ヘッドライン

バイエルン、ドイツ代表FWマルコ・ロイス獲得へ、ルンメニゲ代表取締役「正直に言う。我々は話し合っている」

1 名前:1級神2種非限定φ ★@\(^o^)/:2014/10/21(火) 19:34:31.74 ID:???0.net

Bミュンヘンが独代表ロイス獲得へ

Bミュンヘンのカールハインツ・ルンメニゲ代表取締役が、
ドルトムントのドイツ代表FWマルコ・ロイス(25)の獲得を考えていると明かした。
21日付の独紙ビルトが報じた。
同代表取締役はロイスの獲得に
「正直に言う。我々は内々に(ロイス獲得について)話し合っている。いずれ決断を下すだろう」と認めた。
また、「ロイスも(移籍する)決断をしなければならない。移籍状況については知られている。それ以上は話したくない」
とコメントした。

Bミュンヘンはドルトムントから、13年夏にMFゲッツェ(ドイツ代表)、
今夏にはFWレバンドフスキ(ポーランド代表)と、2季連続でライバルチームから主力を引き抜いている。

日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/f-sc-tp3-20141021-1385212.html


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1413887671

本田、レストランで食事中にガリアーニCEOがシャンパンをプレゼント 同日夜にはベルルスコーニ会長が電話で祝福

1 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2014/10/21(火) 17:18:23.83 ID:???0.net

本田 CEОからシャンパン“ご褒美”

2014年10月21日

http://www.daily.co.jp/soccer/2014/10/21/p1_0007437454.shtml
 ガリアーニCEОからシャンパンをプレゼントされた本田圭佑

 イタリア1部リーグ(セリエA)、ACミランの日本代表FW本田圭佑が20日、ミラノ市内の
レストランで同クラブのガリアーニCEОからシャンパンをプレゼントされていた。21日付
ガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。

 家族や友人たちとブレラ地区のレストラン「カイマノ」で食事をしていた本田が、食後デザートに
さしかかっていた頃、偶然CEОがレストランを訪問。そして前日のベローナ戦で2得点とチームに
貢献していた本田にシャンパンボトルを奢った。またベルルスコーニ会長も同日夜、本田に直接、
電話で祝福の言葉を贈ったという。

 一方、同紙は昨年夏、本田の代理人である兄・弘幸氏がユベントスとの交渉のためスペイン・
マジョルカ島に滞在していたところ、偶然ミランの関係者に会ったとも報じている。そして結果的に
本田の希望もあって、ユーベでなくミランへの移籍話が進んだということも明かされた。

http://www.daily.co.jp/soccer/2014/10/21/0007437454.shtml


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1413879503

タイリーグ移籍の岩政大樹「日本人は、どこのリーグ、どこのチームにいるのか、ばかり気にする」

1 名前:ぽてぽんφ ★@\(^o^)/:2014/10/21(火) 12:59:50.11 ID:???0.net

(一部抜粋)
タイリーグの日本人選手の実情
――一方で、今シーズン本格化した日本人選手のタイリーグ移籍の流れは今後も続くと思いますか?

どうでしょうね。日本にいると、これだけの数の日本人が来ているということは
日本人がすごく評価されているように感じますけれど、実際にはみんなが活躍しているわけではありません。
ほとんど試合に出られていない選手や、契約打ち切りになる選手も少なくない。
それはちゃんと伝える義務があるんじゃないかとは思います。

――今季は平野甲斐選手がブリーラムでの活躍が認められてセレッソ大阪への移籍を果たしました。
今後、タイは若手のステップアップの場としても可能性があるでしょうか?

大事なことはどこにいるかではなくて、そこで何ができるかだと思うので、
何をもってステップアップというのかもちゃんと考えなければいけない。
たとえば本田(圭佑)もミランで半年苦しみましたが、
日本人は、どこのリーグ、どこのチームにいるのかということばかり気にするところがありますよね。

J1にいればすごいとか、タイだとステップダウンだとか、そういう単純なものではなくて、
どこで勝負して何を得たいかということだと思うんです。これからタイを中心として
東南アジアのサッカー市場はどんどん広がっていくし、日本人選手の選択肢も広がると思いますが、
そこはちゃんと考えなければいけないと思いますね。

(全文)http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/jleague/2014/columndtl/201410170001-spnavi


