北勢以外で好成績を残したのはどの地方だったのか? 他の地方も同様に勝率を算出し、ランキングを作成した。
 
●今大会の地方別勝率ランキング

1位・東北地方/72.2パーセント(13勝5敗)
2位・北信越地方/61.5パーセント(8勝5敗)
2位・中国地方/61.5パーセント(8勝5敗)
4位・関東地方/52.6パーセント(10勝9敗)
5位・北海道地方/50.0パーセント(1勝1敗)
6位・九州地方/46.7パーセント(7勝8敗)
7位・関西地方/0パーセント(0勝6敗)
7位・東海地方/0パーセント(0勝4敗)
7位・四国地方/0パーセント(0勝4敗)
※PK戦も1勝(1敗)でカウント
 
 勝率が2位で並んだのは、北信越勢と中国勢だ。北信越勢は帝京長岡(新潟)が準々決勝に駒を進め、星稜(石川)と丸岡(福井)も2勝を挙げた。
 
 中国勢では、初出場の瀬戸内(広島)が4強入りを果たす快進撃。その瀬戸内に3回戦で敗れた岡山学芸館と、同じく3回戦で矢板中央(栃木)に惜敗した立正大淞南(島根)が、それぞれ2勝を挙げている。

【選手権PHOTO】青森山田3-1流通経済大柏|檀崎が圧巻の2ゴール!青森山田が2度目の優勝!流経大柏は2年連続の準優勝に

 また、関東勢は流経大柏(千葉)が準優勝、前述の矢板中央、日本航空(山梨)がそれぞれ8強と上位進出を果たしたが、インターハイ準優勝の桐光学園(神奈川)や東京勢の2校が初戦で敗れるなど明暗が分かれた。九州勢は6チームが初戦を突破したものの、8強入りしたチームがなかった。
 
 一方で、関西勢、東海勢、四国勢は今大会、初戦を突破することができなかった。

1/16(水) 6:00 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190116-00052827-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1547860354

【サッカー】<“悪童”カッサーノ>現役時代の自身の潜在能力を振り返って悔恨の念?「俺はメッシにもなれた…」

1 名前:Egg ★:2019/01/19(土) 10:54:48.48 ID:p1IPy3W79.net
サッカー界きっての“問題児”として知られた男は、引退後も話題に事欠かない。

 現在36歳の元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノは、昨年8月に二転三転した末、「モチベーションの低下」を理由に現役引退を表明した。

「バーリ(出身地)の宝石」とも呼ばれた彼は、ローマやレアル・マドリー、ミラン、インテルといった欧州のビッグクラブでファンタジー溢れるプレーを披露。全盛期に放った輝きは凄まじいものだった。

 その一方で、相次ぐ素行不良が目立った選手でもあった。オーバーウェイトで監督と衝突したり、行き過ぎた夜遊びがメディアに晒されることも、一度や二度ではなかった。

 その素行不良ぶりが、自らのポテンシャルを最大限に発揮するうえで障壁になったことを、本人も自覚している。カッサーノは、イタリア・メディア「Sky」のインタビューで、「俺はメッシのようにもなれた」と、自身のキャリアについて振り返っている。

「俺はいくつかのビッグクラブでプレーした。幸運じゃなかったなどとは、言うことはできない。どんな大失敗しても、別のチャンスがあると分かっていたんだ。

 トッティが前に言っていたように、俺はできることの50パーセントしかやらなかった。時には雑なこともあったし、トレーニングも嫌いだった。もしも15年間、やるべきことをやっていれば、メッシのようになれたんだ」

 問題の言動を繰り返したことで、類まれなる才能を存分に発揮できないまま歳を重ねたカッサーノ。その我の強いキャラクターが、人々に愛されるゆえんでもあったのだが、彼がプロフェッショナルらしく私生活で自己管理を行なっていたら、本当にメッシのような偉大なクラッキになっていたのかもしれない

1/16(水) 5:40 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190116-00010002-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1547862888

