ヘッドライン

【サッカー】守田英正「言い辛いことも発言する。全く後悔はない」 アジア杯敗退後の自身コメントに言及

1 名前:久太郎 ★:2024/02/17(土) 01:34:47.28 ID:SnqQZ5kV9.net
 サッカー日本代表MF守田英正(28)=スポルティング=が17日までに自身のXを更新。カタールで行われたアジア杯準々決勝・イラン戦(3日)で敗戦後、ベンチからの解決策の提示を求めた発言について「後悔はない」と心境を記した。

 優勝候補筆頭として臨んだ日本はイランに1―2で逆転負けを喫し、8強で敗退した。後半に相手の圧力に対して劣勢となった状況が続いた中、守備陣の入れ替えや布陣変更はなし。森保一監督は敗戦後に「私自身が交代カードをうまく切れなかったのが敗因」と采配ミスを認めた。

 守田は試合後に「(1次リーグで敗れたイラク戦で)露呈した弱みを本当の意味で修正できなかった。チームとしてどういう動かし方をして、どこを狙うかはもっと明確にしないといけない」と言及。ベンチからもっと多くのアドバイスを求める趣旨の発言をし、チームの改善点を指摘していた。

 敗戦から13日。守田はXで「半ば諦めてる人もいるように見えるしそう感じる時がある。僕は違う、言い辛いことも発言するしその責任も同じように持ってる。だから全くあの発言に後悔はない。今よりもっと成長したい、良くしたいと思うだけ。本当全部勝ちたいです。とにかく、、日本サッカーはここからでしょう」と胸中を明かした。

 森保ジャパンは、15日に発表されたFIFAランキングで前回から順位を1つ落として18位となった。3月には26年北中米W杯アジア2次予選で北朝鮮との2連戦(21日ホーム、26日アウェー)に臨む。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6f934880dafbff17399e2e38a8c65708ce6a2225


引用元:https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1708101287

【サッカー】坂元達裕が骨盤や脊椎を負傷か…コベントリー指揮官「かなりひどい怪我」「無事を祈るばかり」

1 名前:久太郎 ★:2024/02/25(日) 00:10:59.13 ID:nxTcTSyE9.net
コベントリーのMF坂元達裕が23日、ホームで行われたチャンピオンシップ(イングランド2部)第34節のプレストン戦(●0-3)で負傷交代を余儀なくされた。

【写真】背中や腰を強打…骨盤骨折の疑いで担架で運び出される坂元達裕

 右サイドハーフで先発出場した坂元は、前半途中に空中戦の競り合いで背中や腰から着地。ピッチ上で数分間の治療を受けた後に担架で運び出され、そのまま病院に搬送された。

 クラブ公式サイトによると、マーク・ロビンズ監督は試合後に「彼はすごく高いところから着地し、背中と腰を打った。憶測で物を言いたくはないが、かなりひどい怪我のようだ。これほどひどいとは予想していなかった。彼は痛みを感じていて、今は病院にいる。情報が入るのを待っているところだ。彼が無事であることを願っている。しばらく離脱することになるだろうが、彼が無事であることを祈るばかりだ」と述べている。

 また、地元紙『コベントリー・テレグラフ』は骨盤骨折の疑いと報じており、指揮官の「はっきりしないので分からない。骨盤や脊椎の怪我ということなので、彼が無事であることを祈るばかりだ」とのコメントも伝えた。

 坂元は昨年夏にオーステンデ(ベルギー1部)からコベントリーに完全移籍。今季ここまでリーグ戦29試合に出場し、7ゴールを記録している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7ca1aac1061779303eaba52629bcf48635fa7193

依頼スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1708588263/291


引用元:https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1708787459

【サッカー】なでしこジャパン、北朝鮮と第1戦0-0 スコアレスドロー 決め手欠き苦戦…五輪切符懸け“国立決戦”へ

1 名前:jinjin ★:2024/02/25(日) 00:05:09.73 ID:TBOl64lm9.net
なでしこJ、北朝鮮と第1戦スコアレスドロー 決め手欠き苦戦…五輪切符懸け“国立決戦”へ


