ヘッドライン

Jリーグ 修業のタイ人続々 市場拡大狙い受け入れ

1 名前:3倍理論 ★:2018/02/16(金) 14:09:02.00 ID:CAP_USER9.net

Jリーグに3人のタイ人選手が今季加入することになり、タイ人Jリーガーは計5人になった。昨季は「タイのメッシ」と称されるMFチャナティップ(24)が札幌入りするなど、タイ人選手がJリーグで初めてプレーしたが、彼らの需要が高まってきている。【丹下友紀子】

 新加入の3人はセ大阪のMFチャウワット(21)▽神戸のDFティーラトン(28)▽広島のFWティーラシン(29)。Jリーグは昨季、外国籍選手枠を改定し、タイやベトナム、ミャンマーなど業務提携する8カ国の選手を外国籍扱いから除外した。タイ人選手の登録や試合出場は日本人と同じ扱いになった。

 神戸と広島は即戦力選手を補強したが、タイのバンコク・グラスとパートナーシップを結ぶセ大阪は、選手相互受け入れの一環でチャウワットを入団させた。玉田稔社長は「(選手を)レベルアップさせたいと打診があり、U23(23歳以下)チームであればと受け入れた」と明かす。

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキング129位のタイにとってのJリーグは、日本にとっての欧州リーグのようなもの。チャウワットはJ3のU23で修業することを前提に移籍し、タイのムアントンから期限付き移籍のティーラトンは「多くのタイ人選手が高いレベルでプレーすることで、(タイ代表)チームは強くなっていく」と期待する。

 タイ人選手加入はJクラブの親会社のビジネス面にもメリットがある。セ大阪のスポンサーのヤンマーはタイに工場を持つだけに、玉田社長は「プラスにはなる」と指摘。神戸の立花陽三社長は「(親会社の)楽天はタイでも今後、事業を大きくしていく。ティーラトンが活躍してくれれば、将来的な相乗効果は大きい」とビジネス面でも期待する。

 6年前から本格的にアジア市場拡大を図ってきたJリーグ、高いレベルでのプレーを求めるタイ人選手、ビジネスチャンスを広げたいJクラブ。3者の思惑が合致し、大きな流れが生まれつつある。

https://mainichi.jp/articles/20180214/k00/00e/050/342000c


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518757742

乾はフル出場も…数的不利に陥ったエイバル、バルサに完封負け

1 名前:豆次郎 ★:2018/02/18(日) 02:08:37.79 ID:CAP_USER9.net

2/18(日) 2:07配信
乾はフル出場も…数的不利に陥ったエイバル、バルサに完封負け

[2.17 リーガ・エスパニョーラ第24節 エイバル0-2バルセロナ]

 リーガ・エスパニョーラ第24節2日目が17日に開催され、MF乾貴士が所属するエイバルがバルセロナをホームに迎え、0-2の完封負けを喫した。スターティングメンバーに名を連ねた乾は左サイドハーフの位置に入って、フル出場を果たしたが得点には絡めなかった。

 序盤からともに好機を作る中、前半6分にエイバルがカウンターを発動させてゴールに迫る。左サイドでボールを受けた乾がドリブルで運び、右アウトサイドで送った鮮やかなパスからFWファビアン・オレジャナがシュートチャンスを迎えるが、右足から放ったシュートは枠を捉えることはできなかった。

 その後もエイバルがゴールを脅かす場面を作り出すが、前半16分に試合を動かしたのはアウェーのバルセロナだった。FWリオネル・メッシのスルーパスから最終ライン裏に抜け出したFWルイス・スアレスが、距離を詰めたGKマルコ・ドミトロビッチまでかわしてゴールに流し込み、スコアを0-1とした。さらに同37分にはバルセロナが決定機を創出するが、L・スアレスがドミトロビッチを釣り出して送ったラストパスからメッシが左足で狙ったシュートはポストを叩いてしまった。

 0-1とバルセロナがリードしたまま後半を迎えると、同11分には右サイドを突破したオレジャナのグラウンダーのクロスに乾がフリーで走り込むが、右足で合わせたシュートはゴール右に外れた。すると同21分、オレジャナが2度目の警告を受けて退場となり、1点のビハインドを背負うエイバルが数的不利に陥った。