【サッカー】<セルジオ越後>「レギュラーのAチームと、Bチームとはっきり分け過ぎている」「層が厚くなったと錯覚してはいけない」

1 名前:Egg ★:2019/01/19(土) 11:02:08.89 ID:p1IPy3W79.net
<アジア杯:日本2-1ウズベキスタン>◇1次リーグF組◇17日◇UAE・アルアイン

日本はオマーン戦から先発10人を入れ替えて臨み、ウズベキスタンは主力6人を温存、エースFWショムドロフは1点決めたらベンチに下がった。互いに決勝トーナメント(T)1回戦を見据えてのこと。両者ベストメンバーの対戦ではないから、本当の力の差はわからなかった。勝ったからと「層が厚くなった」と錯覚してはいけない。

この試合で90分間プレーした選手は「アピールした」とは言えないな。回復が気になる大迫のポジション以外は、基本的に次の試合には出ないのだから。仮にアピールできたとしても、肉体的に使えない。それにしてもレギュラーのAチームと、この試合のBチームとはっきり分け過ぎている。Bチームはこの日がチームとして初めての試合だった。もう少しうまくミックスできなかったかな。

結果的にF組1位は次にサウジアラビアと、F組2位はオーストラリアとの対戦になった。相手が1次リーグを3位で突破したチームだったら日本が有利と言えるが、今回はどちらに転んでも厳しい相手だった。この日の収穫は1位突破よりも、主力を休ませることができたことの方だ。

ここからが本当のアジア杯。出場チーム枠を拡大して小さなハプニングはあったが、優勝に向けたライバルはイラン、韓国、オーストラリアという構図は変わらない。その前にサウジアラビアが立ちはだかり、22年ワールドカップ(W杯)を控えたカタールは力をつけている。

決勝Tではスコアによってはリスクを負わないとならないし、PK戦も想定しないとならない。準々決勝からはVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)も実施される。森保ジャパンにとっては、これまでにない新たな戦いになる。

まずはサウジアラビア戦のキックオフは現地午後3時、暑さも難敵になる。(日刊スポーツ評論家)

1/18(金) 14:03配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00450844-nksports-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1547863328

【サッカー】<元日本代表監督のハリルホジッチ氏>就任3ヶ月半でナント退任も? 主力選手売却めぐりクラブと衝突か

1 名前:Egg ★:2019/01/19(土) 02:08:26.15 ID:p1IPy3W79.net
フランス1部のナントを率いるは、
就任から3ヶ月あまりで早くも退任の可能性がささやかれている。仏紙『レキップ』などが伝えた。

ロシアワールドカップに向けて日本代表を率いていたハリルホジッチ氏は、
大会まで2ヶ月半となった昨年4月に電撃解任。その後、10月に現役時代の古巣でもあるナントの監督に就任することが決定した。

就任時点ではリーグアンで降格圏の19位に沈んでいたナントだが、
ハリルホジッチ監督就任後に復調。就任2戦目からの3連勝ですぐに降格圏を脱出し、現在は13位に位置している。

しかし、このままハリルホジッチ監督が指揮を執り続けるかどうかは必ずしも確実ではない状況となってきたようだ。
クラブとの関係の悪化から不満を募らせ、退任の可能性も出てきたと伝えられている。

チーム得点王のアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラはプレミアリーグのカーディフ・シティへの移籍に向けた交渉を行っていると報じられており、
放出に反対する監督とクラブ首脳陣の間で意見の食い違いが生じているという。サラが売却されるのであればハリルホジッチ監督は退任するとの見方もある。

1/19(土) 0:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190119-00305576-footballc-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190119-00305576-footballc-000-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1547831306

【サッカー】<王貞治会長>生卵事件「屈辱ではありましたが、投げてくれた人たちはダイエーのカチカチのファン」

1 名前:Egg ★:2019/01/19(土) 01:43:43.18 ID:p1IPy3W79.net
ソフトバンク・王貞治会長が18日、都内の日本記者クラブで「平成とは何だったのか」をテーマに会見に出席した。ダイエー監督時代に経験した「生卵事件」について語った。