なでしこジャパン(日本女子代表)は2月24日にパリ五輪アジア最終予選、北朝鮮との初戦に臨み0-0の引き分けで試合を終えた。

パリ五輪へのアジア枠は2ーム。4チームが最終予選に残り、2組のホーム&アウェー戦での勝者が切符を掴む。

日本と北朝鮮の初戦は、当初は北朝鮮の首都ピョンヤンで行う予定だったが今月に入ってアジアサッカー連盟(AFC)から中立地開催が勧告され、試合の3日前にサウジアラビアのジッダでの開催が決まる前代未聞のドタバタ劇だった。

5バックで守備を固める北朝鮮に対して日本がボールを持つ展開になったが、30度を超える気温の中で前半の集中力がある相手に対してはなかなかゴール前まで切り込めず試合が進んだ。

逆にロングボール1本からペナルティーエリア内でのシュートを許す場面もあり、GK山下杏也加のセーブで事なきを得た。

前半25分過ぎには際どいミドルを山下がしのぎ、そのあとのコーナーキックでも際どいヘディングシュートを許すなど難しいゲームになった。

このまま日本はビッグチャンスを作り切れないまま、0-0で前半を終了した。そして後半に入ると北朝鮮がより前線に攻撃参加する人数を増やして全体を押し上げ、日本は苦戦の印象を強くするゲームになった。

池田太監督は後半13分に、左サイドでの切れ味鋭いドリブルが武器のMF中嶋淑乃を送り込んだ。さらに10分後には、右サイドにスピードが武器のMF清家貴子を投入。両サイドに強いアタッカーを入れ、このタイミングで主将のMF熊谷紗希から18歳のMF谷川萌々子への交代も行った。

それでもなかなか攻撃が機能しない日本は後半27分、左サイドから攻め込まれてのクロスに合わせられたヘディングシュートがクロスバーを直撃して冷や汗をかいた。

それでもラスト15分ほどは日本が敵陣で攻撃する回数を増やしたが、ゴールまでは至らず。両者無得点での引き分けで初戦を終えた。

この予選ではアウェーゴールのルールもないため、2月28日に国立競技場で行われる一戦はまさにすべてが決まる1試合ということになった。


https://news.yahoo.co.jp/articles/bcd72f54ef1a348943486bf0b85a4f13741a2b5b


引用元:https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1708787109

【サッカー】遠藤航フル出場のリヴァプール、先制許すも後半に4ゴール!負傷者続出も逆転勝ちで3連勝

1 名前:久太郎 ★:2024/02/22(木) 06:39:16.28 ID:DcRS96Gp9.net
現地時間21日、イングランド・プレミアリーグは第26節が行われ、遠藤航の所属するリヴァプールはホームのアンフィールドに橋岡大樹の所属するルートン・タウンを迎えた。

アーセナルとの上位対決に敗れた後、2連勝で首位を維持しているリヴァプールだが、アリソン、ヌニェス、カーティス・ジョーンズ、アレクサンダー=アーノルドと負傷者が続出しており、好調のジョタまでもが負傷離脱。さらには前節復帰を果たしたサラーも負傷によりメンバー外となったリヴァプールは、ガクポ、ルイス・ディアス、エリオットを前線に並べ、中盤は遠藤、マクアリスター、そしてフラーフェンベルフが務めた。

一方、加入後3試合目となる橋岡だが、この日も初のベンチ入りはお預けとなった。

満身創痍ながらもホームのリヴァプールが立ち上がりからペースを掴み、4分にはエリオットの浮き球パスを受けたL・ディアスがDFをかわして左足でシュートもゴール左へと外れた。

最初の決定機をモノにできなかったリヴァプールに対し、ルートンの反撃は12分。左サイドのスローインからエリア内左に侵入したチョンが角度のない位置からシュートを放つと、GKケレハーが防ぎきれなかったボールがこぼれ、ファーポストのオグベネが頭で押し込みルートンが先制する。

先制を許したリヴァプールは、L・ディアスが前線で奮闘。31分、遠藤が中盤で1人かわしてゴール前に浮き球のパスを送ると、呼応したL・ディアスが足を伸ばして合わせるもわずかにゴール左へ。35分にはL・ディアスがミドルシュートを放つが、わずかに枠を外れた。

