ヘッドライン

名波がイタリアの「ダメな助っ人」ワーストイレブンに選出

1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2015/08/03(月) 18:51:25.20 ID:???*.net

海外から助っ人としてセリエAに訪れる選手の中で、ライカールトらオランダトリオや、パベル・ネドヴェドは記憶に残る名選手だっただろう。
しかし、その逆もある。助っ人として期待されながら、結果を出せなかった選手もいる。

伊メディア『Guerin Sportivo』は、そんな悲しき助っ人イレブンを紹介した。
その中には、現ジュビロ磐田の監督である元日本代表MF名波浩の名もある。名波は日本を代表する名選手であり、
1998フランスワールドカップでもエースとして全試合に出場した。そして満を持して1999年にセリエAのACヴェネツィアに移籍。
しかし出場機会はほとんどなく、クラブもセリエBに降格し、わずか1年でJリーグに復帰した。

GK:マグナス・ヘドマン

DF:アンソニー・バンデンボーレ、サミル・ベルファ、アベル・ジャビエル、アチルソン

MF:ガイスカ・メンディエタ、ヴァンペッタ、名波浩、イブラヒム・バ

FW:サーディ・カッザーフィー、ダルコ・パンチェフ

こんなランキングに選出されるということは、期待値は高かったということの現れ。
少なくともイタリアのメディアは今も名波のことを忘れていないという事実の裏返しでもあり、完全に忘れられているよりは良いかもしれない!?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150803-00010018-theworld-socc
theWORLD(ザ・ワールド) 8月3日(月)18時40分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150803-00010018-theworld-socc.view-000
ヴェネツィアでプレイした名波

https://www.youtube.com/watch?v=sBeuMXR6Rpg


中田英寿 Hidetoshi Nakata Perugia vs Venezia 名波浩 Hiroshi Nanami


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1438595485

英国人ライター「相変わらず『ザ・日本』の戦いだった」「永井は代表のクオリティではない。判断力と精度が足りない」

1 名前:備長炭Z ★@\(^o^)/:2015/08/03(月) 17:00:02.28 ID:???*.net

英国人が見た北朝鮮戦「相変わらず『ザ・日本』の戦い…」「ブラジルW杯を思い出した」

 日本代表は2日、EAFF東アジアカップ2015の初戦で北朝鮮と対戦して1-2と敗戦。
この試合中、現地で取材するイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時感想を聞いた。

■「遠藤のクロス精度はウッチーよりいいね(笑)」

――ハリルホジッチ監督は先発メンバーにGK西川周作、DF遠藤航、森重真人、槙野智章、藤春廣輝、MF谷口彰悟、山口蛍、武藤雄樹、FW永井謙佑、宇佐美貴史、川又堅碁を起用しましたね。
「本来なら太田と柴崎が入るはずだけど、少し怪我をしているので予想通りかな」

――では、この中で注目している選手は?
「遠藤と川又。遠藤は非常にポテンシャルが高い。ディフェンダーだけどボールを持ってもすごく冷静。
若いなのに常に落ち着いている。川又はフィジカルが強いストライカーだから、チームに貢献できそう」

――立ち上がりの3分、日本は遠藤のクロスから武藤のゴールでいきなり先制しましたね!
「ゴールはシンプルな流れで良かったね。遠藤のクロスも精度が高かった。ウッチー(内田篤人)よりいいね(笑)」

――幸先よく先制できましたが、全体の出来はどうですか?
「良い出来。ゴールを取れたことで主導権を握ることができた」

――対戦相手の北朝鮮はどうですか?
「日本のメンバーが“A代表”じゃないので、北朝鮮もそうかなと思ったけど、アジアカップの時と大体同じメンバーだね」

――ショーンさんはアジアカップも現地で取材されていましたね。その時の印象はどうでしたか?
「技術はオッケーだったけど、後半に疲れていたね。それであまり良い結果を出せなかった」(編注:3戦全敗でグループリーグ敗退)

■「宇佐美は全く存在感がなかったね…」

(中略)