95年に低迷していたダイエー(現ソフトバンク)監督に就任。1年目を5位で終えると、2年目の96年も開幕から黒星が続いた。
5月9日、選手が乗っていた移動バスのフロントガラスに大量の生卵がぶつけられる“事件”が発生。王采配にも批判が集中した。

当時の話題に、王会長は「地元のメディアからもバッシングを受けました」としながら、「卵をぶつけられるような野球をしているの自分たち。
屈辱ではありましたが、投げてくれた人たちはダイエーのカチカチのファン。真剣に怒っている人が起こしたのが、卵事件だった」と、振り返った。

「屈辱」という言葉も使いながら、熱狂的なファンの思いがチームを変える一因になったという。「まともに真っ正面から受け止めないといけない。
いい刺激になったと思います。選手たちも勝つことの素晴らしさ。勝ちに向かうことはどうするかを考え、技術の向上につながった」と、事件を前向きに捉えた。

就任1年目の5位から6位、4位、3位と成績を上げていき、5年目にリーグ制覇。常勝ソフトバンクの礎を築いた王会長は
「勝った後の感激、充実感、そのとき(低迷時)は『1試合終わった』というくらいだったと思うが、選手たちは変わっていった」と、うなずいた。

1/18(金) 17:45配信 ディリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000107-dal-base

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190118-00000107-dal-000-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1547829823

【サッカー】<森保監督>メディアに「どんどん言って、書いて、報道して」「批判もあると思います」「それは全部この世界、当たり前」

1 名前:Egg ★:2019/01/19(土) 06:32:17.19 ID:p1IPy3W79.net
3連勝でグループ1位通過を決めた翌日、メディアに対してリクエスト
 
日本代表は17日のアジアカップ・グループリーグ第3戦ウズベキスタン戦で2-1と勝利し、3連勝でグループ1位通過を決めた。試合翌日、森保一監督がメディアに異例の要望をしている。
初戦トルクメニスタン戦で3-2と逆転勝利し、続く第2戦オマーン戦で1-0と連勝を飾り決勝トーナメント進出を決めた日本。勢いそのままにウズベキスタンも下し、21日の決勝トーナメント1回戦でサウジアラビアと激突する。

グループリーグ3試合を通じてチームが上積みした点について問われた指揮官は、「逆にみなさんにどんどん言ってほしい、書いてほしい、報道してほしい」と言及。森保監督が珍しくメディアに対してリクエストを出している。
「僕が言ったことじゃなくて、みなさんが見て、『あそこがダメじゃないか』『あそこが良かった』と言ってもらえるようになればすごく嬉しい」

メディア側の自由な分析や意見を求めた指揮官は、ポジティブ・ネガティブを問わずにどんな見解も歓迎している。全ては代表チーム、日本サッカーの発展のためだ。

「ポジティブな意見もあれば、批判もあると思います。だと思っていますし、僕らもチームとして成長したい。日本サッカーの成長には皆さんも入っていただいていると思っている。
どんどん厳しいこともひっくるめて書いてもらえれば」

決勝トーナメントを前にして、メディアからの忌憚なき意見を求めた森保監督。「3試合全てが苦しい試合だった」とグループリーグを総括しながらも、チームコンセプトや戦術の浸透に一定の手応えを得ている。
決勝を含めて4試合を残すなか、1試合ずつ成長を遂げる森保ジャパンはアジア王座奪還を果たせるか。

1/18(金) 20:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190118-00163217-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1547847137
スポンサーリンク
インフォメーション

はてブ数: はてなブックマーク数

このブログについて

相互リンク・RSS募集中です(^ω^)
詳しくは、上記の「このブログについて」を参照してください。


ご要望も随時対応致します。
気軽にお願いします(`・ω・´)
(削除依頼・デザイン・まとめ方 etc..)
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
  • ライブドアブログ