1点ビハインドで後半を迎えたリヴァプールは56分、エリア内右から放たれたガクポのシュートはGKカミンスキがセーブしCKへと逃れる。この右CKをマクアリスターが蹴ると、ゴール前でファン・ダイクが頭で合わせてリヴァプールが試合を振り出しに戻した。

そのわずか2分後、右サイドからのスローインをペナルティーエリア右で受けたマクアリスターがダイレクトでゴール前に入れると、ニアサイドのガクポが頭で合わせ、リヴァプールがあっさりと逆転に成功する。

逆転したリヴァプールは68分、ブラッドリーに代えてロバートソンを投入。ロバートソンが左に入り、ゴメスが右に移る。すると71分、相手のクリアボールをロバートソンが奪い、エリア内左で受けたL・ディアスが左足でネットを揺らしてリヴァプールが3-1と突き放した。

89分にマクアリスターとL・ディアスを下げてダンズとマコーネルを投入したリヴァプールは、直後にダンズのスルーパスに抜け出したガクポが決定機を得るも、ここはDFがブロック。しかしこのこぼれ球をエリオットが押し込み、4-1とリードを広げた。

アディショナルタイムの8分間でもルートンの反撃をきっちりと抑えたリヴァプールがホームで逆転勝ちを収め、リーグの連勝を「3」に伸ばした。

勝利したリヴァプールは週末、チェルシーとのカラバオカップ決勝を控えている。

■試合結果
リヴァプール 4-1 ルートン

■得点者
リヴァプール:ファン・ダイク(56分)、ガクポ(58分)、L・ディアス(71分)、エリオット(90分)
ルートン:オグベネ(12分)

https://news.yahoo.co.jp/articles/dc6dc68ef82419c0d9092dc2f10ca9a29975b74d


引用元:https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1708551556

【サッカー】レヴァークーゼン、無敗を「33」に伸ばしてドイツ新記録樹立! マインツを2-1で下して白星獲得

1 名前:久太郎 ★:2024/02/24(土) 18:35:46.74 ID:hF0gjvwF9.net
ブンデスリーガ第23節が23日に行われ、レヴァークーゼンとマインツが対戦した。

 ここまでリーグ戦22試合を消化し、18勝4分の勝ち点「58」で首位に立つレヴァークーゼン。17日に行われたハイデンハイム戦を2-1の勝利で飾り、今シーズンの無敗記録を「32」に伸ばしたことで、バイエルンが持つブンデスリーガ記録に並んだ。新記録樹立に向け負けられない一戦に、指揮官を務めるシャビ・アロンソ監督はドイツ代表MFフロリアン・ヴィルツなど主力選手を起用。ホームでの白星獲得を狙う。

 試合は、開始早々の3分にレヴァークーゼンがスコアを動かす。右サイドの浅いエリアでフリーキックを獲得すると、キッカーを務めたヨナス・ホフマンはショートパスを選択。そのまま左サイド深くまで繋いでアレハンドロ・グリマルドがクロスを送る。ボールは相手選手にブロックされたものの、こぼれ球に反応したグラニト・ジャカがボックス左角から左足を振り抜き、鮮やかなシュートをネットに突き刺して先制点をマークした。

 先行を許したマインツだったが、直後の7分に敵陣中央でフリーキックを奪取。ナディーム・アミリがファーサイドに柔らかいボールを蹴り入れ、大外から走り込んできたシルヴァン・ヴィドマーが頭で折り返すと、ワンテンポ遅れて飛び込んできたドミニク・コールがダイビングヘットで合わせる。古巣相手に放ったシュートはゴールへと吸い込まれ、マインツがすぐさま同点に追いついた。

 以降は、互いに訪れたチャンスを決めきれず時間が経過。40分には、マインツのパスミスをボックス内で拾ったホフマンが、GKと1vs1の局面を迎えたが、放ったシュートはGKロビン・ツェントナーに右足で弾かれてしまった。

 1-1で突入した後半も、ボールを保持するレヴァークーゼンとカウンターを狙うマインツの構図に。徐々に流れがマインツに傾き始めたかと思われた62分には、レヴァークーゼンが左サイドで得たコーナーキックから、アミン・アドリがニアサイドで合わせてゴールを狙う。しかし、ボールはわずかに枠を捉えきれず、レヴァークーゼンが決定機を逃してしまった。