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1413863990

本田を信じ続けていたミラン番記者、“手のひら返し”への批判に苦言「良ければ評価し悪ければ批判するのは極めて当たり前」

1 名前:れいおφ ★@\(^o^)/:2014/10/21(火) 13:00:57.06 ID:???0.net

今シーズン6ゴールと結果を出しているミランの本田圭佑。
彼の活躍を、昨シーズンから信じ続けていたミラン番歴15年のイタリア人記者が、その理由を語った。

『それでも私は本田を信じる』――。
http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/wfootball/2014/03/07/post_512/

事実、当時の本田は、厳しい批判にさらされてしかるべきプレーに終始していたのだから当然である。
しかも、そう遠くない過去に欧州のみならず世界を席巻した実績から「名門」とされるクラブの選手であればなおのこと。
わずか1試合のわずか1プレーを誤っただけで容赦なく吊るし上げられる。
その是非はともかく、ここイタリアで「ジョカトーレ」の職に就くとはそういうことである。
20を超える階層の頂点であるセリエAで、しかもその上位クラブに席を持つとはそういうことなのだ。しかも本田は10番である。
したがって、私もまた、『それでも本田を信じる』としながらも、3月の時点では続いてこうも記していた。

いずれにせよ、今明確に言えるのは、今年1月の移籍から昨季終了までの間、
本田はミランの10番に値しない存在だったということだ。
ミランを50年に渡り見続けてきた、いまや80歳をはるかに超えたファンのひとりは、
今年3月当時、実に寂しげな表情と怒気を交えながらこう語っていた。

「今すぐ本田はミラノを去るべきだ。クラブ史上最低の10番」。
そして、「50年目にして初めて、私はサンシーロへ通うことをやめた」と。

辛辣に過ぎる言葉なのかもしれないが、当時の状況下でそうした声を否定する材料があったかといえば、
それは誰にも持ち得なかったはずである。しかし、いかに白眼視されようとも、それでも私は本田を信じると言い続けてきた。
もちろん、そこには漠たるものではない、そう確信する根拠があったからだ。

是々非々。この言葉の持つ意味を、一連の”本田報道”を見聞きしながら、当事者としてあらためて思う。
今季開幕から7戦で6ゴールを記録したことでメディア全体が賞賛するのを”手のひら返し”と揶揄する向きもあるが、
そうではないだろう。

良ければ率直に評価し、悪ければ批判する。極めて当たり前の対応でしかない。
むしろ、批判すべきを批判せず、単に「応援団」と化した類いのメディアが並べる「提灯記事」こそが、
最も恥ずべき行為である。

選手の活躍と成長を望むのであれば、前述の老人に倣い厳しい態度を示すべきだろう。
対象となる選手が豊かな才能を備えているのであれば、見る目はさらに厳しくなって当たり前である。

無論、ミランOB・コスタクルタの過去(昨季)の本田への批判的な見解を引っ張り出してきて揶揄するなどもっての外だ。
卑怯な後出しジャンケンでしかない。しかし、この恥ずべき行為を何人かのジャーナリストたちが行なっていると聞く。

彼らに問いたいのだが、彼らは当時(今年3月)、コスタクルタの見解を公の場で批判していたのだろうか? 
選手が劣悪なプレーに終始しても、選手の批判をしてはいけないのだろうか? だとすれば、メディアの存在意義はないということになる。

(>>2以降に続く)

http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/wfootball/2014/10/21/post_663/

2 名前:れいおφ ★@\(^o^)/:2014/10/21(火) 13:01:08.79 ID:???0.net

(>>1の続き)

かつてフランコ・バレージはこう言っていた。
「プレーの不甲斐なさは誰よりも選手本人がもっともよく知っている。当然、翌朝の新聞に厳しく書かれることも受け入れる用意がある。
ところが、それがなければ一体なんなんだ……となる。つまり『俺は批判の対象にさえならないのか』『もう期待もされていないのか』となる」

本題に戻ろう。
本田は今季、誰もが知るとおり、開幕から6戦で昨季とはまるで違う動きを見せている。
リーグ戦7試合6得点は申し分ない数字だ。選手のパフォーマンスの指標とされる「IVG値」も、
第6節終了時点でFW部門の7位タイにつけている。あますことなく、と言えないまでも、本来の実力を可能な限り発揮しているといえる。