 何とか同点に追い付きたいエイバルは後半35分、左サイドでボールを受けた乾が中央に切れ込んでフィニッシュまで持ち込んだものの、右足から放ったシュートはGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンの守備範囲に飛んでしまう。すると同43分、メッシのシュートのこぼれ球をDFジョルディ・アルバが右足で蹴り込み、バルセロナが0-2の完封勝利を収めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-01650651-gekisaka-socc


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518887317

ブラジル代表、W杯本大会に臨むメンバー15名を異例の早さで発表

1 名前:れいおφ ★:2018/02/17(土) 21:42:18.27 ID:CAP_USER9.net

ブラジル代表が異例の速さで、2018 FIFAワールドカップ ロシアに臨む代表メンバー15名を発表した。
16日付で、アメリカ紙『スポーツ・イラストレイテッド』など複数のメディアが伝えている。

今回、ブラジル代表監督であるチッチ監督は、W杯登録選手23名のうちの15名のメンバーを異例の早期発表。

多くはパリ・サンジェルマンに所属するネイマールやバルセロナに移籍したフィリペ・コウチーニョなど、代表チームに欠かせない“主力級”の選手たちだ。
一方で、残り8名の代表メンバーに関しては未定としており、3カ月後に改めて正式発表する予定だと報じられた。

ブラジル代表は5月下旬に開催国ロシア代表と強豪ドイツ代表との親善試合を行い、本大会に臨む。
同代表はグループEに入り、セルビア代表、スイス代表、コスタリカ代表と決勝トーナメントをかけて争うことになっている。
南米予選を12勝5分け1敗という圧倒的な強さで突破した同代表。6回目のW杯制覇に向けて、着々と準備を進めている。

今回発表された代表メンバー15名は以下の通り。

▽GK
アリソン(ローマ)

▽DF
ダニエウ・アウヴェス(パリ・サンジェルマン)
マルキーニョス(パリ・サンジェルマン)
チアゴ・シウバ(パリ・サンジェルマン)
ミランダ(インテル)
マルセロ(レアル・マドリード)

▽MF
カゼミーロ(レアル・マドリード)
レナト・アウグスト(北京国安)
パウリーニョ(バルセロナ)
フェルナンジーニョ(マンチェスター・C)

▽FW
ネイマール(パリ・サンジェルマン)
フィリペ・コウチーニョ(バルセロナ)
ウィリアン(チェルシー)
ガブリエル・ジェズス(マンチェスター・C)
ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール)

https://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20180217/716617.html
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/02/17/kiji/20180217s00002000345000c.html
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180217-01650628-gekisaka-socc


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518871338

宇佐美スーパーボレー弾!!5か月ぶり今季3点目でドローに持ち込む

1 名前:豆次郎 ★:2018/02/17(土) 23:07:24.56 ID:CAP_USER9.net

2/17(土) 23:05配信
宇佐美スーパーボレー弾!!5か月ぶり今季3点目でドローに持ち込む

[2.17 ブンデスリーガ2部第23節 デュッセルドルフ1-1グロイター・フュルト]

 ブンデスリーガ2部は17日、第23節を各地で行い、FW原口元気とFW宇佐美貴史所属のデュッセルドルフはホームでグロイター・フュルトと対戦し、1-1で引き分けた。第21節ザントハウゼン戦で脳震盪を起こした原口は2戦連続でメンバー外。宇佐美は後半15分から途中出場し、後半31分に同点ゴールを叩き込んだ。

 グロイター・フュルトが直接FK弾で試合を動かした。前半9分、右サイドからのスローインを受けたDFハレド・ナレイがPA右を縦に仕掛けると、DFニコ・ギーセルマンに倒され、FKを獲得。キッカーのDFマクシミリアン・ビッテクがPAから左足を振り抜くと、強烈なシュートはGKの手をかすめてゴール左隅に突き刺さった。

 デュッセルドルフが圧倒的なボール支配率で試合を進めたが、0-1で前半を折り返した。迎えた後半15分、宇佐美がピッチに入り、右サイドハーフの位置でプレー。後半22分には宇佐美が右CKのキッカーを務め、右足で蹴り込むと、ニアサイドのホフマンが強烈ヘッドで合わせたが、枠を捉えられなかった。