 すると、68分に再びレヴァークーゼンがリードを奪う。セカンドボールを拾い続けてマインツに波状攻撃を仕掛けると、ペナルティエリアから離れた位置でヴィルツからのパスを受けたロベルト・アンドリッヒが、思い切り良く右足を振り抜く。強烈なシュートはGKツェントナーの正面に飛んでしまったものの、キャッチを試みた判断がミスを招いてゴールイン。ここまでビッグセーブを見せていたツェントナーだが、悔しい形で失点を喫してしまった。

 79分には、マインツのジェシック・ヌガンカムが退場となったことで数的優位になったレヴァークーゼン。結局、試合はそのまま2-1で終了し、今シーズンの無敗記録を「33」に伸ばしたレヴァークーゼンがドイツ新記録を樹立した。次節、レヴァークーゼンは来月3日にアウェイでケルンと対戦。マインツは来月2日にホームでボルシアMGと対戦する。

【スコア】
レヴァークーゼン 2-1 マインツ

【得点者】
1-0 3分 グラニト・ジャカ(レヴァークーゼン)
1-1 7分 ドミニク・コール(マインツ)
2-1 68分 ロベルト・アンドリッヒ(レヴァークーゼン)

https://news.yahoo.co.jp/articles/a763b45d1f9e9c0a53172641cb298f5718642ce2


引用元:https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1708767346

【サッカー】J2開幕節土曜 水戸×いわき、横浜FC×山口、藤枝×長崎

1 名前:久太郎 ★:2024/02/24(土) 16:10:29.04 ID:hF0gjvwF9.net
水戸 1-0 いわき
[得点者]
25'安藤 瑞季(水戸)PK
スタジアム:ケーズデンキスタジアム水戸
入場者数:5,577人
https://www.jleague.jp/match/j2/2024/022408/live#live/

横浜FC 1-1 山口
[得点者]
52'若月 大和(山口)
59'中野 嘉大(横浜FC)
スタジアム:ニッパツ三ツ沢球技場
入場者数:7,176人
https://www.jleague.jp/match/j2/2024/022409/live#live/

藤枝 0-0 長崎
[得点者]
なし
スタジアム:藤枝総合運動公園サッカー場
入場者数:7,243人
https://www.jleague.jp/match/j2/2024/022410/live#live/

J2順位表
https://www.jleague.jp/standings/j2/


引用元:https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1708758629

【サッカー】長谷部誠 40歳で先発 ドイツブンデス最年長出場記録 歴代9位現地メディア感服「10傑 唯一の現役 追い越すチャンスある」

1 名前:阿弥陀ヶ峰 ★:2024/02/19(月) 09:58:17.42 ID:9t+3PJyL9.net
「彼の努力のおかげだ」“鉄人”長谷部誠、40歳30日で先発!ブンデス最年長出場記録の歴代9位に浮上で現地メディアも感服「トップ10で唯一の現役。追い越すチャンスがある」

現地時間2月18日に開催されたブンデスリーガ第22節で、長谷部誠が所属するフランクフルトが堂安律を擁するフライブルクとホームで対戦。壮絶な打ち合いの末に、3-3のドローに終わった。

ドイツメディア『SPORTSCHAU』によれば、この試合に先発した長谷部は、40歳と30日での出場となり、ブンデスリーガの最年長出場記録の9位にランクインした。

同メディアは「フライブルク戦の出場により、40歳のハセベはブンデスリーガの最年長選手10傑に加わった」と伝えている。

「16年前、ヴォルフスブルクはミッドフィールダーであり、日本代表でもある新加入選手を迎え入れた。ハセベはヴォルフスブルクに計5年間在籍したが、40歳となった現在もブンデスリーガでプレーしている。彼はリーグ史上9番目に古い選手となった」

記事は「ハセベには決まった習慣があり、筋肉をリラックスさせるために定期的に42度のお湯に浸かっている。彼は8時間の睡眠をとり、よく本を読む。彼にとって本は『心のトレーニング』だ。彼は人生の知恵について本を書き、日本でベストセラーになりました」と、長くプレーできる秘訣を紹介している。

また、『ONEFOOTBALL』も、「彼の努力のおかげで、日本人選手はブンデスリーガの最年長選手ランキングで順位を上げ続け、40歳30日でクラウス・ライトマイヤーを抜いて9位に浮上した」と報道。さらなるランクアップに期待を寄せた。