そのうえで、先に述べた『それでも本田を信じる』の根拠を記せば、こうなる。
それは今年3月の原稿に記したとおり、実に単純な話だ。
ミラノ入りして以降に本田が見せた類い稀なプロフェッショナルとしての姿勢、そして彼のプライドである。

オランダとロシア、そして日本代表で積み上げてきた実績は申し分ない。
ところが、昨シーズンの本田はあまりに多くの負の要素に取り囲まれていた。クラブ幹部同士の確執、首脳陣と監督の対立。
それが原因で生じたロッカールームの分裂。しかも本田は、ロシアからほぼ休むことなくイタリア入りしていた。

これでは実力発揮のしようがない。厳しく批判しながらも、『それでも本田を信じる』と繰り返してきた根拠がこれである。
要するに、コンディションさえ戻れば相応の貢献をミランにもたらしてくれるに違いない、と考えていたのだ。

今季、本田圭佑は本来の実力を発揮しつつある。
ただし、今のミランはチャンピオンズリーグにもヨーロッパリーグにも出場していないため日程的に余裕があり、
それゆえコンディションを維持できているともいえる。真価が問われるのは、今季の後半、さらには来季といえるだろう。

ちなみに、今日現在、第7節を終えた時点で、件の老人はまだスタジアムへ戻ってきていない――。

(おわり)


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1413864057

絶好調の本田圭佑に海外ファンも手の平かえして大絶賛「シビックより速い」「VTECエンジン積んでる」

1 名前:ぽてぽんφ ★@\(^o^)/:2014/10/21(火) 11:38:58.05 ID:???0.net

本田圭佑が2ゴールの覚醒で、海外ファンからも絶賛コメントが相次ぐ

ACミランの本田圭佑選手が10月19日のベローナ戦で1試合2得点を記録。
リーグ戦7試合で5得点と、完全にゴールゲッターとして覚醒した本田選手に
海外のファンからも絶賛の言葉が並んでいる。

海外ファンからは、「シビックより速い」「VTECエンジンを積んでる」
と自動車メーカーのホンダにかけたコメントや、「本田は絶好調だね。ボディーランゲージが全てを物語ってる」
「華麗なゴール。彼のゴール前での落ち着きは素晴らしいね」「得点リーグトップタイ! テベスに並んだ」
といった賞賛が並ぶ。

また「2つともエル・シャーラウィ&ラミの素晴らしいパスから生まれた」
「トーレスの引きつけも効いていたね」とチーム連携を評価する指摘もあった。

なお、すでに昨シーズン不調だった汚名は返上しているようで「ホンダを早く獲得していたら、
もっとうまくチームに溶けこませて、もっと早く良い結果を残してたかもな。
そしたら今でもアッレグリが監督をしていかもしれないから……。昨季は全てが酷かった」
と、シーズン途中から加入となったことを惜しむコメントも見られた。

http://news.livedoor.com/article/detail/9379910/


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1413859138

本田 アジア杯招集めぐり“綱引き”も…ACミラン副会長「反対」

1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2014/10/21(火) 09:13:43.15 ID:???0.net

本田のアジア杯(来年1月、オーストラリア)招集に関して、ACミランと日本協会で綱引きが行われる可能性が出てきた。複数の関係者が明かしたもので、ガリアーニ副会長も現在、6得点の本田について

「我々はアジア杯の招集に反対する。本田は不可欠な存在であり技術的にもスーパーだ。もし参加するとなれば非常に落胆する」と招集回避を強く訴えている。

 アジア杯は17年コンフェデ杯の出場権を懸けた公式戦で、FIFA規約では協会側が招集の拘束力を持つ。

欧州を代表するビッグクラブとは良好な関係を保ちたい日本協会だが、アジア杯は連覇が目標。主将を務める本田の招集は決定的で、年末の事前合宿からの参加は譲れない。

 それでも、ACミランが本田の招集を断固拒否したいのには訳がある。セリエAはドイツなどに比べ冬季中断期間が短く、日本代表が決勝まで進めば本田が最大5試合の欠場となるからだ。

存在感が増せば増すほどアジア杯の招集問題がクローズアップされる皮肉な現象。ACミランが強硬姿勢を崩さないなら一もん着起こりそうだ。

10月21日 7時24分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141021-00000070-spnannex-socc