 迎えた後半30分、右後方からのFKをFWハーバード・ニールセンがワンタッチで落とすと、走り込んだ宇佐美が巧みな左足トラップから強烈な右足ボレーでゴールを射抜いた。宇佐美の得点は昨年9月23日の第8節ザンクト・パウリ戦(2-1)以来、約5か月ぶり。今季3点目となるスーパーゴールを叩き込み、1-1の引き分けに持ち込んだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180217-01650644-gekisaka-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180217-01650644-gekisaka-000-1-view.jpg


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518876444

戦力アップかダウンか…J1ストーブリーグ通信簿 札幌、仙台、鹿島、浦和、柏、FC東京編

1 名前:3倍理論 ★:2018/02/16(金) 16:38:31.63 ID:CAP_USER9.net

いよいよ今年もJリーグのシーズンが到来。J1は2月23日からスタートし、各々の目標に向かってひた走る長丁場の戦いが続く。昨シーズンは川崎が最終節で逆転優勝し、クラブ創設21年目にして悲願の初タイトルを獲得する劇的な幕切れとなったが、それももう終わった話だ。連覇を狙う川崎を始め、各クラブとも希望に満ちた1年にするため、新シーズンに向けて着々と準備を進めてきた。そこで今回はJ1全クラブのオフシーズンの選手補強を査定(良い方からA・B・C・Dの四段階)し、3日間にわけて紹介する。

■北海道コンサドーレ札幌 C

 移籍の人数は多くないものの、レンタルの三好康児(←川崎)を含め、適材適所の補強を成功させており、ミハイロ・ペトロビッチ新監督が3-4-2-1を押し進めるパーツはまずまず揃っている。ただ、流れるようなパスサッカーのオートマティズムを植え付けるのは簡単ではない。ミシャ(ペトロビッチ監督の愛称)の薫陶を受けた駒井善成(←浦和)も全体をオーガナイズするほど戦術を消化しているわけではなく、シャドー候補の宮吉拓実(←広島)、右サイドハーフの白井康介(←愛媛)といった期待の新戦力はもちろん、既存戦力も試行錯誤の中で徐々に戦い方を学んでいくはず。種まきのシーズンと考えれば残留が目標ラインになるが、ただの残留ではなく来季への手応えある残留を果たしたい。ベテランGK菅野孝憲(←京都)はク・ソンユンの控えと見込まれるが、高い競争で刺激を与えながら、有事の不安も取り去る的確な補強だ。

■ベガルタ仙台 B

 派手さはないが、かゆい所に手が届くような要所の補強に成功し、渡邉晋監督の掲げる3-4-2-1の完成度をさらに高めるメンバー構成となった。シャドーに運動量と突進力のある阿部拓馬(←蔚山現代/韓国)、ボランチにバランス感覚の高い庄司悦大(←岐阜)、3バックのストッパーに対人能力の高い金正也(←G大阪)と3人のレギュラー候補を迎え入れ、さらに中盤にはDF出身で高さのある21歳の板倉滉(←川崎)をJ1王者からのレンタルで加えた。大卒ルーキーながらプレシーズンで猛アピール中のFWジャーメイン良(←流通経済大)は1トップとシャドーの両方で起用できるため、マルチなジョーカーとして開幕時から出場チャンスがありそうだ。

■鹿島アンドラーズ C

 攻撃力を大きく変えるような放出・補強はないものの、もともと各セクションに他クラブなら不動のスタメンでもおかしくないメンバーがしのぎを削る構図だ。そうした競争の結果として高いパフォーマンスが出せれば”継続路線”は吉と出る。その中で内田篤人(←ウニオン・ベルリン/ドイツ)の復帰は心身両面で頼もしい。コンディションを心配する声も大きかったが、ACLの初戦からフル出場している。さらに左右のサイドバックをこなす安西幸輝(←東京V)も過密日程の中で出場機会は増えそう。代表候補の昌子源と植田直通が揃うセンターバックは新戦力の犬飼智也(←清水)が良い刺激を与えられるかどうか。