――前半はチャンスもありながら決めきれず、ピンチを迎えながらも失点せずに1-0で折り返しました。印象はどうでしたか?
「日本は良いプレッシングを続けていたね。北朝鮮との差を見せつけた。ただ、この暑さの中で90分間プレッシングは続けられないと思う。後半はベンチワークが重要となるだろうね」

――なるほど。では、後半に見たい選手はいますか?
「興梠! 彼は代表レベルでも十分に通用する選手だと思う」

――後半は、まず55分に宇佐美が柴崎と交代しました。宇佐美はいかがでしたか?
「運も悪かったけど、全く存在感がなかったね…。どこにいたか分からなかった」

――では、柴崎に期待したいことは?
「いつも通り、多くのチャンスを作って欲しい」

■「中国のサポーターは喜びすぎ!! 日本は本当に人気ないね…」

――後半立ち上がりの出来はどうですか?
「まあまあ悪くない入りだったけど、カウンターのリスクがありそうだね」

――77分には川又に代わって興梠が投入されました。とにかく追加点が欲しいですね…と言っている間にロングボールから同点に追いつかれました。
「簡単にやられすぎ…。ハリルはすごく怒るだろうね…」

――とにかく勝ち越さなければなりませんね。永井は浅野と交代です。永井のパフォーマンスはどうでしたか?
「よく働いたけど、代表のクオリティではないね。判断力と精度が足りない」

――と言っている間に再びロングボールから逆転を許してしまいました…。
「また!? 今回も簡単にやられすぎ。さっきと全く同じ…」

>>2-5あたりに続く)

フットボールチャンネル 2015年8月3日11時14分(text by 編集部)
http://www.footballchannel.jp/2015/08/03/post99965/

2 名前:備長炭Z ★@\(^o^)/:2015/08/03(月) 17:00:29.07 ID:???*.net

(>>1からの続き)

――結局試合はそのまま終了し、1-2で逆転負け。
「ゲームコントロールはできていたけど、ディフェンス面で集中力不足。攻撃面で精度不足。相変わらず『ザ・日本』の戦いだったね…」

――ロングボールも決定力不足も何年も前から嘆かれていた弱点ですね…。
「ブラジルW杯のコートジボワール戦を思い出したよ。勝利のチャンスがありながら2つのクロスからやられた」

――確かに。次戦は5日の韓国戦です。より厳しい戦いが予想されますが、改善すべきポイントは?
「とにかく集中力。個々のミスでチームが負けた」

――なるほど。まずは選手個人のパフォーマンスを安定させなければチームとして戦えませんね。
「本当にそうね。ただ、最後に1つ。中国のサポーターは喜びすぎ!! ここでは日本は本当に人気ないね…」

<関連スレ>
【サッカー】東アジア杯・第1節は男女共に韓国と北朝鮮が勝利、日本と中国が敗北で、韓国紙「南北の善戦、日中の没落」
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1438585828/
【サッカー】北朝鮮監督「団結心、闘争心で上回った」笑顔の会見
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1438530601/
【サッカー】EAFF東アジアカップ 日本代表、北朝鮮に1-2で敗れる★9
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1438560708/


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1438588802

J1新潟・U22代表、FW鈴木武蔵がJ2水戸に期限付き移籍

1 名前:失恋レストラソ ★@\(^o^)/:2015/08/03(月) 14:16:01.16 ID:???*.net

アルビレックス新潟より、鈴木 武蔵選手の期限付き移籍加入が決定いたしましたので、お知らせいたします。
なお、期限付き移籍期間は2016年1月31日までとなります。