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1413850423

本田7戦6発!得点王に躍り出た「3つの変化」

1 名前:第四期次席φ ★@\(^o^)/:2014/10/21(火) 05:56:29.68 ID:???0.net

セリエA第7節 ACミラン3―1ベローナ (10月19日)
 ACミランの日本代表FW本田圭佑(28)がセリエAの得点ランクでトップに躍り出た。
セリエA第7節の19日アウェー、ベローナ戦で移籍後初のマルチ弾を記録。
2試合連続のゴールで今季得点を6に伸ばし、19日の時点でFWカルロス・テベス(30=ユベントス)、
MFホセ・カジェホン(27=ナポリ)に並んだ。

 本田はベローナ戦で移籍後初のマルチ弾を記録。前半27、後半11分にともにスルーパスに抜け出し左足で決めた。
開幕から7試合6得点で得点ランクのトップに浮上。しかも、PKで2得点しているテベスと違い、
全て流れの中でのゴールと決定力は抜群。もはや押しも押されもせぬエースになった。
シーズン途中の加入で14試合1得点に終わった昨季とは別人のような活躍。だが、決してフロックではない。

 (1)コンディション ガリアーニ副会長は「昨季はろくに練習をしないまま、
全く異なるリーグへ身を投じなければならなかった。今季はW杯後に休養を取れて夏に十分な練習を積んだ。
今の本田はスーパーだ」と絶賛。休養と効果的なトレーニングで飛躍的にコンディションが上がっている。

 (2)走力 ガゼッタ・デロ・スポルト紙のパソット記者は体調が万全となったことで
「断然、走れるようになった。それが落ち着きを与え、プレーの精度も増している」という。
スピードのない本田だが、展開を読んでタイミング良く飛び出すのに加え、それを実行できる体力がある。
ベローナ戦のゴールでも長距離を走った。「今季は何度も長い距離を走っているところに成長が見える」と分析した。

 (3)コミュニケーション 右サイドでコンビを組むDFアバーテも「本田がサイドを
空けてくれるので自分も動きやすくなった」と連係面の改善を口にする。衛星放送
スカイ・スポーツのステファノ記者は「イタリア語でコミュニケーションを取れるようになった
ことがブレークの秘けつ。だって、インザーギ監督は英語が全然ダメなんだから」と指摘。
対話によって自らがゴールへ向かう形を周囲に理解させ、味方を生かすプレーを可能にした。

 ピッチ内外の変化に裏打ちされた2年目の飛躍。本田の勢いは今後も止まりそうもない。
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/10/21/kiji/K20141021009138040.html


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1413838589

静岡市 サッカースタジアム建設、賛成が9割

1 名前:れいおφ ★@\(^o^)/:2014/10/20(月) 22:06:36.04 ID:???0.net

静岡市が来年度からスタートする市政の運営方針を定める計画案に対して、
市民から意見を募ったところ、東静岡地区にある市の土地の利用方法として、
サッカースタジアムの建設を求める意見が9割を占めたことがわかりました。

静岡市は、来年度から8年間の市政の運営方針を定める総合計画を作る作業
を進めていて、9月から1ヶ月間、計画案に対する市民からの意見を募集し、
205人から304件の意見が寄せられました。

このうち、活用法が決まっていないJR東静岡駅北側の市の土地について、
市民から寄せられた50件の意見のうち、9割がサッカーのスタジアム建設を求める意見で、
サッカーの町、静岡の新たなシンボルとなるスタジアムをつくってほしいなどの声が多くあったということです。

JR東静岡駅前の再開発は、静岡市役所の庁舎の移転計画が途中で
ストップするなど迷走をつづけ、利用方法が決まらない状況が続いています。

静岡市は、東静岡駅前の開発のあり方も含んだ来年度以降の市の総合計画案について、
11月にはじまる定例市議会で審議する予定で、
市は市民から寄せられた意見も参考に検討を進めるとしています。

10月20日 12時42分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/3035405471.html

関連スレ
川勝知事「東静岡にサッカー場を」 静岡市に意思表示求める
http://www.at-s.com/news/detail/1171802001.html
知事「サッカースタジアム造るべき」東静岡地区の再開発に一石
http://www.at-s.com/sbstv/videonews/index.html?id=duPHCXn-BM4


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1413810396

伊メディアで本田フィーバー、「帝王本田」など絶賛の言葉が並ぶ ガゼッタ紙は日本人が描いた本田のイラストを紹介

1 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2014/10/20(月) 23:39:38.02 ID:???0.net