■浦和レッズ B

 昨シーズンの途中から引き継いだ堀孝史体制で開幕からスタートする今季は課題の最終ラインに期待の若手DF岩波拓也(←神戸)を迎え、新たなサイドアタッカーとしてマルティノス(←横浜FM)が、攻撃的MFには昨季リーグ戦9得点の武富孝介(←柏)、湘南のJ2優勝立役者の1人である山田直輝がレンタルバックで加入。これにより中盤からのフィニッシュは迫力を増しそうだ。昨年優勝したACLの負担がない分、リーグ制覇に向けて全力を注げるのは好材料。攻守のバランスを取りながらサイドアタックを活性化させる4-1-2-3の要は念願のアンカー起用に燃える遠藤航。青木拓矢とのポジション争いも予想されるが、ロシアW杯出場のためには開幕戦からのフィットが不可欠だ。

2 名前:3倍理論 ★:2018/02/16(金) 16:38:45.63 ID:CAP_USER9.net

■柏レイソル B

「柏から世界へ」を伝統的に掲げるクラブらしく、ACLとの”二足の草鞋”を履ける充実の戦力となった。左サイドバックの主力だった輪湖直樹がJ2福岡に移籍、MF小林祐介も湘南に期限付きで出されたことで”下部組織率”は下がったが、機動力の高いMF小泉慶(←新潟)や快足ドリブラーの山崎亮平(←新潟)、シュートセンスに優れる江坂任(←大宮)など、外から刺激的な血が注入されている。その中でも江坂は勝敗に直結するチャンスメークとフィニッシュを期待できる。戦術的な適応力は開幕前から評価が高い様子だ。守護神の中村航輔とセンターバック中山雄太、中谷進之介の若きトリオは引き続き守備の要だが、188cmのパク・ジョンス(←横浜FM)はACL仕様で”パワープレー対策”など大きな力になりうる。また、タイトなマークと推進力が強みの亀川諒史(←福岡)は左右サイドバックで主力を狙える。

■FC東京 D

 前線の大型補強が話題になった昨季ほどのインパクトはないが、ガンバ大阪時代から長谷川健太新監督のサッカーを知る大森晃太郎(←神戸)の加入は効果的で、組織的な守備から入って効率良く鋭いフィニッシュにつなげるサッカーを引っ張る存在になりそう。前線の新戦力であるディエゴ・オリベイラ(←柏)と富樫敬真(←横浜FM)はともに好調時のゴールのインパクトは大きいものの、確実に二桁得点を期待できる戦力ではなく、ベテランの前田遼一、16歳の久保建英も含めたポジション争いの中で主力を見極めていく前半戦になるだろう。トップ昇格の長身FW原大智はスケール感があり、当面はU-23が主戦場になると予想されるが、長谷川監督の評価を得れば一気のブレイクも。(文・河治良幸)

※(←クラブ名)は前所属を示す

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180216-00000028-sasahi-socc&p=2


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518766711

ザルツブルクFW南野拓実、後半ATに劇的同点弾!! 今季EL初得点が貴重なアウェーゴールに

1 名前:豆次郎 ★:2018/02/16(金) 06:48:52.23 ID:CAP_USER9.net

2/16(金) 4:59配信
ザルツブルクFW南野拓実、後半ATに劇的同点弾!! 今季EL初得点が貴重なアウェーゴールに

[2.15 EL決勝T1回戦第1戦 レアル・ソシエダ2-2ザルツブルク]

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)は15日、決勝トーナメント1回戦第1戦を各地で行い、FW南野拓実所属のザルツブルク(オーストリア)は敵地でレアル・ソシエダ(スペイン)と対戦し、2-2で引き分けた。ベンチスタートとなった南野は後半31分から出場し、後半アディショナルタイムに起死回生の同点弾を決めた。

 序盤から良い攻撃の形をつくれないザルツブルクだったが、前半16分、ようやく強みである鋭い攻守の切り替えを見せる。右サイドを突破したFWファン・ヒチャンのクロスは相手DFにクリアされたが、再び高い位置でボールを奪取。ファンとFWモアネス・ダブールがつなぎ、センターバックのDFアンドレ・ラマーリョがゴールを狙った。

 すると前半27分、スコアが動く。ダブールの抜け出しで獲得した右CKをDFアレクサンドル・ウルマーが蹴り込むと、ゴール前でGKヘロニモ・ルジがパンチングをミス。ファーサイドでクリアを試みたMFミヤル・オヤルサバルが頭に当てたが、ボールはゴール方向に飛んでいき、オウンゴールとなった。