【鈴木 武蔵(すずき むさし)選手プロフィール】
■ポジション
FW
■生年月日
1994年2月11日(21歳)
■身長/体重
185cm/75kg
■出身地
ジャマイカ
■サッカー歴
韮川西小サッカースポーツ少年団→FCおおたJrユース→桐生第一高→アルビレックス新潟
■代表歴
U-16日本代表、U-17日本代表、U-19日本代表、U-20日本代表、U-21日本代表、U-22日本代表
■出場記録
〈通算〉
J1リーグ戦通算66試合出場6得点
カップ戦通算14試合出場4得点
J3リーグ戦通算3試合出場0得点
〈2015シーズン〉
明治安田生命J1リーグ戦13試合出場1得点
ヤマザキナビスコカップ2試合出場0得点
明治安田生命J3リーグ戦2試合出場0得点
※8月3日時点

コメント(水戸リリース)
「はじめまして、鈴木武蔵です。自分のスピードやダイナミックさを活かしたプレーでチームに貢献できるよう、水戸のために全力でプレーしたいと思います。選手・スタッフの皆さん、サポーターの皆さんよろしくお願いします。

コメント(新潟リリース)                                                                           
3年間新潟でプレーをしてきました。もっとチームを助けられる存在になるために、水戸に期限付き移籍することを決めました。
もっと成長して、また新潟に帰ってきたいと思います。
新潟で3年間やってきたすべてのことが自分のためになっていると思いますし、関わってくださった監督、スタッフ、チームメイト、サポーターの皆さんに感謝しています。

◆水戸ホーリーホック公式
http://www.mito-hollyhock.net/?p=21261
◆アルビレックス新潟公式
http://www.albirex.co.jp/news/top_team/46525


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1438578961

敗因は「遠藤保仁不在」。落ち着かない中盤、変化のないリズム。MF陣に求められる構成力の向上

1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2015/08/03(月) 11:32:14.16 ID:???*.net

中国・武漢で行われている東アジアカップ。日本は初戦で北朝鮮と対戦して1-2と逆転負けを喫した。
6月のシンガポール戦と続いて2試合連続で結果を出せなかった要因には中盤の構成力が挙げられる。
この先、ハリルホジッチ監督があえて外す遠藤保仁の穴を埋めることはできるのだろうか。

攻守に顕著だった詰めの甘さ

韓国で開催された2年前の前回大会に続く連覇を賭けて、2015年東アジアカップ(武漢)に参戦する日本代表。
2日の初戦・北朝鮮戦で確実に勝って、勢いに乗りたいところだった。

気温35度・湿度50%超の猛暑に劣悪なピッチコンディション、7月29日のJ1第2ステージ第5節のゲームから中3日という超過密日程にもかかわらず、日本の出足は悪くなかった。

開始早々の3分、この日初キャップを飾った右サイドバック・遠藤航(湘南)の精度の高いクロスに同じく代表デビューの武藤雄樹(浦和)が巧みに合わせていきなり先制点をゲット。最高のスタートを切った。

その後も12分の宇佐美貴史(G大阪)の左からの強烈シュート、13分の武藤の反転シュート、24分の川又堅碁(名古屋)のGKとの1対1、
44分の永井謙佑(名古屋)のフリー場面など数多くの決定機を作ったが、まるで6月のシンガポール戦(埼玉)の再現のように決めきれない。

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督も「今日も10以上の決定的なチャンス。このように失敗し続けてはいけない」と苦言を呈するしかなかった。

案の定、足が止まってきた後半は防戦一方に。
柴崎岳(鹿島)を投入して4-3-3に布陣変更しても流れは変わらない。
逆に長身FWパク・ヒョンイルを投入してきた北朝鮮のパワープレーに屈指2失点。
相手の術中にまんまとはまった挙句、逆転負けを喫する最悪の展開。やはりショックが大きかった。

「チームのフィジカルの問題で、最後まで持ちこたえることができなかった」と指揮官はコンディション調整不足が最大の敗因だと分析した。
が、決してそれだけではないだろう。攻撃陣はシュートの雨嵐を浴びせながらも追加点を奪えず、
守備陣は肝心のところでマークを外したり、セカンドボールを拾えなかったりする。チームとしての詰めの甘さは顕著だった。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150803-00010015-footballc-socc
フットボールチャンネル 8月3日(月)10時27分配信

2 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2015/08/03(月) 11:33:17.58 ID:???*.net