「ハセベは現在トップ10にランクインしている唯一の現役選手であるため、他の名前を追い越すチャンスがある。例えば、イェンス・レーマンは40歳と179日で7位、クラウディオ・ピサロは41歳と268日で4位となっている」

日本が誇る鉄人は、どこまで記録を伸ばせるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/9f888ca61e7724536d6da8691419677ace24471a


 


引用元:https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1708304297

【サッカー】横浜FM、延長戦に及ぶ死闘を制しバンコク・U撃破!…Jリーグ勢唯一のACLベスト8進出

1 名前:久太郎 ★:2024/02/21(水) 22:47:52.04 ID:iERxSwCL9.net
[2.21 ACL決勝トーナメント1回戦第2戦 横浜FM 1-0(延長) バンコク・U 横浜国際]

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は21日、決勝トーナメント1回戦第2戦を行った。横浜F・マリノスとバンコク・ユナイテッド(タイ)の対戦は、延長戦の末、横浜FMが1-0で勝利。延長後半終了間際にFWアンデルソン・ロペスがPKを沈める。2試合合計3-2でベスト8進出を決めた。

 ハリー・キューウェル新監督の初陣となった14日の第1戦は2-2のドロー。横浜FMは2点先取もバンコク・Uに2点を追い付かれた。第1戦で退場したDF松原健に代わって起用された新加入DF渡邊泰基のみが、第1戦からの変更メンバーとなる。4-1-2-3の布陣で、GKはポープ・ウィリアム、4バックは左から渡邊、DFエドゥアルド、DF加藤蓮。アンカーはMF喜田拓也、インサイドハーフはMF渡辺皓太とMFナム・テヒ。前線3人は左からFWエウベル、A・ロペス、FWヤン・マテウスが並んだ。

 前半は時間が経つにつれて横浜FMがボールを保持する。エウベルや渡辺が敵陣付近からシュートを放つも枠を捉えない。バンコク・Uのカウンターは冷静に防ぎつつ、10本近くのシュートを放ったが、前半45分間で枠内シュートゼロ。スコアレスで前半を折り返した。

 後半開始から横浜FMが攻勢を強める。敵陣のポケットまで入り込むことができるが、それでもゴール枠内は遠い。後半15分に2枚替え。エウベルとテヒが下がり、FW宮市亮とMF天野純が投入された。直後には右サイドから天野が決定機を作り、PA中央の宮市が合わせるも、相手のブロックに遭った。

 宮市と天野の出場で横浜FMがさらにチャンスメイク。後半23分、右サイドからヤンがクロスを上げ、ゴール前の天野がワンタッチで合わせるが、これもまた枠外に逸れる。同26分には宮市が左サイドからドリブル突破。途中でファウルを受けたが、その積極性でスタジアムを沸かせた。

 後半34分には横浜FMが絶好機を作る。渡邊が左サイドから内側にパスを出し、ボールを収めたA・ロペスが敵陣PA左でカットインから右足シュートを放つ。GKパティワット・カマイに左手でかろうじてセーブされ、ボールはゴール右ポストを直撃。目の前の天野に当たるも、ゴール右外に外れていった。

 横浜FMは後半37分、渡邊に代えて昨シーズン終盤に右ハムストリング肉離れで長期離脱していたDF永戸勝也が出場。その1分後には左サイドから永戸が鋭い縦パスを出す。宮市が左足でクロスを上げ、PA中央で天野がダイレクトシュート。だが、これもゴール右外に逸れていく。

 後半43分、横浜FMは再び2枚替え。加藤と渡辺を下げ、FW村上悠緋とMF山根陸が入る。右SBに村上が入り、山根は喜田と2ボランチを組んだ。後半アディショナルタイム8分が過ぎても決着つかず、試合は延長戦に突入した。

 延長前半15分も横浜FMが攻撃を仕掛け続け、バンコク・Uが固く守備を敷くも、0-0のまま後半に突入。延長後半15分、村上の右サイドからのクロスがMFウィサルット・イムラハンドの手に当たる。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)のチェックの末、ハンドの位置がPA内と認められて横浜FKがPKを獲得する。