 10本のシュートを放ちながら前半を1点ビハインドで終えたソシエダはハーフタイム明け、FWファンミに代えてMFアドナン・ヤヌザイを投入。すると後半12分、ショートカウンターからMFイゴール・スベルディアが持ち上がり、右サイドのDFアルバロ・オドリオソラにパス。2人を抜いてPA内に侵入すると、強烈なシュートを叩き込み、同点に追いついた。

 その後もソシエダペースが続く。しかし、MFシャビ・プリエトの高速クロスにヤヌザイが頭で合わせたシュートはクロスバー。一方、ザルツブルクはPA内を単独突破したMFラインホルト・ヤボが倒されるシーンもあったが、シミュレーションの判定でイエローカードが提示された。

 すると直後の後半31分、ヤボに代わって南野がピッチに立つ。中盤を菱形にする4-4-2のトップ下に入り、攻撃の中核を任された。ところが同35分、ソシエダが逆転に成功する。ゴール前20m強からのFKをヤヌザイが低い左足キックで狙うと、割れた壁の間を通ったボールがそのままネットを揺らした。

 1点を追うザルツブルクだが、ボールを保持するソシエダゴールに近づけない。ところが後半アディショナルタイム、チームを救ったのは南野だった。右サイドを突破したDFステファン・ライナーの折り返しに飛び込むと、ワンタッチで右足シュート。見事なコントロールでネットを揺らし、起死回生の同点弾となった。

 南野にとってはこれが今季ELの初ゴール。そのままタイムアップの笛が吹かれ、試合は2-2のドローで終わった。第2戦は22日、ホームで行われ、2点のアウェーゴールを携えて臨む形となる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-01650579-gekisaka-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180216-01650579-gekisaka-000-7-view.jpg


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518731332

いわきFCと連携、サッカースタジアム整備構想 いわき市が新年度可能性調査

1 名前:3倍理論 ★:2018/02/16(金) 22:42:36.28 ID:CAP_USER9.net

福島県いわき市は2018年度、サッカースタジアム整備の事業可能性調査に乗り出す。同市を拠点に将来のJリーグ入りを目指す社会人チームのいわきFCと連携し、整備の在り方などを検討する。15日発表した18年度一般会計当初予算案に事業費2229万円を計上した。
 市によると、専門機関に委託し、設置主体といった事業の枠組みや収支の試算、必要な機能や規模、立地場所などを調べることを想定する。
 市は、スポーツを基軸に人材育成や交流人口の拡大、市民の健康増進を図ろうと、地域特性を生かした事業を支援する地域未来投資促進法に基づく基本計画を策定。昨年12月に国の同意を得た。調査は計画の第1弾で、一部財源に関連の交付金を活用する予定。
 市は「スタジアムがまちづくりに対し、どんな効果を及ぼすか、幅広く検討したい」と説明する。
 いわきFCは15年12月、米ブランド「アンダーアーマー」を展開するドーム(東京)を親会社として始動。昨年の天皇杯全日本選手権でJ1のチームを破るなど快進撃を続け、新シーズンはこれまでの福島県リーグ1部から東北社会人リーグ2部に昇格する。
 J2昇格に必要なライセンスを得るには収容1万人以上、J1昇格では1万5000人以上のスタジアムを本拠地とすることが条件の一つになっている。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201802/20180216_61054.html


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518788556

「次世代のナカタだ」16歳久保建英を伊サイトが特集…“日本のスター”と熱視線

1 名前:3倍理論 ★:2018/02/17(土) 00:37:40.01 ID:CAP_USER9.net

FC東京に所属するFW久保建英について、イタリアのサッカー情報サイト『トゥット・メルカート・ウェブ』が15日、特集を組んだ。

バルセロナの下部組織出身で、現在はJリーグで活躍する16歳の久保に、イタリアから熱視線が注がれている。毎日、1人ずつ才能ある選手を紹介するコーナーにおいて、15日は久保が選出された。

特集では、「タケフサ・クボ…次世代のナカタ」と題し、かつてイタリアのローマやペルージャ、パルマなどで活躍した元日本代表の中田英寿氏に準え、久保が紹介されている。

「わずか15歳5カ月でデビューし、日本サッカー史上最年少プレーヤーになった。タケフサ・クボは、バルセロナ下部組織出身のだが、現在はFC東京でプレーする若手だ」と、バルセロナで育成された若き久保が日本で躍動していることを伝えた。

続いて、「日本サッカー界の新顔であり、待望のスターである」と紹介し、選手の特徴を分析している。

「小柄なファンタジスタで、狭いスペースで素早いスピードを持つ。また広いスペースにおいても脅威となれる能力がある。移籍の規制により、バルセロナが犠牲を払った数多くの選手の1人だ」

最後に、久保に類似する選手として「ヒデトシ・ナカタ」と結んでいる。久保の成長には、日本から遠く離れたイタリアからも視線が注がれているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00000021-goal-socc


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518795460

中島翔哉、見事なスルーパスで決勝アシスト&ダメ押しゴールの大活躍! 今季通算9点目!!