Sports Watch

10月19日のベローナ戦で2得点を記録したACミラン本田圭佑選手。翌日のイタリアメディアには
賞賛の言葉が並び、日本以上に本田選手への注目が集まりつつある。

そんな中、ツイッター上に日本人が掲載したゴールシーンのイラストが有力スポーツ紙
<ガゼッタ・デロ・スポルト>に紹介された。

「帝王・本田の(活躍は)はただの流行ではない。セリエAの日本人得点王はマーケティングのために
契約した選手ではないことを証明」と大袈裟な見出しで紹介。コミカルに特徴を捉えた本田選手のイ
ラストは、日本のツイッターユーザー“りおた”さんが「本田圭佑の2ゴール目の場面を5分で
描いてみた」と投稿したもので、そのままガゼッタ紙のサイトで掲載されている。

りおた @riota2gaoe
本田圭佑の2ゴール目の場面を5分で描いてみた。 #acmilan
https://pbs.twimg.com/media/B0UTNJzCYAAq0yK.jpg

https://twitter.com/riota2gaoe/status/523846048570019841

▽ガゼッタ紙
https://pbs.twimg.com/media/B0YRML1CYAAtXI-.png


その他にも、本田選手のイタリアでの生活などを紹介し「妻と息子、犬とともにモンテナポレオーネ
通りから徒歩数分のファッションの中心地に住む。今シーズンは新たな理学療法士を日本から連れて
きて、得点王になるために生まれ変わってきた」と褒めちぎっている。

「イタリアに来たばかりの頃はサングラスなどファッションしか話題にならなかったが、彼は今や
スターだ」と、歯の浮いたような絶賛が並ぶ伊メディア。数ヶ月前に「頼むから本田から背番号10を
取り上げてくれ」と主張したメディアとは思えない豹変ぶりだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/9379167/


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1413815978

C大阪 フォルランと大熊監督が会談「日本人は最後まで行かないとシュートを打たない。なぜ、ゴールを見ないんだ」

1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2014/10/20(月) 23:06:03.35 ID:???0.net

J1で降格圏内の17位に低迷するC大阪は20日、次節徳島戦(22日、金鳥ス)に向けて大阪市此花区の舞洲練習場で調整した。
練習後、元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン(35)は、白沢通訳を介して大熊監督と30分近く話し込んだ。

勝利と、ゴールへの渇望がフォルランを突き動かしたのか。口調は次第に熱を帯びていった。時には身振り手振りを交えた“青空会談”。
「試合での動きや修正できる部分をいろいろ意見した」と明かした。

フォルランはミニゲーム中も激しい口調でチームメートにアドバイスを送り、FW永井やMF秋山には“個人授業”まで行う熱の入れようだった。

チームは9月27日の浦和戦以来、公式戦で3試合連続ノーゴールと深刻な決定力不足に陥っている。

フォルランは「攻撃だけの問題ではない。チーム全体が機能すれば攻撃のパワーが出てくる。なるべく早くボールを前に運ぶことだ。
最終ラインからボールが入っていかないと、相手は守りやすくなってしまう」と持論を展開した。

大熊監督も「彼らはゴールに向かっていくし、シュートに対する意識が違う。シュートレンジが違うのはあるが、日本人は最後まで行かないとシュートを打たない。
『なぜ、ゴールを見ないんだ』ということ。世界で点を取ってきた選手だし、言っていることは当然」と理解を示した。

左足内転筋の違和感で18日の鳥栖戦を欠場したフォルランだったが、この日はフルメニューを消化し、徳島戦出場に意欲を見せた。

ミャンマーで行われているU-19(19歳以下)アジア選手権を終え、19日に帰国したFW南野もフルメニューを消化。
徳島戦の出場は確実で、14日間で5試合という過酷な日程となるが「思っていたより体は軽かった。後がないという思いだし、やるしかない」と悲壮な覚悟を見せた。

10月20日(月)22時12分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141020-00000077-dal-socc


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1413813963
スポンサーリンク
インフォメーション

はてブ数: はてなブックマーク数

このブログについて

相互リンク・RSS募集中です(^ω^)
詳しくは、上記の「このブログについて」を参照してください。


ご要望も随時対応致します。
気軽にお願いします(`・ω・´)
(削除依頼・デザイン・まとめ方 etc..)
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
  • ライブドアブログ