 キッカーはA・ロペス。エースが冷静にゴール右隅に決め切り、待望の先制ゴールを挙げた。試合はそのまま終了し、横浜FMが1-0で勝利。過去2度もベスト16の壁を破れなかったが、クラブ史上初のベスト8進出を果たした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/144fb751fdba6a82d634eab58886d375df891de2


引用元:https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1708523272

【サッカー】W杯予選北朝鮮戦の告知ポスター“異変” 伊東純也“不在”でファン悲しみ「ショックすぎる」

1 名前:ネギうどん ★:2024/02/24(土) 11:20:12.54 ID:4O7akJ8w9.net
 森保一監督率いる日本代表は、3月21日に2026年の北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選(兼AFCアジアカップ2027予選)で北朝鮮代表とホーム国立競技場で対戦する。試合を告知する公式SNSの投稿画像に、MF伊東純也(スタッド・ランス)が“不在”となりファンから悲しみの声が相次いだ。

 1月12日に開幕したアジアカップで史上初5度目の優勝を目指した日本だが、準々決勝でイランに1-2と力負け。ベスト8で大会を去ることになった。この戦績を踏まえ、2月15日に国際サッカー連盟(FIFA)より発表された最新のFIFAランキングでは、17位から1ランクダウンの18位となっている。

 依然としてアジアではトップのFIFAランクを誇る日本。しかし直近の試合で守備面に課題(5試合8失点)が挙がった日本にとって、W杯アジア2次予選はアジアカップ同様に厳しい戦いが予想される。

 アジアカップの最中には、一部報道を受けて攻守に貢献してきた伊東が離脱。今後の代表活動も不透明な状況にある。日本代表の公式X(旧ツイッター)では、3月21日の試合に向けた投稿をしているなか、添付された画像にファンも注目。告知ポスターには伊東の姿がない。

 この投稿に、SNS上では「復帰を願っています」「ショックすぎる」「失望」「出れなくても、載せるべきじゃない?」「純也がいない」といった悲しみの声が多数寄せられていた。

https://www.football-zone.net/archives/512535

https://pbs.twimg.com/media/GG7gB--aoAArWcs?format=jpg'' target='_blank'>https://pbs.twimg.com/media/GG7gB--aoAArWcs?format=jpg' target='_blank'>https://pbs.twimg.com/media/GG7gB--aoAArWcs?format=jpg&name=900x900


引用元:https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1708741212

【サッカー】最新FIFAランキングが発表! 日本は1ランクダウンで18位もアジア首位キープ! アジア杯連覇のカタールは37位に急上昇昇

1 名前:征夷大将軍 ★:2024/02/15(木) 18:40:03.68 ID:CVs3/+nQ9.net
サッカーダイジェストWeb編集部
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=147835
2024年02月15日

 国際サッカー連盟(FIFA)が2月15日、最新のFIFAランキングを発表した。

 アジアカップでベスト8止まりだった日本は、17位から1ランクダウン。18位になったものの、アジア首位の座をキープした。

 一方、連覇を達成したカタールは58位から37位に、快進撃を続けて準優勝したヨルダンは87位から70位にジャンプアップ。また、準決勝でヨルダンに苦杯を喫した韓国は23位から22位に。準々決勝で日本を破るも、決勝を前にカタールに敗れたイランも20位に上昇した。

 ランキング全体では、1位のアルゼンチンから11位のウルグアイまで動きはなかった。

 FIFAランキングのトップ10は以下の通り。

1位 アルゼンチン
2位 フランス
3位 イングランド
4位 ベルギー
5位 ブラジル
6位 オランダ
7位 ポルトガル
8位 スペイン
9位 イタリア
10位 クロアチア

 同ランキングのアジアのトップ5は以下の通り。

18位 日本
20位 イラン
22位 韓国
23位 オーストラリア
37位 カタール

構成●サッカーダイジェストWeb編集部


引用元:https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1707990003
スポンサーリンク
インフォメーション

はてブ数: はてなブックマーク数

このブログについて

相互リンク・RSS募集中です(^ω^)
詳しくは、上記の「このブログについて」を参照してください。


ご要望も随時対応致します。
気軽にお願いします(`・ω・´)
(削除依頼・デザイン・まとめ方 etc..)
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
  • ライブドアブログ
スポンサーリンク