中盤の統率力、構成力、ボール保持力の向上は必須

こういう悪循環が起きるのは、攻守両面で90分間、単調なリズムになっているから。
相手に蹴りこまれた後半は特にそうで、ズルズルとラインが下がり、ボールを奪ってもタメを作れないからまた守勢に回る。
中盤の落ち着きどころ、リズムの変化をつけるところがないのは明らかだった。

「セカンドを拾うことは何回かできてましたけど、ボールをもっと大事にしないと。
前に蹴り出したり、外に蹴り出したりするんじゃなくて、もっと大事に自分らのボールにする必要があったのかなと思います」と
代表戦で初めてキャプテンマークを巻いた森重真人(FC東京)が語る。

一方で攻守の要の役割を担った山口蛍も「もっとラインを高く取ってもよかった。
彰悟(谷口=川崎)がいるからヘディングで強いのは分かるけど、蹴る前から最終ラインの中に入って構えてたから、それだとラインがずるずる下がってしまう。
もっと上げるべきだったかなと思います」と全体を押し上げられなかった反省を口にした。

やはり中盤の統率力、構成力、ボール保持力がより高くないと厳しいのだ。

この日の日本代表は山口と谷口のダブルボランチで前半を戦った。谷口はクラブでセンターバックに入っていることから分かる通り、守備で強みを発揮するタイプ。
その分、山口がゲームメークにより積極的に関与しなければならなかった。前半は比較的そういう形ができていたが、時間の経過とともに守勢に回るようになってしまった。

そこで後半から柴崎を投入し、彼と山口のダブル司令塔のような形にしたのだが、2人のところであまりボールが収まらない。
柴崎は負傷の影響が多少なりともあったのかもしれないが、彼らが時間を稼がなければ、試合の流れはどんどん北朝鮮に行ってしまう。

監督との次戦、カギを握るボランチ勢の奮起

アンカー役を担った谷口も「前にボールを出す時間を長くして、落ち着くところは落ち着かせてコントロールというのを、真ん中である僕がうまくやらないといけなかった」と
消極的になった自らの仕事ぶりを悔やんだ。結果的に日本は相手の思惑通りの展開に陥り、アッサリと敗れてしまったのだ。

遠藤保仁(G大阪)が中盤をコントロールしていた時の代表であれば、苦しい時間帯でも日本ペースに引き戻すだけの地力が感じられた。
ハリルホジッチ監督はその遠藤をあえて外し、若い世代だけで勝てるチームを作ろうとトライしているが、現時点ではスムーズに進んでいるとは言い切れない。
アジアと対戦し、苦戦するたび、遠藤不在の大きさが色濃く浮かび上がってくるのが現実だ。

今大会メンバーに前回優勝の立役者の1人である青山敏弘(広島)や負傷離脱した柏木陽介(浦和)がいればまだ違ったかもしれないが、
いない選手のことを追い求めていても仕方がない。現有戦力で巻き返しを図るしかないのだ。

とにかく、山口、谷口、柴崎に加え、控えに回った藤田直之(鳥栖)、米本拓司(FC東京)らボランチ陣にはより試合をリードしていく強い意識が求められる。
それがないと、中国を2-0で一蹴した次の相手・韓国には勝てない。

前回大会MVP、2014年ブラジルW杯経験者である山口にはよりその意欲を前面に押し出してほしいところ。
初戦黒星の反省を生かすしか、チーム立て直しの術はない。


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1438569134

ハリル監督 格下に初黒星で不満たらたら 先発の入れ替え明言

1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2015/08/03(月) 09:14:19.12 ID:???*.net

東アジア杯男子 日本1―2北朝鮮 (8月2日 中国・武漢)

試合終了のホイッスルが鳴ると、北朝鮮選手が喜びを爆発させる中、初黒星を喫したバヒド・ハリルホジッチ監督(63)はピッチ脇からきびすを返し、ベンチへと向かった。
途中で右手に持ったタオルで顔を拭った。連覇を目指し重要な初戦でFIFAランク129位の“格下”にまさかの敗戦。
「ガッカリしています」。会見場の指揮官は腕組みをしながら憔悴(しょうすい)した顔でこぼした。