1 名前:豆次郎 ★:2018/02/17(土) 07:53:11.10 ID:CAP_USER9.net

2/17(土) 7:44配信
前回対戦では初ゴールを挙げた相手から再び!

 2月16日(現地時間)、リーガNOS(ポルトガル1部リーグ)第23節が行なわれ、ポルティモネンセは敵地でフェイレンセに3-1の勝利を飾った。


 この試合の69分、ポルティモネンセはウェリントンが決勝点となるチームの2点目を挙げたが、彼にスルーパスを通したのが中島翔哉。ハーフウェーライン付近でボールを受けると、右サイドから前線に駆け上がったウェンリントンに、正確なキラーパスを送った。
 
 さらに中島は88分、右サイドからのクロスをファーサイドで受けると、浮き球でGKの頭上を越す頭脳的なシュートでダメ押し。3試合ぶりのゴールで、リーグでの通算得点を9に伸ばした。
 
 この試合でも定位置である前線左サイドで先発出場を果たした中島は、ポルトガルでの初ゴールを決めた思い出深い相手であるフェイレンセ(6節での対戦で2ゴールを挙げて2-1で勝利)に対し、得意の突破力で再三勝負を仕掛けていく。
 
 自らドリブルからシュートを狙う他、急所を突くパスでもフェイレンセに脅威を与え、またセットプレーのキッカーとしても、味方の惜しいフィニッシュを引き出した。
 
 試合は26分にウェリントンの右からのクロスをファブリシオが合わせて、今シーズン自身通算12点目となるゴールでアウェーチームが先制したが、フェイレンセはその6分後、FKからL・ローシャがヘディングでゴールに押し込んで試合を振り出しに戻した。
 
 しかし、攻勢を続けたポルティモネンセは後半、冒頭に記した通り、中島の鮮やかなスルーパスと冷静かつ頭脳的なループシュートにより、敵地で勝利を飾った。
 
 次節(25日)の相手は、首位のポルト。今冬に中島の移籍先候補として名前が挙がったチームだ。前回の対戦では見事なアウトサイドでのシュートで名手イケル・カシージャスの牙城を崩した中島は、再び同様の活躍を見せ、その価値を高められるか。要注目だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180217-00035780-sdigestw-socc


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518821591

イニエスタ来夏に中国の天津権健に移籍か 年俸3500万ユーロ

1 名前:豆次郎 ★:2018/02/16(金) 19:40:51.64 ID:CAP_USER9.net

2/16(金) 19:23配信
イニエスタ来夏に中国移籍か 年俸3500万ユーロ
アンドレス・イニエスタ

 バルセロナのスペイン代表MFイニエスタが来夏に中国の天津権健へ移籍する可能性が出てきたと、16日にスペイン紙スポルトが伝えている。既にオファーは届いており、年俸3500万ユーロを提示されているという。

 天津権健の代理人は2度スペインを訪れているが、イニエスタは現時点で決断をしておらず、3月末に返答があるとのこと。バルセロナは選手の意思を尊重することを決めている。米MLSや中東からのオファーもあるが、バルサ残留か中国への移籍の二者択一といわれている。スペイン代表に集中するため、少なくともW杯前までには決断をすると伝えている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00127623-nksports-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180216-00127623-nksports-000-3-view.jpg


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518777651
スポンサーリンク
インフォメーション

はてブ数: はてなブックマーク数

このブログについて

相互リンク・RSS募集中です(^ω^)
詳しくは、上記の「このブログについて」を参照してください。


ご要望も随時対応致します。
気軽にお願いします(`・ω・´)
(削除依頼・デザイン・まとめ方 etc..)
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
  • ライブドアブログ