スタートは良かった。初招集の武藤、遠藤の起用が的中。前半3分にその2人で先制点を挙げた。
しかし、そこからは拙攻が続く。
そして、後半10分にMF柴崎投入後、4―3―3にシステム変更するとこぼれ球が拾えなくなり、
同21分に北朝鮮の長身FWパク・ヒョンイルが投入されるとパワープレーに屈した。

怒りの矛先は日本協会やJリーグにまで向けられた。
7月23日のメンバー発表会見では「試合後は言い訳をしない」と明言していた指揮官だが「3日前にたどりついて2回しか練習していない。
フィジカル的な問題が決定的な違いを生んだ。日本のサッカーに関わる方が(日程について)何か思わないといけない。
私の方が正しい」と、いつもと変わらぬハリル節。「言い訳ではなくて」と言う“言い訳”がむなしく響いた。

早くも連覇へ暗雲が漂い始めた。
ザッケローニ元監督が率いた13年の韓国大会では同じくリーグ戦から中3日で初戦の中国戦を迎え、同様の過密日程で初優勝しているだけに、これ以上の言い訳はできない。
環境を変える努力をするのも重要だが、与えられた条件でいかに結果を出すかも名将の条件。
次戦へ向けて指揮官は「何人か交代して起用する」と、先発の入れ替えを明言した。テコ入れは功を奏するのか。手腕が問われている。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/08/03/kiji/K20150803010860700.html
2015年8月3日 05:30

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/08/03/gazo/G20150803010863230.html
落胆の色を隠せないハリルホジッチ監督
.


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1438560859

北朝鮮2メートルFWに日本DF陣ボロボロ 槙野「競り負けた」

1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2015/08/03(月) 09:19:48.38 ID:???*.net

東アジア杯男子 日本1―2北朝鮮 (8月2日 中国・武漢)

守備陣が再び高さで崩された。前半は無失点で抑えたが、指揮官が試合後「2メートルある選手」としたFWパク・ヒョンイルが投入された後半21分に状況が一変。
ゴール前にロングボールを放り込まれ、同33分に森重が競り負け失点。

「しっかりチャレンジ&カバーをしていれば」と森重は悔しさを押し殺す。
さらに同43分には再びロングボールから今度は槙野が空中戦で敗れ、勝ち越しを許した。
「競り負けてしまった」と話した槙野が「踏ん張らないといけない」と唇をかんだ。

これまでも弱点に挙げられた空中戦。指揮官は敗因のひとつにフィジカル面の調整不足を挙げたが、何より試合運びが拙く一本調子で縦に急ぎ、
ミスで失ってはロングボールを入れられ後手に回った。谷口は「落ち着く時間もつくりたいけど監督にそれを伝えていいのか…。
迷った」と経験不足ゆえの葛藤も明かした。最大のライバル韓国戦に向け、守備の修正とチームの意思統一が急がれる。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/08/03/kiji/K20150803010862690.html
2015年8月3日 05:30


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1438561188

ハリル日本、黒星発進「忍耐足りなかった」一問一答

1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2015/08/02(日) 21:59:36.57 ID:???*.net

<東アジア杯:日本1-2北朝鮮>◇2日◇中国・武漢

2連覇狙うハリルホジッチ監督率いる日本代表(FIFAランク50位)は、黒星発進となった。

東アジア杯初戦で北朝鮮(同129位)と対戦し、前半3分に武藤が先制点を決めるも、後半2点を奪われまさかの逆転負けとなった。

試合後のハリルホジッチ監督のインタビューは以下の通り。

-試合を振り返って

ハリルホジッチ監督 分析するのは簡単ですけど、フィジカル的にまだ準備ができていなかったと思います。
それでかなり決定的なシーンがたくさんあったのですけど、仕事を仕切れなかった。
2メートルぐらいある選手が2つの決定的なプレーで決定づけられた。

-選手たちに野心を見せてくれと言っていた

ハリルホジッチ監督 しっかり見せていたと思うが、フィジカル的な問題で、制限されていたと思います。
選手が疲れていて、フィジカル的な忍耐が足りなかったと思います。もうこれ以上、繰り返すことはない。もう一度言ったので。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150802-00000157-nksports-socc
日刊スポーツ 8月2日(日)21時45分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150802-00000157-nksports-socc.view-000
後半、北朝鮮に同点ゴールを決められがっくり汗をぬぐうハリルホジッチ監督


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1438520376

長谷部がアシスト! フランクフルトがFC東京との打ち合い制す フランクフルト 3-2 FC東京(前田・バーンズ)

1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2015/08/03(月) 00:34:55.36 ID:???*.net

FC東京がドイツに乗り込む

2日、ドイツ・フランクフルトで行われた親善試合で、ブンデスリーガのフランクフルトはJリーグのFC東京と対戦した。

フランクフルトは4-2-3-1の布陣。日本代表MF乾と日本代表MF長谷部はともに先発。
乾は左ウイング、長谷部はプレシーズンマッチで試され続けている右サイドバックを務めた。
一方のFC東京は4-3-1-2、2トップはFW前田と新加入の豪代表FWバーンズがコンビを組んだ。

フランクフルトはサイドから攻撃を組み立てる。長谷部も積極的に高い位置を取り、前線にクロスを供給する。
12分にはサイドでビルドアップし、最後は中央で乾がロングシュートを放った。

フランクフルトが優勢に進めていたが、FC東京が立て続けに得点を決める。
20分、左サイドからのCKを一旦は長谷部がクリアするものの、そのクリアボールを収めた前田がシュート。鋭いボールがネットを揺らした。
その2分後には、相手陣内高い位置で河野がボールを奪うと中にクロスを送り、このボールに走り込んだバーンズがニアで合わせ、ゴール。FC東京が2点を先行する。

その後はフランクフルトが押し込む時間帯が続き、41分には1点を返す。
フランクフルトは中央から右サイドに展開すると、長谷部から低いクロスを受けたセフィロヴィッチがダイレクトで合わせ、ネットを揺らした。長谷部がアシストを記録した。

なおも攻めるフランクフルトは45分に同点に追いつく。直前にバー直撃のFKを蹴っていた19歳のMFシュテンデラが、フルムからのヒールの落としに右足を振り抜き、ゴール右隅に蹴り込んだ。

前半はそのまま終了。45分で4ゴールが生まれ、タイスコアで後半へ。

後半最初のビッグチャンスは長谷部から生まれた。53分に、右サイドを攻め上がった長谷部がクロスを上げると、中でアブラームが頭で合わせるが正面を突いた。
そして59分にはフランクフルトが勝ち越し点を挙げる。左サイドを崩し、裏に抜け出したオチプカからのクロスにアイグナーが頭で合わせ、ゴールを決めた。

攻め込まれる東京はカウンターに活路を見いだすが、なかなか決定機を作り出せない時間が続く。
75分には中島に決定機が訪れるが、フリーで放ったシュートはGKリンドナーにセーブされた。

フランクフルトは87分にセフィロヴィッチの惜しいミドルシュートなども見られたが、スコアはその後動かず終了。
移動もあったFC東京だが一時は2点を先行するなど、善戦。同点に追いつくチャンスも見られた。

乾は前半のみの出場。アシストを記録した長谷部は後半途中までプレイしている。

[スコア]
フランクフルト 3-2 FC東京

[得点者]
フランクフルト:ハリス・セフィロヴィッチ(41)、マルク・シュテンデラ(45)、ステファン・アイグナー(59)
FC東京:前田遼一(20)、ネイサン・バーンズ(22)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150803-00010000-theworld-socc
theWORLD(ザ・ワールド) 8月3日(月)0時4分配信

FC東京:前田遼一(20)、ネイサン・バーンズ(22)


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1438529695

「ガッカリしている」初黒星のハリル監督、次戦はメンバー変更を明言

1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2015/08/02(日) 23:15:35.91 ID:???*.net

[8.2 東アジア杯 日本1-2北朝鮮 武漢]

就任5戦目での初黒星はまさかの逆転負けだった。前半3分に先制しながら徐々に流れが相手に傾くと、
後半21分から長身FWのパク・ヒョンイルを投入してきた北朝鮮の術中にまんまとハマった。

後半33分、北朝鮮は自陣からのFKをDFシム・ヒョンジンが前線に放り込む。
これをパク・ヒョンイルが頭で落とし、FWリ・ヒョクチョルが右足ボレーで蹴り込んだ。
同43分には左クロスからパク・ヒョンイルがヘディングシュート。土壇場で2-1と逆転した。

「確かにガッカリしている。スタートは良かったと思う。得点を取るための機会もつくった。
しかし、チームのフィジカル的な問題で、最後まで持ちこたえることができなかった。数人の選手がフィジカル的にきつい状態だった。
交代で入ってきた北朝鮮の20番の選手(パク・ヒョンイル)が違いを見せつけたかなと思う」

バヒド・ハリルホジッチ監督は試合をそう振り返り、選手のフィジカル面を敗因に挙げた。
7月30日に中国・武漢入りし、練習期間はわずか2日。
メンバー発表会見の席で「大会までに1週間ほどトレーニングする時間が欲しかった」と漏らした指揮官は「試合前には言い訳をする。
しかし、試合のあとにそういう言い訳はしない」と話していたが、この日もやはり日程面に言及した。

「少し準備期間が欲しかった。日本のフットボールが(それについて)疑問を抱かないといけない。言い訳で言っているわけではない。
3日前に(中国に)たどり着いて、(戦術練習は)1回のトレーニングしかしていない。
相手は何週間かの準備期間があった。それが決定的な違いを生んでしまったと思う」

国際Aマッチデーではない時期に開催される東アジア杯自体のあり方に疑問を投げかけるハリルホジッチ監督。
Jリーグも含めた日程面の影響で強行軍を強いられ、満足いく準備ができなかったのは確かだ。
しかし、0-0のスコアレスドローに終わった6月16日のW杯アジア2次予選・シンガポール戦に続いて公式戦2試合連続でアジア勢に勝てなかった現実は重い。

「非常にガッカリしている。残り2試合、何か違うことにトライしないといけない」。次戦は中2日で韓国戦が待っている。
「次は何人かの選手を代えることになる。何人かの選手はすでにかなりの疲労があるので、おそらくプレーできない。
大したことはできないが、他のプレイヤーにチャンスを与えるということだ」

メンバーの入れ替えを明言したハリルホジッチ監督は「毎試合、このように(得点の)機会をたくさんつくりながら得点が入らない」と決定力不足を嘆き、
「大会に入る前も疑問を投げかけたが、今日もその疑問を投げかけたい。
残念ながら私のほうが正しいと思う。真実を見ないといけない。
これが日本のフットボールの現状だと思う」と、大会をめぐる日程面や環境面への“恨み節”が続いた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150802-00894677-gekisaka-socc
ゲキサカ 8月2日(日)22時58分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150802-00894677-gekisaka-socc.view-000


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1438524935

EAFF東アジアカップ 日本代表、北朝鮮に1-2で敗れる

1 名前:ゴーリキー ★@\(^o^)/:2015/08/02(日) 21:13:57.11 ID:???*.net

日本 1-2 北朝鮮

https://www.legendsstadium.com/eaffeastasiancup-mens/match/821664/text/


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1438517637
スポンサーリンク
インフォメーション

はてブ数: はてなブックマーク数

このブログについて

相互リンク・RSS募集中です(^ω^)
詳しくは、上記の「このブログについて」を参照してください。


ご要望も随時対応致します。
気軽にお願いします(`・ω・´)
(削除依頼・デザイン・まとめ方 etc..)
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
  • ライブドアブログ